よみもの

マクロビで不調の本当の原因。マクロビ迷子になっていませんか?これが本当の「陰陽五行式マクロビオティック」だ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
agriculture-315511_960_720

マクロビ迷子になっていませんか?

1 マクロビ迷子について

陰性(▼)の砂糖入りの食品や、陽性(▲)の動物性食品の両方をやめ、中庸(★)の玄米菜食をして、マクロビオティックの良さを実感していたのに、なぜか、だんだんと不調になってきたということはありませんか?
ゆるゆるではなく、しっかりやっているのに・・・です。

square2 マクロビ迷子とは・・・

(1)しっかりマクロビしているのに、なかなか治りきらないところがあったり、時々体調を崩したりする
◎ しっかりマクロビとは、玄米菜食をしている

さらに、

・ 健康食品やスーパーフードと言われているものなどの摂取
健康茶・健康飲料、漢方・薬膳的なサプリメントなど

・ 自然療法のお手当
里芋パスター
生姜やこんにゃく湿布
お灸や鍼など

・ 自然療法でのデトックス
食事 : 少飲小食、7号食、断食・・・
運動 : スポーツ、ウォーキング、体操・・・
癒し : メンタル(アロマ、瞑想・・・)
趣味


(2)健康診断の数値(血圧、血糖、脂質など)の悪化
マクロビを始めたころは数値が改善されてきたのに・・・

(3)見た目が悪くなる
痩せすぎ、色黒、シミやシワができる

square3 なぜ「迷子」になるの?


せっかく食べたいものを我慢してきたのに・・・


マクロビをしていない人よりも悪いだなんて・・汗。ですよね。


それは、(陰陽)が時とともに、環境とともに「変化」することに気付かず、いつのまにか自分の(陰陽)のバランスがくずれていた、あるいは逆転していたためなのです。(陰陽)はいつまでも同じではありません。

(1)マクロビオティックの原点を見失いやすい

それは、創始者の桜沢如一(GO)が提唱した無双原理(PU)の理解不足によるものです。

yinyang_guidebook「PU」とは、(陰陽)という2つの力の特徴を「12の定理」にまとめたものです。
この世の現象は「生まれ、変化し、消えて」ゆくが、(陰陽)の法則は決して変わらない・・・という原理です。
これについては、日本CI協会の「マクロビオティックの陰陽がわかる本」をご参考ください。

(2)マクロビオティックのバランスとは「陰陽調和」
(陰陽)が調和していれば、食事は玄米菜食でなくても良いのです。

%e3%83%9e%e3%82%af%e3%83%ad%e3%83%93%e2%89%a0%e7%8e%84%e7%b1%b3%e8%8f%9c%e9%a3%9f

マクロビアンはベジタリアンと思われてしまいがちですが、

ベジタリアンとの違いは

「陰陽でものの見方をしていること」です。


それでは、菜食をしているマクロビアンを「マクロビベジタリアン」とでもしておきましょうか。

(3)昔ながらのマクロビオティックにとらわれすぎる
1.約100年前の桜沢(以降GO)時代と私たち現代の食生活の違い

GO時代 : (陰)性の害 :・・・・・・砂糖の消費増加
現代 : (陰陽)両極の害
%e7%a0%82%e7%b3%96%e3%83%bb%e3%83%bb%e3%83%bb
GO時代で注目されたのは、性の男性の病気で、そのために性食が推奨されてきました。
しかし、現代人は男女ともに、性の両方の病気が多くなっています。

食べ物は、世界各国から輸入され、「身土不二」などどこへやら・・

さらに経済性、利便性の優先で、性の調整がとても難しい時代になっています。

2.「食物の陰陽表」にとらわれすぎる

陰陽表~食物の陰陽表この表はあくまでも(陰陽)の「目安」であるにもかかわらず、決めつけてしまうことに問題が起こるのです。
→ 陰陽表~食物の陰陽表(日本CI協会ホームページ用簡易版)

例えば、野菜1つにも(陰陽)があります。
check 調理法は・・・・・・・・・ 切り方 : 大きいか小さいか
加熱時間 : 短いか長いか などなど
check 産地は・・・・・・・・・・ 北か南か
check 採れた季節は・・・・・・・ 冬か夏か
check 形は・・・・・・・・・・ 細長いか丸いか
(陰陽)が違いますね。例えば大根の(陰陽)を表にしてみました。
%e5%a4%a7%e6%a0%b9%e3%81%ae%ef%bc%91%ef%bc%96%e6%8e%9b
をいわゆる「易の掛」と考えてみましょう。
GOの著作に「無双原理・易」という本がありますが、この本で「易」を説明する文章を抜粋してみます。

「易」は宇宙現象一切が起きるゆえんを説明する無双根本原理なので、科学をも指導し、哲学、精神科学をも説明する力をもっている。したがって、これを占いに応用することもできる。しかしそれはごく一面的な応用であって、「易」を単に占い術とみなすことは、倫理としてのみ見るのと同様に、まったく大きな誤謬(ごびゅう)である。

と同時に、「易が完全な占術書であれば、何人といえども、これを同様に利用することができなければならないはずだ」と考えることは間違いである。なぜなら、仮に論理学が完全な科学か機械論だとしても、それを利用する人にとって、ずいぶん大きな誤りを犯すことがあるのと同じことだからである。つまり、『易経』は、易の実践倫理的注釈書にすぎないということである。

しかし、無双原理は、単なる倫理ではない。「広大、悉く(ことごとく)備わる」ものである。だから、実際には書物にしたためるということはできないことなのだ。それにもかかわらず、何かの間違いで『易経』が書かれ、その『易経』に多くの人が溺れ、そのうちの極めて少数の人々だけが、「経」を乗り越えて無双原理の最高峰に登ったのである。


musogenri_eki_book(無双原理・易 p50・6行目~p51・5行目まで)

現代科学の分光学、原子核転換をも説明する無双原理。
実用弁証法として、易を現代に生かす。


◆著者:桜沢如一
◆ページ数:242
◆サイズ:縦18mm×横13mm×高さ16mm
ここでは、日本では「易」を「辻占い」や「おみくじ」など、多くは「迷信的な類(たぐい)」としています。
先ほどの大根の表は、4掛 × 4掛 =16掛 ですが、他にも掛を増やせば、どんな大根かがさらにわかってきますね。
「当たるも八卦、当たらぬも八卦」という言葉が有名ですが、これは、最低限八卦は診ないとわからない・・・という意味だと思っています。
陰陽表では、二掛しかわかりませんね。でも、この二掛だけにとらわれてはいけません。
実は、「(陰陽)は無限にある」のですが・・・となるとますますわからなくなってきますね。ではどうしましょうか・・・?

(4)現時点の陰陽を考えましょう。
(陰陽)とは、どういうものかを理解していても、今、この時点の(陰陽)については、以外と考えていませんね。では「今日の掛」を考えてみましょう。

1.環境の陰陽
 check 1日・・・・・・・・・・・・・昼か夜か
 check 曜日・・・・・・・・・・・・日、月、火、水、木、金、土か
 check 季節・・・・・・・・・・・・春、夏、秋、冬か

2.自分の陰陽
 check 男か女か
 check 歳はいくつか
 check 生年月日は
 check 出生地は
 check 動いているのか休んでいるのか

3.食事の内容
 check 和食
 check 中華
 check 洋食・・・・・イタリアン、フレンチ、エスニックなど

(5)陰陽五行の活用
GOは陰と陽の二掛だけで良いとしましたが、前述しましたように、現代人は様々な環境下で様々な状況にあり、様々な「モノ」に囲まれています。「1日の掛」を考えただけでも様々になります。

そこで、昔からの考え方にある「五行」でこの世を分類して、マクロビオティック的に分析する
%e9%99%b0%e9%99%bd%e4%ba%94%e8%a1%8c%e7%9a%84%e3%83%9e%e3%82%af%e3%83%ad%e3%83%93%e3%82%aa%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%83%e3%82%af%e7%94%9f%e6%b4%bbを提案します。

%e4%ba%94%e8%a1%8c陰陽が力(エネルギー)の方向なら、五行はこの世の要素を「5つ」に分けたものです。

→ 「IN YOU」のコラムに陰陽五行が紹介されていますので、これをご参照ください。

さあ!これで自分の掛を解析してみましょう!
そうすれば

  • 自分の体のことがわかる → 病気治しができる
  • 自分に合った食物がわかる → サプリメントやスーパーフードにふりまわされない
  • 相手のことがわかる → 人間関係がうまくいく

など・・・
良いことばかりですね!

でも、それができるためには、皆さんが「PU」や「五行」を学んでいかなければなりません。
マクロビオティックは病気治しのハウツーものではありません。

陰陽で自分を知り、社会を知り、世界を知って、1人1人が幸せになる → 皆が幸せになる → 世界が平和になる

%e7%84%a1%e5%8f%8c%e5%8e%9f%e7%90%86%e3%81%af%e4%b8%b8%e4%b8%80%e7%94%9fです。

今後「陰陽五行的マクロビオティック生活」について綴っていきたいと思います。
おたのしみに。

あわせてよみたい

不調を見れば食べるべきものがわかる!陰陽五行説で見る、状態にあった体調管理方法。

肺の不調は鼻に現れる!どこが悪いか一目瞭然。陰陽五行の「五行色体表」から学ぶこれからの家庭の医学。

黒のチカラで冬の養生。寒さに弱い「腎」を守ってくれる「黒い食材」を取り入れて冬の到来に備えよう。


IN YOU一押しコンテンツ
究極のアンチエイジング。自然治癒力を高め老化抑制する方法。
本当に安全なオリーブオイルの選び方
ここまでこだわったのは初めて!体をととのえるオーガニックな酵素

オーガニックなオンラインストア IN YOU Market OPEN!

詳しくはこちら

HANA化粧品

  • この記事が気に入ったら
    いいね!しよう


いいね!して、
IN YOUの最新記事を受け取ろう。

茂木紀三巴
マクロビオティックによりアレルギー等による様々な不定愁訴の症状から快復、様々な指導者から学ぶ後、カウンセラーとなる。 ・ムスビの会認定マクロビオティックインストラクター ・日本ホリスティック医学協会認定生活習慣病予防指導士 ・国際生命医学院認定栄養素補正士 ・「PU(無双原理)教室」主宰などの活動をしている
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. aboutmilk04 【連載#04:牛乳神話を疑え】学校給食に牛乳が出され続ける謎の理…
  2. FotorCreated 「日本茶」の意外と知られていない残留農薬の実態。美味しいお茶と一…
  3. Blausen_0653_MouthAnatomy 唾液が持つ、恐るべし効果!あなたの体を守る最初のバリア、口内の「…
  4. wellness-1021131_960_720 もむ・たたく・押すはもう古い。 間違ったケアがストレスを引き起こ…
  5. 67k 暑い時はさっぱりご飯!玄米でつくる、おしゃれで簡単「ブラウンライ…
  6. 01_1200x628_160419 どんなシャンプー使ってる?自然派ヘアケア選びに迷っている人におす…
  7. ダイエットの強い味方!今注目の凄いパワーを秘めた「もち麦」って?…
  8. 381-1233891708GdW7 (1) デトックスを始めるタイミングは「月」がポイントでした。デトックス…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着記事

デイリーランキング

ライター

  • 松浦愛
  • manami sasao
  • 小林謙太郎
  • くみんちゅ
  • 戸田 耕一郎
  • kumin
  • 宮本知明
  • izumi
  • まどか
  • 佐次本陽子
  • TakiAki
  • はりまや佳子/Yoshiko Harimaya
  • IN YOU 編集部
  • 河口あすか
  • 宮崎麻実/Mami Miyazaki
  • 前之園知子
  • 山口菜摘美
  • Koyuri
  • 村井砂織
  • yuko matsuoka
  • 加藤美希
  • 金戸 隆雄
  • 高橋直弓
  • 越野美樹
  • 増田佳子
  • 小池 桃香
  • Shoko Fujii
  • 青山 ひかり
  • kimuratomomi
  • 水川美希
  • 千原 清花
  • ゆっか
  • 黒澤彩
  • Saori Tanaka
  • yuko funatsu
  • 宮浦 浩美
  • 伊賀るり子
  • Mika K. Alpay
  • iisa
  • isacoco
  • 穴沢悦子
  • kanaho takahashi
  • 茂木紀三巴
  • タカ大丸
  • 奈南有花
  • TakeuchiMariko
  • 西田 かおり
  • あおき ヒカリ
  • 室谷 真由美
  • tori

カテゴリー

PAGE TOP