メニュー

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り

メニュー

Organic Life to all the people.

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り

体を温める秋の滋養食材「栗」を使って。クリーミーでやさしい栗のポタージュの作り方。

    くみんちゅ
    家族の体は、おかあさんの作るごはんでできている。 「こだわるけどとらわれない」をモットーに、誰もが作れる安心安全なレシピ作りを展開。 「もう何も食べられるものがない」から視点を変えてみる。 膨大にあふれる加工品や市販菓子より、 台所でにぎる塩おにぎりひとつ。 子供に、若者に、安全な食卓を。 さて、今日もごはんをつくりましょ。 FB ブログ

    今しか味わえない秋の味覚「栗」を使ったレシピ第2弾、
    今回は、濃厚で心も体も温まる栗のポタージュの作り方をお教えします。

    この時期の自然のままの栗には、森のエネルギーが詰まっています。

    栗、くるみ、どんぐり、里芋、栃の実などは、
    日本人がまだ米を食べる以前の狩猟採集時代から食べられてきた縄文人の主食だったそうです。

    「とっても栄養がある。」
    だからこそ、外敵から身を守るために頑丈なイガイガで身を固めています。
    クルミやどんぐりも同じですね。

    chestnut-2804035_960_720
    栗にはビタミンCやビタミンB群やミネラル、食物繊維がたっぷり含まれていて、
    人間が冬にむけて体の滋養を蓄えるための大切な食料だったのです。

    また、栗のでんぷんは稲作や小麦作と違い、樹上で実るので、
    非常に浄化された貴重なでんぷん質のひとつなのだそうです。
    イモ類と比較してもでんぷんの粒子がとても細かいので消化吸収がよく、疲労回復・滋養強壮にも最適。
    渋皮にはポリフェノールも豊富。

    「いも・くり・なんきん」。
    日本人にとって、非常に良質な炭水化物ですね。

    狩猟採取時代の人たちも、この時期の収穫が何よりのごちそうだったはず。
    今では当たり前のようにスーパーで買える食べ物も、昔は季節ごとに手に入る宝物だったでしょう。

    chestnut-2810591_960_720
    人間も動物も、秋は栄養をたっぷり蓄えるて、厳しい冬に備える季節です。

    くるみ、栗、どんぐり、芋から、良質なミネラル、でんぷん質、脂質を。
    イノシシ、秋刀魚、鮭、鯖からビタミン、タンパク、脂質を。

    特に秋に美味しい「いも、くり、かぼちゃ・穀類」。
    これらの炭水化物にはホルモンを整えるアミノ酸GABAが豊富に含まれています。
    GABAは、ストレス物質を除去したり自律神経を整える働きがあります。
    また、安眠効果も期待できると言われています。

    092510ffb2f3eb1f24c23feef3dffdab
    女性ホルモンを整えるためにも、
    子供の自律神経を安定させるためにも、
    この時期は、良質な炭水化物は冬に備えての滋養を蓄えてくれますね。

    もちろん糖質の摂りすぎは良くありませんが、
    良質な「糖質の選択」をすることは大切です。

    例えば、芋類、根菜類、かぼちゃや栗など、糖質の多い食材を使うときは、
    それを主食代わりにするのが良いでしょう。

    56fcc57536262146c72d25f95b87306d
    肉じゃが、かぼちゃのグラタン、里芋とひき肉のコロッケ、さつまいもと鶏肉の煮物、れんこんのはさみ揚げなど、
    炭水化物とタンパク質を組み合わせたおかずを作ったなら、
    それだけで栄養価の高いワンプレートになりますから、
    白いご飯を添える必要もなくなりますね。

    IMG_6829
    その代わり、おかずや汁物はたっぷり食べる。
    主菜と糖質のバランスを考えることで、栄養価も高まり、体もグンと軽くなってくると思いますよ。

    秋の滋養がたっぷり詰まった栗のポタージュスープで心も体も温まろう。

    IMG_4565
    栗の栄養がギュッとつまった、今しか味わえないとってもスペシャルな食養スープです。

    ほんのりした甘さで、
    じゃがいもとさつま芋の中間みたいなテクスチャー。

    ほんわりやさしい栗本来の味を堪能しましょう。

    栗にはまろやかな風味のバターや生クリームが合いますが、
    乳製品を摂らない方は、無調整豆乳や無糖アーモンドミルクを使うのがよいと思います。

    【材料】

    ・生栗 300〜500g
    ・さつまいも 1/2本(100g程度)
    ・玉ねぎ 1/2個
    ・グラスフェッドバター またはギー(またはオリーブオイル) 大さじ1程度
    ・自然塩 小さじ1/2弱
    ・水(または好みのだし汁) 1カップ
    ・豆乳 1カップ
    ・生クリームまたは豆乳 1/4カップ



    【作り方】

    1、栗はたっぷりの湯で30分茹でるか、蒸し器で40分蒸し、冷めるまでそのまま蓋をして放置しておく。
    2、栗の粗熱がとれたら包丁で横半分に切り、スプーンで中身をすべてほじり出す。
    かき出した身から正味150〜200gをスープに使います。
    3、玉ねぎ、さつまいもは薄切りにする。
    3、鍋にバター(またはギーかオリーブオイル)を入れ、玉ねぎ・さつまいも・塩を加えてしんなりするまで炒める。
    4、粗熱がとれた玉ねぎ・さつまいも、むき栗、水(またはだし汁)をミキサーにかけてなめらかにする。
    5、鍋に4を戻し、豆乳・生クリームを加え、弱火で温めなおす。
    (沸騰させると豆乳が分離してしまうので注意。)
    IMG_4732
    6、味をみて、必要であれば味を調整して出来上がり。
    仕上げに生クリーム(またはココナッツミルク)をたらすのも良いでしょう。

    IMG_4566
    栗は鶏肉と相性の良い食材です。
    なめらかな栗のスープにチキンのサラダなどを添えて、秋のブランチを楽しんでみてください。

    そのほかにもオススメの秋のレシピを見る

    今が一番美味しい。旬を丸ごといただく!簡単なのに本格的な絶品アップルパイの作り方

    みかんの皮は捨てないで!冷え性対策・風邪予防にも。漢方食材にも活用される「陳皮」の効果と作り方

    ハロウィンパーティーレシピ:砂糖不使用!かぼちゃトリュフの作り方と、脾の弱体化が進む現代人が選ぶべき最適な甘味料の選び方。

    この記事のタグ
      お気に入り登録する
      シェアする

      この記事が気に入ったら
      いいね!しよう

      くみんちゅ
      家族の体は、おかあさんの作るごはんでできている。 「こだわるけどとらわれない」をモットーに、誰もが作れる安心安全なレシピ作りを展開。 「もう何も食べられるものがない」から視点を変えてみる。 膨大にあふれる加工品や市販菓子より、 台所でにぎる塩おにぎりひとつ。 子供に、若者に、安全な食卓を。 さて、今日もごはんをつくりましょ。 FB ブログ
      ページ上部へ