よみもの

えっ甘くて美味しいのに1日1個で骨粗しょう症対策に?あまりにも身近すぎて知られていない温州みかんの力

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
5a01789e75ec40f20a1807434a59027c_s

皆さん「温州みかん」と聞くとどんなイメージですか?

こたつで食べる
ビタミンCが豊富


真っ先にこの二つが出てくると思います。

でも今回は少しイメージを変えていただこうと思います。

ずばり!
温州みかん=骨の強化に役立つ

そして

温州みかん=生活習慣病対策

です。

それはいくらなんでも言い過ぎでは・・??

と思われましたか?


実はのちに紹介しますが
公的機関も認めたほどの、れっきとした事実なんです。

女性も老化や加齢とともにだんだん骨が弱くなり骨量がへってゆく

女性の骨の量は20歳前後まで増え
その後、初老期まで骨量を維持します。


しかし実際には妊娠や授乳期の栄養不足、ホルモン剤の投与、喫煙、
無理なダイエット、食事の栄養バランス、過剰な紫外線ブロック
など

さまざまな要素で30代以降、徐々に骨量が減少していきます。

pills-1354782_640
そして閉経後は血中エストロゲン濃度が急激に低下し、

平均すると年に1%ずつ、閉経後20年間で20~30%も骨量が低下します。

これが骨粗しょう症の始まりです。

そうならないために日頃からカルシウムの摂取が必要となるわけですが
骨代謝が悪いとカルシウムを摂ってもなかなか骨の健康を保てません。

そこでおすすめしたいのが、今が旬の温州みかん。


96d1c69b39c114bcf11431096a127d1a_s
え、みかん?

と思うかも知れませんが

実は温州みかんには骨粗しょう症を予防する特別な成分が豊富に含まれているんです。

2015年4月、国内有数の産地である三ヶ日のみかんが
機能性表示食品
として消費者庁に届けられ、11月から流通が始まりました。

その表示機能とは

「骨代謝のはたらきを助けることにより、骨の健康に役立つ」

というものです。

12-24-1                            画像出典:JAみっかび


驚きの調査結果

2003年度から旧三ヶ日町の住民を対象に

浜松医大と国立研究機関である農研機構果樹研究所で合同疫学調査を行った結果、

温州みかんをよく食べる人はあまり食べない人より

骨粗しょう症の発症率が低い
ことがわかりました。

特に閉経後の女性の場合、骨密度の差は2倍というデータが得られています。

作用成分は温州みかんに特に多く含まれている

βクリプトキサンチンというカロテノイド(天然色素)です。

これまでの研究からβクリプトキサンチンには
破骨細胞の働きを抑制する効果がある
ことがわかっています。

だから骨粗しょう症予防になるのですね。

温州みかんをどのくらい食べれば骨粗しょう症予防になるのか?


question-marks-2215_640
βクリプトキサンチンは少量でも摂取していれば
長期に渡り体内に留まるので血中濃度を高めてくれます。

しかし理想は一日3個の温州みかん。

ですが若い年代からでしたら毎日1個でも必要量のβクリプトキサンチンを摂取できるので
骨の強化をしておくのに十分です。

みかん=ビタミンC摂取という目的に限ると
どうせ水溶性で多く摂っても排出されてしまうから意味がない。

そう思いがちでしたが、βクリプトキサンチンは体内で活用される機会を待ってくれるのです。

ただし温州みかん自体は陰性よりの食べ物なので、あまりに多く食べ過ぎると
体を冷やす傾向にあるのと柑皮症と言って肌が黄色くなってきます。(食べるのを止めれば消えます)

せっかく旬の味覚ですので毎日1~3個を目安に食べるのがおすすめ。

糖尿病など生活習慣病予防にも温州みかんが効果的


これも先ほどの研究チームによる旧三ヶ日町での疫学調査の結果ですが
住民約1100名に対して10年間の追跡調査を行ったところ

いくつかの生活習慣病リスクを下げることがわかりました。

diabetes-528678_640
βクリプトキサンチンの血中濃度が高い人ほど

・Ⅱ型糖尿病
・脂質異常症
・非アルコール性肝機能異常症


これらの発症リスクが有意に下がっていたのです。
また他の研究で、βクリプトキサンチンの摂取によって
免疫たんぱく質の産生が促進され、発がん物質から細胞を守る働きがあることもわかっています。

骨粗しょう症予防ができて、発がん抑制、糖尿病予防、脂質異常症予防などができるとは
これまでの温州みかんの見方が大きく変わりますよね。

ただしこういう人は血中濃度があまり上がらないのでまず生活習慣を改める


喫煙飲酒習慣のある人
肥満の人


βクリプトキサンチンは強力な抗酸化作用がありますが
上記の人は体内で発生する活性酸素量が多く、
酸化ストレスに対抗するために、摂取したβクリプトキサンチンを多く消費してしまうと考えられています。

それでも当然温州みかんを食べないと生活習慣病リスクが高まるので
喫煙飲酒習慣ある人、肥満の人はしっかり摂取したほうが良いのです。

これほどすごそうな成分がなぜ今まで注目されなかったのか?


植物の天然色素であるカロテノイドの研究自体は19世紀から始まっています。
しかしβクリプトキサンチンの研究は遅れていました。

その理由は明白で
海外には大量のβクリプトキサンチンを摂取できる食品が何もなかったからです。

figure-01-2                             画像出典:からだサポート研究所

このように赤や黄系の野菜や他の柑橘類を比べても温州みかんのβクリプトキサンチン量はダントツです。
オレンジと比べると温州みかんには約10倍もの量が含まれています。

同じオレンジ色なのにこれほど含有量が違うのは不思議ですね。

つまり海外には温州みかんほど習慣的に摂取できて、
なおかつ大量のβクリプトキサンチンを含有する食品がなかった
ので
成分自体が注目されることもなく、研究されてこなかったのです。

本当に、日本という国は本当の意味での健康食品の宝庫だと思いませんか?


さて、ここまでは単に温州みかんを食べればよいという話でしたが

IN YOU読者の皆さんにはもう一歩踏み込んだご提案をしたいと思います。

温州みかんのβクリプトキサンチンは皮にも大量にある

d5d5986feaba88866be5a6243fcd74f1_s
みかんの皮、普通は捨てますよね。

でもこれを知ったらもう捨てられなくなります。

というのもβクリプトキサンチンの含有量は、砂のう部分より外皮のほうが多いんです。

みすみすこんな素晴らしい栄養分を捨てるなんてもったいない!

そこで、

貴重な温州みかんの外皮を有効活用する方法


生薬としても有名な『陳皮』という言葉を聞いたことがあると思います。
これ、実はみかんの皮なんです。日本では主に温州みかんの皮を使います。

作り方は簡単なので、ぜひ今夜から温州みかんの皮で作ってみて下さい。

988749217065159f9762fc346e60d832_s

陳皮の作り方

1.みかんの外皮をよく洗う (オーガニックのものを使用してください。)
2.風通しのよい場所で数日~10日間、陰干しする 間を空けてくっつかないように
3.カラカラになったらできあがり 乾燥剤を入れて保存

たったこれだけです。
陳皮は古ければ古いほどよく、1年以上経った物が良品とされますので
冬のシーズンに食べる温州みかんの外皮を全部干して取っておくとよいですね。

陳皮の活用法

このシーズン、咳や痰で困ることありますよね。
咳止め薬も売っていますが、あまり効いたためしがないので
陳皮を使ってみるのも一つの手です。

1.陳皮をミキサーやすり鉢で可能な限り粉々にする
2.小さじ一杯をコップに入れお湯を注ぎ4~5分蒸らす


お好みではちみつや生姜(乾燥ものが良い)などアレンジしてみてください。
粉も飲めますが嚥下力が落ちている高齢者はご注意下さい。

みかんのえらび方

外の皮を使用するため、できるかぎりオーガニックのものを選び、
ワックスが施されていないものにしましょう。

最後に

温州みかんはもともと風邪やインフルエンザ予防になるとして
この季節、積極的に食べられてきました。

861288a71ee06e50de4e4adff23034e1_s
ところがβクリプトキサンチンの研究が進むにつれ
冬場以外でも健康増進効果に期待が集まっています。

夏に温州みかんは売っていませんが安心して下さい。

βクリプトキサンチンを冬にたくさん摂取しておけば、夏を過ぎても
体内に蓄積され、血中濃度を高く保ってくれる
のです。

ここで紹介した以外にも、皮膚に留まり美肌効果があることもわかっています。

産地では一日4個以上食べるのも当たり前のようですので
一日3個なら柑皮症になることもありません。

またβクリプトキサンチンは無毒であることもマウス実験で証明されています。

一日に必要なβクリプトキサンチン量は温州みかん1個で補えますが
この冬、欲張って夏の分まで貯め込んでみてはいかがでしょう。

ちなみに八百屋さんに教えていただいた情報ですが

温州みかんは底がデコボコしていて、皮が剥きづらいもののほうが
太陽光にたくさん当たっていて味が濃厚
なんだそうです。
底がツルッとしていてあっさり剥けるものは水っぽいのだとか。

確かにそういう視点で食べ比べたら濃さが全然違いました。
ご参考までに。

参考サイト:http://ebn.arkray.co.jp/disciplines/carotenoid/beta-cryptoxanthin-01/#third
http://www.naro.affrc.go.jp/publicity_report/press/laboratory/fruit/062031.html
http://medical-today.seesaa.net/article/58081297.html
参考文献:http://www.shokusan.or.jp/sys/upload/582pdf3.pdf



おすすめの記事

冬至に取り入れたい冬の養生法を教えます。最も「陰」パワーが極まる冬至に体を養い年明けも健康に。

その健康法、体に合っていますか?東洋医学「薬膳」から体質診断して体に合う食べ物と養生を。

「肩ガチガチ」になってませんか?東洋医学から見る、肩こりの原因。辛い肩こりと食べ物と陰陽の関係性。


IN YOU一押しコンテンツ
究極のアンチエイジング。自然治癒力を高め老化抑制する方法。
本当に安全なオリーブオイルの選び方
ここまでこだわったのは初めて!体をととのえるオーガニックな酵素

オーガニックなオンラインストア IN YOU Market OPEN!

詳しくはこちら

ざくろジュース

オーガニック料理ソムリエ はりまや佳子先生の1DAYクラス

  • この記事が気に入ったら
    いいね!しよう


いいね!して、
IN YOUの最新記事を受け取ろう。

金戸 隆雄
温活屋さん7℃経営しております。 日本成人病協会認定・健康管理士一般指導員 光線治療師
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 農薬大国・オーガニック後進国「日本」でオーガニック食品が広まらな…
  2. a5ad659265b900a2bd90afa3f19af0d9_s ワタシ、マクロビオティックを【本格的に】イチから学びます。
  3. large_3255599908 心身のリズムを整えるために「月のリズム」に合わせてみよう!
  4. dsc_5645 海の薬草「昆布」の知られざるパワー!昆布の簡単出汁の作り方と使い…
  5. sdg メタボ体型を軽く見てはいけない!肥満・糖尿病予備軍は「がんのリス…
  6. がんと糖質の関係性。がん予防やダイエットに「糖質制限食」を行うこ…
  7. SB05_powder-700x393 【シュガー・ブルース~家族で砂糖をやめたわけ~】に学ぶ、砂糖中毒…
  8. stylemy.co.uk- 元パリコレモデルが教える「究極の美しさ」とは?絶対に訊けない美の…

新着記事

デイリーランキング

ライター

  • 松浦愛
  • manami sasao
  • 小林謙太郎
  • くみんちゅ
  • 小林 くみん
  • 戸田 耕一郎
  • 宮本知明
  • まどか
  • izumi
  • 越野美樹
  • TakiAki
  • 佐次本陽子
  • IN YOU 編集部
  • kimuratomomi
  • はりまや佳子/Yoshiko Harimaya
  • 河口あすか
  • 前之園知子
  • 宮崎麻実/Mami Miyazaki
  • ami tominaga
  • 山口菜摘美
  • 松永加奈恵
  • 金戸 隆雄
  • yuko matsuoka
  • Koyuri
  • 高橋直弓
  • 村井砂織
  • 加藤美希
  • 伊賀るり子
  • 増田佳子
  • 穴沢悦子
  • Shoko Fujii
  • 小池 桃香
  • 青山 ひかり
  • 千原 清花
  • 水川美希
  • ゆっか
  • 黒澤彩
  • yuko funatsu
  • 宮浦 浩美
  • Saori Tanaka
  • 茂木紀三巴
  • 松原 よしり
  • Mika K. Alpay
  • 山田朋枝
  • iisa
  • isacoco
  • 室谷 真由美
  • 湊 綾香
  • kanaho takahashi
  • tori
  • 奈南有花
  • TakeuchiMariko
  • あおき ヒカリ
  • タカ大丸
  • 西田 かおり
  • 佐野亜衣子

カテゴリー

PAGE TOP