メニュー

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り

  • LINE

メニュー

Organic Life to all the people.

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り
  • LINE

のどの漢方薬、咳止めに使われてきた「花梨」でつくるはちみつ漬け、黒糖漬け、花梨酒の作り方

    東京生まれ 牡牛座。 音楽・ファッション誌のライターとして経験を積む。 家族の介護、自分自身の食餌療法、日常生活を通じて、人間はこころとからだと命でできていることを知る。 現在は「cafeアルカディア」にて、お昼ごはん業を営む。

    ぐっと秋が深まり、冬支度の季節がやってまいりました。

    落日がはやく、冷えがち、めいりがちな心とからだを、ふわりとほどいてくれるのが、花梨のあまいかおりです。

    花梨は、ふるくから咳止め、喉の漢方薬に使われてきましたが、そのほかにも、うれしい効能はたくさん。

    今回は、この花梨のありがたい薬効をいただくべく、かわいらしいストック法をご紹介します。

    おおきな容器や大量のホワイトリカーを仕入れなくても、ジャムの空き瓶やお気にいりのミニボトルで、ちゃちゃっとかんたんにつくれます。

    贈っても、もらっても、うれしい、プチ冬支度のご紹介です。

    %e8%8a%b1%e6%a2%a8

    花梨の効能



    花梨といえば、のど飴が有名ですが、その効能は咳止め、のどの痛みだけにはおさまりません。

    花梨には、抗酸化作用の高いビタミンC、ポリフェノール、カリウム、クエン酸、植物繊維が豊富にふくまれています。

    そのことから、感染症予防、美白、美肌効果、血流促進、疲労回復、むくみ改善、便秘解消、高血圧や動脈硬化の予防、改善とさまざまな効能にめぐまれています。

    今回は、とりわけ薬効成分を濃くふくむ、皮、種ごと使います。

    手にはいったのが、きみどり色の花梨でしたら、きいろく熟すまで、2~3日、まってみましょう。

    花梨の蜜や油分が表皮ににじんで、あまいかおりがたつころが、使いどきです。

    あまいかおりの印象とはちがい、花梨はかたいので、切るときは、お気をつけください。


    %e8%8a%b1%e6%a2%a8%e3%81%af%e3%81%a1%e3%81%bf%e3%81%a4

    花梨はちみつ漬け

    材料

    花梨   
    はちみつ 適宜
    〈花梨1:1はちみつ〉 同量を目安にどうぞ

    つくりかた

    1 花梨をぬるま湯でよく洗い、水気をふきとり、皮ごと、種ごと、5mmほどの厚さにスライスする。輪切り、いちょう切り、乱切りなど、ボトルにあわせて、お好みの切りかたでどうぞ。

    2 煮沸消毒した空き瓶に、花梨を入れ、はちみつを注ぐ。

    3 花梨がはちみつから顔をださないように、朝夕、ボトルをふって、直射日光をさけて保存する。2ヶ月ほどから食べられます。


    のど飴のかわりに食べたり、あたたかい飲みものに入れていただきます。
    発酵しやすいので、なるべく、ひと冬で食べきってしまいましょう。


    %e8%8a%b1%e6%a2%a8%e7%93%b6%e8%a9%b0%e3%82%81b

    花梨黒糖漬け

    材料

    花梨
    黒糖
    自然塩 適宜
    〈花梨2:1黒糖〉を目安にどうぞ

    つくりかた

    1 花梨をぬるま湯でよく洗い、水気をふきとり、皮ごと、種ごと、1~3mmほどの厚さにスライスする。輪切り、いちょう切りなど、お好みの切りかたでどうぞ。

    2 スライスした花梨を塩水に5分ほどさらして、キッチンペーパーで水気をきる。

    3 煮沸消毒した空き瓶に、花梨、黒糖をかさねるように入れて、冷暗所に保存する。2日で水があがり、冷蔵庫に保存して、二週間ほどで、シロップ、果実ともに食べられます。


    種や芯が、気になるようでしたら、塩水にひたしたあと、ガーゼや出汁袋にとりわけてから、果実、黒糖とともに漬けてください。
    黒糖でなく、てん菜糖、きび砂糖、いろいろミックスしても、おいしくできあがります。

    %e8%8a%b1%e6%a2%a8%e9%bb%92%e7%b3%96

    こちらは、黒糖とアガベシロップのミックスです。
    風邪ひきさんへの、おくりものに。


    %e8%8a%b1%e6%a2%a8%e9%85%92

    花梨酒

    材料

    花梨
    35度以上のお酒 適宜
    (焼酎、ジン、ラム、ウォッカ、テキーラ、ウィスキー、ブランデーなど)
    〈花梨1:2お酒〉を目安にどうぞ

    つくりかた

    1 花梨をぬるま湯でよく洗い、水気をふきとり、皮ごと、種ごと、5mmほどの厚さにスライスする。輪切り、いちょう切り、乱切りなど、ボトルにあわせて、お好みの切りかたでどうぞ。

    2 煮沸消毒した空き瓶に、花梨を入れ、お酒をそそぐ。3ヶ月から飲めますが、半年以上漬けると、よりまろやかになります。


    寒い夜にお湯割りにするとあたたまります。
    酸味がほしいときは、柑橘類、甘みがほしいかたは、花梨の半量以下の黒糖、てんさい糖ほか、お好きな糖分をプラスしてください。無糖でつくり、飲むときの体調にあわせて、甘みをつけてもよいですね。


    %e8%8a%b1%e6%a2%a8%e3%82%b9%e3%83%91%e3%82%a4%e3%82%b9

    アレンジは無限大です


    お砂糖やはちみつの種類、お酒の種類だけでなく、花梨にあうシナモンやカルダモン、クローブなどのスパイス、ハーブ、生姜、ゆず、レモンなどの柑橘をプラスしても、おいしいです。
    「もっと、ちがう風味がいいかな」と感じたら、あとから、いくらでもアレンジできます。


    %e8%8a%b1%e6%a2%a8%e3%81%af%e3%81%a1%e3%81%bf%e3%81%a4

    冬支度は、数ヶ月後のじぶんへ、たいせつなご家族やお友達へのおくりものです。

    その季節ごとに、人間にとってひつような薬効をもつ植物がきちんと育ってくれる、不思議。

    知識とは、大自然や命のちからに、もっと、おどろき、もっと、よろこぶためにも、あるのかもしれません。

    日々、出会う知識、先人の知恵、そして、大自然に感謝です。

    %e8%8a%b1%e6%a2%a8

    このレシピを読んだ人におすすめのほかのレシピ

    「柿が赤くなれば医者が青くなる」のは本当だった!すぐ焼ける!フライパンで「とろとろ焼き柿」の作り方。

    養生のどシロップ「はちみつ大根」の作り方。気温差が気になり、乾燥する季節、内から潤してお手当しよう。

    食欲のない時や風邪の引きはじめにおすすめ!材料4つで簡単。体を温めるパンプキンキャロットポタージュの作り方

    この記事のタグ
      お気に入り登録する
      シェアする

      この記事が気に入ったら
      いいね!しよう

      東京生まれ 牡牛座。 音楽・ファッション誌のライターとして経験を積む。 家族の介護、自分自身の食餌療法、日常生活を通じて、人間はこころとからだと命でできていることを知る。 現在は「cafeアルカディア」にて、お昼ごはん業を営む。
      あなたにお勧めの記事
      ページ上部へ