くらし

日本のスーパーから姿を消した「本物の製法で作られた梅干し」。梅干しはどこへ行ったのか?「偽物」が並ぶスーパーの梅干しについて。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさんは、梅干しは好きですか?


IN YOUではたびたび梅干しについて、
積極的にそれらの恩恵を受けたい、私たちの健やかな生活によいものであるとお伝えしてきました。

簡単な手作り梅干しの作り方。自然の万能薬・梅のパワーを取り入れるコツとは?

冷蔵庫の中で眠っていませんか?日本の知恵が凝縮された「梅干し」の驚くべき12の効果効能

「スーパーには本物の梅干しがない」と嘆く消費者。


梅干しは正しい昔ながらの製法で作られているものは
食べすぎは塩分過多になる心配があるものの、非常に優れた食品であり、
日本が誇るべき貴重な食材です。

しかしながら最近では、消費者からこのような声を聴きます。


「スーパーには本物の梅干しがない」

梅干しを一般のスーパーで買おうとすると、
きまって望まない「添加物」の記載が大量にあり、買うものがない。


というのです。

日本が誇るべき、素晴らしい加工食品にも関わらず
なぜ本物の梅干しが一般の小売店ではなかなか、見つからないのでしょうか?


日本で昔から作られている食品「梅干し」

長期間漬け込まれた梅干には乳酸菌とクエン酸が含まれ、疲労回復や消化の手助けになり、殺菌効果もあります。
そして太陽の下で土用干しにした梅には、天然のビタミンCが生成されています。

ただし、これらは本来の製法で作られた梅干の話です。


a6c63f72d6b366ddf34e59a657044197_s

梅干しに必要な塩分

低すぎる塩分では保存できない

梅干を作るには塩を添加しますが、長期間腐らないために保管するには、18~20%の塩分が必要とされています。

ところで、ちょっとスーパーなどに販売されている梅干を見て下さい。


リーズナブルな価格帯の梅干は、ほとんどが塩分10%未満ではありませんか?

とくに健康にいいイメージである減塩梅干など、塩分が5%ほどのものさえあります。

それらが長期保管されているわけですが、
当然その低塩分量だけでは、本来の梅干と同じように保存できるわけがなく、

そこで、投入されることになるのが、合成保存料です。


本来の製法の梅干しと
安価な製法の梅干し、比較


ここで、本来の製法で作られている梅干と、安価な製法で製造されている梅干(と表示されている食品)の原材料の例を見比べてみて下さい。

本物の梅干し例

ある製品A

三年梅干 塩分18%
原材料/梅、食塩、しそ

偽物の梅干し例

ある製品B

はちみつ梅干し 塩分8%
原材料/梅、漬け原材料(水飴、食塩、はちみつ)、酸味料、酒精、調味料(アミノ酸)、甘味料(アスパルテーム・L-フェニルアラニン化合物)、V.B1

ある製品C

はちみつ入梅干 塩分8%
原材料/梅、漬け原材料[糖類(砂糖、果糖)、食塩、醸造酢、はちみつ]、ソルビット、酸味料、調味料(アミノ酸等)、酒精、甘味料(ステビア)、香料、ビタミンB1、

8ded949110931c12a1572017cb91d252_s

失われつつある
伝統食品


本来、自然素材だけで長期保管できていたはずの日本の伝統的食品が、
食品添加物なしでは成り立たなくなっているのは、なんとも悲しいことです。

しかも、ご覧のとおり、添加されているのは保存料だけではなくなっています。


それは、自然に長期保管ができない=長期発酵もされない、ということ。
つまり梅干本来の味や風味のあの酸っぱさもなくなってしまいます。

そして、それらを補うために、人工的な食品添加物の酸味料を添加。


さらに、それだけでは酸っぱくなりすぎて現代消費者には受け入れられにくいということで、甘味料としてステビアなどの人口甘味料が添加されています。

その上、熟成されることで本来は出来たはずの旨みのかわりに、アミノ酸等と表示された調味料が加えられます。

さらに、おいしそうな梅干に見えるよう調整するために、香料や発色剤、着色料が添加されているのもめずらしくありません。

これらの成分が、安価で加工のかんたんな合成添加物であることも、
この“食品と呼ばれているもの”が、本物の梅干から程遠い製品になっている、もうひとつの原因でもあります。

7915b46639131cd44c3c78d52fc1224b_s

ひとつずつ見ていきますと

酸味料は、クエン酸、L-酒石酸、乳酸などがあります。

遺伝子組み換えトウモロコシからできる添加物


クエン酸はでん粉から、L-酒石酸は、ぶどう酒製造時の副産物の酒石から作られますが、その原料は遺伝子組み換えのとうもろこしなどで、健康面へのリスクや残留農薬等が心配されます。

化学的に合成して作られる添加物

乳酸は自然界に存在しても、工業的にはアルデヒド類から製造されます。

安価に生産できる工業製品

その他の酸味や風味付け、発酵を止めるためのものとして、本来添加の必要のない醸造酢や酒精が加えられていることもよくあります。
詳細は書かれていませんが、おそらく天然発酵などでなく、安価に供給できる工場生産品であることは想像に難くありません。
そしてそれらには、さらに記述を省略された合成保存料などが含まれていると想定できます。

梅干しに必要のない糖分が添加


甘みを付ける糖類の砂糖や果糖が、梅干に加えられていることの不自然さ。
しかも人工甘味料までが多く添加されています。
代表的な人工甘味料であるアスパルテームは、発がん性やDNAを傷つける危険性から問題視されています。

7fdd54f39e50e491abdd645eeb1dd7de_s

旨み成分には

いわゆるアミノ酸等とは、これはダシの代用品として広く出回っている合成旨み調味料・化学調味料(グルタミン酸ナトリウム)のことです。その中毒性と味覚障害誘発性などのために危険視されている物質で、安価な中華料理に大量に使われるので
海外では中華料理症候群と呼ばれ、そのため多くのレストランでは、そこの料理でこの物質が使われていないことを、消費者に提示するほどです。その他、かつおエキス、たんぱく加水分解物と呼ばれるものも、上手な呼び方をしているとはいえ、合成食品添加物に他なりません。

上手な呼び方と言えば、V.CやV.B1などもあります

これらはビタミンC,ビタミンB1とも捕らえられますが、なぜこのような書き方をしているのか、疑問に思われませんか?

これらも、保存料として添加されています。
ビタミンCには確かに抗酸化作用はありますが、ビタミンB1には本来ありません。
そしてV・B1とは、ラウリル硫酸塩などが添加されたビタミンB1のことで、チアミンやサイアミンとも呼ばれます。

またこれらのビタミンは高価な天然物ではなく、
合成で作られている、きわめて安価な原材料となり得るものなのですが、その原料は元を辿れば大体は石油由来であることが多いです。
合成ビタミンCであるL-アスコルビン酸は、サプリメントとしてもよく見かけ、効果は天然ビタミンCと変わらないとされています。
しかし両者には大きな違いがありそれは、天然のものは抗活性酵素成分が含まれていますが、合成のものはそれがないため、体内での作用は異なります。

梅干にビタミンCが添加されている理由ですが、保存料として以外に、本来の漬け方で作った梅干しにはビタミンCが生成されているのですが、工場で生産された梅干にはないため、添加しているのだといいます。
これらは表示のされ方から保存料とわかりにくく、他のはっきりとした名称の合成保存料よりなんとなく自然っぽくて消費者に好まれる傾向にあるために、よく使われています。

bf7807468edc1e05f3f605e67b3f277e_s
どうでしょう。
つまり、市販されてよく見かける、本来の製法で作られていない“うめぼし”と称されるものは、
言ってみれば、梅に梅干の味と色付けをしているものなのです。


当然、日本古来から伝わってきた本物の梅干の薬効などもあるはずもありません。
それどころか、多種多量の添加物を体内に取り入れていることになります。

「身体にいい」

と、うっかり思いがちな、こういった昔からある食品を、真似て作られた利益追求に走った大量生産型の工場製品。

それらがほとんどの棚に並べられている、一般のスーパー。
それらはすでに、本物のあるべき食料品販売店の姿とは、あまりにもかけ離れてしまったのかもしれません。

744ba4c6f19269bbdfd9ec1c9fc7a2e2_s

最後に

とにもかくにも、まずは体内に入れるものの、原材料を見るクセは必ずつけること。
そして、できる限り知識をつけて、それらがどういうものであるか、把握すること。

d95fcf1d863f09c8f00cef7b6bcfd89d_s
悪い成分を100%避けるのは無理でも、それらを排出できるような成分が含まれる食品をとったり、生活をすること。
できる限りオーガニックな食材を手にし、できるだけシンプルな原材料で構成された食品を手に取る癖をつけること。

それが、現代社会の中で生きる、賢い選択であると言えると思います。


IN YOU Marketであなただけのお気に入りの商品、見つけよう!



mv01
消費者のことを本当に考えたIN YOU Market

どんなものを食べたらいいのか?
こんなにシンプルで,こんなに難しい問題はありません。

知って選んでいるのか 知らずに選んでいるのか あなたはどちらですか?
知ることがすべての、第一歩。 そこから行動を変えればいい。
今からだって全然遅くない。
だから、あなたも今できることから、変えてみませんか?




おすすめの記事

加物が年々増加する「添加物大国日本」の実態。多くの食品に大量の添加物が使われる理由とは?

全ての女性に避けてもらいたい、特にリスクの高い添加物リストを作成しました。

スーパーの漬物は添加物まみれ?!脱添加物。常備したい!10分でできる、美味しすぎる自家製ガリの作り方。


IN YOU一押しコンテンツ
究極のアンチエイジング。自然治癒力を高め老化抑制する方法。
本当に安全なオリーブオイルの選び方
ここまでこだわったのは初めて!体をととのえるオーガニックな酵素

オーガニックなオンラインストア IN YOU Market OPEN!

詳しくはこちら

  • この記事が気に入ったら
    いいね!しよう


いいね!して、
IN YOUの最新記事を受け取ろう。

yuko matsuoka
神戸生まれ、関西弁の翻訳業兼ライター。 アメリカ滞在中に現地の肉類過多・工場生産加工食品中心の食生活から、十代に治ったはずのアトピーが再発症。 その後、食生活について深く考えるようになりオーガニック食材に切り替えるも、日本に戻ってそれが困難であることを痛感。努力の甲斐あってアトピーが完治した経験を踏まえ今後は本来あるべき食生活について追求・情報発信していきたい。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. _mg_0291 お鍋ひとつでぽかぽかカラダデトックスドリンク。風邪対策にもビタミ…
  2. 砂糖業界の闇に迫る!この世の中のたった100人が全てを支配してい…
  3. 8651208260_9e5b717359_b 食養生におすすめ。乾燥させる「肺」を潤す「れんこん甘酒」の作り方…
  4. fotorcreated がんは酸性環境が好き!体内を自然治癒力を引き出す「アルカリ性環境…
  5. yasai5 えっ!あのビジネスホテル「スーパーホテル」がナチュラルな取り組み…
  6. OLYMPUS DIGITAL CAMERA 「老化を早める食生活」していませんか?5年後の肌に差がつく、アン…
  7. Adobe Spark ネオニコチノイド系農薬、世界諸国が使用規制を進める中、日本は逆行…
  8. _MG_1619 北信州の伝統食、「ぼたんこしょう味噌」と「なめ茸」が限定販売中!…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (2)

    • tokio sakata
    • 2016年 12月 20日

    我が家では梅干しの塩分は16%にしています。コレで30年経ってもカビません。

    この%に辿り付くまでには、数年のときが要りました。
    今、残っているもので、一番古いものは平成8年のものです。

    なぜ残ったのか、食べる人が減り、また食べる数も減ったから。

    • tobinoko
    • 2016年 12月 22日

    所詮私たちが作る梅干しは需要を満たさな量です、解ってもらえる人達にだけに食べてもらいたい。
    プレミアムな価格ではないけど少し高いと思える程度価格で昔の味です。

    道の駅かきのきむらにはそんな梅干しと同じような一般のお客さんには興味をひかない品物しか置いて有りません
    国道187号を走るときは気に留めてくだい。

新着記事

デイリーランキング

IN YOU公式レギュラーライター 一覧

  • 松浦愛
  • manami sasao
  • くみんちゅ
  • 小林 くみん
  • IN YOU 編集部
  • ami tominaga
  • まどか
  • 越野美樹
  • tomomi
  • izumi
  • 松永加奈恵
  • 河口あすか
  • 前之園知子
  • はりまや佳子/Yoshiko Harimaya
  • yuko matsuoka
  • 高橋直弓
  • Koyuri
  • 金戸 隆雄
  • 佐野亜衣子
  • 伊賀るり子
  • 上村 歩
  • 廣瀬花
  • 赤嶺 福海
  • 弛津ひなこ
  • 湊 綾香
  • kei
  • 室谷 真由美
  • Mint
  • kiyoko
  • maejima kanako
  • jyunko

カテゴリー

PAGE TOP