おすすめ商品

アルガン、ココナッツを超える?抗酸化値はオリーブオイルの10倍!新たなスーパーオイルの予感『マルラオイル』って何?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sea-341530_960_720

Marula

さて、IN YOUでは毎回私のお勧めする有機食材やオーガニックコスメを紹介していますが、
今回は私が日々の保湿、ヘアケア、マッサージと、オールマイティに使っているスキンケアオイルをご紹介します。
 

アフリカの生命力あるマルラの木から採れる100%オーガニックのオイル。VIRCHEマルラオイル

若い頃から現在に至るまで、お風呂上がりの2分マッサージは欠かしたことがなく、様々なオーガニックオイルを試してきました。

一時期流行ったホホバオイルやアルガンオイルは酸化しやすく、独特のにおいが苦手で断念。
シアバターは保湿力は抜群なんですが、伸びが悪いのでマッサージには不向き。
ココナッツオイルはラウリン酸という天然の界面活性成分が多く、
クレンジングオイルとしては優秀なんですが、保湿オイルとしては肌に負担がかかりすぎました。

今、使っていてとても快適なのが、このマルラの実から採れるVIRCHEの「マルラオイル」。

④

マルラオイルは、南アフリカで育つマルラツリーから採れる果実のオイルで、
アフリカ伝統医学では古来より多機能オイルとしてマッサージやベビーオイルに使われてきたそうです。

アフリカの厳しい環境下で生きるマルラツリーは「神の木」と呼ばれるほど生命力が非常に高く
その実から採れるオイルは抗酸化力と保湿力にずば抜けています。

その抗酸化値はオリーブオイルの10倍。

そしてビタミンE、C、オメガ9を豊富に含むので酸化、劣化に非常に強い。

imgdet_8979_281352_imgdet_org

同じアフリカ原産のシアバターと違うのは、その浸透力。
実際使ってみて思ったのは、自分の皮脂のようになじみが良いので、
しっとりするのに、いやなべとつきが全くないこと。

浸透した後はサラッとした感触を残してくれるので、肌になじませた後はむしろすっきり。

>>VIRCHEマルラオイルのご購入はこちら



 

オールマイティに使える活用度の高さ、実際に使ってみて感じること。

⑤ (1)

強い生命力のあるマルラの木。

マクロビオティックの観点からみても、農薬や化学肥料に頼って育てられる植物よりも、
生命エネルギーの高い野生の植物は「治癒力の高さ」と非常に比例します。

ヴァーチェVIRCHEのマルラオイルは100%オーガニックなことはもちろん、添加物も酸化防止剤も一切入っていません。

ほんとうに純度の高い「オイルそのもの」です。

virche-marula3出典:http://natural-mam.com/virche-marula

通常私はお風呂上がりに化粧水で肌を整えた後、髪と肌にオイルをマッサージしながらなじませて、、スキンケア完了です。

基本、乳液も美容クリームもつけません。
というか、化粧水もつけない日もありますが。笑

髪は洗髪した後、オイルだけ。リンスもコンディショナーも使っていません。

若い頃からこのケアで通していますが、特に困ったトラブルもなく、快調な肌と髪を保てています。

だって自分の皮脂は、自分の肌に一番合った、天然の美容クリーム。
クリームや保湿剤などで毛穴にむやみにフタをしてしまうことは、肌本来の免疫力やバリア機能を弱らせてしまい、
最終的には、「塗らずにはいられない肌」になってしまうから。
イコール、自分の肌の再生力、修復力を低下させてしまいます。

過剰なケアは、必ず数年後の肌のエイジングに耐えられなくなる。

lll1-e1456930321889

年齢を重ね、今の自分にしっくり合っていると感じているのがマルラオイル。

一番の理由は浸透力がいいから。

なじんだ後は、不自然なしっとり感がなく、さらさらと自然な肌の状態を保ってくれる。
これって大事ですよね。
 
とりあえず、当分はこのオイル1本でいけそうです。

さてさて、
では次は、私が毎日お風呂上がりにやっているマルラオイルを使ったマッサージをお教えします。

>>VIRCHEマルラオイルのご購入はこちら



 

さっそく今日からやってみて。 体の不調をやわらげて美肌をつくるフェイシャルセラピー。

みなさん、「足の反射区」いわゆる「足ツボ」は知っていますよね。

東洋医学では足の裏は内臓と直結していると言われ、体内のすべてのツボが足裏に集約しているとされます。

実は、顔にも内臓の反射区、「ツボ」があるのです。

目の下のクマや、決まって同じ場所にできるニキビ・吹き出物で「どこに老廃物が溜まっているか、どの内臓機能が低下しているか」などの体の不調を探ることできるそうです。

biyoushin-20160511-10 出典 http://bg-mania.jp/s/2016/05/11154228.html

確かに私は外食が続いたり、甘いものを食べ過ぎると、必ず口元にぽつんと吹き出物が。

そして生理中はアゴのラインにぽつんと・・。

確かに当たってます・・。

東洋医学では「美しい=五臓(肝、心、脾、肺、腎)のバランスが整っている」ことを指します。
まさに肌トラブル=内臓の弱い場所の相関図といってもいいですね。
他にも、だるい、むくみやすい、肩が凝る、冷える、血行が悪い、生理不順……。

こうした不調を顔のツボに沿ってマッサージすることで改善していくのが
「フェイシャルセラピー」です。

いわゆるリンパマッサージと同じですね。

顔にもリンパが張りめぐらされているので、各臓器のリンパを流すことによって、
体内の老廃物も流せるというわけです。
 
やり方は簡単。
 ①お風呂上がりにVIRCHEマルラオイル4〜5滴を手のひらの温度で温めてから、 
1-1


 ②顔のこわばった部分(=そこが代謝の滞った部分です。)から念入りにマッサージし、 
2-2

 ③最後はリンパの集結地点である鎖骨のリンパ節まで流します。 

2-3

おさらいすると、
 顔のツボから耳の下、首筋を通って、最後に鎖骨のくぼみをグッと気持ちよい程度に押す。 
これで完了。

 
やりすぎる必要はありませんよ。
毎日のレメディなので、たった1〜2分程度でOKです。

ただし、できるだけ毎日行ってくださいね。

2分後には、明らかに顔が上がり、
血色が良くなり、
歪みまで矯正してくれるだけでなく、
体の内部まですっきりするので、不思議と体がポカポカ温まってくる。
血行が巡ってきます。

私はいろんなパックやスキンケア化粧品を塗りたくるよりも、
数滴のオイルでマッサージだけ。

実際こっちのほうが、なによりのお肌のお手入れになっています。
化粧品棚もごたごたせず、すっきりシンプル。

>>マルラオイルのご購入はこちら



 

顔と頭皮はつながっています。頭皮を持ち上げて小顔と美髪もつくろう。

顔は、「顔」だけではありませんよ。

顔の皮膚は、首とも繋がっているし、頭皮とも繋がっています。

 フェイシャルマッサージをした後は、10秒でも30秒でもいいから、 
 ②そのままオイルのついた手で頭皮をマッサージしてください。 
3-2

明らかに目元がグッと上がるのを感じますよ。
 ②仕上げに、手のひらに残ったオイルを毛先になじませて完了。 
3-3

マルラオイルの髪へのなじみは抜群。
ケミカルなリンスも、コンディショナーも、ヘアパックもいらない、
天然のオイルそのものでビタミン補給するほうが、髪にも負担がかからず、ダメージにもなりません。
IMG_0207

マルラオイルを使い続けて「おっ」と思ったのは、
抜け毛が明らかに減ったこと。

マルラの抗酸化力。
ヘアケアにはかなりおすすめです。
 

おわりに。

o0394040012916592265出典:ameblo.jp

日本ではまだなじみのないマルラオイルですが、その抗酸化力・保湿力の高さ、
肌本来の機能を失うことなく、むしろ肌の免疫力を高めてくれそうな栄養価。

生命力あふれるマルラツリーの薬効は、アルガンオイルやココナッツオイルに次ぐ、新たなオイルブームを作るかもしれないですね。

美容効果だけでなく、肌機能の再生力に着目しているところが新しい。

マルラオイルが「サードウェーブオイル」の流れを作りそうな予感がします。

>>VIRCHEマルラオイルのご購入はこちら



IN YOU一押しコンテンツ
究極のアンチエイジング。自然治癒力を高め老化抑制する方法。
本当に安全なオリーブオイルの選び方
ここまでこだわったのは初めて!体をととのえるオーガニックな酵素

オーガニックなオンラインストア IN YOU Market OPEN!

詳しくはこちら

  • この記事が気に入ったら
    いいね!しよう


いいね!して、
IN YOUの最新記事を受け取ろう。

くみんちゅ
家族の体は、おかあさんの作るごはんでできている。 「こだわるけどとらわれない」をモットーに、誰もが作れる安心安全なレシピ作りを展開。 「もう何も食べられるものがない」から視点を変えてみる。 膨大にあふれる加工品や市販菓子より、 台所でにぎる塩おにぎりひとつ。 子供に、若者に、安全な食卓を。 さて、今日もごはんをつくりましょ。 FB ブログ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. シワの原因になる糖化をブロック。食前に飲むことで老化を防げる2つ…
  2. 165900767_624 一般的な「良い肉」=「安全な肉」とは限らない!安全な牛肉を見分け…
  3. kuromamesaiyoko 血不足になりがちの女性の味方。黒豆で血を増やし腎を癒す。材料2つ…
  4. OLYMPUS DIGITAL CAMERA 【衝撃】日本の12倍もオーガニック食品の生産が栄えるフランス、パ…
  5. Ibuki_moxa_set 「お灸」を一週間やってみたところ驚きの結果が・・!初心者でもはじ…
  6. groats-1459940_960_720 「気にしていたら食べるものがなくなる」は思考停止のサイン。これか…
  7. tee-93172_960_720 ごてごてメイクに卒業を。これからはすっぴんの方が心地よい!自分ら…
  8. garlic-959931_960_720 日本人の死因上位、ガン、心臓病・動脈硬化、全てにお勧め。信じがた…

新着記事

デイリーランキング

ライター

  • 松浦愛
  • manami sasao
  • 小林謙太郎
  • くみんちゅ
  • 小林 くみん
  • 戸田 耕一郎
  • 宮本知明
  • まどか
  • izumi
  • 越野美樹
  • TakiAki
  • 佐次本陽子
  • IN YOU 編集部
  • 河口あすか
  • kimuratomomi
  • はりまや佳子/Yoshiko Harimaya
  • 宮崎麻実/Mami Miyazaki
  • 前之園知子
  • 山口菜摘美
  • ami tominaga
  • 金戸 隆雄
  • 松永加奈恵
  • yuko matsuoka
  • Koyuri
  • 高橋直弓
  • 村井砂織
  • 加藤美希
  • 伊賀るり子
  • 穴沢悦子
  • Shoko Fujii
  • 増田佳子
  • 小池 桃香
  • 青山 ひかり
  • 千原 清花
  • 水川美希
  • ゆっか
  • 黒澤彩
  • Saori Tanaka
  • yuko funatsu
  • 宮浦 浩美
  • 室谷 真由美
  • 湊 綾香
  • 茂木紀三巴
  • 松原 よしり
  • Mika K. Alpay
  • iisa
  • isacoco
  • 西田 かおり
  • kanaho takahashi
  • tori
  • 奈南有花
  • TakeuchiMariko
  • あおき ヒカリ
  • 山田朋枝
  • タカ大丸

カテゴリー