メニュー

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り

メニュー

Organic Life to all the people.

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り

食中毒か健康か?!市販のカット野菜や果物、サラダの殺菌洗浄に用いられる次亜塩素酸ナトリウム(塩素)は腸内細菌叢を破壊する!

hata ikue
兵庫県加古川市在住。 育児をきっかけに食の安全に関心を持ち、無農薬野菜・無添加食品を中心とした食生活を始める。 私たちの身体は食べたものでできており、特に子供の成長・発達に大きく影響すると実感すると同時に、身の回りの化学物質や薬剤にも疑問をもつ。 以来、オーガニックとは食べ物だけではなく、身の回りを取り巻く環境全てのことだと気付き、それらを排除した生活を取り入れている。 安心な食べ物・安全な環境を求めて、子どもたちのこれからが 真に健やかなものとなるよう願いつつ、家族みんなが笑顔で生活していけるような 情報を発信していきたい。 【ブログ https://ameblo.jp/organic-healthy-life 】

食中毒か健康か?!市販のカット野菜や果物、サラダの殺菌洗浄に用いられる次亜塩素酸ナトリウム(塩素)は腸内細菌叢を破壊する!


最近の健康ブームの影響もあり、
スーパーやコンビニでは便利なカット野菜が販売されています。

誰でも簡単に多くの種類の野菜を摂ることができるということで、
特に単身世帯で人気のようです。

私も、普段は自宅でサラダを作り自家製ドレッシングを作ってよく食べますが、
新鮮なオーガニック野菜は、野菜本来の美味しさを味わうことができ、
身体が喜ぶ感覚がわかりますよね。

旅行中や外出が多いときには、ごく稀に、
市販のサラダを購入することもあるのですが、
実は、それらサラダに違和感を感じることがたびたびあります。

自宅で作るサラダと比べると、あまり美味しいと感じないのです。

食べ慣れていないせいかと思っていましたが、どうやらそうではないようです。

外食産業やコンビニのサラダ・カット野菜のほとんどは次亜塩素酸ナトリウム(塩素)殺菌されている

85beb35cf068e4fa60083cf7839bc070_s

「無添加」「無漂白」表示のあるものでも次亜塩素酸ナトリウムは使用されている

自宅でサラダを作ったことがある方ならお分かりだと思いますが、
野菜をカットしたまましばらく置いておくと、
当然ながら鮮度も下がりますし切り口から傷んできて長持ちしません。

一方、スーパーやコンビニなどで販売されてるカット野菜は、
調理されてからしばらく経っても鮮度は下がらず、
見た目もカットしたてのような綺麗な状態です。

家庭で作るものとスーパーやコンビニで販売されているものとの違い。
それは、殺菌のために野菜の洗浄の際に用いられる薬品、次亜塩素酸ナトリウム(塩素)です。

最近では、消費者のオーガニック思考が徐々に広まりつつあるためか、
「無添加」「無漂白」など記載のものもありますが、
この次亜塩素酸ナトリウムの主な目的は殺菌です。

洗浄の際に混ぜる薬品に関しては表示義務がないため、
たとえ「無添加」「無漂白」と謳っている商品であっても、
次亜塩素酸ナトリウムで殺菌洗浄されているケースがほとんどです。


カット野菜の殺菌に用いられる次亜塩素酸ナトリウムは法律で規定されている

laboratory-2821207_640
一般的に、コンビニやスーパー、外食産業において野菜表面における細菌感染を予防するために使用されている薬品が、次亜塩素酸ナトリウム(塩素)です。

厚生労働省の「大量調理施設衛生管理マニュアル」によると、次亜塩素酸ナトリウムの使用に関して、次のような規定があります。

野菜及び果物を加熱せずに供する場合には、流水で十分洗浄し、
必要に応じて次亜塩素酸ナトリウム等で殺菌した後、流水で十分すすぎ洗いを行うこと。
特に高齢者、若齢者及び抵抗力の弱い者を対象とした食事を提供する施設で、
加熱せずに供する場合(表皮を除去する場合を除く。)には、殺菌を行うこと。



強酸性次亜塩素酸水及び弱酸性次亜塩素酸水にあっては
塩化ナトリウム水溶液(99%以上の塩化ナトリウムを飲用適の水に溶解したもの)、
微酸性次亜塩素酸水にあっては塩酸又は塩酸に塩化ナトリウム水溶液を加えた水溶液を用いること。


また、同様に弁当及び惣菜の衛生面での指針となる「弁当及び惣菜の衛生規範」においても、次のように示されています。

水道水以外の水を使用する場合は、常に殺菌装置または浄水装置が正常に作動していることを確認すること。
なお、これらの水の消毒は、次亜塩素酸ソーダを用い、末端給水せんで遊離残留塩素0.1ppm以上とすること。
遊離残留塩素の測定は、1週に1回定期的に行い、その測定結果は1年間保存すること。


マニュアルとは厳格な法律ではありませんが、
企業としてはこれらの規定がある以上、遵守義務があります。

万が一、細菌感染が広がり食中毒などの問題が生じた場合は、
企業として存続の危機に陥るので、企業側に立つとやむを得ない処置なのかもしれません。

しかし、だからと言って、私たち消費者は、身体にとっての影響を看過することもできません。

引用:厚生労働省『大量調理施設衛生管理マニュアル』

食中毒予防か健康か?!次亜塩素酸ナトリウムが危険な理由

水道水と同じだから安全?健康を維持する上で重要な水の質を見落としてはならない

drops-of-water-578897_640

カット野菜やサラダに使用されている次亜塩素酸ナトリウムについて調べたところ、

「水道水に含まれている塩素と同じもので、濃度も規定範囲内である」
「細菌感染を予防するために必要な処理である」

という考え方が大半でした。

しかし、私たちが健康を維持する上で最も大切にすべきもの。
それは「水」です。


私たちの身体の70%は水でできています。

食品添加物を避けること、農薬やケミカルなものを摂取しないことなど、
私たちが日々健康を維持するために必要なことや取り組んでいることはたくさんありますが、
その中でも見落としがちなのが「水」ではないでしょうか。

現代の日本はインフラが整備されていて、当たり前のように水が手に入ります。
日本の水は綺麗で安心、水道水をそのまま飲んでも大丈夫、などと聞くこともありますが、実際はどうでしょう。

残念ながら健康面を考慮したとき、
水道水をそのまま飲むのは安心安全だとは考えられません。

3b6b52992fa284dc59df6897a5d33f2a_s
水道の蛇口から出る水は、塩素殺菌はもちろんのこと、
その塩素と原水中の有機物が反応して
発生する化合物であるトリハロメタンが含まれています。

トリハロメタンは、摂取し続けると肝機能障害・中枢機能低下を引き起こすばかりではなく、
催奇形性や発ガン性も指摘されているほど、非常に危険な物質なのです。


つまり・・・

次亜塩素酸ナトリウムで洗われている=トリハロメタンが発生している

薬品におけるリスクだけではなく、そこから生じる化合物までもが非常に危険なのです。

それだけではありません。
次亜塩素酸ナトリウムは腸内環境にも悪影響を及ぼすことが考えられています。

次亜塩素酸ナトリウムは私たちの腸内細菌叢をも壊す

young-woman-2239269_640
次亜塩素酸ナトリウムによる殺菌は、私たちの腸内細菌叢にも悪影響を与えます。

皆さん既によくご存知のとおり、「腸は第二の脳」とも言われるほど重要で、
腸内環境を整えることは私たちが健康であるために欠かせないことです。

ところが、次亜塩素酸ナトリウムの殺菌力は、腸内の善玉菌をも殺菌してしまうのです。

腸内の善玉菌と悪玉菌のバランスが崩れると、
免疫力の低下によってありとあらゆる疾患が引き起こされます。


カット野菜やサラダだけではない!?次亜塩素酸ナトリウムで殺菌されている食品の数々

0780d2572d83a71e111c87d21bea0dd2_s
今回、次亜塩素酸ナトリウムで殺菌洗浄されている例として、
カット野菜やコンビニサラダなどを主に挙げておりますが、
殺菌洗浄されているものは、もちろんそれだけではありません。

レストランなど外食チェーン店で出されるサラダやサラダバー、
カットフルーツ、食肉及びその加工品にも使用されている可能性があります。

また、食品だけではなく製造家庭で用いる機器や道具なども強力な薬品で殺菌消毒されます。
それらは直接口に入るものではないかもしれませんが、なんらかの形で影響してくる懸念も拭えません。

「食中毒などの予防に最低限」であるはずの薬品使用。
最低限どころか、あらゆる食品・加工品に用いられているのが現状なのです。

次亜塩素酸ナトリウムから身を守るために私たちができる対策とは

カット野菜やサラダのような既製品を避ける

disease-292571_640
先に挙げたように、マニュアルで規定されている限り、
企業が次亜塩素酸ナトリウムでの洗浄を行わないという選択肢は考えられません。

となると、私たちが消費者としてできることは、
次亜塩素酸ナトリウムで殺菌洗浄されているような食品を買わないこと。

確かに、カット野菜は便利です。
特に単身世帯にとって、丸ごと野菜を買うことは、
不経済で消費が大変なのかもしれません。

しかし、便利だからと頻繁に使用していると、
数年後身体にとってどのような影響が出てくるかわかりません。

便利な商品はお金で買うことができますが、
健康はお金では買えないのです。

自分や家族の身体にとって何が必要で何が不要なのか、
考えた上で商品を選択することをおすすめします。

身体にとってよくないものが入ってきたときに排出できる身体を普段から作っておく

546a085135d8ba7b8bc1a017187092ea_s
普段から食事や生活に気を遣っていれば、
普段と違うものや不自然なものが身体に入ってきたときに違和感を感じるようになります。

そして、腸内環境をはじめとした身体の免疫機能がきちんと整っていれば、
体内に有害なものが入ってきても、身体の免疫システムが働き、毒素を排出してくれます。

そのためには、添加物の多い食品や加工品を食べないこと、
ケミカルな商品の使用を避けること、などを普段から心がけることが大切です。

次亜塩素酸ナトリウムについてお店や企業に問い合わせる

office-620822_640
企業に使用中止を求めることは難しいですが、
使用しているかどうかを問い合わせた上で、自分自身の判断材料とすることができます。

実際に私も、次亜塩素酸ナトリウムの使用について、
複数の企業(コンビニ・大型量販店)に問い合わせをしたところ、数日内に回答がきました。

・次亜塩素酸ナトリウム(塩素)は水道水に含まれているものであり、行政でも認められている安全なものである。
・野菜洗浄の際に用いられる次亜塩素酸ナトリウムは、水道水と同じもので濃度も同程度なので安心できる。
・食中毒などの細菌感染を予防するためには必要な処理である。


との回答です。
ホームページ上では、添加物や薬品を使用していない旨の記載はありましたが、
やはり次亜塩素酸ナトリウムは別のようです。

身体にとって必要なもの・不要なものを見極め、
数年・数十年後の健康を守ることができるのは、
やはり消費者である私たちひとりひとりなのではないでしょうか。

野菜や食品の有害物質除去をサポート!ホタテ貝100%で出来た洗濯にも使える

PR: Recommended items by IN YOUMarket
inyou_market (1) 全ての人にオーガニックな暮らしを
IN YOUMarket今すぐここをクリック!

この【天然の抗菌剤貝殻焼成カルシウム】は安全性がとても高いです。
そして、殺菌力が高いのです。

【天然の抗菌剤貝殻焼成カルシウム】は、ホタテ貝殻を高温で焼いて、粉末にしています。
少しご説明させていただきますと、

厳選した天然素材ホタテ貝殻を、高熱焼成解炉にて、高温焼成します。

焼成後に酸化カルシウムとなります。(ただ高温で焼いても作れないのですが)
さらに加水工程を加えて水酸化カルシウムに変化させます。
この水酸化カルシウム(貝殻焼成カルシウム)は、
厚生労働大臣が指定した添加物に示されております。

【天然の抗菌剤貝殻焼成カルシウム】は、細かい粉末になっています。
調理の前に粉末の天然の抗菌剤を水に溶かし、
その溶液に野菜や果物を浸けて、15分後、よく水で流してからお使いいただけます。

安心と安全に食物を口にいれるためのほんのひと手間は
家族の安心、健康な生活への第1歩ではないでしょうか。


【この記事を読んだ方はこちら】
コンビニのサラダやカット野菜がシャキシャキな理由。あなたは、漂白剤で野菜を洗いますか?「新鮮さ」に隠された恐るべき添加物の実態。

もはや食品とは呼べない!?サラリーマン・OL御用達、栄養素がそぎ落とされた薬品まみれのコンビニ弁当・コンビニ飯の落とし穴。

食べ続けたら死の危険10倍!身近な危険な食べ物・添加物まとめ

この記事のタグ
お気に入り登録する
シェアする

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

hata ikue
兵庫県加古川市在住。 育児をきっかけに食の安全に関心を持ち、無農薬野菜・無添加食品を中心とした食生活を始める。 私たちの身体は食べたものでできており、特に子供の成長・発達に大きく影響すると実感すると同時に、身の回りの化学物質や薬剤にも疑問をもつ。 以来、オーガニックとは食べ物だけではなく、身の回りを取り巻く環境全てのことだと気付き、それらを排除した生活を取り入れている。 安心な食べ物・安全な環境を求めて、子どもたちのこれからが 真に健やかなものとなるよう願いつつ、家族みんなが笑顔で生活していけるような 情報を発信していきたい。 【ブログ https://ameblo.jp/organic-healthy-life 】
あなたにお勧めの記事
関連記事
ページ上部へ