メニュー

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り

  • LINE

メニュー

Organic Life to all the people.

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り
  • LINE
本物のオーガニックが見つかるオーガニックショップ IN YOU Market 本物のオーガニックが見つかるオーガニックショップ
IN YOU Market
朝起きたばかりなのに疲れている・・それミネラル不足では?

夏特有の不調対策おやつに。材料3つ、フードプロセッサーなし!デーツなしで作る簡単ブリスボールの作り方。

dsc 2300

異例の早さの梅雨明け。
毎日暑いー!

しかしまた梅雨のように雨予報が続く東京・・・
こうも天気がコロコロ変わると、体調を崩しやすいです。

身体を冷やさないように、水分を溜め込まないように意識しながら、
規則正しい生活をして身体が順応できるようにしていきたいですね。

四季がある日本では季節によって、対策したい「相手」が異なります。
冬は「乾燥」に負けないように対策していたとすると、

beach-84533_640

夏は紫外線に負けないように対策したいです。


食品添加物や排気ガスに経皮毒など。気を遣っていても活性酸素の発生要因だらけの現代人の生活ですから、夏に紫外線を大量に浴びたせいで更に活性酸素発生量が増やしてしまい、ひと夏で身体の酸化が大幅に進んでしまうということは、何としても避けたいです!

一方で、お日さまの光はビタミンD合成を促してくれるなど悪いことばかりではないので、天敵扱いする必要はありません。

ただ、現代人は日光だけではなく色々なストレスを抱えています。
そんな時、毎日の食に抗酸化食品を積極的に取り入れて、日光の影響が体内で有害とならないようにするのが、大切なことです。

個人的にオススメなのは「SOD酵素」を含む食品です。

SOD酵素を最も多く含む食材

皆さんは、何か分かりますか?

Unknown

じゃじゃん!きのこの「チャーガ」です。

アガリクスの約20倍、ケールの60倍、ほうれん草の250倍もの驚異的なSOD酵素量を持つという幻のきのこです。

チャーガって何?とまだご存知ない方は、こちらの過去記事をぜひご一読くださいね。

著書『ガン病棟』でノーベル賞作家が世界に紹介した【幻のきのこ】チャーガをご存知ですか?その正体についてお伝えします!

このチャーガ、じわりじわりと浸透、人気が高まっていることを東京で感じます。
ある人気ジュースバーで取り入れられていたり、一般社団法人 日本スーパーフード協会が発表している最新のトレンド予測スーパーフードランキングでも第5位となっていたりします。

たくさんの人が、チャーガの威力に気付き始めている証でしょう。

今話題の、チャーガ入り食品

DSC_1253

今業界でも話題なのが、こちらのチャーガが入ったはちみつです。

豊かな自然環境が残るロシア産のチャーガと、
ビタミンCの爆弾とも言われるローズヒップの組み合わせ。


これを開発なさったのは、
ひどいアトピー、ぜんそく、強度のアレルギーなど幼い頃から様々な身体のトラブルに悩まされ、
たくさんの薬を飲んでも治る気配が全くない娘さんの身体を良くする為に何かできないか・・と作った、愛のあるお父さん。

はちみつにもすごくこだわっていて、生で非加熱の、ホンモノのはちみつだとおっしゃっていました。

原料に使うはちみつを日本中探し回ったけれど、国内の養蜂家たちは中国からの輸入に頼っていて自分が求める品質のものはない!
と出品者さん自らが養蜂業まで始め、つくっているものになります。

蜜蜂が巣の中に運んできたサラサラの花蜜を、水分が20%以下になるまで熟成させて、
蜂が自分たちのエサとして取っておこうと蓋がされるまで熟成されたホンモノのはちみつ。

採蜜までにかかる期間は何と1年以上!酵素がたっぷりと生きています。

DSC_1235

活性酸素除去効果 世界トップレベルのチャーガとローズヒップ入り「国産・非加熱チャーガはちみつ」 1〜2個セット


チャーガ・ローズヒップ、そしてホンモノの非加熱ローハニーの、究極な組み合わせ。

開発過程でモニターとして試した周りの人たちの熱烈な要望に応える形で製品化されました。
容易にその天然のパワーを想像できますよね。

以前出品者さんにインタビューした際、あらゆる不調に困っているリピーターさんから、評判が高いとおっしゃっていました。

内蔵が冷えてしまい、バテたり頭痛も起きやすかったりする夏。
夏にこそ、チャーガはちみつを台所のお薬箱にしまっておいて頂きたいです。

DSC_0972

ちょっとクセあるお味が、難点!?


IN YOU Marketランキングに上位に入っているので、すでに実際召し上がられた方も多いかもしれませんね。
食べてみて、いかがでしょうか?

甘〜いはちみつを想像してパクッと口に入れると、少しイメージと違う味ですよね??
これがチャーガの味なのかな?とちょっとだけ独特の風味があります。

私にとっては全く嫌な味ではなく、おいしい!と思います。
おそらく大人はそう感じると思います。

でも子供にとっては好きな味ではないこともある・・ようです。
(好んで頻繁に欲しがられるのも困りますが・・・。笑)

あと、元々は口コミと知人のみに渡していたものだとのことで、
販売の為の製品ではなく採算度外視のものなので当たり前ですが、ちょっとだけ高価。

だから、パクッとなめて終わらせるのは、何だか勿体ないのです。

せっかくの極上の逸品だから、子供も大人も、もっと美味しく食べられるようにしたい!!


ブリスボールにしておいしくチャーガを堪能しよう!

DSC_2294
色々と試してみて、美味しかったのがブリスボールです。
ビタミンE豊富なアーモンドと合わせて、名付けて抗酸化ボールです♪

ある程度まとめて作っておいて、冷凍庫に入れておいてください。

紫外線をたくさん浴びた時に、家族でモグモグ。


おやつとしてもちろん、また食事を軽くしたい時にもおススメです。
夏バテ、食欲減退時のエネルギー補給源としても活用して頂きたいです。

「bliss」の意味通り、一口頬張ると、すっごく至福!

材料3つ、フードプロセッサー不要!
抗酸化ブリスボールの作り方

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

〈材料〉
・有機バナナ:中1本
・有機アーモンド:150g
無農薬チャーガはちみつ:小さじ1

〈作り方〉
1、アーモンドは一晩水に浸して発芽毒を抜いておく。
2、フォークで潰したバナナと、手でつるっと皮をむいて細かく砕いたアーモンド、チャーガはちみつを混ぜ合わせる。
3、丸めて完成!保管は冷凍庫がおススメです。


上手く作る為のポイント: 

 ※アーモンドを砕く際は、二重にしたジッパー袋に入れてめん棒などで叩くと良いです。
 ※混ぜ合わせる際、アーモンドの比率多くない!?と感じる位が丁度良いです。
 ※丸める時は、大さじでスクープして、ラップなどを使って丸めるとやりやすいです。
 ※成形しにくい場合は、ココナッツオイルを加え少し冷蔵庫で冷やしてみてください。

DSC_2300
レシピは、とにかく材料が少なくて良いように最もシンプルな形です。

オーツ麦、他ナッツ類、ドライフルーツ、ココナッツフレーク、酒粕を足したり、
モリンガパウダー、マヤナッツパウダー、ココアパウダーをまぶしたり。


様々なアレンジも楽しんでくださいね!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
冷凍庫保管しておくと、アイスを食べたくなった時にジャンキーアイスを防止できますよ。

美味しく楽しく、健やかなオーガニックライフを

father-656734_640
どんなに身体のためになる健康法も、気軽で楽しくなければ長続しませんし、家族も実践してくれません。

楽しいことが、大事。
食べものだったら美味しいことが、大事。


家族が笑顔で楽しめる美味しいキッチンからの予防の実践は、食卓の舵を握る私たちの大切な役目ですよね。

皆さまぜひ、一度試してみて下さい。

チャーガ入りの美味しいはちみつ

PR: Recommended items by IN YOUMarket
DSC_0951 【IN YOUMarket限定!】活性酸素除去効果 世界トップレベルのチャーガとローズヒップ入り「国産・非加熱チャーガはちみつ」今すぐここをクリック!

チャーガとはロシアの白樺などに寄生しているきのこの1種で、活性酸素除去効果を持つSOD酵素の含有量が世界一高く、
市場ではほとんど出回っていない「国産・生・非加熱」はちみつに、チャーガとローズヒップ。
確かな効果だけを求め、世界中の様々なものを1つ1つを試しながら辿り着いた、究極の組み合わせです。
また、冷え性の方からも高い定評があるそうです。
効果を最大限に引き出す為には空腹時に、ひとさじそのまま舐めるのがおすすめです。
粘度が高いので少しの間、キャラメルのように口の中で転がします。
試した人にしかわからない、自然のミラクルが詰まった大変貴重なハチミツ。
いざという時の為に、ご家庭のお薬箱に大切にしまっておいて頂きたいです。


オススメの記事

これぞ現代人の味方!ビタミンCの爆弾とも呼ばれる「ローズヒップ」の効果的な食べ方。一般的に知られざる効能パワーとは?

この記事のタグ
お気に入り登録する
シェアする
dsc 2300

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

あなたにお勧めの記事
ページ上部へ