その他

メタボ体型を軽く見てはいけない!肥満・糖尿病予備軍は「がんのリスク」に直結するという事実。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sdg

日本では食の欧米化が深刻化しており、糖質と脂質の多い食事を摂る方が増えてきたように思います。
その影響もあり、生活習慣病に罹患されて最終的にがん、脳、心臓の疾患に罹って亡くなる方も少なくありません。

こうした影響により「メタボ」体型の人が増えています。
メタボというと「太っているだけ」と安易に考えられてしまいがちですが、実はこれがのちに「がん」や「心疾患」などの死とも直結する重大な病気を引き起こす可能性が高いということがわかっています。

今回はメタボリックシンドロームと「がん」や深刻な「習慣病」との関連性についてお伝えしたいと思います。

メタボリックシンドロームとは

diet-398613_960_720
皆さんもご存知だと思いますが、メタボリックシンドローム(メタボ)は、太っている人の代名詞のように使われることが多くなりました。

お腹がぽっこりと前にせり出したような、中高年男性に多い「内臓脂肪型肥満」の状態に、血圧・血糖値・血清脂質(中性脂肪・LDL・HDL)の値が2つ以上異常がある場合にメタボと言われます。

この状態は健康的ではないため、生活習慣を改善するように促されます。

40〜70代の男性で2人に1人、女性で5人に1人にメタボであるという事実があります。


メタボリックシンドローム診断基準


腹囲が基準値(男性で85cm、女性で90cm)を超えていること

血圧(収縮期血圧130mmHg以上、拡張期血圧85mmHg以下)
or
血糖値(空腹時血糖110mg/dl以上)
or
血清脂質(中性脂肪150mg/dl以上、HDL40mg/dl未満のいずれか)


メタボと関連する疾患
メタボ状態は、心筋梗塞や脳梗塞の原因となる動脈硬化を急速に進行させる


メタボは、「内臓脂肪症候群」とも呼ばれ、複数の病気や異常が重なっている状態を表します。
主に内臓脂肪の蓄積によって、高血圧や糖尿病、脂質異常症などの生活習慣病の重なりが起こり始めている、または、起きていることを示しています。

この状態は、心筋梗塞や脳梗塞の原因となる動脈硬化を急速に進行させてしまいます。

それぞれの病気の診断基準を満たさない「予備群」の状態であっても、
それらが2つ3つと複数重なることで、動脈硬化の進行予防という観点から、すでに手を打たなければならない状態として捉えられています。

肥満は、がんのリスク要因だった!

thick-373064_640
がんの原因と言われるものでよくあげられる定番要因がいくつかあります。

肥満もその1つです。


やせホルモン「アディポネクチン」にはがん抑制作用があるが、
メタボの人はこのやせホルモン値が低いためがんになる例が多い。


脂肪には、アディポネクチンと呼ばれる脂肪を燃焼させる働きがあるとされています。
これは別名「やせホルモン」と呼ばれ、しばしば取り上げられております。

アディポネクチンは、脂肪細胞から分泌されているため、脂肪が多い太った人のほうがたくさん分泌されると考えるかもしれません。

しかし、事実はその逆で、脂肪の中でもメタボリックシンドロームに多い内臓脂肪が多くなればなるほど、アディポネクチンの分泌量が減ってしまいます。

アディポネクチンが分泌されるためには、脂肪をため込むすぎないことが大切になってくるのです。

通常、体を動かしてエネルギーが必要になると、脂肪を分解する酵素「リパーゼ」が活性化されます。

そして脂肪を細胞内のミトコンドリアを経由してエネルギーを作ります。
同時に筋肉にある酵素「AMPキナーゼ(AMPK)」も活性化されて、糖や脂肪をエネルギーとして活用しようとします。

つまり、運動することで酵素が活発化し、脂肪が蓄積されるのを防いでくれるのです。

これに対してアディポネクチンが分泌されると運動を行わなくてもAMPK活性を促進する働きがあります。

アディポネクチンが分泌されていれば、脂肪を燃焼しやすく、太りにくいカラダになることが可能になります。

また、このアディポネクチンには、がん抑制遺伝子のLKB1を活性化して、AMPK活性を通して抗がん作用を示します。

しかし、メタボのような肥満の状態では効果を発揮できません。


近年がんは、遺伝するという考えから家系的にアディポネクチンの値が低いということが理由だと分かってきました。

低アディポネクチン血症と診断された方の家族の病歴を調べると両親もしくはそのどちらかが、 がんや心筋梗塞で亡くなっている例が多いのです。
家系的にアディポネクチンの数値が低くなってしまう可能性は大いにありえるのです。

・肥満→アディポネクチン低下→がん抑制遺伝子LKB1活性低下→AMPK活性低下→抗がん作用低下


インスリン過剰はがんのリスクファクター

sugar-1068288_640
インスリンの過剰分泌は、血糖値を急速に下げることにつながります。

特に、砂糖・小麦・白米などの精製された食品は、インスリンの上昇度合いを示す「グリセミック指数」(GI値)が70以上の高グリセミック食品となっています。

その分を細胞はすべて取り込むことができませんので、一部脂肪へと変換されていきます。
そして次第に肥満になりアディポネクチンの分泌を減らしてしまうことになります。

また、インスリンの過剰分泌によるグルコース(ブドウ糖)の細胞内取り込み促進作用は、がん細胞にも影響を与えてがん細胞の増殖を促進させてしまうのです。

・高血糖→インスリン過剰分泌
→グルコース(ブドウ糖)細胞内取り込み促進( がん細胞内取り込み促進 ) → 肥満 → アディポネクチン低下( がん細胞増殖促進 )


具体的には、膵臓がんは糖尿病が原因で発症するリスクを約2倍増加させるという研究報告があります。

出典 http://www.jsge.or.jp/citizen/2010/kyusyu.html”>http://www.jsge.or.jp/citizen/2010/kyusyu.html

jphc_outcome038_img01_thumb
出典:国立がん研究センターより

高インスリン血症は糖尿病だけでなく、がんの増殖や移転を促進させてします。

2013年5月に日本糖尿病学会と日本癌学会の「糖尿病と癌に関する委員会」が発表した研究報告によると、
インスリン過剰分泌(高インスリン血症)が糖尿病や肥満とは別で、がんの増殖や転移を促すことを発表しております。

膵臓から分泌されるインスリンの作用が不足すると、それを補うためにインスリン過剰分泌やIGF-I(インスリン様成長因子1)の増加が生じます。
これが肝臓、膵臓などの臓器における腫瘍細胞の増殖を刺激して、がん化に関与しています。

日本糖尿病学会と日本癌学会の合同研究報告では、統計により、糖尿病の既往歴のある人は既往歴のない人に比べて
膵臓癌で1.85倍、大腸癌で1.4倍、肝臓癌で1.97倍、胃癌で1.06倍にリスクが高まる
との発表もされています。

出典 http://epi.ncc.go.jp/jphc/outcome/288.html

糖尿病薬のあまり知られていない真実

経口糖尿病薬やインスリン注射で、がん細胞増殖・転移を促進する報告もある


diabetes-528678_960_720
上記のインスリンの説明から推測がつく方もいらっしゃるかもしれません。
実は、経口糖尿病薬とインスリン注射で、がん細胞増殖・転移を促進する報告がされています。

理由はすべて生体機能に反した膵臓からのインスリン過剰分泌です。
経口糖尿病薬のほとんどが、膵臓からのインスリン分泌を促進するものです。
しかし、糖尿病患者さんでは、もうすでに膵臓が疲労した状態になっていることも少なくありません。

そんな疲労状態で血糖値を下げるために薬で無理やりにインスリンをしかも過剰分泌しないといけなくなります。
インスリン注射も血糖値を下げられない分の補足で分泌を促すため、体としてはインスリンの過剰分泌なのです。

出典 http://www.fa.kyorin.co.jp/jds/uploads/jds-jca_report.pdf 糖尿病と癌に関する委員会報告


また、DPP-4阻害薬とよばれる糖尿病薬に使われている抗酸化物質が、インクレチンの分解をするDPP-4を阻害し、インクレチンによるインスリンの分泌が促進します。

インクレチンがNRF2シグナル伝達経路を活性化し、転移促進蛋白質の発現を誘発することが今回示され、これががん細胞の転移を促進したと報告しているのです。

出典http://stm.sciencemag.org/content/8/334/334ra51″>NRF2 activation by antioxidant antidiabetic agents accelerates tumor metastasis. Science Translational Medicine, 2016;

あなたが今からすぐにできることとは?

生活の改善以外に治す手段なし

salad-791891_640

インスリンが過剰分泌を防ぐには

GI値の低い食品を選択するように食生活を変えましょう。
GI値60を基準にそれ以下の食材を選ぶといいとされています。

一番考えやすいのが和食にあるような食材はGI値60よりも低いことが多いです。
砂糖・小麦・白米などの精製された食品の摂取も避けることです。
是非目安にして食事を変えましょう。

アディポネクチンを増やす成分

βコングリシニン
大豆タンパク質に含まれる「βコングリシニン」は、アディポネクチンを増やすといわれています。

EPA

アジやイワシ、サバ、サンマなどの青背魚に多く含まれるEPAもアディポネクチンを増やします。加熱調理ではなく、刺し身やカルパッチョなど生で食べるほか、煮魚にして煮汁もいっしょに摂るといいでしょう。

アスタキサンチン

サケやエビ、カニなどに含まれている「アスタキサンチン」という赤い色素成分もアディポネクチンの働きを助けると言われています。

マグネシウム

骨や歯を形成するのに欠かせないマグネシウムも、アディポネクチンの分泌を助けるといわれています。「にがり」を使って作られた豆腐にも、マグネシウムが含まれています。また、豆味噌や油揚げ、納豆といった大豆製品、海藻類、ナッツ類にもマグネシウムが多く含まれています。

息があがらない程度の運動

運動をすることで脂肪が減少していきますので、アディポネクチンの産生を増加したり、インスリンの過度の分泌も抑えてくれますので、ウォーキングやヨガなどのゆったりした運動を毎日ではなく、2,3日間を空けながら行っていきましょう。

いかがでしょうか。

一般人の方からすると、一見直接関係のないように思える「がん」や「心筋梗塞」といった重大な病気は、実は糖尿病やメタボリックシンドロームと深く関係しているということがお分かりいただけたことかと思います。

深刻な状態になってからあわてて医療機関に駆け込むのではなく、お伝えしたような対策方法を日ごろから実践することが予防への近道なのです。


この記事を読んだ人にお勧めしたい他の記事
現代女性にとって最も身近ながん「乳がん」と食べ物の関係性。他人事でない、乳がんの実態と対策。

がんは食生活とタバコを徹底的に注意すれば約80%は防げると発表!発ガンを抑制する効果が高い食べ物ランキング

ガンは味噌が苦手?! 毎日3杯以上の味噌汁で乳がんの発生率が40%も低下。「味噌活」をはじめるメリット 。


IN YOU一押しコンテンツ
究極のアンチエイジング。自然治癒力を高め老化抑制する方法。
本当に安全なオリーブオイルの選び方
ここまでこだわったのは初めて!体をととのえるオーガニックな酵素

オーガニックなオンラインストア IN YOU Market OPEN!

詳しくはこちら

オーガニック料理ソムリエ はりまや佳子先生の1DAYクラス

  • この記事が気に入ったら
    いいね!しよう


いいね!して、
IN YOUの最新記事を受け取ろう。

宮本知明
薬剤師/GAJ認定ジェモセラピスト(植物療法士)/漢方ソムリエ。 病院薬剤師を経て“薬と共存しない生活”の念いからホリスティックな健康観と出逢う。新婚女性、新米ママさんを西洋医学・東洋医学・自然療法の良さを合わせた統合医療の知識をもった“ホリスティックな健康観を持つ女性”に育成する「ホリスティック医療家」として執筆業・講師業で活動中。 公式ブログ /公式HP
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. sddf 「おばあちゃん、ありがとう・・」。人生を変える料理教室で起きた、…
  2. img_3627 しょっぱいものをおやつ感覚で食べたい時に!うま味たっぷり「ねぎご…
  3. 「知らなかった」では済まされない?!魚に含まれる有害な「水銀」の…
  4. Monosodium_glutamate_crystals 市販加工食品に含まれる化学調味料とは一体何物?緑茶やお菓子にも入…
  5. dsc_5879 全て10分以内でできる!食べられる材料で、お家で安心入浴剤&パッ…
  6. umeuem 簡単な手作り梅干しの作り方。自然の万能薬・梅のパワーを取り入れる…
  7. garlic-959931_960_720 日本人の死因上位、ガン、心臓病・動脈硬化、全てにお勧め。信じがた…
  8. harmony-1229892_960_720 数々の著名人も実践する「マインドフルネス」から紐解く、現代人に最…

新着記事

デイリーランキング

IN YOU公式レギュラーライター 一覧

  • 松浦愛
  • 小林 くみん
  • くみんちゅ
  • IN YOU 編集部
  • 越野美樹
  • 品川まどか
  • ami tominaga
  • 松永加奈恵
  • tomomi
  • izumi
  • 佐野亜衣子
  • 河口あすか
  • 前之園知子
  • はりまや佳子/Yoshiko Harimaya
  • 室谷 真由美
  • 松橋佳奈子
  • 赤嶺 福海
  • kazukiimanishi
  • maejima kanako
  •  とっくん
  • 上村 歩
  • kei
  • mimi saito
  • jyunko
  • watanabe  
  • 池田 歩
  • yuriesasaki
  • 柿谷圭之助
  • emi tanaka
  • 飯塚 愛
  • Mao
  • ookawahara
  • mariko ito
  • 加藤 晴之
  • Mint
  • 齋藤 香帆
  • Mai nakanishi
  • Nakamura Akitsu
  • ひかりあめゆうすけ
  • fujisakishun
  • 橋本佳子

カテゴリー

PAGE TOP