メニュー

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り

  • LINE

メニュー

Organic Life to all the people.

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り
  • LINE

便秘解消、美肌、アンチエイジング。全身ケアに使えるマルチミネラルドリンク昆布茶の効能と上手な飲み方

森本いずみ
鳥取県出身。二児の母。社会福祉学位、教育学修士取得。裏手の森では春の山菜、近隣の家からは無農薬の野菜を大量にもらう生活を送る。ライター歴は5年。

食の欧米化が社会問題になってからもう数十年近くになるでしょうか。
近年の肉フェスブームの盛り上がりもあり、魚より肉に偏った食生活が加速しています。

そこで心配されるて来たのが、体が酸性に傾いてしまうということ。
動物肉やその加工品には、リン酸という燃やすと灰が酸性を占める物質が多く含まれていて、
それが体の㏗値を酸性に傾けてしまうと言われてきました。

実際には、人体にはホメオスタシスという機能があるので、
腎臓によって血液は常に一定の㏗が保たれるようになっています。

ですが、酸性食品を多くとりすぎるということは、それだけ栄養の偏りを招いているということです。
必然的に腸内環境が悪くなり、生活習慣病や肌荒れなどを引き起こしてしまうのですね。肥満もしかり。

そのため、ビタミン、ミネラル、食物繊維、たんぱく質などがそろったバランスのいい食事をしなくてはならないのですが、
そのサポート役をしてくれるマルチドリンクが、昆布茶なのです。

丸ごとの昆布を粉砕して粉状にして飲む昆布茶は、
上に挙げたミネラルや食物繊維を直に摂取できる元祖インスタント栄養ドリンク。

栄養分が凝縮しているので、ファスティングや置き換えダイエットにも最適です。

ただ、塩分や糖分が添加されているので、飲み方には注意が必要です。

上手に食生活に取り入れて、体全体の調子を整えましょう。

食生活の変化が招いた現代病、便秘や高血圧、生活習慣病

むくみ
昆布茶の起源は定かではありませんが、
江戸時代にはすでに切昆布にお湯を注いでお茶として飲んだ後、
残った昆布をおやつに食べるという習慣が定着していたようです。

和食の基本ともいえる食材、昆布。
ですが今では出汁から昆布を使って料理をするという家庭もすっかり減ってしまいました。

レトルトや外食チェーンの隆盛にもよるでしょうが、
食文化自体がこの数十年で大きく変わってしまっていることが一番の原因でしょう。

肉食中心の食事は味付けも濃くなりがちで、塩分過多、糖質過多に陥ってしまいます。
子どもも小さいころから家族と同じものを食べたがるでしょうから、必然的に濃い味のものが好きになってしまいます。

あっさりとした薄味のうま味が良くわかる食事が消えつつあるのは、
とても危険な状態です。かつて成人病と呼ばれていた症状が、
生活習慣病と呼ばれるようになったのも、若年層にまでこうした食事がなじんでしまったからなんです。

濃い味付けの肉料理は腸内で悪玉菌の餌になり、腸の働きが鈍る原因にもなります。

今では慢性的な便秘に悩む人の数は若い女性で特に多いと言われていますが、
子どものうちから便秘気味になってしまうと改善が難しくなります。

食物繊維を取るために野菜を食べる、免疫を高めるために抗酸化作用の高いものを取る。
今の食品販売事情では意識しなくては難しくなってしまいました。


ついコンビニやスーパーで作り置きのものを買ってしまったり、仕事で遅くなって外食で済ますということが、
肥満や高血圧、糖尿病の大きな原因になっていることはよく知られているところでしょう。

常に体の為に働く腎臓。しかし、酸性食品が大きな負担に

湿、脾、気 肉食中心の生活は腸に良くない影響を与えますが、それ以外に腎臓にとっても大きな負担です。

肉やその加工品、乳製品などを多くとりすぎると体が酸性に傾いてしまいますが、
腎臓はそれを調節するために、排尿によって余計な酸性物質を体外に捨ててくれるのです。

ですがその働きもあまり過剰になると、腎臓自体が参ってしまって、腎炎を発症します。また糖尿病の合併症としての糖尿性腎症になることもあるのです。

腎臓は一度調子を崩してしまうと改善するのが難しい臓器です。
厳しい食事管理、特にたんぱく質を控えたメニューを毎日続けることは個人にとっても家族にとってもストレスになります。

バランスの良い食事を心がけることの意味はこのように大きいのです。それが手軽に叶うといいと思いませんか?

ミネラル、ビタミン、食物繊維が丸ごと取れる昆布茶の効能

ミネラルが豊富で欠乏症を予防できる



「ミネラル」とは土や鉱石に含まれている成分の総称です。
代謝や血圧、神経の働きの為に欠かせない要素ですが、
体内で作り出すことができないので食事などでとる必要があります。

ですが、日本の地下水は軟水でミネラル分が少ないことから、
欧米に比べてミネラル不足に陥りやすいリスクを持っているのです。

ミネラルが欠乏すると、高血圧、骨粗鬆症、味覚障害、倦怠感、貧血などの症状が起こります。

特に女性が気を付けてほしいのが鉄です。月経で血液が失われてしまうため、
貧血につながりやすいことはご存じでしょう。しかも、貧血のなかで一番多いのが鉄欠乏による貧血です。
鉄が不足すると無力感や食欲不振などが起こることがあります。
オムロン
https://www.healthcare.omron.co.jp/resource/column/life/172.html

亜鉛は発育や成長を助けたり、インスリンを合成する際にも不可欠な微量ミネラルで、
皮膚代謝や糖代謝、免疫にもかかわっています。
そして、欠乏すると味覚障害や皮膚炎、食欲不振、免疫機能の低下などを引き起こすことがあります。
オムロンhttps://www.healthcare.omron.co.jp/resource/column/life/172.html

カルシウムが足りないと、
骨粗鬆症の他に高血圧・動脈硬化・糖尿病・アルツハイマー病・変形関節症など色々な生活習慣病にもかかりやすくなります。
これは副甲状腺ホルモンが骨からカルシウムを引き出して、血管・脳・軟骨や細胞の中など、
普通はカルシウムが余りない所に押し込んでしまうためです。
骨粗鬆症財団
http://www.jpof.or.jp/prevention/calcium/


昆布茶は昆布を直に粉末にしたものですから、
含まれているミネラルを効率良く摂取できます。

昆布に含まれているミネラルはカルシウム、カリウム、鉄、ヨウ素。
牛乳と比較するとカルシウムだけでも7倍もの量が含まれています。
さらに昆布のミネラルは吸収効率が良く、
約80%が体内に吸収されるというのですからその効能の高さが分かりますね。

脂肪燃焼、便秘解消、コレステロールの減少



昆布茶は上手に飲めばダイエットや美肌作りにもとても効果があります。

昆布には豊富に食物繊維が含まれているので、
腸の中で善玉菌のえさとなり、排便を促し毒素の蔓延を防いでくれます。
そのため、肌荒れ改善にも効果がありにきびができるのを予防できます。

加えて蠕動運動を活発にするので、体の中で消費されるエネルギーも多くなります。

昆布の粘り成分であるフコイダンは、
腸に到達すると糖質や脂質の吸収を抑え、コレステロールの上昇を防いでくれます。

ヨウ素には代謝を活発にして脂肪を燃焼させる効果があります。
このように、昆布には美容やダイエットによい成分が多く含まれているのです。

塩分、糖質過多にならないための上手な昆布茶の飲み方



健康にいいことで注目されている昆布茶ですが、
一般的な市販品には食塩や糖質などが添加されているので、飲みすぎは要注意。

昆布茶1杯分の目安は、100㏄のお湯に小匙2分の1相当です。
これだと少し塩辛いのではないかと思います。

そこで、おすすめの配合を紹介します。

ドリンクとして飲む場合の最適な分量


塩分の取りすぎ、またヨウ素の取りすぎによる甲状腺機能障害を防ぐためにも、
昆布茶はごく薄めて、ドリンクとして飲むのがおすすめです。

配合は
水 500ml
昆布茶 小匙 2分の1相当

これだとお茶というよりは、甘みのないスポーツドリンクのような濃度になります。
ペットボトルやマイボトルに準備して、仕事中や食事中に飲むようにすると、
少しずつ適量が摂取できて、飲みすぎが防げます。

ダイエット目的なら食前が最適

すでに述べたように、食物繊維やフコイダンは腸の中で脂質や糖質の吸収を抑えてくれます。

そのため、ダイエットの目的で昆布茶を飲むなら食前がいいでしょう。
ドリンク濃度の昆布茶なら、ファスティング中の飲み物としても最適です。

昆布のうま味成分であるグルタミン酸には脳に「おいしい」と感じさせる働きがあるので、
食欲を抑え空腹を紛らわす効果が期待でき、栄養も補えるのでプチ断食の時に試してみてください。

<たっぷり2.5-3.5ヶ月分でお得!>ミネラルならこれ1つ。あなたの毎日が輝き始める無味無臭「飲むミネラル」 by Minery(ミネリー)

¥ 18,225 (税込)

飲みすぎなければ体の嬉しいことが満載の昆布茶



健康、美容によいからと言って、飲みすぎは禁物です。何事も適量を守らなくてはいけません。

つまり昆布茶も適量を守って飲むように心がければ、
肥満や高血圧、貧血、糖尿病などの生活習慣病を防ぎ、
便秘解消や美肌など女性にうれしい効果ももたらしてくれるのです。

人は生まれた地域で長い間食べられてきたものが一番体の為になると言われています。
日本のように長年自国の産物を中心に続いた食文化の下では、昆布や味などが一番の健康の元。

先人の知恵を借りるという意味でも、昆布茶は今見直されるべき飲み物と言えます。

おすすめのオーガニックアイテム

NEW!2年という長い年月をかけて熟成。すべての原料が有機JASマーク認証。本物の「オーガニック酵素」

 

¥5,360 ~ ¥ 14,040 (税込)

【お得なプレゼント付き!】久司道夫氏 考案の特別レシピ。農薬不使用!マクロビオティック式ブラジル産酵素ペースト

¥ 19,224 ~ ¥ 162,000(税込)

世界で最も厳しい基準を持ったドイツ生まれのタブレット「メガカルシュムプルス120錠」

¥ 16,971 ~ ¥ 49,230 (税込)

世界で最も厳しい基準ドイツ生まれのタブレット。毎日のヘルスサポートに「マルチビタミン& ミネラル・スーパー40 120粒」

¥ 8,100 ~ ¥ 24,124 (税込)

あなたにオススメの記事

長寿村の住民が食すヘンプシードの栄養素に隠れた驚くべき効果効能。「ヘンプシードの白和え」の作り方。普段の食材の代わりに使って栄養価アップ!

ビーツの食べ方がわからないビーツ初心者にオススメ。ビーツポタージュ・万能ビーツ味噌・ビーツマッシュポテトの作り方。

砂糖、代替甘味料、卵、生クリームなし!野菜の甘みだけで簡単。なめらか「チョコアイスの作り方」

この記事のタグ
お気に入り登録する
シェアする

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

森本いずみ
鳥取県出身。二児の母。社会福祉学位、教育学修士取得。裏手の森では春の山菜、近隣の家からは無農薬の野菜を大量にもらう生活を送る。ライター歴は5年。
あなたにお勧めの記事
関連記事
ページ上部へ