メニュー

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り

メニュー

Organic Life to all the people.

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り

【材料2個】砂糖不使用!酵素が生きた「りんご甘酒」の作り方。話題の甘酒をりんごで作る裏技とは

    越野美樹
    証券会社、編集プロダクション、出版社を経て独立。心や体の内側から美しくなるお料理をお伝えしたくて、ビオ野菜と乾物を使った料理教室「野菜と乾物 藤野料理教室にじ」とフリーライターをはじめる。毎日の献立作りに悩む方に、食事作りが楽しくなるような提案をしています。アトピーをきっかけに、オーガニック野菜や伝統調味料を取り入れて完治。毎日着物で過ごし、本を出版するのが夢です。IN YOU公式ライター。 ビオ野菜と乾物 藤野料理教室にじ http://www.kosibun.jp

    お米の代わりにりんごで作る、酵素が生きた甘酒

    img_3291

    最近、麹で作る甘酒が話題になっていますね。

    img_3274
    市販の甘酒は袋が膨らむのを止めるため
    70度以上に熱して発酵を止めているものがほとんど。

    自宅で手作りすれば、
    酵素の生きた力がいただけます。


    甘酒を手作りしている方は、
    どんな風に作っていますか?

    お米をお粥にして、米麹を加えて
    発酵させる方が多いかと思います。

    今回は、お米の代わりにりんごを使って作る
    甘酒をご紹介。


    img_2859
    甘くて、ほんのり酸味がある
    爽やかな甘酒。

    きっと、やみつきになりますよ。

    すりおろしりんごと玄米麹の手作りりんご甘酒の作り方

    img_3254

    材料

    無農薬りんご  (可食部)400g
    有機米麹             200g
    65度前後のお湯        300cc


    作り方

    1.りんごをすりおろし、米麹と合わせる
    2.65度前後のお湯を注いで混ぜる
    3.55〜60度に保って、8時間前後保温する

    混ぜてお湯を注いで保温するだけ。




    麹とりんごさえあれば
    すぐに作れます。


    簡単に作れますが、
    甘酒をより美味しく作るためのコツを
    ご紹介します。

    甘酒作りの温度、さじ加減


    【甘酒に加えるお湯の温度は?】


    麹とお湯が混じった時に
    60度くらいになっているのが理想です。

    img_3246
    あまりにも寒い室内でしたら
    もう少し高い温度のお湯を使ってください。

    でも、麹が70度を超えたお湯と出会うと
    酵素を失ってしまうので、
    70度にはならないように気をつけてくださいね。

    70度くらいかな?という感覚で
    成功することもありますが、
    温度計を使ってきちんとはかると
    失敗がなく、安心ですよ。

    【甘酒を保温する方法は?】


    甘酒を保温する方法は、いろいろあります。

    ヨーグルトメーカーで保温設定をする


    炊飯器の保温機能を使い、蓋を開けて濡れ布巾をかける


    魔法瓶に入れる


    土鍋に入れて毛布などで包む


    毛布で包んでこたつに入れる


    湯たんぽを入れたハッポースチロールの箱に入れる


    ヨーグルトメーカーや炊飯器は
    温度を一定に保ちやすいですが、
    他の方法は温度を時々確認して
    温めなおす必要がある時も。

    img_3248
    また、炊飯器はメーカーによって
    温度が高すぎることもあるので、
    注意してください。

    お好みの方法で、
    保温してみてくださいね。

    【甘酒を保温する温度は?】


    甘酒作りの保温の温度は、
    一般的に50度〜60度を保つと
    甘くなると言われています。

    私はヨーグルティアを使って発酵しているので
    57〜59度くらいに設定することが多いです。

    img_3253
    ヨーグルトメーカーや
    炊飯器以外の方法で作るときは
    最初に加えるお湯を高めに設定しないと
    どんどん冷めてきてしまう可能性があります。

    また、最初に仕込んだ時の温度が低すぎると
    米粒が残ったまま、堅くなりがちです。

    【甘酒を保温する時間は?】


    きちんと温度を管理すれば、
    6時間くらいで甘さが出てくることもあります。

    私は玄米麹を使うことが多いですが、
    白米麹だとそのくらいでも十分甘みを感じることも。

    普段、玄米麹だったら
    朝仕込んだら8時間くらい、
    夜仕込んだら12時間くらい、
    保温することが多いです。

    img_3240
    出来上がった時よりも、
    冷蔵庫で2、3日寝かせると
    だんだん甘みが強くなってきますよ。

    中には甘すぎる甘酒が
    苦手な方もいらっしゃると思うので、
    お好みの時温度と時間を
    探してみてくださいね。

    甘酒があれば、簡単おやつがすぐ作れる


    我が家では、
    自家製甘酒を常備しておいて、
    ちょっとしたものと合わせて
    食後のデザートにするのが定番です。

    あんことりんご甘酒


    先日ご紹介した
    りんごだけで甘みをつけたあんこもオススメです。

    ダブルリンゴで程よい甘みと
    爽やかな酸味のマリアージュ。

    img_3255

    豆乳ヨーグルトとりんご甘酒


    豆乳ヨーグルトと合わせれば、
    ダブル発酵食の力をいただけます。

    腸内細菌を良質なもので満たせば
    風邪やインフルエンザ予防も期待できますよ。

    img_3290

    オススメの大豆ヨーグルト


    ドライフルーツやナッツとりんご甘酒

    ナッツは、くるみやかぼちゃの種など、日本でもとれる素材を常備しています。
    ドライフルーツは、あんずやレーズン、彩りにはくこの実があると助けられます。

    img_3262

    オススメのオーガニックナッツパウダー


    フルーツとりんご甘酒

    フルーツも、やっぱり日本でとれるひらがなで書けるものをいただきいたい。

    img_3299
    冬ならみかん、りんご、
    春はいちごやはっさく、
    夏なら夏みかん、桃、スイカ
    秋はぶどう、なしなんかも
    甘酒とよく合いますよ。


    img_3294

    オーガニックのりんごを食べよう


    りんご甘酒の作り方、いかがでしたでしょうか?

    簡単だけど美味しくしようと思ったら
    なんでも奥が深いですね。

    でも、一番大切なのは素材です。

    今回はオーガニックのりんごを使っているので
    皮まで安心してすりおろせました。

    市販のりんごは
    大きくして高く売りたいために
    肥料をたくさん使ったり、
    見栄えを良くするために
    農薬をたっぷり使ったり。

    栽培法が良くなくて自然なツヤが出ないから、
    ワックスを塗ってツヤツヤに見せたり。

    自然栽培の作物は
    中身が左右対称。


    りんごだったら
    横半分に切ってみると
    種が星型に見えます。

    img_3236
    食べられない部分が少なくて
    実が詰まっている。

    オーガニックの作物は
    慣行栽培のものよりも
    高価なことがほとんどです。

    でも、
    人間は食べたもので作られる。

    安かろう、悪かろう。

    安いものに目が行くかもしれませんが、
    もう一度、購入する前に
    考えてみませんか?

    img_3270
    良質な素材を食べればきっと自分も、家族も質が高くなる。
    そして、何より自然栽培の作物は美味しくて幸せになれます。

    IN YOUMarketで旬の無農薬りんごを買ってみよう!

    market_mini1028
    農薬不使用のりんごをIN YOU Marketで特別に販売させていただくことになりました。
    価格も、一般的なオーガニックのりんごに比べてお手頃なものになっています。

    自然栽培のりんごは安心ですが、やはり見た目的には厳しいものがあります。
    兎澤さんのりんごは、皮まで安心して食べられ、見た目にも美しい。
    そして何よりめちゃめちゃおいしいから、自分へのご褒美や大切な方への贈り物にも最適です。

    医者いらず!?毎日食べたい安心で美味しいりんご

    「りんごが赤くなると医者が青くなる」。とことわざにもあるように、
    りんごはおいしいだけでなく、体に必要な成分が含まれています。

    他の植物のポリフェノールと比べても、ずば抜けて高い抗酸化作用を持つことが分かっています。
    マクロビオティックでは葛練りりんごやすりりんごなどお手当に使うことも多いですね。

    いざという時のために常にストックしておきたいりんごですが、
    安心で美味しいりんごがなかなか出逢えなかったりしませんか?

    自然栽培玄米の甘酒もあるよ!

    おすすめの記事をよむ

    りんごの甘みを最大限に引き出す!クリスマスに食べたい!初心者でも作れる贅沢ヴィーガンタルト・タタンの作り方。

    オーガニックりんごで作る、ノンシュガー・グルテンフリー「ふんわり玄米白玉団子と りんごぜんざい」のレシピ

    ノンシュガーでも大満足。りんごの甘味だけでつくる「あんこ」と「おしるこ」の作り方。

    この記事のタグ
      お気に入り登録する
      シェアする

      この記事が気に入ったら
      いいね!しよう

      越野美樹
      証券会社、編集プロダクション、出版社を経て独立。心や体の内側から美しくなるお料理をお伝えしたくて、ビオ野菜と乾物を使った料理教室「野菜と乾物 藤野料理教室にじ」とフリーライターをはじめる。毎日の献立作りに悩む方に、食事作りが楽しくなるような提案をしています。アトピーをきっかけに、オーガニック野菜や伝統調味料を取り入れて完治。毎日着物で過ごし、本を出版するのが夢です。IN YOU公式ライター。 ビオ野菜と乾物 藤野料理教室にじ http://www.kosibun.jp

      LINE@

      IN YOUメルマガ

      minery

      LLE82

       class=
      ページ上部へ