メニュー

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り

  • LINE

メニュー

Organic Life to all the people.

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り
  • LINE

小麦粉なしで簡単!りんごを使ったアップルクランブルの作り方

    渡部ちづる
    保育園の栄養士していました。食物アレルギー児の食事を担当していたことからveganを知り、今は自然食・マクロビ・veganの料理を出しているお店で焼き菓子や調理などを担当しています。薬に頼らずにいきたいという気持ちが強くなってきたので今はハーブ・アロマオイルについて独学で勉強しています。

    10月になったのに、昼間はまだ半袖を着ている方も多いと思います。

    今年は秋の訪れをなかなか感じられない日も多いですが、
    買い物をしていると食材が夏から秋に移り変わってきているのを感じられるようになってきました。

    私はフルーツが大好きなので、四季ごとに旬のフルーツを味わうのが楽しみです。

    ちなみに夏場はスイカをたくさん食べました!
    この間も「まだあるかな?」とお店を見ていたら、
    もうブドウや梨がたくさん出回っていました。

    そして、これから旬を迎えるりんごも!

    きっと皆さんにとっても、
    りんごは小さい頃から食べてきた身近なフルーツの一つですよね。

    そんなりんごは昔から『一日一個のりんごで医者いらず!』と言われています。
    一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。

    りんごは古くから健康作りに役立つフルーツと言われていますが、
    なぜそのように言われているのかご存じでしょうか??


    りんごの栄養とその効能



    食物繊維の一種のペクチン・セルロース

    ・急激な血糖値上昇の抑制、血中コレステロールの低下、高血糖が原因の糖尿病予防が期待できます。 

    ・善玉菌(ビフィズス菌)を増やして腸内環境を整える効果により便通改善が期待できます。

    ・便秘が改善されることでダイエット効果も期待できます。

    カリウム

    体内の余分な水分・塩分を排出する効果があり、ナトリウムバランスを整え高血圧予防につながります。

    有機酸

    クエン酸やリンゴ酸により筋肉疲労などで溜まってしまった乳酸を分解し、エネルギーに変換してくれるので、筋肉疲労や肩こりなどの疲労回復効果が期待できます。

    アップルポリフェノール

     
    強い抗酸化作用
    ・アレルギー抑制する効果  
    ・口臭・虫歯を予防する効果 
    ・ターンオーバーを促し美肌効果
    ・ガンを予防する効果
    ・免疫力を上げる効果

    など、多くの効果が期待できます。


    ☆スイーツ作りには安心安全なリンゴが絶対おすすめ!

    リンゴで特に注目したい栄養、リンゴポリフェノール



    ポリフェノールとは、
    プロシアニジン・カテキン・エピカテキン・クロロゲン酸・ケルセチンなどの総称のことです。

    100種類以上含まれていると言われていますが、
    複数のポリフェノールを持っていると抗酸化作用が強くなります

    先にお伝えした通り、ポリフェノールには抗酸化作用という注目の身体に良い働きをするものがあります。

    ◆抗酸化作用とは

    体内で活性酸素が発生すると、脂質やタンパク質に影響して身体の細胞などを老化させますが、
    この働きを抑制する作用を抗酸化作用と言います。

    ◆活性酸素とは

    体内では細菌やウイルスを攻撃してくれる免疫機能の役目があります。

    しかし増えてしまった活性酸素は細胞を老化させてしまい、
    ガンや生活習慣病など様々な要因になってしまうものでもあります。


    女性が気なるお肌の老化に関係するシミ・しわ・たるみも活性酸素が原因で起きているものなんです。

    毎日私たちは酸素を吸っていきているため避けていけないもの、日常的に起きてしまうものです。
    他にも過度のストレスやたばこや紫外線や大気汚染、など理由により活性酸素が増えてしまう原因の一つです。

    抗酸化作用によって私たちは様々なダメージから身を守っているのです!


    ☆常にストックしておきたい!お手当にも嬉しい農薬不使用のりんご

    リンゴポリフェノールの効果を存分に味わうレシピ紹介



    リンゴポリフェノールは皮と実の間に多く存在します
    そのため無農薬やオーガニックのりんごを選ぶのが安全で体には嬉しいですね。

    今回は、皮ごと食べてリンゴポリフェノールをしっかり摂取できる、
    そして簡単なのにおもてなし感もあるとっておきのレシピをご紹介します!!



    抗酸化作用抜群!
    グルテンフリー・アップルクランブル

    材料

    無農薬またはオーガニックリンゴ  300g(小さめ2個)
    【A】
    有機米粉      80g
    有機オリーブオイル 30g
    有機くるみ     20g
    非加熱はちみつ    20g+大さじ1
    天日塩       一つまみ
    ・オーガニックシナモン 少々

    下準備

    ・オーブンを180度に予熱しておく。
    ・りんごを食べやすい大きさに切っておく。
    ・耐熱容器にオリーブオイルを塗っておく。

    作り方

    1、リンゴをフライパンにいれて、透明になるまで火にかける。はちみつ大さじ1を加えて少し焦がす。

    2、くるみを細かくする。

    3、ボールにAを加えてそぼろ状になるように手をこするように、オリーブオイルと粉類が混ざるようにする。

    4、耐熱容器にりんごを並べ、そのうえに3をのせる。

    5、予熱してあるオーブンで180度15分焼き一度焼き目などを確認して、さらに170度10分弱焼きます。生地の表面がきれいな焼き目がつけば出来上がりです。

    ポイントアドバイス

    ・今回は紅玉を2つ使いましたが、お好みのりんごを使ってください。

    ・シナモンが苦手な方は入れなくても大丈夫です。

    ・甘さが控えめなので、お好みでバニラアイスなどをのせて食べてもさらに美味しく食べられます!

    ・オーブンによってかかる時間が変わりますので、様子をみながら時間を調節してください。

    ※veganの方は、はちみつを有機アガベシロップなどに変えて作ってみてください。

    ・今回はくるみも入れて作りましたが、実はくるみもポリフェノールが豊富です!
    さらに抗酸化ビタミンとも呼ばれているビタミンEも豊富な食材です。





    抗酸化作用と聞くとお肌のことを思い浮かべる方が多いと思いますが、
    実は美容面だけではなく健康面からもなくてはならないものです!

    現代に生きている忙しい私たちの身体は、
    昔にくらべて人間関係や環境汚染・大気汚染などにより
    多くのストレスを抱えて日々過ごしています。
    そのため身体は活性酸素でまみれてしまっているのです。

    ぜひ、このりんごクランブルで身体を酸化から守ってください。

    りんごを切るといい香りがしてきます。
    ぜひ香りでも癒されてください。

    とっても簡単ですので、
    お菓子作りの初心者の方でも失敗が少ないです!

    IN YOU Marketの食材でとっておきのアップルクランブルを作ろう!

    超貴重な有機基準レベルのりんごセット(1箱 10~12個) |りんご好きにお勧め!

    ¥ 4,500 (税込)

    脳にも良いといわれるスーパーフード! 日本国内の自然の中で育った、安全・無農薬な「くるみ」 5個セット:4,000円(税抜)

    ¥ 4,320 (税込)

    【2袋セット】無農薬、無肥料の自然農法で育てられた生命力豊かなお米。子どもも安心して食べられる、グルテンフリーの「自然農法米粉」

    ¥ 4,860 (税込)

    オリーブオイル好きでもビックリ!70年代から完全自然栽培!最高品質オーガニックエクストラバージンオリーブオイル 250ml

    ¥ 4,320(税込)

    有機無農薬栽培から生まれた。「白く美しいキルギスのはちみつ」

    ¥ 4,000 (税込)

    こちらの記事もおすすめです!

    砂糖不使用・グルテンフリー!オーブン不要。フライパンで作るぎっしり無農薬りんごを詰め込んだりんごケーキの作り方。

    バターなし!簡単!焼きりんごのしっとりパウンドケーキの作り方

    白砂糖不使用。りんごとおいもで最高に美味しい!芋羊羹の作り方

    この記事のタグ
      お気に入り登録する
      シェアする

      この記事が気に入ったら
      いいね!しよう

      渡部ちづる
      保育園の栄養士していました。食物アレルギー児の食事を担当していたことからveganを知り、今は自然食・マクロビ・veganの料理を出しているお店で焼き菓子や調理などを担当しています。薬に頼らずにいきたいという気持ちが強くなってきたので今はハーブ・アロマオイルについて独学で勉強しています。
      あなたにお勧めの記事
      ページ上部へ