メニュー

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り

メニュー

Organic Life to all the people.

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り

食べてもむしろ健康的!?野菜の栄養がぎゅっと凝縮。カリカリ!グルテンフリー・プレッツェルの作り方。

    ami kuwamura
    米国NTI認定栄養コンサルタント、料理教室講師。 結婚を機に、家族の健康と幸せを第一に考えるようになり、健康的な食生活について学ぶため、 米国コロラド州上級教育省認定校(Nutrition Therapy Institute)の日本提携校であるホリスティック・カレッジ・オブ・ジャパンに入学。 従来の栄養学だけでなく、体質による個体差や精神的な側面など「人間まるごと」を包括する「ホリスティック栄養学」を学び、上記資格を取得。 「身体に優しい食材選び」「栄養バランスを考慮した献立」「素材を活かすシンプルなレシピ」「心のこもった手料理」をモットーに、 日々、出来る限りの丁寧な食生活を実践しています。

    ポリポリつまめるあのお菓子は、お好きですか?

    cookies-197202_640
    子供のおやつから、大人のおつまみにもなる人気のお菓子といえば、スティック状のクッキーやスナック菓子。
    スーパーやコンビニにもずらりと並んでいますね。

    少しつまむ予定だったのに、つい1箱食べてしまって、後悔した経験がある方もいらしゃるのではないでしょうか。

    カロリー以外の栄養価は期待できない

    この手のお菓子は、白砂糖、小麦粉、合成油脂、食品添加物のオンパレードで、カロリー以外の栄養価は期待できません。
    健康に気を使うのであれば、これらは控えるべきでしょう。

    ごはんの代わりにもなるくらい栄養価の高い「ベジ・プレッツェル」を作ってみませんか?

    今回は、有機野菜パウダーを練りこんだグルテンフリーのベジ・プレッツェルの作り方をご紹介します。

    甘いものが得意でない方や、糖分を控えている方、
    小麦粉を控えている方、また野菜スイーツに少し抵抗のある方にも、おすすめです。


    おつまみやおやつに!野菜の栄養がぎゅっと詰まったグルテンフリー・ベジ・プレッツェルの作り方。

    P1030677

    ■材料(30本~)

    ★有機米粉・・・40g
    ★有機片栗粉・・・10g
    ★有機アルミフリーベーキングパウダー・・・小さじ1/2
    ★天日塩・・・2つまみ(小さじ1/4弱)
    ★無農薬モロヘイヤパウダー・・・小さじ1【グリーンの生地にする場合】
    ★有機栽培 ビーツパウダー・・・小さじ1【ピンクの生地にする場合】
    オーガニックオリーブオイル・・・小さじ4
    有機無調整豆乳・・・小さじ4〜


    【事前準備】

    オーブンを【170℃13分】で予熱しておく。

    ■作り方

    1.ボウルに★と野菜パウダー(グリーン→モロヘイヤ、ピンク→ビーツ)を合わせてふるい入れる。
    (粉の色が分かりにくいですが、水分を含むとしっかり色が出るので心配ありません。)

    P1030642
    2.オリーブオイルを少しずつまわしかけて、全体がポロポロとするまでよく混ぜ合わせる。豆乳を少しずつ加え、ひとかたまりにする。
    (ひとかたまりにならない場合は、豆乳を追加する。)

    3.ラップで包み、15分ほど休ませる。

    4.天板サイズのオーブンシートを用意し、生地を真ん中に置いて、シートを10㎝×20㎝ほどのサイズに折りたたみ、シートの上から綿棒で均一に伸ばしていく。

    P1030654 P1030653
    こうすることで、簡単に均一に伸ばすことができる。

    5.オーブンシートを広げ、スケッパーを使い、スティック状にカットし、そのまま少しずつスライドさせて、生地のすき間を少しでもいいので、空けておく。
    P1030658
    6.生地が割れないように気をつけながら、天板にのせ、オーブンで13分〜焼く。

    7.焼き上がったら、粗熱をとり、繋がっているものがあれば、スケッパーなどで割って、棒状にしておく。

    有機モロヘイヤパウダーで、グリーンのプレッツェルに!

    P1030688
    モロヘイヤは「夏野菜の王様」と呼ばれるほど、栄養価の高い野菜。ビタミン、ミネラルは、野菜の中ではトップクラスの栄養価を誇ります。特にβカロテンは、人参の約1.4倍の含有量です。

    今回使ったオーガニック・モロヘイヤパウダー

    有機JAS認定

    モロヘイヤ8
    原料のモロヘイヤは、自社無農薬無化学肥料栽培。
    しかも、栽培から加工に至るまで、全ての工程で有機JASの認証検査に合格しています。

    島根県産モロヘイヤ100%、完全無添加

    モロヘイヤ2
    成分を精製せず、モロヘイヤをそのまま乾燥してパウダー状にしているので、モロヘイヤそのもの。完全無添加です。

    抗酸化対策に!毎日飲みたい無農薬 ・無化学肥料栽培のモロヘイヤ(パウダー OR サプリメント)今すぐここをクリック!

    有機ビーツパウダーで、鮮やかなピンクのプレッツェルに!

    P1030691
    ビーツの特徴的な赤色色素である「ベタシアニン」は、ドラゴンフルーツ(ピタヤ)と同じアントシアニン系ポリフェノールの一種。
    強い抗酸化作用を持ち、有害な発ガン物質に対して細胞を保護するのに役立つことが分かっており、がんのリスクを減らすのに役立つと考えられています。

    今回使った、有機栽培のビーツパウダー

    P1030650

    有機栽培で育てられた国内産ビーツを使用

    ビーツは、登録農薬がほとんどないため必然的に、無農薬か、有機JASで認定されている農薬のみを使うことになります。

    熊本県産ビーツ100%、完全無添加

    こちらも、成分を精製せず、ビーツをそのまま乾燥してパウダー状にしているので、ビーツそのもの。
    完全無添加です。

    熊本県産。安心安全な乾燥ビーツと粉末ビーツ。インナービューティ、運動能力アップ、疲労回復にオススメ。今すぐここをクリック!

    有機ビーツパウダーの活用レシピもご参考ください。

    ビーツの食べ方がわからないビーツ初心者にオススメ。ビーツポタージュ・万能ビーツ味噌・ビーツマッシュポテトの作り方。

    いろんなパウダーやオイルでアレンジしてみて!

    P1030692
    今回は、モロヘイヤパウダーとビーツパウダーを使いましたが、
    他にも、カレーパウダー、抹茶パウダー、かぼちゃパウダー、さつまいもパウダーなど、お好みのパウダーを使って、アレンジが可能です。

    いろんな種類で彩りよく作って、パーティーのおつまみにするのも華やかで、いいですね。
    また、オイルも、ココナッツオイルや菜種油などに変更できるので、ぜひ、お好きな組み合わせで、楽しく作ってみてください。

    このレシピに使った、有機モロヘイヤパウダーと、有機ビーツパウダーを買ってみよう!

    moro 抗酸化対策に!毎日飲みたい無農薬 ・無化学肥料栽培のモロヘイヤ(パウダー OR サプリメント)今すぐここをクリック!
    乾燥粉末1 熊本県産。安心安全な乾燥ビーツと粉末ビーツ。インナービューティ、運動能力アップ、疲労回復にオススメ。今すぐここをクリック!

    オススメの記事

    ビーツの食べ方がわからないビーツ初心者にオススメ。ビーツポタージュ・万能ビーツ味噌・ビーツマッシュポテトの作り方。

    LAで今大人気スイーツを自宅で。卵なし乳製品なし。旬のビーツをフル活用したベルベットケーキの作り方

    使い方がよくわからなかった、食べる血液と呼ばれる「ビーツ」を徹底的に使い回す方法。ビーツ活用レシピをお伝えします。

    この記事のタグ
      お気に入り登録する
      シェアする

      この記事が気に入ったら
      いいね!しよう

      ami kuwamura
      米国NTI認定栄養コンサルタント、料理教室講師。 結婚を機に、家族の健康と幸せを第一に考えるようになり、健康的な食生活について学ぶため、 米国コロラド州上級教育省認定校(Nutrition Therapy Institute)の日本提携校であるホリスティック・カレッジ・オブ・ジャパンに入学。 従来の栄養学だけでなく、体質による個体差や精神的な側面など「人間まるごと」を包括する「ホリスティック栄養学」を学び、上記資格を取得。 「身体に優しい食材選び」「栄養バランスを考慮した献立」「素材を活かすシンプルなレシピ」「心のこもった手料理」をモットーに、 日々、出来る限りの丁寧な食生活を実践しています。
      ページ上部へ