メニュー

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り

メニュー

Organic Life to all the people.

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り

ピーラーで簡単!生でいただくズッキーニのレシピ。ビタミンC、カリウム、葉酸、鉄分など女性にうれしい効能がいっぱい。

    東京生まれ 牡牛座。 音楽・ファッション誌のライターとして経験を積む。 家族の介護、自分自身の食餌療法、日常生活を通じて、人間はこころとからだと命でできていることを知る。 現在は「cafeアルカディア」にて、お昼ごはん業を営む。

    こんがりと焼き色をつけたズッキーニも最高ですが、なまでいただくズッキーニはとても栄養価がたかく、おいしいんです。

    加熱調理によって失われがちな、カリウム、葉酸、そして、ビタミンCがたっぷり摂れるので、鉄分の吸収率もぐんとアップします。

    ズッキーニは、みためがきゅうりに似ていますが、じつは、かぼちゃの仲間です。なまで食べても、こっくりとした、独特の食感がたのしめます。

    ズッキーニ&文学

    ズッキーニの効能

    ズッキーニの生命力はすさまじく、朝、20cmほどだったズッキーニを収穫しないでおくと、夕方には50cm以上に成長してしまうほど完熟するのだとか。

    新鮮なズッキーニは、包丁で切っても、切っても、果実どうしがくっついてしまうほど、エネルギッシュです。

    ズッキーニ&棚

    こちらは、農家のかたにいただいた、無農薬のズッキーニ。
    生い茂るつたの葉にかくれて、ここまで育ってくれたのだとか。

    すこし皮がかためでしたので、甘辛な味噌炒めでいただきましたが、こんなにおおきくても、とっても、おいしかったです。

    ズッキーニの旬は、初夏から秋にかけて。

    ズッキーニにふくまれる抗酸化作用のたかいβーカロチン、ビタミンCは、紫外線によっておこるシミ、そばかす、肌の老化を予防するはたらきがあります。

    そして、汗とともに失われがちなカリウムもほうふで、体内の余分の水分を排出して、むくみを解消してくれます。
    また、カリウムには、高血圧予防、筋肉の働きをよくする効果があります。

    また、胎児の細胞をつくるときにかかせないビタミンである葉酸赤血球をつくる材料となる鉄分もほうふで、女性にはうれしいお野菜です。

    ズッキーニにふくまれるビタミンCとともに、貧血の予防、改善に役立ちます。

    これら栄養素は加熱調理によわいので、今回はなまのまま、ありがたい効能をおいしくいただきましょう。

    ピーラーで簡単!
    なまでいただくズッキーニのレシピ

    ズッキーニサラダ2

    今回の下準備は、包丁をつかわず、ズッキーニをピーラーでするするとけずります。


    ズッキーニ&ピーラー

    このとき、ズッキーニは、まな板にねかせて、ピーラーをもっていない手で、しっかり固定しましょう。ケガ防止になります。

    ピーラーでけずって、ズッキーニが半分のあつさになったら、逆さにかえして、おなじようにけずります。


    ズッキーニサラダ2

    ズッキーニのサラダ

    材料

    4~5人分
    ズッキーニ 1本
    サラダかぼちゃ 1/4個
    ベビーリーフなど葉もの野菜 ひとつかみ
    ローストナッツ 大さじ1
    シークワーサー 1個
    塩黒胡椒 適宜
    エクストラーヴァージンリーブオイル 大さじ1

    つくりかた

    1 ピーラーでけずったズッキーニとサラダかぼちゃ、ベビーリーフを水にさっとさらし、水気をよくきる。

    2 お皿に1をもりつけ、ローストしてあらくくだいたナッツをあしらい、塩胡椒、オリーブオイル、シークワサーをしぼれば、できあがりです。


    けずったズッキーニはくるっと螺旋をえがき、フレッシュな葉もの野菜のようにつかえます。

    ズッキーニサラダ3
    こちらは、粒マスタード+蜂蜜+お醤油+胡麻油(1:1:1:1)のドレッシングで和えました


    タコライス
    こちらは、タコライスにハーブや葉もの野菜とともに添えました。

    ズッキーニピクルス漆喰
    そして、あまったズッキーニは、おきにいりの器にいれて、ピクルスにして保存すると日持ちして便利です。

    ズッキーニピクルス木目

    ズッキーニのピクルス

    材料

    基本の漬け酢
    酢 200ml
    水 100ml
    蜂蜜 大さじ3
    塩 小さじ1

    お好みで 赤唐辛子 粒マスタード 黒胡椒 ニンニク ベイリーフをいれて、かおり、風味をおたのしみください。

    つくりかた

    1 基本の漬け酢の材料、お好みのスパイスを小鍋にいれて、一瞬煮立たせて火からおろす。

    2 容器にけずったズッキーニ(写真は、黄色いサラダかぼちゃ、紫色の千切りのトレヴィス)をいれて、冷ました漬け酢をそそいで、冷蔵庫で2時間ほどから食べられます。


    シンプルな漬け酢にひたしてストックしておくと、メインの料理にあわせて、胡麻油、オリーブオイル、ココナッツオイル、お醤油やスパイスなどで、アレンジをたのしめます。

    ズッキーニベジプレート

    こちらは、浅漬けのズッキーニをベジプレートに活用しました。
    今回は炒ったかぼちゃの種と、花山椒、黒胡椒をあしらってみました。
    ふうみゆたかな無国籍ベジプレートの完成です。

    ズッキーニ&本棚
    今回のズッキーニ料理は、よそゆきなルックスがらも、簡単で使いまわしの効くレシピです。
    残暑のおたのしみに、健康管理に、ぜひ、ご活用ください。


    あなたにおすすめ!

    乳製品・卵・砂糖不使用!【煮切りみりん】でつくる簡単スイーツ「みりんブラマンジェ」の作り方

    これ一つでOK。日本が誇るスーパー調味料、梅酢でつくる最強の『デトックスウォーター』の作り方。

    高野豆腐ミンチを使った『汁なし肉みそ麺』のレシピ。

    この記事のタグ
      お気に入り登録する
      FavoriteLoadingお気に入りに追加
      シェアする

      この記事が気に入ったら
      いいね!しよう

      東京生まれ 牡牛座。 音楽・ファッション誌のライターとして経験を積む。 家族の介護、自分自身の食餌療法、日常生活を通じて、人間はこころとからだと命でできていることを知る。 現在は「cafeアルカディア」にて、お昼ごはん業を営む。
      ページ上部へ