メニュー

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り

  • LINE

メニュー

Organic Life to all the people.

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り
  • LINE

お肉を使わない!大豆の栄養をまるごとマクロビオティック「ヴィーガン春巻き」の作り方。

    越野美樹
    証券会社、編集プロダクション、出版社を経て独立。心や体の内側から美しくなるお料理をお伝えしたくて、ビオ野菜と乾物を使った料理教室「野菜と乾物 藤野料理教室にじ」とライターをはじめる。毎日の献立作りに悩む方に、食事作りが楽しくなるような提案をしています。アトピーをきっかけに、オーガニック野菜や伝統調味料を取り入れて完治。毎日着物で過ごし、本を出版するのが夢です。IN YOU公式ライター。 ビオ野菜と乾物 藤野料理教室にじ http://www.kosibun.jp

    お花見やピクニックに行きたくなる春が到来!


    breakfast-1290689_640
    桜のつぼみがほんのり色づき、
    春の兆しを感じる季節になりました。

    この季節になると、
    お花見や緑に囲まれた太陽の下でのピクニックなど、お出かけしたくなりますよね。
    外ごはんが気持ちいい季節。
    自然の中でのごはんは開放的でそれだけでも癒されますが、
    さらにヘルシーで健康的なおかずを作ってみるのはいかがでしょう?

    今回は大豆まるごとベジミートの春雨入り春巻きをお伝えします。

    まずは

    春巻きの発祥

    唐の時代の宮廷料理人「春暁」が考案したという説、
    立春に春野菜を餅に包んで揚げたという説などがあります。

    春雨の発祥

    目に見えない程細く降る春の雨に
    似ていることからと名づけられたという説があります。

    春にゆかりのある物の
    歴史を思いながら食べるのも
    また風流ですね。

    動物たちが冬眠から目覚めるように、
    わたしちも冬から春へと体がシフトする季節。

    この時期には、消化に時間のかかるお肉よりも
    植物性の素材をいただくのがオススメです。


    今日は、お肉の代わりにベジミートを使った
    シンプルな春巻きをご紹介


    春雨と、春に旬を迎えるキャベツを
    たっぷり使った春巻き。


    春巻きの皮を一枚使って包む
    オーソドックスな春巻きと
    三角包みのミニ春巻きの
    2種の包み方も詳しくご説明しますね。


    お子さんと一緒に
    包むのも楽しいですよ。

    それでは、早速作ってみましょう。

    春雨とベジミートの揚げ春巻き

    IMG_5613

    材料 作りやすい分量


    ベジミートひき肉タイプ(戻したもの) 150g

    玉ねぎ(繊維に沿って薄切り)    1/2ケ

    人参(千切り)            1/2本 

    キャベツ(千切り)         50g

    豆もやし              50g

    春雨(熱湯で戻す           30g

    塩こしょう             少々

    有機醤油                大さじ2

    本葛粉(同量の水で溶く)      大さじ1

    有機春巻きの皮             10枚

    有機菜種油               適量


    大豆ミートの選び方

    大豆ミートは市販でも出回るようになりましたが、
    ほとんどが海外産。
    海外産大豆はほとんどが遺伝子組み換えで、とても不安ですよね。
    また石油由来の物質で作られているものも珍しくありません。

    今使った大豆ミートは正真正銘国産で、化学製品を使わず安心なプロダクトです。
    今回使った大豆ミート 

    作り方

    大豆ミートの戻し方


    1.鍋に少々の水を入れて中火にかけ、玉ねぎ、人参、キャベツの順に加えて塩をふって炒める。


    2

    .大豆ミート、春雨を加えて、弱火にし、水溶き本葛粉をまわし入れる。
    IMG_4784
    3.木べらで混ぜながら葛が透明になって一呼吸おいたら醤油を加え、煮詰める。
    4.3が冷めたら春巻きの皮で包む。
    IMG_5564
    5.揚げ鍋に油を入れて150℃程度に熱し、4を入れる。
     徐々に温度を上げて180℃くらいまで上げてから、取り出す。

    IMG_4828
    シャキシャキ、とろとろの具と
    カリカリの皮の食感が楽しい春巻き。

    揚げ物で油を使うので、
    春巻きの具には油の代わりにお水で炒めていきます。


    体が目覚める春は、消化に時間のかかる油を控えたいもの。

    だからと言って揚げ物を一切食べない、などとこだわりすぎずに、
    少しでも下ごしらえの調理法に工夫できたら
    楽しんでいただけるようになりますね。


    春巻きは具はあらかじめ火が通ってはいますが、
    皮が幾重にも重なっているから、
    最初から高温であげると
    中の方の皮が生のままになってしまいます。

    最初はかなり低温であげはじめると
    中までじっくり火が通るので、試してみてください。


    とはいえ、最後まで低温のままだと
    仕上がりがべっちょりしてしまうので、
    徐々に温度を上げて最終的に180℃くらいにすると
    カリッと仕上がりますよ。


    春巻きを取り出すときは、
    油の1cmくらい上にしばらく置いておくと
    油切れがよくなります。

    春巻きをふっても
    油は落ちないで皮が吸ってしまうので、

    油の少し上に少し置いて一呼吸してから引き上げる、

    ぜひ試してみてくださいね。

    春巻きの包み方


    その1 オーソドックスな春巻き

    IMG_4827

    1.春巻きの皮を斜めに置き、春巻きの具を下の方におく。

    2.下を折り返し、左右を真ん中に持ってくる。
    IMG_5562
    3.くるりと上に巻き、ふちに水をつけてとめる。

    IMG_5563

    その2 三角包みのミニ春巻き


    1.春巻きの皮を3等分に切る。

    2.一番下に具を置き、三角になるように折り返していく。
    IMG_5554
    3.一番上まで折り返したら、ふちに水をつけてとめる。

    IMG_5560
    春巻きの皮は大きくて
    オーソドックスな巻き方だと
    具がたくさん入ります。

    お野菜と大豆ミートのタンパク質を
    たっぷり包んでいるから、これだけあればもう十分ですね。


    お花見やピクニックに持っていくとき、
    春巻きをたくさん作りたいときは
    3等分に切ればミニ春巻きがたくさん作れますよ。

    市販の春巻きとは全く違うエネルギーの手作り春巻き


    こちらは、娘のある日のお弁当。
    IMG_5633
    春巻きは、
    皮が幾層にも重なっところをパリパリといただくのが
    やっぱり魅力的ですね。

    治病中の方や、こだわりを持って
    油を避けているかもしれません。

    国産の圧搾で油を絞った大豆まるごとのベジミートや
    圧搾絞りの菜種油、
    オーガニックのお野菜、
    伝統調味料など…。

    良い素材を使って手作りすれば、
    化学調味料たっぷりの中華料理店や
    お惣菜のテイクアウトでいただく春巻きとは
    全く違うエネルギーになります。


    心も体も喜ぶ素材をふんだんに使い、
    ノンオイルの具で伝統調味料で仕上げる春巻き。

    罪悪感のない春巻きで、
    心ゆくまで揚げ物を楽しんじゃいましょう。

    市販の揚げ物は、
    ラードや化学抽出の油を使って、
    数日同じものを使いまわすことがほとんど。

    しかも油は、揚げた後からどんどん酸化していきます。


    IMG_5621
    揚げたては、体にも優しいし
    何より美味しいですよ!

    いつものランチもなんだか特別に。
    ぜひお試しくださいね。

    IN YOUがおすすめしている国産大豆ミートをゲットしてみよう

    IMG_4656
    遺伝子組み換え不使用の国産大豆を100パーセント使い、
    圧搾法で油脂分をカットした「大豆まるごとミート」!

    市販の大豆ミートは、海外産大豆で遺伝子組み換えなのはご存知でしょうか?
    お子さんも男性にも喜ばれる!
    女性もがっつりが食べたい時はとても満足な食事に仕上がるお肉の代わりに大豆ミート。

    是非、お得なIN YOU限定セットでお試しあれ。


    おすすめの記事


    ご飯がススム!常備菜の決定版。マクロビオティックな「ヴィーガン肉味噌とベジ担々麺」の作り方

    お肉が無くてもこんなに美味しい!食べごたえばっちり。ヴィーガン・ブリトーの作り方。

    「疲れが取れない」「だるい」「風邪が治りにくい」身体からのサインを見逃さないで!気が不足している時におすすめの東洋医学から見る、脾の力を高める食養生法

    この記事のタグ
      お気に入り登録する
      シェアする

      この記事が気に入ったら
      いいね!しよう

      越野美樹
      証券会社、編集プロダクション、出版社を経て独立。心や体の内側から美しくなるお料理をお伝えしたくて、ビオ野菜と乾物を使った料理教室「野菜と乾物 藤野料理教室にじ」とライターをはじめる。毎日の献立作りに悩む方に、食事作りが楽しくなるような提案をしています。アトピーをきっかけに、オーガニック野菜や伝統調味料を取り入れて完治。毎日着物で過ごし、本を出版するのが夢です。IN YOU公式ライター。 ビオ野菜と乾物 藤野料理教室にじ http://www.kosibun.jp
      あなたにお勧めの記事
      ページ上部へ