メニュー

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り

  • LINE

メニュー

Organic Life to all the people.

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り
  • LINE

心と体が元気になる。お食事のようなデザート「りんごとさつまいものタルト」の作り方

    tomomi
    埼玉県出身、東京都在住。体と心のバランスや「丁寧に暮らす」ということを大切にしている。地球や命、食べ物に携わる人々、ご飯を食べる人たちの表情を想像しながら、体も心も喜ぶ料理を作ることが大好き。食のすばらしさや選択の大切さを発信。月に数回ごはん会を行い、料理会、外国人向け料理教室も計画中。

    休みが終わって気持ちが何となく落ちてたり、と感じている方も多いのではないでしょうか?

    japanese-food-993046__340
    せっかくの1年の始まりであるスタート月、
    食生活や生活習慣を見直す、いい調整期間になったらいいですね。

    ただし急激に変化させようとすると、
    後でしわ寄せが来るもの。

    自分に無理のないペースで習慣を整えていきたいもの。

    今日は、少しずつ身体と向き合っていくのに、
    身体に負担の少なく、心を元気にしてくれるスイーツ、
    さつまいもとリンゴのタルトをご紹介いたします。


    %ef%bc%99
    %ef%bc%91%ef%bc%95
    %ef%bc%92%ef%bc%94

    最近食べ過ぎている、胃腸を活発にしたい方に
    おすすめ野菜:さつまいも


    さつまいもは、昔から便通効果があることで知られています。

    サツマイモを切ると、白い液がでますね。
    その液はヤラピンが便通をよくするのにキーとなります。

    ヤラピンは、胃の年末を保護したり、腸の蠕動運動を活発にしてくれます。
    さつまいもの豊富な食物繊維に、このヤラピンの効果で便通が良くなるんですね。

    sweet-potato-1666707__340

    ビタミンCはりんごの7倍!
    しかも熱しても大丈夫!

    熱に弱いとされるビタミンC。

    でも、さつまいもに含まれるビタミンCは、
    調理中にでんぷん質が糊化され、膜を作るため、
    保護されるので壊れにくいのです。

    加熱に強い、ビタミンCとさつまいもと加熱されるからこそ効果をより発揮するリンゴの整腸作用のあるペクチン。
    この組み合わせは肌が乾燥しやすく、疲れやすい冬にぴったりですね。

    herbs-478060_640

    こころも元気に!
    気を補う:さつまいも

    薬膳でもさつまいもは、気を補う、便通をよくし、体力をつける食材として使われます。

    そのため、便秘気味だったり、胃腸の働きが悪かったり、
    食欲がない、だるい、冷え症だという人に適していると考えられています。

    ついつい長期休みの後は、当たり前にやってきたことも
    気持ちが乗らなかったり、面倒に感じてしまったりというのは起こりやすいもの。

    takebe055121914_tp_v
    身体を整えるだけでなく、
    気持ちも上げるのに助けてくれる食材がさつまいもです。

    そんな年末年始の後にぴったりの食べ過ぎた後の胃腸に負担の少ない
    気持ちも元気にしてくれるスイーツ、
    さつまいもとリンゴのタルトをご紹介いたします。

    %ef%bc%91%ef%bc%98

    食材の選び方 残留農薬数値の高いものだけでもオーガニックなものを


    食材は必ず無農薬を選んで。
    特に、玄米粉、玄米甘酒、りんご、さつまいもは残留農薬の数値が高いとされる作物です。
    こちらは必ず無農薬を選ぶのがベター。



    2月で販売終了。オーガニックりんご

    岡山県産 自然栽培の玄米甘酒


    岡山県産玄米(玄米粉用)

    身体に負担が少なく、元気にしてくれる、
    さつまいもとリンゴのタルトの作り方


    材料 (18cm用)

    【タルト生地】

    ・米粉 70g

    ・無農薬の玄米粉 30g(なければ玄米を粉にする。)

    ・無調整豆乳 (または水OK) 大さじ5

    ・オーガニックココナッツオイル(またはお好みの油) 大さじ3

    玄米粉のつくり方はこちら

    卵・白砂糖・小麦粉不使用。香ばし玄米で作る、ふわふわ焼きドーナツの作り方

    【フィリング】

    ・無農薬さつまいも 250~280g

    ・無調整豆乳 100ml

    ・オーガニック甜菜糖 大3~ シュガーフリーにしたい場合は、玄米甘酒

    ・自然塩 2つまみ

    ・白みそ 小さじ1/2~

    ・白ごま 適量


    【トッピング】

    ・無農薬りんご 1個

    ・メープルシロップ 大さじ2~3



    下準備

    ・さつまいもを煮始めておく。
    ・トッピング用のりんごを切っておく。



    1、オーブンの予熱を170℃にセットする。
    ボウルにタルト生地の材料を混ぜて、やわらかい粘土のようにまとまったら、タルト版にはめていく。

    %ef%bc%93
    2、フォークでところどころに穴をあけて、タルト生地を170℃のオーブンで10分焼く。(生地完成)

    %ef%bc%94
    3、カットしたりんごにメープルシロップをかけて5分蓋をして煮る。
    5分煮たら、蓋を取り、りんごを裏返して、水分がなくなるまで煮る。(トッピング完成)

    %ef%bc%91
    %ef%bc%92
    4、蒸かしたさつまいもとフィリングの材料をミキサーやフードプロセッサーで混ぜて、
    タルト生地に注ぎ込み、180℃で20分焼いていく。

    %ef%bc%95
    %ef%bc%97
    5、20分焼いたら、作っておいたトッピングのりんごを外側から並べていき、並べ終え
    たら、さらに10分焼き、タルトの出来上がり。

    %ef%bc%91%ef%bc%90
    %ef%bc%91%ef%bc%91

    市販で売られているケーキやタルトは、
    たっぷり砂糖やバター、保存料など添加物が使われていますね。


    一切れ食べただけで、しばらくお腹に重たく残ったり、
    気持ちが悪くなったりしてしまうこともあります。

    baked-1867003__340

    でもこのタルトは、
    1切れ食べても大丈夫。


    ごはんスイーツという感覚、罪悪感のないデザートです。

    %ef%bc%91%ef%bc%94
    そして、なんといっても
    シャリシャリ感の残ったリンゴがたまりません。

    おもてなし用でも、ご褒美用でも、おやつでも、
    ちょっとしたリラックスタイムに、
    コーヒーやハーブティーと一緒に
    お楽しみください。

    %ef%bc%92%ef%bc%93

    IN YOU Marketに行こう!
    このレシピに使うIN YOUおすすめのオーガニックな食材



    2月で販売終了。オーガニックりんご

    岡山県産 自然栽培の玄米甘酒


    岡山県産玄米(玄米粉用)

    おすすめの記事

    砂糖、乳製品、卵不使用!混ぜるだけで簡単。誰でも失敗なし!「りんごスコーン」の作り方。

    【材料2個】砂糖不使用!酵素が生きた「りんご甘酒」の作り方。話題の甘酒をりんごで作る裏技とは

    えっこれだけでいいの?!材料1つだけ!超絶簡単な「りんごチップス」の作り方。

    この記事のタグ
      お気に入り登録する
      シェアする

      この記事が気に入ったら
      いいね!しよう

      tomomi
      埼玉県出身、東京都在住。体と心のバランスや「丁寧に暮らす」ということを大切にしている。地球や命、食べ物に携わる人々、ご飯を食べる人たちの表情を想像しながら、体も心も喜ぶ料理を作ることが大好き。食のすばらしさや選択の大切さを発信。月に数回ごはん会を行い、料理会、外国人向け料理教室も計画中。
      あなたにお勧めの記事
      ページ上部へ