メニュー

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り

メニュー

Organic Life to all the people.

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り

病気の時や、食欲がない時に活用したいアーユルヴェーダ万能浄化食=キッチャリーの作り方

    Kayo
    サットヴァ研究家。セラピスト。東京で、台湾出身の両親の元に生まれ、多文化、多言語の環境で育つ。2010年、ハワイのカウアイ島で全米ヨガアライアンス認定資(RYT200)取得後、ヨガ・アーユルヴェーダの通訳や翻訳、アーユルヴェーダ弁当のケータリングなどを行う。「海外に暮らす」を叶えるため、上海で就職。タッチの力に魅せられ、スウェディッシュマッサージをベースとしたオイルトリートメントを習得。結婚を機に帰国。2018年春、京都でマッサージとアーユルヴェーダのごはんを提供するサットヴァサロンKYOTOをスタート。http://www.sattvicpeace.com

    食べ過ぎが続いている。
    食欲がない。
    ダイエット中だ。
    風邪っぽい。
    慢性的な疲れが取れない。
    遅い時間になってしまったが、何か食べたい。


    誰でもこのような状況に陥ったことがあるかと思います。

    そんなとき、皆さんは何を食べていますか?


    体調不良のとき、食べたくないのに、頑張ってたくさん食べるのは逆効果です。

    barbecue-2675516_640
    体調がすぐれないときに、「スタミナをつけるためにお肉を食べよう!」と焼肉店にいく人や、食欲がない人に対して「ちゃんと食べなさい」と説得している場面をよく見受けます。けれどこれは逆効果。

    なぜならアグニ(消化の火)が弱っているときに消化に重いものを食べても消化できずに、逆にアーマ(未消化物)が作られてしまうからです。
    そもそも体調不良や病気になるのはアーマが蓄積した結果です。

    病気は「出す」プロセスですので、デトックスができるような環境を作ることが大切です。

    高熱などでしんどいとき、無理に食べる必要はありません。

    ただし、水分補給は(生ハチミツを使った手作りスポーツドリンクがオススメ!)しっかりしましょうね。

    病気になってしまったら

     
    fever-3063126_640
    もしも病気になってしまった場合は、回復にあわせて以下の1,2,3の段階を追って通常食に戻していくと良いでしょう。

    段階1:重湯/Rice soup

    2018-01-16-10-25-52
    米と水を1:10で調理した上澄みの液体の部分を飲みましょう。

    日本でも昔から離乳食などに用いられている重湯ですが、実はアーユルヴェーダでも伝統的に食べられています。
    パンチャカルマの中心処置の一つである、下剤を飲むVirechana(瀉下法) を行なった日も、重湯が出されました。

    また、ヨガ&アーユルヴェーダの師の元に滞在している際に高熱を出してしまった際も、熱が下がってきた頃に飲ませてくれたのが重湯でした。
    大人になると、ほぼ食べる機会がない重湯ですが、これが地味においしかったりします。

    特に弱っているときには、体にスーッとお米の甘みが染み込みます。

    段階2:お粥/Soupy rice

    2018-01-20-09-36-18
    食欲が戻ってきたら、米、米の4倍以上の水、ギー、岩塩、ウコン、ショウガのすりおろしを調理したKunyiと呼ばれる黄色いお粥を食べると良いでしょう。
    アーユルヴェーダの治療院では、写真のようなKanjiという無精製のお米で作ったお粥が出されていました。
    体調不良のとき以外にも、味の濃いものを食べた翌日などにもオススメです。

    段階3:雑炊/Kitchadi

    P1250512のコピー
    大分体調が回復し、普段の食事に戻したいと思うところを、焦らずもうひと踏ん張り。
    アグニの建て直しに効果的なのが今回紹介したいキッチャリーです。

    バスマティライスの白米、ひきわりのムング豆と野菜で作った雑炊のようなもので、
    シンプルかつ栄養満点で心と体への癒し効果が高いとして、何世紀にもわたって食べ継がれてきたアーユルヴェーダの癒しフードです。

    体調不良になりかけているとき、病気が回復してきた頃にもオススメなだけではなく、
    食べ過ぎが続いてしまったときのリセットや、ダイエットをしたいとき、慢性的な疲れが取れないとき、遅い時間に何か食べたいときにも良いでしょう。

    キッチャリークレンジング

    P1250350のコピー
    私が関わらせていただいているハワイのヨガ&アーユルヴェーダのティーチャートレーニングでは、
    トレーニングの最初の1週間は毎日キッチャリーを食べ続け、心と体をリセットするところから始めます。
    一週間キッチャリーを食べ続けると色々な感覚がクリアになり、トレーニングに必要な集中力や鋭敏さが生まれます。

    また、アトピーがある夫も、ストレスや飲み会が続いた際にはキッチャリーをお弁当にリクエストしてきます。
    毎日食べても飽きないらしく、一週間くらい続けると本当に体調が良くなるようです。

    キッチャリーには様々なバリエーションがありますが、基本は同じなので作り方を覚えておくと便利です。
    圧力鍋がある場合は、米と豆を圧力鍋にかけ、野菜をオーグメンティング→エクストラクティブの順でスパイスとともに炒め煮しておいたものと後から合わせると、時短できます。

    圧力鍋を使用しない場合は、大きな鍋にオイル、スパイスを入れて香りを立たせたら、
    まず米と豆を調理し、そこにオーグメンティングの野菜→エクストラクティブの野菜と火が通るのに時間がかかるものから入れていきます。
    スパイスを最後にテンパリングして足す方法もありますが、まずは基本を押さえていきましょう。

    ※オーグメンティング(栄養を与える、増大させる)とエクストラクティブ(排泄を促す、抽出する)の食材の分類に関しては以前のカスタム温サラダの記事をご参照ください。

    基本のキッチャリーの作り方

    P1250478のコピー

    材料(4人分)


    A

    ・バスマティライスの白米(日本のお米でも可)   1カップ
    ・ひきわりのムング豆   3/4カップ
    ・バスマティライスの白米

    ひきわりのムング豆と野菜で作った雑炊のようなもので、
    シンプルだけれど栄養満点で、心と体への癒し効果が高いとして、何世紀にもわたって食べつがれてきたアーユルヴェーダの癒しフードです。

    ・岩塩 少し
    ・ヒング(アサフェティダ)   少々 手に入らなければ省略可
    ・天然昆布(小さく切る)   5cmくらいを一切れ
    ・ターメリック   小さじ1/2
    ・良質な水   4〜5カップ


    B

    ・無農薬ココナッツオイル   大さじ1
    ・無農薬ショウガのすりおろし   小さじ2
    ・クミンシード   小さじ1
    ・コリアンダーシード   小さじ1
    ・ブラックペッパー   小さじ1
    ・シナモンスティック   3cm程度
    ・岩塩   小さじ1/2


    オーグメンティングの野菜 写真はかぼちゃとアスパラガスを使った例   2カップ分程度

    エクストラクティブの野菜 写真はスイスチャードとセロリの葉を使った例   3掴み分程度

    作り方


    1. 圧力鍋にAの食材を入れ、火にかける
    P1250441のコピー
    2. 圧力がかかったら弱火にし、そこから5分くらい調理したら火を消して、圧力が抜けるまで冷ましておく
    P1250465のコピー
    3. 野菜を一口サイズに切る
    P1250446のコピー
    4. 大きめの鍋に、オイルを入れて温めたら、Bを足し、香りが立つまで弱火で炒める
    P1250452のコピー
    5. 火を中〜強火にし、火が通るのに時間がかかる野菜(今回はかぼちゃ)から鍋に入れ、オイルとスパイスを絡めるように1分ほど炒めた後、野菜が隠れるくらいの量の水を入れ、沸騰したら弱火にして蓋をする
    P1250457のコピー
    6. 火が通るのに時間がかかる野菜から順に鍋に入れていく
    P1250468のコピー
    7. 圧力が抜けたのを確認してからAの鍋を開ける
    P1250463のコピー
    8. Bの鍋に葉物野菜を足したら、AをBに合流させ、全体を混ぜ、塩気の調整をしたら火を消す
    P1250475のコピー
    余熱で味が全体に馴染んだら完成です。基本の作り方に慣れてきたら、色々な野菜、スパイスで試してお好みの味を見つけてみてくださいね!

    キッチャリーに欠かせない岩塩を買ってみよう!

    P1250412のコピー
    キッチャリーのおいしさを影で支えているのが岩塩です。
    アーユルヴェーダでは、岩塩が調理に最も適した塩だと言われています。

    他の塩と比べて消化に優しく、むくみの原因にならず、またピッタと呼ばれる火の要素を高めることのないトリドーシック(どのドーシャの方にも適している)な自然の恵みです。素材のまとめ役として味をキメてくれるだけでなく、食欲を高め、浄化作用があり、グラウンディングさせてくれる大活躍の岩塩を、ぜひ取り入れて見てくださいね。

    日々の有害物質摂取が気になる方へ・・

    0918143718_59bf5b8e44059 オーガニック証複数取得!ヴィーガン&オーガニック。安全な食品で作られたデトックスパウダー 1〜5個セット

    ご紹介するのは、オーガニック成分で体に優しいウェイトコントロール・デトックス用サプリ。
    オーストラリアのオーガニック認証「ACO」やアメリカのオーガニック認証「USDA ORGANIC」の認証を受けた、正真正銘のオーガニックサプリメントです。
    国内、海外を含めてデトックスを意識したサプリメントは星の数ほどありますが、このサプリメントは本物のオーガニックだから、安心してチャレンジできます。
    3日間続けてこのサプリメントをいただくことで、内臓を休ませ、機能をリセット。空腹感を抑えるように成分が配合されているから、リバウンドしにくい体質へと誘ってくれます。


    お水で飲みにくい場合は、フレッシュジュースや豆乳で溶かしたり、スムージーに加えると飲みやすく、栄養価もプラスできるため、回復期の食事に取り入れるとgood!
    
ファスティングの効果に相乗したデトックスが期待できる、こちらのオーガニック認証・コスパ良しのサプリは、是非お試しする価値ありのオススメサプリです。

    2億5千万年前のヒマラヤ地層から採掘。汚染の心配のない最強のクリスタル岩塩

    塩差し替え2 自然の恩恵を体に取り入れることができる、良質な岩塩今すぐここをクリック!

    2億5千万年前の地層から採掘される、
    海洋汚染とは無縁の透き通った塩。
    気が遠くなるほど長い年月に渡って蓄えられた、太陽のエネルギーもが刻み込まれています。
    人間の手が加えられるのは、採掘したあと水で洗浄し、販売に適したサイズに粉砕するところだけ。
    この岩塩は、太古の海から人間へのメッセージのようなものなのです。
    母なる海の力は、私たち現代人の体を「本来あるべき状態」に整えてくれます。


    オススメの記事

    ナッツで作る簡単ヴィーガンチーズの作り方 + 乳酸菌たっぷり常備菜ザワークラウトの作り方

    卵なし・バターなし・グルテンフリー!ワンボウルで簡単!本格ショートブレッドの作り方

    卵なし・乳製品なし! 全粒粉100%で作るしっとりパンケーキの作り方と、煮詰めるだけで簡単!ミルク・コンフィチュール(ミルクジャム)の作り方

    この記事のタグ
      お気に入り登録する
      シェアする

      この記事が気に入ったら
      いいね!しよう

      Kayo
      サットヴァ研究家。セラピスト。東京で、台湾出身の両親の元に生まれ、多文化、多言語の環境で育つ。2010年、ハワイのカウアイ島で全米ヨガアライアンス認定資(RYT200)取得後、ヨガ・アーユルヴェーダの通訳や翻訳、アーユルヴェーダ弁当のケータリングなどを行う。「海外に暮らす」を叶えるため、上海で就職。タッチの力に魅せられ、スウェディッシュマッサージをベースとしたオイルトリートメントを習得。結婚を機に帰国。2018年春、京都でマッサージとアーユルヴェーダのごはんを提供するサットヴァサロンKYOTOをスタート。http://www.sattvicpeace.com

      LINE@

      IN YOUメルマガ

      minery

      LLE82

      ページ上部へ