くらし

WHO国際がん研究機関はPM2.5を発がん性リスクが最も高いグループ1と位置づけました。空からの発がんリスク・危険な「PM2.5」の対策方法とは。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
morning-sun-1513114_640

先日、春一番が吹きましたね。
桜の開花が待ち遠しい時期となりました。

外出も億劫ではない暖かさとなったこの頃、「花粉症」が気になります。
なんともないという方もいるかもしれませんが、
すでに深刻な花粉症で悩まれている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

現代特有の疾患ともいわれる花粉症とも関連する「大気汚染」。

今日は気になる「大気汚染」をご紹介します。

PM2.5、ヘイズ、黄砂等…一言に大気汚染といっても、
その種類は様々です。

中でも、今年も少しずつ警戒され始めたPM2.5。

マスクのパッケージや、空気清浄機のうたい文句によく書かれている「PM2.5」ですが、
実は発がん性リスクが最も高いグループ1と位置付けられています。





396897

「PM2.5」その意味を知っていますか?

なぜPMと呼ばれているの?


Pはparticulate(微小粒子状の)、Mはmatter(物質)という意味です。
合わせて、PM(微小粒子状物質)という意味です。

2.5の意味とは?

PM(微小粒子状物質)のサイズと関係しています。
PMの単位はギリシア文字「μm」(micrometer:マイクロメートル)で表されます。PM2.5とは、2.5μm以下の微小粒子状物質という意味です。

「μm」(micrometer:マイクロメートル)の長さとは?

1μmは1mmの千分の1、2.5μmは2.5mmの千分の1です。
つまり、PM2.5とは、2.5mmの千分の1以下の微小粒子状物質ということです。

どのくらい小さい?

PM2.5は髪の毛の太さ(直径)と比較すると30分の1程だと言われています。
どれ程小さいかが分かりますね。

スクリーンショット 2017-02-22 21.40.51
出典:US EPA Particulate Matter (PM) Basics
https://www.epa.gov/pm-pollution/particulate-matter-pm-basics#PM


PM2.5は、何から出来ているの?

化学物質ですが、単一の物質ではなく炭素、硝酸塩、硫酸塩、金属を主な成分とする様々な物質の混合物です。

PM2.5が日本の空を覆う時期
3月〜5月にかけては警戒時期


PM2.5の濃度が高くなる。その濃度とは?

PM2.5の濃度の単位は「μg/m3」(microgram/cubic metre:マイクログラム・パー・立方メートル)で表されます。
大気の1立方メートルあたりに含まれるPM2.5の重量を示し、その重量の重い、軽い、によって濃度の高さを判断します。

「μg」(microgram:マイクログラム)の重さとは?

1μgは1mgの千分の1です(1gの100万分の1)。

濃度の高い、低いの基準とは?

環境基本法第16条第1項に基づいた環境基準(平成21年9月設定)によると、
1年平均値 15μg/m3以下
1日平均値 35μg/m3以下
とされています。

なぜ春(3月〜5月)は警戒時期なの?


偏西風によって飛来する

偏西風は、地球の周りを西から東へ向かって吹く風で、上空で観測されます。
夏になると太平洋に温暖な高気圧が発生するため、大陸から低気圧が来なくなるので偏西風が吹きません。

グラフをご覧ください。

数年前のデータになりますが、3月〜5月にかけては15μg/m3を大きく上回っていることが分かります。

スクリーンショット 2017-02-22 17.21.47
出典:政府公報オンライン
「PM2.5」による大気汚染 健康に及ぼす影響と日常生活における注意点
http://www.gov-online.go.jp/useful/article/201303/5.html


PM2.5に影響を受けやすい地域は?


九州地方や四国地方・西日本

中国大陸に近い九州地方や四国地方は特に影響を受けやすい傾向です。

また、その他の広島県、大阪府、愛知県などの西日本でも、環境基準を超えるPM2.5の大気汚染が観測され始めています。

参考・分布予想図

以下の図は、日本気象協会・ALiNKインターネットが運営するサイト tenki.jpの「PM2.5分布予測」の図です。
視覚的に分かりやすく作られていおり、中国大陸から流れて来るPM2.5の様子が良く分かります。

スクリーンショット 2017-02-22 18.22.13
出典:日本気象協会 tenki.jp
http://www.tenki.jp/particulate_matter/


PM2.5が人に及ぼす影響

肺の奥深くに入り込むPM2.5


PM2.5は粒子が非常に小さいため、肺の奥深くにまで入り込みやすいと言われています。
そのため、特に呼吸器系疾患(喘息・気管支炎)や循環器系疾患のリスクを高めると考えられています。

影響を受けやすく、特に注意が必要な人


呼吸器系(気管支喘息、COPDなど)の病気がある人
循環器系(糖尿病・高脂血症など)の病気がある人
お年寄り子ども


医学的研究から

PM2.5の健康影響と対策:産業医科大学 呼吸器内科学 迎寛氏
によれば、以下の症状が出やすいと考えられるそうです。

眼科系疾患(結膜炎)

 眼のかゆみ、腫れ、流涙、目やに、等

呼吸器疾患(上気道炎、喘息、慢性閉塞性肺疾患, 肺がん、肺炎など)

 くしゃみ、鼻水、咳、痰、喘鳴、呼吸困難(労作時、安静時)、等

心血管系疾患(狭心症、心筋梗塞、不整脈、動脈硬化、血栓形成など)

 動機、息切れ、胸痛、脈不整、血圧上昇、等

神経・脳

 頭重感、疲労感、不安感、うつ、等

今日は外出日和? 
PM2.5の情報収集方法は?


そらまめ君

環境省の大気汚染物質広域監視システム「そらまめ君」。
空をマメに監視する「そらまめ君」のサイトです。
PM2.5以外の二酸化硫黄(SO2)、一酸化窒素(NO)などの状況も分かります。
http://soramame.taiki.go.jp/

tenki.jp

一般財団法人日本気象協会が運営するPM2.5シュミレーションモデル。 
PM2.5分布予測、日本国内の各地域の分布予測が分かりやすく作られています。
http://www.tenki.jp/particulate_matter/

環境省 大気汚染対策 微小粒子状物質(PM2.5)に関する情報

PM2.5に関する様々な情報がまとめられています。
http://www.env.go.jp/air/osen/pm/info.html

PM2.5の予防・対策

PM2.5の濃度が高い時、どのような対策を心がけられるでしょか。

防塵(ぼうじん)マスク(規格N95・DS2)


花粉対策で使用するようなマスクではPM2.5の小ささに対応できないため、
防塵マスクでの対策が必要であると考えられます。

特に、以下の2種類の規格は、微粒子の捕集効率の高いフィルターを使っているので、PM2.5程の小ささまでも防ぐ効果があるとされています。

・N95
 米国労働安全衛生研究所(NIOSH)が定めた規格。
・DS2
 日本の厚生労働省が定めた規格。


屋外での運動を避ける


鼻呼吸よりも口呼吸のほうが、PM2.5を肺の奥まで吸い込む可能性が高まるため、
マラソンのように呼吸器系への過度の負担が長時間続くような運動は避けた方が良いと考えられます。

窓の開閉を少なく

長時間窓を開けておくと、屋内のPM2.5 濃度が屋外と同じく濃くなってしまうので、窓の開閉や換気を必要最小限にとどめ、外気の侵入をできるだけ少なくしてPM2.5の吸入量を減らすことが有効だと考えています。

旅行にもご注意。
世界の大気汚染(黄砂、ヘイズなど)

黄砂:東アジア(中国、モンゴル、韓国、日本)

黄砂は中国大陸の内陸部・ゴビ砂漠や黄土高原などの乾燥した地域から、風によって高く巻き上げられた土壌や鉱物粒子が偏西風によって日本などにも飛来する現象です。

ヘイズ:東南アジア(シンガポール、マレーシアなど)

インドネシア・スマトラ島などの焼畑農業や排気ガスなどの微粒子が原因となって起こる大気汚染です。インドネシアの乾季4月から10月にかけて悪化し、汚染された大気は南西モンスーンとともにシンガポールやマレーシアへと移動し被害をもたらします。

東アジア、東南アジアに出張や旅行で行く機会がある人は、事前に大気汚染に関する情報もチェックすることをお勧めします。

現代病花粉症対策におすすめ・外からのケアも大事ですが
中からデトックスするものを食べて少しでも有害物質の影響を軽減させましょう。


IN YOUではアレルギーを少しでも軽減させ、一日も早く苦しみから解放されるために、
日々の習慣で、中からデトックス(解毒・排出)し、そして抗酸化物質を摂取することをお勧めしています。

ここではデトックスや抗酸化作用におすすめな食品をお伝えします。

・デトックスにおすすめ


次世代スーパーフード!
石垣島から届いたオーガニックモリンガサプリメント


・抗酸化におすすめ


世界中で最も厳しい基準を持つドイツ産最高品質タブレット「エスタービタミンC 1,000㎎」

お勧めの記事

花粉症が重症化するかどうかは早め早めの養生が勝負です!「肺」と「胃腸」を強化し、冬からの花粉症対策で辛い時期を気持ちよく乗り切ろう!

体内毒素・便秘・花粉症に。ドクダミ茶でデトックスして毒溜め体質を変えよう。漢方にも使われるドクダミの魅力に迫る!

海外から「汚染物質」とまで呼ばれる日本の野菜や果物。あなたとあなたの大切な家族を守るために、知っていてもらいたい農薬のこと。

【参考サイト】 
東京都環境局 微小粒子状物質(PM2.5)対策
http://www.kankyo.metro.tokyo.jp/air/air_pollution/PM2.5/
政府オンライン
「PM2.5」による大気汚染 健康に及ぼす影響と日常生活における注意点
http://www.gov-online.go.jp/useful/article/201303/5.html#anc03
NHKそなえる防災
第3回  黄砂の仕組みとその正体 地球環境への影響は?
http://www.nhk.or.jp/sonae/column/20140422.html
PM2.5の健康影響と対策
産業医科大学 呼吸器内科学 迎 寛 氏
https://www.env.go.jp/air/osen/pm/info/cic/attach/briefing_h25-mat03.pdf
一般財団法人 新潟県環境衛生研究所
http://www.kanken-net.or.jp/request/unit/
佐賀県 PM2.5情報
http://www.saga-taiki.jp/pm25/pm25.html


IN YOU一押しコンテンツ
究極のアンチエイジング。自然治癒力を高め老化抑制する方法。
本当に安全なオリーブオイルの選び方
ここまでこだわったのは初めて!体をととのえるオーガニックな酵素

オーガニックなオンラインストア IN YOU Market OPEN!

詳しくはこちら

ざくろジュース

  • この記事が気に入ったら
    いいね!しよう


いいね!して、
IN YOUの最新記事を受け取ろう。

山田朋枝
グラフィックデザイナーとして様々な広告を手がけてきた一方で、「より社会貢献度の高い情報発信とは何か?」を考えて活動中。 過去には医療コンサルティング企業にて数年間広報を担当し、社内外での各種医療記事を執筆経験を持つ。留学や国連広報センターでのインターンを経て、国内にとどまらず、世界へ向けた上質な情報発信を目指している。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. Adobe Spark ネオニコチノイド系農薬、世界諸国が使用規制を進める中、日本は逆行…
  2. 日本人の85%は「乳糖不耐症」!27年間治らなかった副鼻腔炎が、…
  3. baby-1538342_640 陣痛が快感ってホント?!「自宅でお産」の経験について教えます。最…
  4. 8-29-08-rin1-1a928 有害物質や、放射性物質から自分と大切な人の身を守るために私が実践…
  5. yogurt-2035323_960_720 生きたまま腸まで届くプロバイオティクス、驚異の実力と効果。植物性…
  6. 食物繊維をとっているのに便秘が治らない方へ。間違った方法では便秘…
  7. DSC_5047 (1) どう使えばいいかわからない酒粕、本当はスゴい食材だった!知られざ…
  8. IMG_5547 マクロビ和菓子レシピ。モリンガで栄養満点!香ばし「ゴマ団子」の作…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着記事

デイリーランキング

IN YOU公式レギュラーライター 一覧

  • 松浦愛
  • manami sasao
  • くみんちゅ
  • 小林 くみん
  • IN YOU 編集部
  • 越野美樹
  • ami tominaga
  • まどか
  • tomomi
  • izumi
  • 松永加奈恵
  • 河口あすか
  • 前之園知子
  • はりまや佳子/Yoshiko Harimaya
  • yuko matsuoka
  • 佐野亜衣子
  • Koyuri
  • 金戸 隆雄
  • 高橋直弓
  • 伊賀るり子
  • 上村 歩
  • 赤嶺 福海
  • 廣瀬花
  • 室谷 真由美
  • kei
  • 湊 綾香
  • 弛津ひなこ
  • Mint
  • haru.
  • maejima kanako
  • jyunko
  • akimura

カテゴリー

PAGE TOP