メニュー

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り

メニュー

Organic Life to all the people.

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り

クリスマスの前菜にもぴったり! 野菜もりもり「サラダブーケ」の盛り付け方・作り方

    ami kuwamura
    米国NTI認定栄養コンサルタント、料理教室講師。 結婚を機に、家族の健康と幸せを第一に考えるようになり、健康的な食生活について学ぶため、 米国コロラド州上級教育省認定校(Nutrition Therapy Institute)の日本提携校であるホリスティック・カレッジ・オブ・ジャパンに入学。 従来の栄養学だけでなく、体質による個体差や精神的な側面など「人間まるごと」を包括する「ホリスティック栄養学」を学び、上記資格を取得。 「身体に優しい食材選び」「栄養バランスを考慮した献立」「素材を活かすシンプルなレシピ」「心のこもった手料理」をモットーに、 日々、出来る限りの丁寧な食生活を実践しています。

    クリスマスの季節がやってきた!


    1年最後の月、12月を迎えましたね。

    12月といえば、やっぱりクリスマス。

    街を歩けば、キラキラのイルミネーションや、クリスマスのディスプレイばかり。
    いい大人ですが(笑)、12月になった途端、わくわくがとまらなくなります。

    クリスマスパーティーもそろそろ企画しなくては・・・


    腕をふるったご馳走を並べて、家族揃ってパーティーテーブルを囲むのも、クリスマスの醍醐味のひとつ。

    外食派の人も、買ってきたものを並べる派の人も、
    手作りクリスマスパーティーへの思いや憧れは、少なからずあるはず。

    「今年こそは、お家で手作りクリスマスパーティーをしよう!」
    と考えて、レシピを研究されている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

    サラダメニューはもう決まりましたか?


    INYOU読者のみなさまの中には、ヴィーガンの方や、
    健康上の理由から、卵や乳製品、動物性食品を控えている方も多くいらっしゃることと思います。

    今回は、そんな方々にもお召し上がり頂ける、
    卵・乳製品不使用の緑色クレープ生地を使った「サラダブーケ」のレシピをご紹介いたします!

    このサラダブーケの面白いところは、
    逆さにすると、クリスマスツリーのようなビジュアルになるところ!

    これで、お子様の心もがっちり掴めるハズです。

    着色+栄養アップにイチオシのアルカリ・パウダー


    クレープ生地の着色+栄養アップ効果には、IN YOU Marketおすすめのオーガニックアルカリパウダー「アルカリ7.4」を使用。

    酸性体質に傾きがちな現代人の食生活を支えるサプリメント感覚のアルカリ・フード・パウダーで、
    小麦若葉、大麦若葉、スピルリナ、クロレラなど、色素豊かな濃緑色の野菜、葉類、単細胞藻類を原料としています。
    もちろん、原料は100%オーガニックのもので、
    合成着色料、合成香味料、合成保存料、遺伝子組み換え作物は一切使用していません。

    そのほか、同じような緑色になる「モリンガパウダー」や「モロヘイヤパウダー」を使ってみるのもオススメですよ。

    それでは早速レシピをご紹介します。

    クリスマスの前菜や軽食に!
    野菜もりもり!
    サラダブーケの作り方


      材料

      《クレープ生地》
      ・無農薬地粉・・・50g
      オーガニックアルカリパウダー・・・小さじ1/2
      天日塩・・・ひとつまみ
      ・有機甜菜糖・・・小さじ1/3
      ・良質な水・・・100㏄
      ・無農薬オリーブオイル(生地用)・・・小さじ1と1/2・無農薬オリーブオイル(焼成用)・・・小さじ1

      《サラダ》
      ・有機栽培のグリーンリーフ・・・2~3枚
      ・有機栽培のアボカド・・・1個
      ・有機栽培のミニトマト・・・4つ
      ・有機栽培のミックスビーンズ・・・ひとつかみ
      ・有機栽培のコーン・・・大さじ2

      ・お好みのドレッシング・・・適量

         

      下準備

      ・アボカド、ミニトマトを1cm角にカットしておく。
      ・グリーンリーフは、やや大きめにちぎって、水にさらしておく。
      ・お好みのドレッシングは、豆乳マヨネーズや、有機ケチャップなど、とろみやコクがあるものがよく合います。

         

      作り方

      1.ボウルに地粉、塩、甜菜糖を入れ、ざっと混ぜ合わせる。
      アルカリパウダーを溶いた水を少しずつ加え、ダマがなくなるまで混ぜる。

      2.1にオリーブオイルを加え、よく混ぜ合わせる。
      冷蔵庫に入れ、30~1時間生地を休ませる。(生地が伸びやすくなる。)

      3.フライパンを中火にかけ、オリーブを引き、2の生地を中央から流し込む。
      (おたまを使って、中心部分から渦巻きを描くように生地を伸ばしていくと、きれいな円形になる。)

      4.表面が乾いてきたら、裏に返し、残り数十秒焼く。
      皿に取り出し、粗熱を取っておく。もう一枚焼く。

      5.クレープ生地の1/4に、水気をふき取ったグリーンリーフをのせ、
      野菜(今回は、アボカド、ミニトマト、ミックスビーンズ、コーン)を彩りよく並べる。
      クレープ生地の左右を折りたたみ、ブーケの形に成型する。

      6.お好みのドレッシングでいただく。

      このレシピを印刷






    ポイントアドバイス


    11種類のミネラル豊富な緑の藻類、葉類、草類をぎっしり詰め込んだ濃縮アルカリパウダー。
    緑草を細かく砕いてパウダーにするのではなく、緑草を絞って汁にし、その汁をパウダーにするというユニークな製法で作られており、1kgのパウダーを作るのに、なんと30kgもの草の汁を使っています。
    人間は牛や馬などと違い、セルロース(植物に含まれる繊維質、食物繊維)を分解する酵素を持ち合わせていません。
    そのため、緑草を砕いただけのパウダーからでは、大切な栄養素をカラダに吸収するのが難しいのです。
    アルカリ・フードは人間の身体への吸収性を考慮した商品なのです。
    現代人の食生活でよく摂取されてしまっている、酸性の食品、肉、魚介類、白米、パン、加工食品などカラダを酸性にする食品が数多くあります。
    そして、もちろんタバコ、お酒、薬、環境汚染、ストレス、過度の運動なども酸発生の要因です。
    アルカリ食品は、新鮮な野菜やある種の果物など。特に葉類の野菜、ブロッコリー、ケール、ほうれん草、パセリなどの緑の野菜はアルカリ化に最適な食品と言われています。
    アルカリ・フードは、加工食品、環境汚染、お酒やタバコなど様々な理由で酸性になりがちな現代人の身体のpHバランスを内側から整え、野菜不足、偏りがちな食生活のサポートに役立ちます。



    このレシピで使ったアイテムをIN YOU Marketで買ってみよう!

    オーガニックアルカリ性パウダー。体の酸性防止に。有害物質や加工食品…酸性になりがちな現代人のpHバランスを整える 1〜3個(割引あり)

    ¥ 5,900 ~ ¥ 15,044 (税込)

    > 商品の詳細はこちら
    加熱処理なし。ギリシャの湖で採れた、海のミネラル成分たっぷりの天日塩

    ¥ 1,500 ~ ¥ 9,900 (税込)

    > 商品の詳細はこちら

    オススメのレシピ
    罪悪感なし!動物性不使用。豆腐とカカオを使ったヴィーガンホイップクリームの作り方

    【砂糖・小麦粉不使用】手作りの干し柿を使った簡単グラノーラバーの作り方

    立ちくらみと白髪の原因が同じ?! 女性が陥りがちな血の不足 血虚に最適! 日本が誇る最強調味料 「鉄火味噌」の作り方

    この記事のタグ
      お気に入り登録する
      シェアする

      この記事が気に入ったら
      いいね!しよう

      ami kuwamura
      米国NTI認定栄養コンサルタント、料理教室講師。 結婚を機に、家族の健康と幸せを第一に考えるようになり、健康的な食生活について学ぶため、 米国コロラド州上級教育省認定校(Nutrition Therapy Institute)の日本提携校であるホリスティック・カレッジ・オブ・ジャパンに入学。 従来の栄養学だけでなく、体質による個体差や精神的な側面など「人間まるごと」を包括する「ホリスティック栄養学」を学び、上記資格を取得。 「身体に優しい食材選び」「栄養バランスを考慮した献立」「素材を活かすシンプルなレシピ」「心のこもった手料理」をモットーに、 日々、出来る限りの丁寧な食生活を実践しています。
      ページ上部へ