メニュー

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り

メニュー

Organic Life to all the people.

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り

材料たったの5つ!ピザにも使える。混ぜるだけ超簡単とろ〜りクリーミーな「ヴィーガンチーズの素」の作り方

    riko tanaka
    料理上手の母親の影響から食に興味を持ち、オーストラリアで栄養学を専攻する現役大学生。 私生活ではアニマルライツの観点から3年ほど前に動物由来の食品に頼らない生活にシフトする。当初は限られていた料理のレパートリーも、オーガニックやヴィーガニズムの考えが発達するオーストラリアでの暮らしの中で現在では ”ヴィーガン=限られた食事” という概念を崩すことが目標。 様々な食文化に柔軟に対応するオーストラリアで学んだ知識を生かし、どなたでも美味しく楽しめる料理のレシピをお届けします。

    まだまだ手に入りづらいヴィーガンチーズ。

    チーズ イメージ
    海外ではもうすでに浸透しつつある「ヴィーガン」ですが、
    近年のベジブームもあり日本でもだんだんと知られるようになってきました。

    都内ではヴィーガンカフェヴィーガンレストランを見かけることもしばしば。

    でもスーパーなどでヴィーガンの商品を見つけるのはやっぱりまだまだ難しいですよね。
    特に「ヴィーガンチーズ」なんてなおさら。

    ネット通販などで買うというのも手ですが、
    そのほとんどが輸入品のため値段も張るし、何が入ってるかもわからないから不安、、、。

    そんな今回は超簡単混ぜるだけ「ヴィーガンチーズの素」の作り方をご紹介!
    葛粉を使用し、加熱するととろっと程よく固まるようになっているレシピなので食べる際は加熱してください。

    基本のとろ〜り「ヴィーガンチーズの素」の作り方。

    【材料】(作りやすい量)
    – 豆乳ヨーグルト:200g
    – 有機白味噌:小さじ1
    – 有機ハーブソルト:小さじ1
    – 葛粉:15g
    – お好みのオーガニック油(今回は米油を使用):20g


    【作り方】
    全ての材料をボウルに入れてよく混ぜるだけ!

    チーズ 1
    これさえできればあとはこのチーズの素を色んな料理にかけて焼いてみましょう♪

    チーズの素を使ったアレンジレシピ3選

    ずぼらマルゲリータ

    ピザ 3
    【材料】(1枚分)
    – チーズの素:適量

    – トルティーヤ生地:直径約15cmの物が1枚
    –有機 トマト:中1/2個
    – 有機無糖ケチャップ:大さじ1


    【作り方】
    ※オーブン余熱200度
    1)トルティーヤにケチャップを塗りその上に切ったトマトを並べたら、チーズの素をお好きな量かける。お好みでバジルなどをのせても美味しいです。

    ピザ 1
    2)200度に熱したオーブンで13〜15分こんがりと焼き目がつくまで焼いたら完成。この時チーズの素がしっかりと固まっているか確認する。

    ピザ 2
    乳製品ピザ生地も使わないマルゲリータなんて、、、
    と侮るなかれ。

    ピザ 4
    ピザ生地の代わりに使用したトルティーヤ生地が、
    お家では再現することが難しい本場のような薄い生地を再現!

    クリーミーなチーズとトマトがよく合います♪

    外パリッと中とろ〜りクリーミーなチーズリゾットパイ

    リゾット 7
    【材料】(3つ〜4つ)

    – チーズの素:基本のレシピ1回分
     炊いた無農薬ご飯:約100g
    – 春巻きの皮(今回は米粉の物を使用):6〜8枚


    【作り方】
    ※オーブン余熱180度
    1)炊いたご飯とチーズの素を合わせておきます。

    チーズ 2
    2)春巻きの皮は角をずらして水溶き片栗粉で糊付けする。

    リゾット 1
    3)油を敷いたカップケーキ型に押し込み、中に1)を流し込む。
    リゾット 3
    4)ふちに水溶き片栗粉をつけ、絞るようにくるっとさせながら閉じる。
    リゾット 4
    5)ハケで表面に油を塗り、180度に熱したオーブンで25〜30分こんがりするまで焼いたら完成。
    リゾット 5 リゾット 10
    くるっとねじった部分がカリカリで香ばしい!

    リゾット 9 リゾット 8
    中のリゾットはチーズが固まり、ねっとりと濃厚な仕上がりに。
    外を崩して中のリゾットと混ぜ合わせれば、カリとろ食感がやみつきになります♪

    もっちりじゃがチーズボール

    じゃが 10
    【材料】(中位のものが8個できる量)

    – チーズの素:基本のレシピ半分くらい

    – 無農薬じゃがいも:中2個
    – 有機片栗粉:大さじ2


    【作り方】
    1)チーズの素はチョコレートや氷を作る型に流し込み冷凍庫で凍らす。
    じゃが 1
    2)じゃがいもは蒸してからつぶし、片栗粉を入れてひとまとまりになるまでよくこねて、8等分ほどに分ける。
    じゃが 3
    3)1)が凍ったら、2)で包む。
    じゃが 4
    じゃが 6
    4)油を多めに敷いたフライパンできつね色よりもうちょっとこんがりするくらい少し長めに焼いたら完成!
    じゃが 7
    じゃが 9
    割ると程よくかたまったチーズの素がとろんと出てきます。
    カリカリもちもちのじゃがいもボールハーブが効いたチーズ、合わないわけがありません。

    じゃが 11
    凍らせることで扱いやすく、さらに保存もきくから便利♪

    今回のレシピのポイント

    今回は材料たったの5つで出来る「ヴィーガンチーズの素」をご紹介しましたが、

    葛粉豆乳ヨーグルトを使うことで、
    植物性チーズに使われることが多いナッツを使わずにまろやかな酸味コク
    そしてとろっとした食感を出してみました。

    ハーブソルト イメージ2
    さらにポイントとなったのが「ハーブソルト」
    シンプルでプレーンな味わいのチーズにこのハーブソルトを加えることで、
    一気に本格的な味わいに。

    ハーブソルト イメージ3
    自分で揃えるのは面倒だし調合するのも難しいハーブですが、
    このハーブソルトは製品の開発にハーブの「フレーバー」「効果効能」を知り尽くしたハーバルセラピストが常駐しているから、お家では面倒な手間だけ省いてささっと手軽にハーブを楽しめちゃう♪
    化学添加物一切不使用なのも安心ですね◉

    今回使ったハーブソルトをIn You Marketで買ってみよう!

    ハーブソルト イメージ 一振りするだけで料理のランクが劇的にアップする!伝統的な製法で作られたこだわりのフランス産オーガニックハーブソルト今すぐここをクリック!
    甘み・苦み・旨味が深い極上の塩に、
    フランスのキッチンで常用されるハーブをミックスしました。

    化学添加物は一切使用されていません。
    汚染検査・残留農薬の検査も行われており、
    こちらエコサートと有機JAS認定を受けています。

    質が良い調味料は、家族の身体をつくる食卓の基本。 質の良さに比例して、味も良いものです。
    ミネラルが不足している化学的に精製された塩とは、旨味が全く違います。
    まろやかで海の香りを感じる、旨味がぎゅっと詰まったソルトを仕上げにひと振りすると、 いつものお料理の味がぐっと引き立ちます。

    素材の味を大切に料理される方や、お料理にハーブを使うことが好きな方に。
    この塩ならではの味わいを、味わってみて頂きたいです。

    オススメの記事

    お家にいながらカフェ気分!旬の果実で作るヴィーガンソイラテと、シトラス・ティラミスの作り方

    4000年前から食べられていた!医者いらずの発酵万能食品《ピクルス》の7つの栄養。美味しい「基本のピクルス」の作り方。

    白砂糖不使用。りんごとおいもで.最高に美味しい!芋羊羹の作り方

    この記事のタグ
      お気に入り登録する
      シェアする

      この記事が気に入ったら
      いいね!しよう

      riko tanaka
      料理上手の母親の影響から食に興味を持ち、オーストラリアで栄養学を専攻する現役大学生。 私生活ではアニマルライツの観点から3年ほど前に動物由来の食品に頼らない生活にシフトする。当初は限られていた料理のレパートリーも、オーガニックやヴィーガニズムの考えが発達するオーストラリアでの暮らしの中で現在では ”ヴィーガン=限られた食事” という概念を崩すことが目標。 様々な食文化に柔軟に対応するオーストラリアで学んだ知識を生かし、どなたでも美味しく楽しめる料理のレシピをお届けします。
      ページ上部へ