メニュー

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り

  • LINE

メニュー

Organic Life to all the people.

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り
  • LINE

見た目は怪しいのに、栄養価豊富な新顔 宇宙芋。 もう長芋には戻れない?!やみつき無農薬宇宙芋と豆腐の落とし揚げの作り方。

    うちゅう
    地方在住の5児の母です。「肉好き・甘い物好きでも、誰もが大満足できる身体と地球に優しい料理」を考えて発信していくのがライフワークです。2009年頃に野菜中心の食生活になりましたが、きっかけは「崖っぷちの節約」でした。次第に料理に目覚め、主婦・子育てをする中で医療にも疑問を持ち、2015年には第5子を無事に自宅プライベート出産でき、人として女性としてこの上ない貴重な体験ができました。 オーガニックで健康的な食生活はお金がないと無理だと思われがちですが、誰もが自分の工夫次第でいくらでも心豊かで健康に生きられることを伝えていきたいです。 Blog☆うちゅう食堂は今日も実験中。 https://ameblo.jp/w-enlightenment

    IN YOUでもじわじわ知名度が上がりつつある、
    隕石だとかシイタケのような見た目の不思議な食べ物「宇宙イモ」。

    以前お伝えした宇宙芋の記事では、
    どういうお芋で、おなじみの料理にしたらどうなるかをお伝えしましたが、

    出品者の杉本さんがIN YOU Market「出品者の声」にて
    「お好み焼きやたこ焼きなどにすりおろした宇宙イモを入れると、
    外はカリッと、中はクリーミーに仕上がる」

    とおっしゃっているように、
    私もお好み焼きに入れた時が一番感動しました!

    ぜひ皆さんにも一度味わってほしい、この食感。

    そこで、今回は日々のおかずのレパートリーにぜひ加えていただきたい、
    子供も大人も喜ぶベジおかず「宇宙芋と豆腐の落とし揚げ」をご紹介します!

    宇宙イモの特徴をおさらい



    東南アジア原産、ヤマノイモ科の宇宙芋。
    芋といっても土中にできるものではなく、いわゆる「巨大ムカゴ」です。

    美肌やアンチエイジングの効果が期待できると言われるポリフェノールと、
    お通じを良くしてダイエットの効果が期待できる食物繊維。
    この2つは、ヤマノイモ科の中では宇宙イモに最も多く含まれます。

    そして粘りはなんと自然薯以上です。見た目に明らかですね。
    重いんです!



    しかもこれはすりおろしてすぐの状態です。
    こんなに褐変が速いなんて、どれだけポリフェノールが多いんだか…と驚いたんですが、
    実は赤ワインの2倍ものポリフェノールを含むんですね。

    他のイモ類と比較して糖質は少なく、サツマイモの半分程度。
    サツマイモ100gあたりの糖質量は29.2gですので、その半分で約15gです。

    ちなみに、小麦粉(薄力粉)100gあたりの糖質量は73.4gですので、
    カレーを作る時に小麦粉代わりとしてとろみづけに使ったり、
    お好み焼・たこ焼きに、小麦粉を減らしてすりおろした宇宙芋を入れることによって、
    糖質を抑えることもできてしまいます!



    また、食物繊維も豊富で、特にヤマノイモ科の芋は不溶性食物繊維の方を多く含むため、
    体内で消化されずに膨らむために満腹感を感じやすく、食べ過ぎを防ぐことも可能。
    ということはダイエットや体重管理の必要な方にも嬉しい食材ですね。

    そして何といっても食べ物の食感を大きく、そしておいしく変えてしまう力。

    IN YOU Marketに宇宙芋を出品されている杉本さんが、

    『クセになる食感からくる美味しさと期待できる健康効果から栽培に挑戦しました!』

    とおっしゃるだけあって、

    つなぎに使うとまろやかで、ふんわりとして、でもしっかり存在感のある食感になります。

    宇宙芋を入れて作ったお好み焼きと、長芋を入れて作ったお好み焼を比較すると、
    やっぱり長芋は水分量が多いため、ある程度ふんわりとはしますが、
    どうしても水っぽさを感じてどこか頼りない印象を受けます。

    それまで「お好み焼きには長芋!」と思い込んでいましたが、
    宇宙芋を知ってからは、
    「長芋では、あのフワフワしっかり食感出せないなぁ…」
    と、物足りなさを感じるようになりました。

    こうして考えてみると、宇宙イモは『つなぎ』以上の重要な役割を果たしています。
    少量でもかなり柔らかい食感になるので驚きますよ!

    そこで今回お伝えしたいのも、やはり「すりおろし宇宙イモ」を使ったレシピです。

    【期間限定・数量限定】鮮度を優先させ、土付きのままお送りします。こだわりの無農薬・無化学肥料の菊芋(土付き)と宇宙芋

    ¥ 3,888 ~ ¥ 11,448 (税込)

    > 商品の詳細はこちら

    外はカリッと、中はふんわりしっかり!
    無農薬宇宙芋と豆腐の落とし揚げ

    • 小さめ約20個分
    このレシピを印刷

    材料

    無農薬宇宙イモ…70g(約1/4個)
    ・有機木綿豆腐…1丁(300g)
    ・無農薬紅しょうが(梅酢で漬けたもの)…大さじ1(お好みで増減)
    ひじき…乾燥状態で大さじ2くらい
    ・無農薬長ネギ…約10cm
    ・無農薬にんじん…約7cm
    ・無農薬干ししいたけ…軽くひとつかみ
    無農薬しょうゆ…小さじ1
    自然塩…小さじ2/3
    ・本葛粉(あるいは片栗粉)…大さじ2

    ・お好みの有機油…揚げ油として。適量

    作り方

    1、しいたけとひじきは水で戻しておき、豆腐はよく水切りしておきます。
    2、宇宙イモは皮をむいて、すり鉢でよくすりおろし、豆腐を入れて、
    さらにすりこ木でよくすってなめらかにします。(手順2~3はもちろんミキサーOK!)
    3、2に本葛粉を入れてさらによくすります。
    4、3に、ひじき、みじん切りした紅しょうが、長ネギ、にんじん、
    干ししいたけを入れてよく混ぜます。

    宇宙イモの食感のおかげで、いろんな具材を入れても子どもは気にせずパクパク食べてくれます☆お母様方は遠慮なくどうぞ!(笑)


    5、4にしょうゆと塩で軽く味付けします。
    6、スプーンなどで5をすくって落とし、いい色がつくまで揚げていきます。

    ここでは揚げ焼きにしていますが、揚げ物用鍋を使えば丸く揚げられますね!



    調理のポイントもないくらい、ただ具材を入れて混ぜて揚げるだけの簡単メニューです。
    それでいて、なんだかいつもと違うごちそうのようにも思えます。

    今回は真冬で地元の旬の野菜があまりなかったことから、乾物や保存食をメインで具材に使用しています。
    しかし、春はたけのこや新玉ねぎ、夏はとうもろこしや青じそなど、
    旬の野菜を入れるとバリエーションが楽しめます。

    カリふわ食感がやみつきになりますので、
    ぜひ年間通して食卓に登場させたいレシピの1つとしておすすめします!

    自家製ポン酢をかけるもよし、シンプルに岩塩をふってもよし、
    甘酢をかけて食べるのもおいしいですよ。

    子供のごはんにも、大人のおつまみにも最適ですので、
    ぜひ一度作ってみてくださいね!

    この記事を読んだ方にオススメのIN YOU Market商品

    【期間限定・数量限定】鮮度を優先させ、土付きのままお送りします。こだわりの無農薬・無化学肥料の菊芋(土付き)と宇宙芋

    ¥ 3,888 ~ ¥ 11,448 (税込)

    > 商品の詳細はこちら
    市販の醤油と比べてください。食べると驚く木桶仕込みで作られ続ける、農薬不使用の醤油 2〜3袋セット

    ¥ 2,030 ~ ¥ 3,454 (税込)

    > 商品の詳細はこちら
    安全な野菜を手軽に摂取できる!『無農薬・無化学肥料・無畜産系肥料』野菜パウダー 1〜4個セット

    ¥ 3,000 ~ ¥ 11,200 (税込)

    > 商品の詳細はこちら

    この記事を読んだ方にオススメの記事

    無農薬菊芋・無農薬宇宙芋を通じて医食同源を伝えたい【オーガニックベンダーズ達の声 by IN YOU Market】

    温暖化が進む時代だからこそ知ってほしい、怪しい形のニューフェイス「無農薬宇宙芋(うちゅういも)」。おなじみのおかず3種のレシピ

    宇宙芋って見たこと聞いたことありますか?見た目も名前もユニークな「宇宙芋」を使った筑前煮の作り方。

    インユーライター募集中!


    あなたの時間を社会のために有効活用しませんか?
    年間読者数3000万人日本最大のオーガニックメディアの読者に発信しよう!
    レシピライターも、募集中! 

     IN YOU Writer 応募はこちらから 

    この記事のタグ
      お気に入り登録する
      シェアする

      この記事が気に入ったら
      いいね!しよう

      うちゅう
      地方在住の5児の母です。「肉好き・甘い物好きでも、誰もが大満足できる身体と地球に優しい料理」を考えて発信していくのがライフワークです。2009年頃に野菜中心の食生活になりましたが、きっかけは「崖っぷちの節約」でした。次第に料理に目覚め、主婦・子育てをする中で医療にも疑問を持ち、2015年には第5子を無事に自宅プライベート出産でき、人として女性としてこの上ない貴重な体験ができました。 オーガニックで健康的な食生活はお金がないと無理だと思われがちですが、誰もが自分の工夫次第でいくらでも心豊かで健康に生きられることを伝えていきたいです。 Blog☆うちゅう食堂は今日も実験中。 https://ameblo.jp/w-enlightenment
      あなたにお勧めの記事
      ページ上部へ