メニュー

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り

  • LINE

メニュー

Organic Life to all the people.

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り
  • LINE

材料4つで簡単!何にかけても美味しい万能はちみつドレッシングの作り方

    kanna
    管理栄養士。農業を営む祖父母と、料理好きな母親のもと、幼少期より料理を始める。ダイエットコーチング、アスリートの食事指導、料理教室の主催など、これまでに約400名の食生活に関わってきた。多くの方の食生活に触れる中で、毎日食べる家庭料理こそが、心と身体をつくることを実感。おいしそうで元気がでるごはんをモットーに、身近な素材で作りやすいレシピを心がけている。

    市販のドレッシングの原材料、知っていますか?



    みなさん、ドレッシングはどのようなものを使っていますか?
    スーパーマーケットでは様々なフレーバーのドレッシングが販売されていて、選ぶのも迷ってしまうほど!
    生野菜にパパっとかけるだけで、すぐにおいしいサラダが完成するありがたい存在ですね。

    そんなドレッシングですが、原材料には何が使われているのでしょうか。

    裏面の表示を確認してみると、食用植物油、ブドウ糖果糖液糖、増粘剤など、、、
    聞きなれない食品名が並んでいます。

    これらの正体はいったい何なのか?!確認していきましょう。

    ドレッシングに含まれる食用植物性油脂とは、一体何なのか。



    市販のドレッシングの原材料には、ほぼ必ず含まれている食用植物油脂ですが、
    植物性油脂とは、食用とうもろこし油、食用なたね油、食用調合油などのことを指します。

    植物からとれる液体状の油というイメージですね。

    少し心配なのが、
    これらの油を加工する工程でトランス脂肪酸が発生する可能性があるということです。

    農林水産省では、以下のように説明されています。



    『植物や魚からとった油を精製する工程で、
    好ましくない臭いを取り除くために高温で処理することにより、
    油に含まれているシス型の不飽和脂肪酸からトランス脂肪酸ができることがあります。
    そこで、サラダ油などの精製した植物油にも、
    微量のトランス脂肪酸が含まれているものがあります。』




    実際、農林水産省の調査ではドレッシングには0.51(g/食品100 g)含まれていると発表されています。

    農林水産省HP「すぐにわかるトランス脂肪酸」 
    平成26・27年度調査結果(穀類加工品、乳類、油脂類、菓子類、嗜好飲料類、調味料・香辛料類、調理加工食品)



    トランス脂肪酸と、その危険性。



    トランス脂肪酸とは、シス型の不飽和脂肪酸に「水素添加」という加工をする際に生じるものです。
    マーガリンやショートニングに多く含まれていて、健康への悪影響が注目されています。

    ・悪玉コレステロールの増加
    ・善玉コレステロールの低下
    ・動脈硬化、心疾患


    このような悪影響を受ける可能性があり、食品から摂る必要がない、と考えられています。

    トランス脂肪酸の摂取量が多いアメリカでは制度が進んでいます。



    米食品医薬品局(FDA)では、2003年から食品中のトランス脂肪酸の含有量の表示を義務づけました。

    さらに2018年からは、トランス脂肪酸の原因となる油の使用を原則認めないとして、
    実質的に使用が禁止されています。
    これにより、「心臓病を年間で数千件減らせる」としています。

    日本では摂取量が多くないとされているため、規制が進んでいない状況です。

    日本経済新聞「米、トランス脂肪酸の食品添加禁止」


    その他にも注意したい、果糖ブドウ糖液糖について。



    ここまでは、ドレッシングに使用される油についての解説でした。
    では、ドレッシングに含まれる甘味料についてはどうでしょうか。

    市販のドレッシングには「果糖ブドウ糖液糖」が含まれていることが多いです。

    トウモロコシのでんぷんを分解してブドウ糖を作り、アルカリなどで反応させて果糖を作りあげます。
    これらを合わせた液状の糖類が「果糖ブドウ糖液糖」です。
    この時に使われるトウモロコシは、
    アメリカから輸入された遺伝子組み換え食品であることが多いのです。

    また、果糖ブドウ糖液糖のように加工された糖には
    薬物のような依存性がある、という研究もされています。

    Study: High-fructose corn syrup is as addictive as cocaine


    ドレッシングも、安心して食べられるものを選びたいですね。

    今回は、はちみつとオリーブオイルを使った万能ドレッシングのレシピをご紹介します!


    簡単にできる!何にかけてもおいしい!
    万能はちみつドレッシングの作り方


    材料

    有機レモン汁・・・小さじ2
    有機オリーブオイル・・・小さじ2
    非加熱はちみつ・・・小さじ1
    天日塩・・・2つまみ
    (あればおろしニンニク生姜などお好みの有機食材・・・1g程度)




    作り方


    ①レモン汁とはちみつ、塩を混ぜます。

    ②そこにオリーブオイルを加えて、よく混ぜます。




    ③とろっとして、完全に混ざれば完成です!

    ポイントアドバイス

    ・オイルを先に混ぜてしまうと、塩やはちみつが溶けにくくなります。必ずレモン汁から混ぜて下さい。
    ・さっぱりしているので、おろしニンニクや生姜、人参、ブラックペッパーなどを加えてアレンジを楽しんで下さい!



    IN YOU Marketでオーガニックドレッシングを作ろう

    江戸時代から続く醤油屋さんが育てた日本初の農薬不使用オリーブオイルと美容液

    ¥ 6,350 ~ ¥ 12,506 (税込)

    有機無農薬栽培から生まれた。「白く美しいキルギスのはちみつ」

    ¥ 4,000 ~ ¥ 10,800 (税込)

    【大人気】風邪が流行する季節にも。無農薬のマヌカハニーMG500+高い効果を期待したい方に。

    ¥ 7,600 ~ ¥ 22,800

    生姜せんべいの老舗が作った有機100%ジンジャーパウダー

    ¥ 2,160 ~ ¥ 4,763 (税込)

    通常のにんにくと比べ抗酸化力約10倍!発酵熟成させた健康的で美味しい有機栽培の「黒にんにく」100gか300g

    ¥ 3,620 ~ ¥ 8,001 (税込)


    この記事を読んだ方にオススメの記事

    混ぜるだけの簡単!オーガニックドレッシングレシピ3選|添加物入り市販ドレッシングは卒業し手作りに切り替えよう。

    キレやすい人と穏やかな人の違いは食事にあった!アンチエイジング料理家が教える「オーガニック温野菜とキノアのレモンソースドレッシングのレシピ」の作り方。

    ファスティング後の回復食にもおすすめ。もち麦入り! バルサミコ酢風・酵素ドレッシングの作り方

    IN YOU Journal公式メールマガジン配信中!



    登録フォームはこちら!

    この記事のタグ
      お気に入り登録する
      シェアする

      この記事が気に入ったら
      いいね!しよう

      kanna
      管理栄養士。農業を営む祖父母と、料理好きな母親のもと、幼少期より料理を始める。ダイエットコーチング、アスリートの食事指導、料理教室の主催など、これまでに約400名の食生活に関わってきた。多くの方の食生活に触れる中で、毎日食べる家庭料理こそが、心と身体をつくることを実感。おいしそうで元気がでるごはんをモットーに、身近な素材で作りやすいレシピを心がけている。
      あなたにお勧めの記事
      ページ上部へ