お手当法

この冬は風邪をひきたくないあなたへ。『東洋医学』&『マクロビオティック望診法』で風邪予防。風邪を進入禁止にする究極の方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Unicode

背中が「ゾクっ」!その瞬間にやって来たのは…

立冬を過ぎて、めっきり寒くなって来ましたね。
みなさまは、衣替えは済みましたか?

私は、、、お恥ずかしながら、未だやっておらず、秋物で頑張っています。

9d14421be1181b1d5e3c8f87b7c708d9_s
「薄着は体に良い。」と言いますが、極端なことは、「体に良い」とは言えません。

というのは、東洋医学では、私たち人間も『自然の一部』
「『自然』に調和して暮らすことが、私たちを健康に導いてくれる。」
と考えるからです。

よって、朝になったら起き、お天道様が出ている時間は労働や活動をし、
午後になったら徐々にペースを落とし、日が暮れたら寝床につく。

季節も同じことで、春になったら活動を始め、夏は活発に動き、
秋になったらペースを落とし、冬には寝る時間を多くして、ゆっくり過ごす。

そして、それぞれの季節にとれる旬の物と穀類を食し、
冬であれば、体を(適度に)温かくして過ごす。

これが『自然』の一部である、私たちの自然と調和した暮らし方です。

autumn-sunshine-2916763_640
このように気候に合わせた暮らし方をすることで、
その季節を健康に過ごすことができます。
究極のお金がかからない健康法です!

さて、話を戻して、衣替えをしていない私は、昨日、背中がスースーして、
ゾクッと寒気を感じ、「あ、まずい、風邪を引きそうだ。」と思いました。
すぐに、首のスカーフをほどき、背中にかけ、温かい飲み物を飲み、風邪を引かずに済みました。

3c33055521d5a2c12ab02ef08757af1b_s
みなさまは、風邪の引き始めに、背中がゾクッとした経験はありませんか?

背中には、『風門』というツボがあり、
ここから「風の邪気」である『ふうじゃ=風邪』が入ってくると
東洋医学では考えています。
だから、背中のこの『風門』のあたりを守っておくことも風邪予防のひとつなのです。

先日、長く美しいストレート髪の若手女優さんが、
ショートカットになさり、「風邪を引いてしまった。」と仰っていました。
まさに、長い髪で『風門』を守っていたところを、
髪を切ったとたん守備力が弱まり、風の邪気が侵入したとも考えられますね。

ショートカット2

「寒気」を伴う風邪を侵入させない東洋医学的攻略法

「背中がゾクッ」、これは、まだ風邪の最初の一歩
体の一番外側に、邪気、それも寒気を伴った邪気がいるというサインです。
ここで、さらに奥に侵入させないように、早めに手を打ちましょう。
「敵=風の邪気」は、まだ体の一番外側である皮膚のあたりにいます。
では、どうしたら追い払えるか?

ポイントは二つ。
■体を温めること。
■汗をジワっとかくこと。

これを、体の外側からと、内側からと、
二方向からやっていくのがおすすめです。

体の外側からのケア

■体の外側からのケア
1.服を1、2枚多く着て外から温める。
2.足湯をする。
3.風門というツボのあたりやお腹を温める。

ホットタオル、カイロ、そして、こんにゃく湿布は特におススメ。
●風門:首を前に倒し、首の後ろの一番大きく出ている骨から下に数えて二つ目の突起している骨を見つけましょう。その骨の左右外側の指2本分離れた位置に風門があります。
風門3
●こんにゃく湿布
:10~15分くらい、コンニャク(できれば生芋コンニャク)をぐらぐら茹でて、
タオル3本ほどで巻き、15分程、患部のあたりに当てる。
途中、温度が下がってきたら、タオルを1枚ずつはがしていく。



体の内側からのケア

■体の内側からのケア
1.梅醤番茶*三年番茶200cc、梅干し中1個、醤油小さじ1、生姜汁小さじ1弱
2.シナモン
3.生姜 など



寒気を伴う風邪の引き始めによく処方される漢方薬、
葛根湯、桂枝湯、麻黄湯などにもシナモンや生姜が入っています。
お茶などに入れて飲みましょう。

そしてゆっくりと無理無茶せず、免疫力を回復しましょう。

これで、大体の寒気とともにやってくる「風の邪気」を門前払いにすることができます。


green-tea-2356764_640

「発熱」につながる「風邪の引き始め」は『マクロビオティック望診法』が大活躍

『マクロビオティック望診法』では、「発熱」につながる
「風邪の引き始め」のサインをキャッチすることができます。
ご自身だけでなく、ご家族の「風邪の引き始めサイン」
見逃さずに対処しておくことで、辛い発熱を避けることができるのです!

『マクロビオティック望診法』とは?

『望診法(ぼうしんほう)』とは、東洋医学の診断法のひとつで
「目で見て体の内側の不調をキャッチする方法」です。
さらに、マクロビオティックの考え方に基づく
『マクロビオティック望診法』では、東洋医学の『望診法(ぼうしんほう)』を一歩掘り下げて、
不調と考えられる内臓は、「どんな食べ物」で影響を受けてしまったか
まで考えていきます。
どこを見るのか、というと、「全身」です!
さらに細かく「 顔」「舌」「爪」「目」などを観察し、お疲れの臓器を予測していきます。

『マクロビオティック望診法』でわかる風邪のサイン

発熱につながる「風邪の引き始め」サインは、主に『顔』に現れます。
●『顔』のどの部分をチェックすればよいか
●体の内側では、どんなことが起こっているのか
●どのような原因が考えられるのか
 がわかります。

さらに、「どんな食べ物でケアすればよいのか」をお伝えしていきましょう。

発熱につながる「風邪の引き始め」チェックポイント

■鼻の脇の赤み

鼻の脇は、肺や気管支の不調が現れます。
ここが赤くなっていると、毛細血管の異常拡張が考えられ、
肺や気管支に炎症が起きつつある、またはすでに起きている、
ということが予測できます。

鼻赤model-2303361_640

■唇の赤み

唇は、本来、消化器系の不調が出る場所ですが、
赤くなっている場合は、毛細血管が異常に拡張し、呼吸器の不調の可能性があります。
感染症か炎症があるときに、唇が赤くなるので、いつも唇が赤い人は、風邪に限らず、
あらゆる感染症に弱いタイプなので、注意が必要です。

kuchi

■耳の赤み

耳が赤くなっている場合も、毛細血管の異常拡張で、血液の流れが速く、
体内で炎症が起きていることが考えられます。
特に、耳の内側部分は、呼吸器の不調が現れやすいのですが、
全体的に赤い場合も気をつけましょう。

mimi

風邪を引く前に「鼻の脇」「唇」「耳」が赤くなる理由

■鼻の脇

鼻の脇は、「肺」、「気管支」の反射区。
ここは、「たんぱく質」や「油脂」に弱い臓器です。
「たんぱく質」や「油脂」が多すぎると反応します。

そこに、引き金の「糖分」が入ると、炎症を起こしやすくなります。

「たんぱく質」+「油脂」+「糖分」をミックスした食べ物の代表選手と言ったら、どんなものがあるでしょう?

「パン」や「クッキー」がありますね。
特に、あま~い菓子パンをしょっちゅう、ご飯替わりに食べている人は要注意です。

cinnamon-roll-1283179_640

「豆乳」も量に注意が必要!

また、意外な落とし穴は、「豆乳」の摂りすぎです。

「豆乳」には、肺を潤す性質があり、潤いが少ない場合には良いのですが、
すでに肺に潤いがある人が多量に摂取していると、肺が潤いすぎてしまい、鼻水や痰が出やすくなります。

特に、調整豆乳は要注意。
砂糖が入っているので、体に水を貯めやすく、炎症も起こしやすくなります。

soy-milk-2263942_640

■唇

体が冷えたり、胃腸の調子が悪いときに、
甘い物や、消化が悪くなる脂っこい物や肉を食べ過ぎると、唇が赤くなり、数日後に風邪を引くことがあります。

kuchi

■耳

東洋医学では、耳は「腎(臓)」と密接な関係にあると考えますが、
下半身から冷えたり、疲労がたまるなど、免疫力が下がっているときに、
甘い物や油脂を摂りすぎると、耳に赤くサインが現れることがあります。

mimi

『マクロビオティック望診法』でサインをキャッチしたらすぐにやるべきこと

以上のような、発熱につながる「風邪の引き始め」サインをキャッチしたら、
なるべく早くケアをしておきましょう。

摂りたい食べ物


■炎症を起こしている熱を抑える
■炎症を起こしている熱を抑える

1.リンゴ

・みかんなど、酸味のある果物を食べて、発熱を抑えましょう。

2.玄米スープ:

鍋に、炒り玄米大さじ2、水400~450㏄、塩少々を入れ、強火にかける。
沸騰したら弱火にして、約2/3に程の量になるまで待つ。上澄み液を飲む。

3.第一大根湯:

大根おろし大さじ1と1/2、おろししょうがを大根おろしの1割、
しょうゆ大さじ1/2をカップに入れ、わかしたての三年番茶1カップを注ぐ。

4.緑茶



apple-2924531_640

お休みするもの

■炎症を起こす可能性のあるもの
■炎症を起こす可能性のあるもの
1.甘い物

2.油脂



sugar-2263618_640
食事療法や自然療法は、対処が早ければ早いほど、体の助けになります。
「あれ?もしかして?」と思ったら、善は急げ!

radish-1586313_640
すぐにケアをして、休息をとり、自己治癒力を高めましょう。
「風邪」は万病の元。大事に至らぬよう、
『東洋医学』や『マクロビオティック望診法』の知識で、早めに対処してくださいね。

IN YOUMarketで炎症を抑える果物を買ってみよう!

market_mini1028
農薬不使用のりんごをIN YOU Marketで特別に販売させていただくことになりました。
価格も、一般的なオーガニックのりんごに比べてお手頃なものになっています。
自然栽培のりんごは安心ですが、やはり見た目的には厳しいものがあります。

兎澤さんのりんごは、皮まで安心して食べられ、見た目にも美しい。
そして何よりめちゃめちゃおいしいから、
自分へのご褒美や大切な方への贈り物にも最適です。

オススメの記事

目の下にクマが出きたらコンシーラーで隠せばいいと思ってない? 東洋医学・マクロビオティック望診法で読み解くクマに隠された体からのメッセージと意味。

東洋医学望診法から見ると、口のまわりのニキビ・吹き出物は「あの臓器」の不調のサインを表していた!

顔を見ればあなたの不調の原因となっている食品がわかる。不調別にみるマクロビオティック望診法でわかったこと。


IN YOU一押しコンテンツ
究極のアンチエイジング。自然治癒力を高め老化抑制する方法。
本当に安全なオリーブオイルの選び方
ここまでこだわったのは初めて!体をととのえるオーガニックな酵素

オーガニックなオンラインストア IN YOU Market OPEN!

詳しくはこちら

  • この記事が気に入ったら
    いいね!しよう


いいね!して、
IN YOUの最新記事を受け取ろう。

霜崎 ひろみ
突然の子宮がん宣告をきっかけに、『毎日の食事で体が作られていたこと』、『ストレスがどんなに体に響いていたかということ』を実感する。『体のこと』、『心のこと』を、マクロビオティックや各種自然療法で学ぶ中、望診法に出合い学びを深める。更に、漢方、薬膳も学び、マクロビオティック上級望診法指導士、国際薬膳師、国際薬膳調理師、漢方上級スタイリスト、養生漢方アドバイザー等の資格を持つ。現在、マクロビオティック望診法指導士養成塾の山村塾http://goash.jp/にて望診法講座講師、東洋医学や薬膳講座の講師、出張講座、食事相談、雑誌やWebの望診記事の監修などを行っている。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. lamb-1426798_960_720 普段は野菜中心でもたまにはたんぱく質と鉄を補いたい。陰陽五行で考…
  2. kazenohikikaata 「風邪」=病気ではなく、体の不調の9割を治してくれる貴重な存在!…
  3. japanese-food-2199963_960_720 EUでは使用制限も?!休日の昼食に登場する加工食品や冷凍うどん等…
  4. 不調時にも食べられる。材料2つ!マクロビオティックノンシュガー養…
  5. image6 (1) アーユルヴェーダの書物に300もの病気を予防すると記載されるスー…
  6. scale-1209837_960_720 OL歴14年・資金なし・経営素人の女性が夢だったマクロビオティッ…
  7. 生活習慣病対策、肩こり、冷え、抜け毛まで。私が実践して効果的だっ…
  8. tomatoes-1587130_960_720 初夏5月からシミの原因になる紫外線が降り注ぐ。活性酸素を抑える紫…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着記事

デイリーランキング

IN YOU公式レギュラーライター 一覧

  • 松浦愛
  • くみんちゅ
  • 小林 くみん
  • IN YOU 編集部
  • 越野美樹
  • 松永加奈恵
  • 佐野亜衣子
  • 品川まどか
  • izumi
  • hiroro
  • 河口あすか
  • 池田 歩
  • 前之園知子
  • 松橋佳奈子
  • yuriesasaki
  • 煙山 昭子
  • haruna
  • 工藤 万季
  • はりまや佳子/Yoshiko Harimaya
  • lelien
  • 加藤 晴之
  • yokosato
  • 桺町 瑠璃
  • クレイトンまき
  • 室谷 真由美
  • ゆみえこば
  • riko tanaka
  • Mint
  • うちゅう
  • 霜崎 ひろみ
  • yumi
  • 加藤 貴大
  • 横田 浩
  • Mao
  • 佐藤いづみ
  • 坂田 まこと
  • 永樂茶百合
  • AYANO
  • 足立 由紀子
  • AKIKO MIYAKAWA
  • akemi
  • 東條 由美子
  • jyuan
  • MARIE
  • 高根 佳子
  • 深井ゆきえ
  • yoshi.fukusawa
  • hata ikue
  • 結緒織
  • 山口 りりこ
  • yukiko
  • ami iwasaki
  • 山﨑 拓
  • arikawatoshiko

カテゴリー

PAGE TOP