よみもの

体を芯から温め不調知らず!罪悪感のないホットなおやつ。ノンシュガー「生はちみつとシナモンの葛湯」の作り方。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

寒いこの時期、何を飲んでいますか?

%e3%83%89%e3%83%aa%e3%83%b3%e3%82%af
夏が終わったと思ったら、秋を飛び越えて冬がきたような感覚の天気が多いですが、体調など崩されていませんか?

身体が芯から冷えるようなこの季節、皆さんはどんな飲み物を飲んでいますか?


カフェやコーヒーチェーンなどでは、ホイップや氷がたっぷり入ったような冷たくて甘~いドリンクを注文する方をよく見かけます。

ただでさえ体が冷えやすいこの時期、
「寒くないのかな!?」と正直思いますが、甘いものを身体が欲してるのでしょうか。

しかし甘いものがほしい!冷たいものが飲みたい!と目先の欲求任せにするのはとても危ないとも言えます。

身体が冷える原因は季節や気候だけではない。

%e5%86%b7%e3%81%88%e6%80%a7
気温が低い冬だから、身体が冷えるというのは一つですが、毎日の食生活でも身体は冷えます。

現代は「冷え症」が蔓延していて、ひどい場合は年中身体が冷えているという症状の人も。その原因は多岐に渡りますが、食生活に関しては下記の原因が考えられます。

・砂糖がたっぷり入った甘いものをよく食べる

・牛乳、ヨーグルト、生クリームなど乳製品をよく摂る

・ジュースや炭酸飲料、清涼飲料水をよく飲む

・珈琲、紅茶などカフェインが入ったものを良く飲む

・添加物が多いもの(加工食品、冷凍食品、コンビニ弁当)などをよく食べる

・食べ過ぎ


これらの項目に該当するものがある人は、身体が冷えやすいといえるので、出来るところから改善していく事が、冷え性解消につながるでしょう

身体を芯から温めることの重要性。

%e4%bb%a3%e8%ac%9d%e3%82%a2%e3%83%83%e3%83%97
冷え性の場合、それが原因で生理痛や肩こり、足のむくみなど、他の不調につながることがあります。

冷え性について詳しくはこちら↓

現代病の元になる、女性に多い「冷え」の8つの原因。冬でも冷えない体を作るための方法。

逆に、身体を芯から温めることは、身体にとって良いとされる多くの効果が期待できます。

・血行が良くなる

・脂肪燃焼効果

・基礎代謝アップ


など。これらがベースにあることで、病気になりにくい体質を作ることができるでしょう。

毎日の飲み物を、身体を温めるものに変えてみよう!

基本は常温か温かい状態がベスト。


%e7%95%aa%e8%8c%b6
飲むということは毎日の生活と切り離せない身近なこと。
日常的な習慣は、良くも悪くも身体に大きく影響します。

三年番茶、煎茶、ほうじ茶、紅茶は、マクロビオティックで中庸に分類されるので、身体のバランスを整えてくれる、日常的に摂取したい優秀な飲み物です。

ただし、お茶は特に残留農薬が懸念されるので
必ず無農薬をチョイスしましょう。


「日本茶」の意外と知られていない残留農薬の実態。美味しいお茶と一緒に農薬を飲んでいる可能性も。

無農薬のものをセレクトし、常温または温かい状態で飲むことが身体にとって負担なく摂取できる方法なのでオススメです。

甘い飲み物が欲しい時だって・・・
たまにはありますよね?

%e3%83%a9%e3%83%86
お茶など、身体にいい飲み物を摂取したほうがいいのは分かってる!

でも、たまには少し甘い飲み物が欲しくなったり
いつもとは違う味わいの物が飲みたくなったりしませんか?

実際、私がそうです。


基本的には前述したような中庸の飲み物ルイボスティーチャーガ茶などを気分によって飲み分けています。

しかしたまに、甘いものを飲みたくなる時があるんです。

そこで我慢するのはストレスになるし、我慢し過ぎて後々体に悪い白砂糖たっぷりの物をガブ飲みしたくなったら意味がないですよね・・・笑

そんな時に試して欲しい飲み物があります!


それは葛湯に生はちみつマヌカハニーとシナモンと混ぜたとっておきの飲み物です!

簡単!「生蜂蜜とシナモンの葛湯」の作り方。


<材料>

・本葛  …大さじ1(10g)

・ぬるま湯…10g

・お湯  …100cc

・シナモンパウダー…少々

マヌカハニー  …少々

<作り方>

1.器にお湯をいれて温めておく。

2.十分に温まった器に本葛とぬるま湯を入れて、ダマが残らないようによく混ぜる。

3.沸騰したお湯を器に入れ、よく混ぜる。

4.最後に生蜂蜜とシナモンを混ぜて、よく混ぜる。

ポイントは、ぬるま湯でしっかり本葛と溶かすことと、熱湯を入れた後手早く混ぜること蜂蜜とシナモンは仕上げに入れる、この3点。

IN YOU一押しマヌカハニーはこちら

簡単な上に、調理器具もほとんど使わないので洗い物も最小限で済むのが嬉しいですね。

 

摂取する上で、ここに注意!

蜂蜜もシナモンも身体に良い効果効能があることは確かですが、摂りすぎは逆に身体にとって負担となります。

蜂蜜は1日にティースプーン半分を目安に、また多くてもティースプーン1杯を限度にしましょう。

使うはちみつは普通のはちみつではなく「マヌカ」がおすすめ。

シナモンは1日0.6g~3gが目安とされています。

(パウダーの場合、1振りが約0.1gなので6振りくらい)。過剰摂取は肝機能障害を起こす原因にもなるので十分気を付けてください。

持病がある方や妊娠中の方は、主治医などに相談の上で摂取してください。

生蜂蜜は1歳未満のお子さんにはNGなので、ご注意を。

生蜂蜜とシナモンに葛湯をミックスした最強のコラボ!「生蜂蜜とシナモンの葛湯」。

それぞれが豊富なパワーをもつ「生蜂蜜」と「シナモン」。

%e7%94%9f%e3%81%af%e3%81%a1%e3%81%bf%e3%81%a4
マヌカハニー(生はちみつ)は天然の薬として珍重されてきたほど、多くの効果効能を持つ食品

生蜂蜜と蜂蜜の違い生蜂蜜の効果効能についてはこちら↓

「はちみつ」と「生はちみつ」の違い。家にあるそのはちみつ。腸内環境を整える生はちみつに変えてみませんか?

%e3%82%b7%e3%83%8a%e3%83%a2%e3%83%b3
シナモンは、日本ではニッキとしても名が知られている香辛料。
生薬としては桂皮(けいひ)と称され、紀元前4000年頃から使われていた歴史がある世界最古のスパイス。リンゴとの組み合わせやチャイティーなどに使われている事でも有名ですね。

「生蜂蜜」と「シナモン」の相乗効果が凄い!!

今回注目したいのは、生はちみつシナモンをミックスさせることでの相乗効果です!

実は、蜂蜜とシナモンの組み合わせは、昔からアーユルヴェーダ漢方でその効果効能が認められてきた民間療法です。期待できる効果はこちら。

・心臓病の予防・改善

・免疫力向上

・インフエンザ予防

・生殖機能改善

・疲労回復

・抜け毛予防

・皮膚炎

・関節痛の軽減

・口臭予防

・お腹の調子を整える

・風邪の諸症状

等、幅広く様々な症状に効果を発揮してくれます。

「生蜂蜜」と「シナモン」を「葛湯」で飲む!

この2つのパワーをミックスさせて飲み物にするのは簡単!コーヒー紅茶チャイスムージーなど色んなアレンジが可能です。

そこで、今回紹介したいのは「葛湯」に混ぜて飲む方法。

葛湯に使われる本葛は、マクロビオティックでも重要食材とされ、定期的に取り入れたい栄養価の高い日本のスーパーフード

本葛について詳しくはこちら↓

体の老廃物を排出しよう!日本の万能食「本葛」を使った新しいデトックス方法、「葛デトックス」のやり方。

最後に。

この冬、ぜひ楽しんでほしい飲み物「生蜂蜜とシナモンの葛湯」を紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

手軽に作れて、ほんのり甘い、そしてどこか懐かしいような気持ちがホッとする味わいの生蜂蜜とシナモンの葛湯
シナモンの風味はあまりしないので、シナモンが苦手な人にもオススメです。

美味しく頂けるだけでなく、材料それぞれの効果効能が十分ある上、組み合わせることでさらなる相乗効果が期待できます。

しかし、これを毎日飲んでいれば前述したような効果が確実に得られるというわけではありません。

「なんかちょっと甘い飲み物が欲しいな~」「いつもとちょっと違った味わいの物が飲みたいな~」と思った時に登場する飲み物の一つとして、レシピの引き出しに入れておいてもらいたいような存在です。

簡単で手軽なスティックタイプのドリンクも豊富にありますが原材料表示を見て唖然とすることもあります。

せっかく美味しく飲むなら身体に優しく、健康づくりに役立つようなドリンクの方がワクワクしませんか?

自身体調に合わせたタイミングでぜひ試してみてくださいね。

おすすめのマヌカハニーについて
現在、IN YOUMarketではNZの天然オーガニックなマヌカハニーをお勧めしています。


IN YOU一押しマヌカハニーはこちら

この記事を読んだ人におすすめ

食養生レシピ。材料4つでできる!胃腸の疲れをリセットしよう。ほっこり甘い「薬膳風かぼちゃ粥」の作り方

血行改善・腸内改善に効果てきめん!基本さえおさえれば難しくない!基本のぬか漬けの作り方とぬか漬けのすべて。

「肺」を潤して肌を内側から保湿する養生スイーツ「白きくらげと梨のはちみつコンポート」の作り方。


IN YOU一押しコンテンツ
究極のアンチエイジング。自然治癒力を高め老化抑制する方法。
本当に安全なオリーブオイルの選び方
ここまでこだわったのは初めて!体をととのえるオーガニックな酵素

オーガニックなオンラインストア IN YOU Market OPEN!

詳しくはこちら

HANA化粧品

  • この記事が気に入ったら
    いいね!しよう


いいね!して、
IN YOUの最新記事を受け取ろう。

佐次本陽子
3歳の息子を育てるシングルマザー。 インターナショナルスーパーフードアドバイザー資格所持。 スーパーフードと出会い、食の大切さを知る。 以前は売ってるものは安全と思って何でも食べ、体調を崩すこともあったが、スーパーフードを生活に取り入れ、親子揃って健康体になる。 現在もオーガニック、マクロビオティックについて学び、知見を深めている。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. しょうが2 夏こそ生姜の出番。サクサク「食べるしょうが」の常備菜
  2. IMG_7293そうめん 市販のオリーブオイル、ちょっと見直してみて。夏のサビない体作りに…
  3. image レンコンはぜんそくや咳の強い味方!冬こそ食べたいマクロビオティッ…
  4. s_P5242845 【レシピ】全工程たった15分。チーズを使わないレアチーズタルト(…
  5. 3769698051_71438de2e3_b 肝臓に良いだけじゃない!150を超える効能を持つとされるスーパー…
  6. apple-700423_960_720 自分の体は自分で守る。健康長寿・低医療費「長野」から学ぶ、50年…
  7. %e9%bb%92%e7%b1%b3%e3%81%ae%e3%82%a2%e3%83%b3%e3%83%88%e3%82%b7%e3%82%a2%e3%83%8b%e3%83%b3 最強のパワーフード「黒米」のチカラ。あなたを冷えから守る養生食「…
  8. DSC_5047 (1) どう使えばいいかわからない酒粕、本当はスゴい食材だった!知られざ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着記事

デイリーランキング

ライター

  • 松浦愛
  • manami sasao
  • 小林謙太郎
  • くみんちゅ
  • 戸田 耕一郎
  • kumin
  • 宮本知明
  • まどか
  • izumi
  • 佐次本陽子
  • TakiAki
  • はりまや佳子/Yoshiko Harimaya
  • IN YOU 編集部
  • 河口あすか
  • 宮崎麻実/Mami Miyazaki
  • 前之園知子
  • 山口菜摘美
  • Koyuri
  • 村井砂織
  • yuko matsuoka
  • 加藤美希
  • 高橋直弓
  • 金戸 隆雄
  • 越野美樹
  • 増田佳子
  • 小池 桃香
  • Shoko Fujii
  • 青山 ひかり
  • 水川美希
  • kimuratomomi
  • ゆっか
  • 千原 清花
  • 黒澤彩
  • yuko funatsu
  • 宮浦 浩美
  • 伊賀るり子
  • Saori Tanaka
  • Mika K. Alpay
  • iisa
  • isacoco
  • 穴沢悦子
  • 茂木紀三巴
  • タカ大丸
  • 奈南有花
  • 西田 かおり
  • TakeuchiMariko
  • あおき ヒカリ
  • 室谷 真由美
  • kanaho takahashi
  • tori

カテゴリー

PAGE TOP