メニュー

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り

メニュー

Organic Life to all the people.

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り

旬のオクラ驚きの「ねばねばパワー」。オクラを使い尽くすための使い回し活用レシピと、保存方法

柳原 里実
日本の四季の行事や暮らしの手作りを体験する「いつもがわくわく*こどもてらこや」を主宰。 日本の文化体験・国際交流体験の他、自然農法で野菜を育て、重ね煮・マクロビなどを取り入れた料理体験などを行っている。 その他、「いま・ここ」にゆるりと心を込め、「日常」をしあわせにたのしむことをテーマとするイベント・ワークショップの主催・共催、寄稿、ラジオ出演、バンドのヴォーカルなど。 循環型暮らしを提案するイベント2015年親善大使。 共著本『What’s LOHAS? ロハスブックvol.3』(株式会社交通タイムズ社)では、四季・暮らし・食事・テーブルコーディネート・育児・工作・植物・こころなどに関する制作・撮影・エッセイ・イラストなどを担当。

1 夏のからだに夏の野菜

 こんにちは。「いつもがわくわく・こどもてらこや」主宰の柳原です。こどものみなさんとのちいさな畑は、夏の太陽と夕立ちを受け、野菜も雑草も繁茂の時期です。
1-2
 夏のからだに添う、いま旬を迎える野菜。今回は、その中の「オクラ」に注目してみたいと思います。

2 オクラの原産地・種類・栄養価

[原産地]
東北アフリカ。ナイル川流域でオクラの野生種と考えられる植物が発見され、エチオピアが有力候補だそう。2000年前のエジプトで栽培された跡が残っている、歴史ある野菜で、熱帯・亜熱帯地域を中心に栽培され、現在インドが生産量・消費量とも世界一。熱帯では多年草ですが、10℃以下になる日本では越冬できず一年草。

[種類]
アオイ科トロロアオイ属。朝の畑で、美しいレモンイエローの大きな花を見ることができます。観賞用の立葵(タチアオイ)、木槿(ムクゲ)、芙蓉(フヨウ)、ハイビスカスや、繊維として利用される綿やケナフも同じ仲間。美しいはずです。

日本で一般的に出回っているのは、断面が星形の「五角種」ですが、西洋で一般的な「七角形・八角形オクラ」、やわらかい「丸オクラ」、彩り美しい「赤オクラ」、アクの少なく生食にむく「白オクラ」などがあり、固定種の種も手に入ります。

1-2  
[栄養素]

たんぱく質、糖質、食物繊維、ビタミン、カルシウム、カロテン、カリウム、ビオチン、葉酸、ポリフェノール、ムチン、コンドロイチン

など、とても栄養価高い緑黄色野菜です。

[効果]
ねばねば成分には「ペクチン」が含まれています。「ペクチン」は複合多糖類で、水溶性食物繊維の一種。
次のような効果があると言われています。

〇胃や腸などの粘膜を潤し、消化を助ける
〇目やのどなどの粘膜を保護し、ドライアイやウイルスから守る
〇糖やコレステロールの吸収を抑える
〇血管・肝臓・腸・関節の老化を対策する


 おいしくてこんなにもすごい。世界で長く食されているはずですね。

3 オクラの保存方法

3-1yanagihara
 夏野菜はどんどん実ってくれるので、ありがたくいただいて、食べきれない分はお福分けしたり、保存食にしたり。以下のような保存方法があります。

①常温

 新聞紙に包んで袋に入れ、ヘタを下にして、冷暗所で保存。~2日くらい。

②冷蔵庫

 新聞紙に包んで袋に入れ、ヘタを下にして、野菜室で保存。~3日くらい。

③冷凍

 どうしても食べきれない分は冷凍も可能。さっと固めにゆで、使う大きさに切ってから、
密封袋に入れて、空気を抜いて冷凍。薄く平らにしておくと、あとで使いやすい。~1か月。そのまま調理可能。

④天日干し

半分に切り、ざるに並べて軽く塩を振り、天気のよい2~3日干す。そのまま調理可能。
ビタミンなどの栄養素を活かすため、いずれの方法でもできるだけ早めにいただきたいですね。

4 食べる以外の活用法「こどもたちの工作に~紙漉き~」

4-1yanagihara
 アオイ科の「トロロアオイ」は、

伝統的な紙すき

の工程で使われてきました。
つぶした根を水につけることで「ネリ」と呼ばれるとろみを作り、和紙のパルプ液に加えます。
和紙の繊維がねりに包まれることで、パルプ液の中で均一に広がるため、薄く丈夫な和紙ができるのだそうです。

 同じ科のオクラで代用できるとのことなので、固くなってしまった畑のオクラで体験した方法を、簡単にご紹介します。


4-2yanagihara
①オクラ5本をみじん切りしてさらしに入れ、500mlの水に2~3時間つけ「オクラのネリ」を作ります。
4-4yanagihara
②洗って開き、ひと晩水に漬けておいた紙パック飲料から、ビニールをはがし取ります。パルプの部分を細かくちぎり、ミキサーでどろどろにします。
③おけに、どろどろのパルプ、水、オクラのネリを入れて、混ぜます。

4-5yanagihara
④ざる、ふるいなどですくい、天日で一日乾かし、そっとはがしたらできあがり。

 紙漉き用の枠をお借りできたので、はがきと懐紙を作りました。はがきは書の体験に、懐紙はお茶会に使う予定です。

5 簡単オクラのレシピ

 オクラをひと晩水につけて作る「オクラ水」が流行っているようです。うちでは試したことがないので、その効能について言及できませんが、それほど栄養価が注目されているということでしょう。

 オクラに限らず、季節のからだに添うエネルギーは、その季節の間の普段の食事の中でいただくと、無理ないように思います。

サラダ、和え物、炒め物、煮物、煮びたし、揚げびたし、スープ、天ぷら、カレー、ラタトゥイユ、グリル

など応用のきく食材です。
 
 先のとんがった部分を曲げるとポキンと折れるものは、新鮮で生食可能。
塩を少量かけ、まな板の上でごろごろ転がす「板ずり」をすると、産毛がとれて口辺りがよくなります。

 新鮮なものは、さっと10~20秒熱湯にくぐらせるだけでとてもやわらかく、甘く、

ヘタも食べられます


収穫から少し時間が経っているものは、鉛筆を削るように、薄く削るだけでOK。

5-0-2
 水溶性の栄養が流れ出ないように、ゆでる際は切らずに、また60℃以上になるとムチンの働きが弱くなるので短時間で調理。

細かく刻み、細胞壁を壊すことで、またさらに、よく混ぜることで、ねばねばパワーがアップ

します。

【おかかオクラ】

 定番中の定番。しょうゆはほんの少しにするとオクラの甘みが引き立ちます。
5-1yanagihara
[材料] ・有機オクラ 5本 
・天然かつお節 ひと握り 
・有機しょうゆ 小1/2~


[作り方] ①オクラを熱湯でさっとゆでます。
②みじん切りにして、ボウルでよく混ぜます。
③かつお節、しょうゆで味を調えたらできあがり。

【ごまたっぷり和え・梅肉和え・みそマヨ(ぽんマヨ)和え・海苔和え】

 どれもおいしい。しょうゆ、みその量は少し少なめに入れて、味見をしてから加えると、味が濃くなりすぎません。
5-2yanagihara
[材料] ・有機オクラ 5本 
(ごまたっぷり和え) ・すりごま 1/2カップ ・有機しょうゆ 小1/2~
(梅肉和え) ・有機梅 1個 ・かつお節 適量
(みそマヨ和え) ・無農薬味噌(ぽん酢) 大1/2 ・有機豆乳マヨ 大1~
(ぽんマヨ和え) ・有機ぽん酢 大1/2 ・有機豆乳マヨ 大1~


[作り方] ①オクラを熱湯でさっとゆでます。
②ひと口大に、斜めにそぎ切りします。
③それぞれの材料と和えたらできあがり。

【オクラ納豆】

 こちらも定番。もずく、めかぶなど「海のとろとろ」を加えるのもよしですね。
2yanagihara
[材料] ・有機オクラ 1本 
・有機納豆 1パック 
・有機しょうゆ 適量 
・お好みで焼き海苔、ねぎなど


[作り方] ①オクラを熱湯でさっとゆでます。
②細かくみじん切りします。
③納豆に加えてよく混ぜ、しょうゆで味を調えたらできあがり。

【ねばねば丼】

 ぐるぐる混ぜるほどおいしい。お好みでワサビを入れると大人味、ごま油やキムチを乗せると韓国風に。
5-5yanagihara
[材料] ・有機オクラ 3本 
・有機山芋 5cmくらい
・有機納豆 1パック 
・無農薬の玄米ごはん 1杯分 
・焼き海苔 適量
・有機しょうゆ 適量 
・お好みで青シソ、ちりめんじゃこ、モロヘイヤ、つるむらさき、めかぶなどを足してもOK



[作り方] ①オクラを熱湯でさっとゆでます。
②オクラを千切りにし、山芋はすりおろします。 *半分を千切りを加えるとしゃきしゃき食感の変化が楽しい
③ほかほかごはんに、オクラ、山芋、納豆、焼き海苔を乗せ、しょうゆをかけたらできあがり。

【オクラとじゃがいものサブジ】

暑い国のスパイスはさすがです。じゃがいもの他になす、かぼちゃなども合い、こどもたちにも大人気です。
5-4yangihara
[材料] ・有機オクラ 3本 
・有機じゃがいも 1個 
・無添加カレー粉 小1/2~ 
・塩 ひとつまみ

[作り方] ①オクラと、ひとくち大に切ったじゃがいもに塩をふり、蒸し煮します。
②オクラはすぐに取り出し、斜めにひとくち大に切っておきます。
③オクラ、じゃがいも、カレー粉を混ぜたらできあがり。

*レシピは目安の分量です。その時の体調に合わせられたり、その時に手元にある野菜を加えられるなどどうぞ臨機応変にお楽しみください。

6 さいごに

 野菜でもなんでも、それぞれによい部分があります。
無理なく手に入れられるものを、自然なペースでいただききたいですね。
旬の野菜とともに、どうぞ夏を乗り切ってください。


(参考:農林水産省HP/NHK趣味の園芸/野口種苗研究所)


このレシピで活用できるオーガニックな食材をゲットしてみよう!

電視みそ 炭とイオン化した水(電子水)が自然栽培米と出会って起きた「奇跡」。これ以上はない、こだわりの味噌と甘酒。今すぐここをクリック!

お味噌と甘酒を作っている麹屋さんは岡山県で60年以上続く老舗。
自然に逆らわず、自然の力を最大限に生かした味噌作りをモットーにしています。
蔵のすぐそばには清流が流れており、もともと自然に恵まれた味噌作りに適した場所でしたが、
時代の流れが様々な環境変化をもたらし、目に見えないところで品質に影響を与えるようになっていったそうです。
味噌作りの工程で使う水は全て電子水を使用しています。「奇跡のりんご」の木村秋則さんの指導を忠実に守って作った
自然栽培米(岡山県産)と自然栽培大豆(北海道産)を使っていること。自然栽培は、化学肥料や農薬を使わないのはもとより、有機肥料や堆肥すら使わず、太陽・水・土の力だけで栽培します。



オススメの記事

栄養たっぷり新玉ねぎは今が旬。実は葉も使い回しのきく優秀選手でした。丸ごと使い切る新玉ねぎの活用レシピ4選。

小さな粒に秘められた驚異のごまパワー!白練りゴマを使ったカンタン胡麻豆腐の作り方。意外な白ごま・黒ごま使い回し大量消費レシピ

えっこんな使い方まで?!食べるだけじゃない。生はちみつ使い回し活用法。アトピー対策・美容・脱毛も出来る便利な生はちみつの使い道とは

この記事のタグ
お気に入り登録する
シェアする

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

柳原 里実
日本の四季の行事や暮らしの手作りを体験する「いつもがわくわく*こどもてらこや」を主宰。 日本の文化体験・国際交流体験の他、自然農法で野菜を育て、重ね煮・マクロビなどを取り入れた料理体験などを行っている。 その他、「いま・ここ」にゆるりと心を込め、「日常」をしあわせにたのしむことをテーマとするイベント・ワークショップの主催・共催、寄稿、ラジオ出演、バンドのヴォーカルなど。 循環型暮らしを提案するイベント2015年親善大使。 共著本『What’s LOHAS? ロハスブックvol.3』(株式会社交通タイムズ社)では、四季・暮らし・食事・テーブルコーディネート・育児・工作・植物・こころなどに関する制作・撮影・エッセイ・イラストなどを担当。
ページ上部へ