メニュー

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り

メニュー

Organic Life to all the people.

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り

不調時におすすめ。1分でできる自然のお薬「梅醤番茶」の作り方。

    松浦愛
    facebook オーガニックなライフスタイルを提案するWEBマガジンIN YOU 編集長兼株式会社インユーCEO 。「すべての人にオーガニックな暮らしを」をコンセプトとして掲げ、オーガニックの普及と拡大を目指し、日夜活動中。 最近の趣味はアート、食べ歩き、乗馬など。 運営サービスはIN YOUや編集長自らが選りすぐったお気に入り商品を扱う、オーガニックオンラインマーケットIN YOU Marketなど。

    マクロビオティックや漢方を始めとする東洋医学のベースとなる考え方のひとつに「陰陽」という概念があります。

    現代人はただでさえ日常的に無意識のうちに食べている添加物農薬、化学肥料まみれの野菜、砂糖の摂り過ぎ、薬、お酒によって陰性にかたよりがちです。

    東洋的な言い方で言うと、こうした物質はカラダを陰性に傾けていきます。
    西洋的な言い方で説明するなら、こうした有害物質が蓄積されることによって免疫力が低下し、がんや脳血栓、糖尿病などあらゆる疾患の原因となります。

    寒い冬だけに陰性の害があらわれるわけではありません。
    アイスクリームやアイスティー、クーラーの下でのデスクワーク・・・
    夏場にも現代人は陰性の害と隣り合わせなのです。

    普段から免疫力が高い方ならまだしも、
    このようなストレスまみれの現代人は、たとえ気温が上がる季節であっても、
    体を冷やしても大丈夫!ということではないのですね。

    カラダが陰性に偏るということは、すなわちカラダが冷えることであり、
    カラダの冷えは、今や数人に一人がなると言われる「がん」をはじめとしたあらゆる病気の根源となります。

    あなたは今、ゼロですか?それともイチですか?

    lgf01a201406270100
    あなたは今、ゼロですか?それともイチですか?それとも10でしょうか。
    どれだけ自分のカラダに入っていくものに対して理解をしているでしょうか?
    自分が何食わぬ顔で食べている食品、飲料、石鹸、そのほか使っている商品についてどれだけ関心を持っているでしょうか。

    現代人はカラダが陰性に偏りがちだと述べましたが、その理由はほとんどが無知からくるものでしょう。
    誰も病気になりたいと思って生活しているわけではないはずです。
    出来ることなら長生きをしたい、人より長生きをしないまでにも生きている間はなるべく健康でいたい、と思うのは生きている上で当然の欲求です。

    lgf01a201411042300
    でもなぜ、日常に生きているだけで不利な状況になっていくのでしょうか?
    それはあらゆる有害なものに侵された社会で生きているためです。

    「そんなはずはない。みんな普通に食べて、普通に生きているじゃないか。そんなこと気にしていたら何もできない。」そう思うかもしれません。

    本当にそうでしょうか?


    確かにたった一年や数年では、目に見えた害を感じないかもしれません。
    しかし、積もり積もってあなたが病気になっても、残念ながら誰も将来のことを保証してはくれません。

    医療代も高騰していくと言われており、もはや医者すらもあなたを助けてはくれなくなる時代が、すぐ目の前に来ています。
    今の時代においてなるべく他者の力に頼らずに健康で生きていきたいのであれば、必然的に一人ひとりに知恵が必要になります。

    具体的に言うと


    ・可能な限り農薬、化学肥料不使用の野菜を選ぶ。
    ・糖分の摂取を減らす。
    ・精製されたもの(小麦粉、砂糖、塩、その他)の摂取を避ける。
    ・抗生物質やホルモン剤まみれの海外産肉を避ける。
    ・抗生物質や農薬不使用の餌を食べて育った平飼い卵を買う。
    ・タバコは買わない、吸わない。タバコにはタバコ自体の害に加え、放射線物質が含まれているものが出回っています。
    ・牛乳は極力避ける。
    ・添加物の入った市販のお菓子や清涼飲料水は買わない。
    ・安くて悪質な調味料や油ではなく、良質な本物の調味料や油を使う。
    ・石油系、化学系のシャンプーや石鹸を避ける。
    ・どんなものを買うときにでも原材料を必ず確認する癖をつける。


    など、ここには書ききれませんが、今日今この瞬間からでも気をつけられることは山程あります。
    たとえば、今お家にある調味料が、どんな材料でどんな工程で作られているのかを調べてみる。

    あるいはいつも特に気にせず買っていたデパ地下やコンビニ、等の惣菜、弁当、お菓子、アイスを買うときに、原材料に一体何が入っているのかを都度確認する。


    あらゆる症状にも効果的な、マクロビオティックでおすすめの梅醤番茶とは?


    さて、自分でできることのひとつにお家の中やオフィスでも作れる、自然のお薬を飲む、という方法があります。
    化学的なお薬ではなく、お家で手軽につくれる自然のお薬。


    疲れているとき、朝起きて喉が「アレッ?」って時、ありませんか?
    このままじゃ風邪になりそう・・。そんな時、あなたは何をしますか?

    今日はアレッと思った時に飲むといい「とっておきのドリンク」についてご紹介します。

    それは、「梅醤番茶」。
    文字通り、梅+醤油+番茶と非常にシンプルな材料でできています。

    これに生姜の絞り汁を加えます。

    OLYMPUS DIGITAL CAMERA
    発酵食品である梅や醤油は日本において最強のスーパーフードだと言えますし、
    生姜にもまたデトックス効果や血液サラサラ効果、殺菌効果等、嬉しいメリットの多い食材の一つです。

    ショウガが手に入らないときは無農薬のショウガパウダーでもいいですよ。

    マクロビオティックの提唱者、桜沢如一も大推薦する梅醤番茶。
    マクロビオティックでは、この「梅醤番茶」が様々な諸症状に驚くほど良い効果をもたらしてくれるとされています。

    風邪の前兆を感じた時、或いはなんとなく調子が悪いな、と思った時、どなたでも身近な材料を使ってたった1分でできてしまいますので、是非作り方を覚えておきたいところです。

    自然治癒力を高める、梅醤番茶の効能とは?

    さて作り方に入る前に、梅醤番茶にはどのようなことを期待できるのでしょうか?

    下記を御覧ください。

    風邪対策
    現代病対策
    免疫力維持
    疲労回復
    美容効果
    体温UP効果
    整腸作用
    アレルギー体質改善


    現代人にとって、カラダをなるべく冷やさないことこそが、あらゆる不調や病気から身を守ることにもつながります。

    陰性や陽性になりすぎることなくできるだけ中庸(ちゅうよう)のバランスに保つということは、病気にならないための鉄則となるでしょう。
    というわけで、日頃から健康に不安がある人はもちろん、すでに健康に気をつけているという方でも、覚えておいて絶対損のないお茶ですので試してみては?

    マクロビオティック梅醤番茶レシピ


    出来上がり量: 1 人前
    準備時間: 1 分

    材料



    有機梅干し 1個

    有機醤油 小さじ1
    すりおろした無農薬生姜の汁 小さじ2分の1

    無農薬のほうじ茶(番茶) 湯飲み茶碗一杯


    作り方


    梅干しを湯飲み茶碗に入れる。

    醤油を入れて生姜の絞り汁を入れ、番茶を注いでかき混ぜる。



    無農薬ではないお茶は「飲む農薬」と言っても過言ではありません。


    普段飲むお茶はどんなものにしていますか?
    ここで一つ、恐ろしいお話をします。

    農業に精通しているある専門家は「慣行栽培のお茶は飲む農薬です。」と断言していました。
    これはけっして笑い話ではありません。

    農薬を使わずに栽培されたお茶は国内では生産量が2〜3%程度しかなく、
    その中でも肥料を使わない自然栽培のお茶はたったの1パーセント以下なのだそうです。

    そして、野菜等よりもさらに基準が緩いのがお茶。

    お茶ほど、オーガニックにシフトしたほうがいいものはないかもしれません。
    農薬の含まれるお茶は、健康維持にならないばかりか逆に病気の原因になりうるということです。

    IN YOUでは何年も農薬を全く使用せずに作った本物の「ほうじ茶」をご紹介していますので、かならずこのような安心できるお茶を選んでください。

    お勧めの自然栽培ほうじ茶



    アレンジ方法

    炊いた玄米に梅醤番茶を注げばあっという間に美味しい梅醤粥の出来上がり。
    何より、日常的に飲んでも本当に美味しいのです。
    カラダがぽかぽかするし、風邪をひきにくくなります。

    OLYMPUS DIGITAL CAMERA
    しかし大事なことは「この梅醤番茶を飲みさえすれば健康になれる」「これを飲めばどんなものを食べてもなんでもOK」ということではもちろんありません。
    上記リストで挙げたことを中心に、まずは日常で当たり前だと思って選んでいた選択や行動を変えていくといことが重要です。

    簡単なことからでも構いません。
    何かひとつからスタートすることで、0から1へ一歩踏み出すことができるのです。
    今これを読んで、「あ、自分はまだ、ゼロかもしれない。」そう思ったなら。

    それでも、全然大丈夫。

    今ここに辿り着き、少しでも何かを変えようと感じたのであればあとは行動力だけ。
    上記のリストを見た後、身の回りをぐるっと見渡してみてください。
    なんでもいいのです。

    目についた「それ」は?
    あなたにとってプラスな要因をもたらしてくれるものでしょうか?
    それともマイナスな要因をもたらしているものでしょうか?
    答えは簡単だと思います。

    この記事があなたが生きる上で、何かの参考になりますように。

    IN YOUMarketで一押し!
    オーガニック梅干しと、自然栽培のほうじ茶を購入して「梅醤番茶」にチャレンジしてみませんか?

    1011121530_59dd8cd2abe68

    農薬・肥料を使わずに和歌山県で育った化学添加物不使用の梅干し。
    天然素材のみを使い、天日干しされた、究極の梅干です。
    梅干しは皮ごと食べるものなので、できれば農薬を使用していない、安全なものを食べたいですよね。
    無添加のこの梅干し、原料となるオーガニックの完熟梅は、梅干し屋さんが自ら有機栽培で育てた南高梅を使っています。
    熊野の人里離れた山奥にある梅畑だから、他から農薬が飛んでくることもありません。




    このほうじ茶が栽培される茶畑は絶景の富士山が望めるパワースポット。
    不思議とパワーとエネルギーをもらえる清々しい畑で作られています。
    お茶の栽培には相当なこだわりがあり、パソコンやスマホも持たずにお茶一筋。
    茶畑を荒らしてしまうイノシシなどの獣害にも負けず、美味しいほうじ茶に仕上がるよう日々努力してくれています。

    このほうじ茶を一口飲んでびっくり。
    なんて甘くて、体にスーッと入るのでしょう。
    ほうじ茶は苦くて渋いというイメージがありますよね。
    このほうじ茶は農薬や化学肥料を使っていないから、えぐみがなくてすっきりした飲み口。

    数々の番茶やほうじ茶を飲んできましたが、一口飲んでこんなに感動したほうじ茶は、はじめて。
    なぜこんなにやさしく、すっきりした味になるのでしょう?
    日本で有機栽培で育てられている茶葉は全国生産量の2〜3%と言われていますが、中でも農薬や肥料を使わずに栽培されている茶葉は1%以下。
    有害で余計な栄養がないから丈夫で美味しいお茶に仕上がるのですね。

    貴方もぜひ試してみてください。

    お勧めの記事

    新常識!うがいは塩水で。風邪予防や口内炎、虫歯にも効果的な「塩うがい」とは。市販のうがい薬は喉の細菌バランスを乱す恐れも。

    美味しく食べて風邪予防に。材料3つの常備菜。しっとり美味しいさつま芋のはちみつレモン煮の作り方。

    風邪をひいた時や消化不良、便秘時にも食べたい!天然出汁が染み渡る、デトックスモリンガ出汁茶漬けの作り方

    この記事のタグ
      お気に入り登録する
      シェアする

      この記事が気に入ったら
      いいね!しよう

      松浦愛
      facebook オーガニックなライフスタイルを提案するWEBマガジンIN YOU 編集長兼株式会社インユーCEO 。「すべての人にオーガニックな暮らしを」をコンセプトとして掲げ、オーガニックの普及と拡大を目指し、日夜活動中。 最近の趣味はアート、食べ歩き、乗馬など。 運営サービスはIN YOUや編集長自らが選りすぐったお気に入り商品を扱う、オーガニックオンラインマーケットIN YOU Marketなど。

      LINE@

      IN YOUメルマガ

      minery

      LLE82

       width=

      RANKING

      READING

      • 天然オーガニック葉酸サプリメント
      • LINE@
      • ライター募集
      • 有害物質をチェックできるチェックマシン
      • ハーモニーライフ酵素「極み」
      • ソイヨーグル
      • 美巣
      ページ上部へ