メニュー

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り

メニュー

Organic Life to all the people.

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り

玄米甘酒の意外な活用法。エスニック・タイ風「甘酒を使ったヴィーガンおかず2選」の作り方

    うちゅう
    地方在住、現在5人の子供を子育て中。 学生時代に、食糧自給・食品の安全などがコンセプトのNPO活動に参加したことや、環境政策が専門の教授に師事したこと、自然食品店でのアルバイト、援農ボランティアなどをきっかけに、食について興味を持ち始めました。しかし勤務時代の不摂生により産婦人科医から「不妊症予備軍」と診断されることに。菜食になったのは、なんと結婚後の「経済的困窮」がきっかけ! 動物性食品を買わなくても食いつなぐ方法を求めたところ学生時代に耳にしたマクロビオティックを思い出し、日々図書館通いをしマクロビオティック、精進料理、自然食など本を読み漁って実践。以降食生活の改良を重ねてきた結果、健康も子宝も手に入れ、2015年には第5子を自宅自然出産にて迎えることができ、今も元気に育ってくれています。 格差社会と言われる今日ですが、お金に困った人間ですら食の方向転換をしたことで体も心も健康に向かうことができたのですから、多くの人に希望を持っていただきたいです。

    連日の猛暑に加えて豪雨や台風。
    昨年の夏は異常な曇天続きでしたが、今年は今年で非常に過ごしにくい夏となっています。

    さて、うんざりするような今年の猛暑はまだまだ続くそうです。
    その手のニュースを見てしまうと、「ごはん作りたくない…」とげんなりしてしまいますね。
    特に子供がいれば、夏休み中のベジごはん作りは本当に悩むところです。

    ベジタリアンだと、適当に肉と野菜を焼いたり茹でたりして市販のさっぱりタレをかけて済ませることもできませんし
    (夏はこういうのは楽だろうなぁと思うことは実はたびたびあります…)、毎日毎食冷やしうどんやそうめんというわけにもいきません。
    どんなに暑い日でも「おいしい!」とモリモリ食べてくれるようなおかずのレパートリーがたくさんあるといいですよね。

    そこで、今回お伝えするのはヴィーガン仕様にアレンジしたタイ料理風のおかずです。

    タイ料理も猛暑を乗り切るのにもってこいです!

    china-town-2664596_640
    タイ料理の特徴と言えば、複雑ないくつもの味のハーモニーといった感じでしょうか。

    「辛味」+「塩味」+「酸味」+「甘味」+「旨味」+「香り」

    唐辛子のピリッとした辛味、塩やナンプラーの塩気、ライムやタマリンドなどの爽やかな酸味、ココナッツミルクやココナッツシュガー、パームシュガーなどのまろやかな甘味、エビやカニやナンプラーの旨味、そしてそこへパクチー、バジル、レモングラスなどのフレッシュハーブで香りを加えます。

    この絶妙なバランスが、蒸し暑い気候でも食欲をそそります。

    ついに最高気温が41度越えという都市も出てしまった日本ですから、国内だけでなく暑い国の食の知恵も取り入れていきたいところです。

    以前は日本でパクチーが店頭に並ぶこともありませんでしたが、最近はごく普通のスーパーでも当たり前のように販売されるようになりました。もしかしたら日本で栽培される野菜も今後ガラリと変わってくるのかもしれません。

    甘味には玄米甘酒を料理に、使ってみよう!

    甘酒9
    タイ料理に使う食材は、手に入りにくいようなものもあります。
    その1つがココナッツシュガーやパームシュガーです。

    ココナッツシュガーはココナッツの花の蜜からできた砂糖であり、パームシュガーはナツメヤシ、サゴヤシなどの樹液からできた砂糖のことです。ココナッツシュガーはコクがあって甘くまろやか、パームシュガーは香ばしくまろやかで、雑味のない味が特徴です。黒糖やメープルシロップより使いやすいとも言われています。

    パームシュガーについてはミネラルやアミノ酸を多く含んでいて、甘味と旨味のバランスが取れており、身体に優しく美肌にも効果的と言われています。

    あれ?こういう甘味、日本にもありましたね。
    そう、甘酒です。タイ料理にも使えるんですよ!

    ブームを過ぎてすっかり甘酒はおなじみの存在になりましたが、とりわけ無農薬・自然栽培の玄米から作られた甘酒は格別です。

    甘酒4
    この甘酒は、蔵付きの天然麹菌で発酵したものです。
    砂糖を始め、余計な添加物は一切使わずに麹の力だけで糖化させていて、とても甘いんです

    その上、自然栽培の玄米と蔵付きの4種類の麹菌が醸し出す複雑な旨味
    この旨味が、タイ料理の複雑な味を表現するのにちょうどいいんじゃないかと感じました。
    そのまま飲むという以外にも、IN YOUでもたくさんのレシピが登場してずいぶんと甘酒が身近になったという方も多いのではないでしょうか?

    甘酒のレシピと言えばシュガーフリーのスイーツ作りでよく登場しますが、ぜひ日々の食事作りにも登場させていただきたいです。

    玄米甘酒を普段の食事に取り入れるメリットは?

    甘酒8
    以前IN YOUでこのような記事がありました。

    甘酒の隠れた危険とデメリット知ってる?一つ間違えると危険な飲み物になってしまう甘酒。知って安心・甘酒の正しい健康活用法


    高血糖・糖尿の方や、カンジダ症のある方、アスペルギルス属のカビにアレルギーのある方が摂ると危険であることが指摘されており、
    一度にたくさん飲まずにうまく適量摂ることを勧めています。

    「過ぎたるは及ばざるが如し」であり、甘酒を毎日ゴクゴク飲んだり、甘酒をたっぷり使ったスイーツを頻繁に作ったりすることは、かえって健康を損なう恐れがあります。なので、日々の料理に取り入れる程度であれば、さほどの量を使うことなく甘酒のおいしさを楽しむことができます。
    飲んでダイレクトに甘味や旨味を感じるということではありませんが、料理で砂糖を使うこととは違った新しいおいしさ・甘さに出会えます。

    また、白米ではなく玄米(しかも無農薬・自然栽培です!)を使った甘酒なので血糖値の上昇が緩やかであり、タイ料理のようにレモン汁や酢などの酸味、にんにくなどを使うことでも血糖値を上げにくくしますので、おすすめなんです。

    夏こそたっぷり食べたい、玄米甘酒を使ったヴィーガン仕様のエスニック・タイ風おかず2選

    今回お伝えするのは、タイのサラダとして非常によく知られている「ソムタム」(青パパイヤの辛いサラダ)と、玄米甘酒を使ってスイートチリ風にアレンジしたソースを絡めるタイ風の唐揚げです。

    玄米甘酒で旨味たっぷり、ソムタム風野菜サラダ

    P1020224
    ナンプラー(魚醤)不使用。
    代わりに「納豆+しょうゆ」でコクと旨味のあるソースを作ります。

    【材料】

    たっぷり4~5人分

    ・無農薬きゅうり…1本
    ・無農薬いんげん…長さ20cmを5本程度
    ・無農薬じゃがいも…中1個
    ・無農薬トマト…中1個
    ・(あれば)無農薬パクチー…ざく切りで茶碗1杯程度

    ・有機しょうゆ…大さじ3.5
    ・有機納豆…大さじ2~3

    ・有機にんにく…1かけ
    ・有機皮付きピーナッツ(炒ったもの)…ひとつかみ
    ・無農薬レモン汁…大さじ2~3
    ・唐辛子…お好みで。生なら1~2本、粉末でもOK
    ・無農薬玄米甘酒…大さじ3

    【作り方】


    1、しょうゆと納豆をミキサーにかけます。
    P1020211
    少しトロッとします。納豆臭さはなく、味見するとしょうゆに旨味がぐっとプラスされたのがわかります。
    P1020212
    2、きゅうり、じゃがいもは千切り、いんげんは細切り、トマトは一口大に乱切りしておきます。じゃがいもといんげんは歯ごたえが残る程度にサッと下茹でします。
    P1020213
    3、すり鉢(本当はクロックという鉢ですが)ににんにくを入れてすりこぎで粗くつぶし、さらにピーナッツと唐辛子を入れて押しつぶします。(今回は生唐辛子でなく後で粉末を入れています。)
    P1020216
    4、3にいんげんを入れて、つき混ぜます。
    P1020217
    トントンしながら味を染み込ませるイメージです。


    5、4に玄米甘酒、1の納豆醤油、レモン汁を入れてトントンと混ぜます。
    P1020218
    6、5に千切りしたきゅうり、じゃがいもを入れて混ぜ、最後にトマトを入れてざっくり混ぜます。
    P1020220
    器に盛ったら、パクチーを乗せて完成。
    P1020224
    本場のソムタムは、野菜を食べたあとにお皿に残ったつゆがなんとも言えずおいしいです。ナンプラーやカニ、干しエビの旨味によるところが大きいと思うのですが、ベジタリアン仕様で、なおかつ家にあるもので手早く旨味を、と思ったときにふと思いついたのが納豆であり、玄米甘酒でした。

    これは暑いときでもさっぱりとしてお箸も進む素晴らしいサラダです。我が家では、暑い夏には頻繁にお世話になっています。

    唐辛子を調節すれば、子供でもモリモリ食べてくれますよ!

    玄米甘酒で作るスイートチリがやみつき。高野豆腐のタイ風唐揚げ

    P1020359

    【材料】

    4人分

    ・無農薬高野豆腐…4枚

    ・有機しょうゆ…大さじ3
    ・有機にんにく(すりおろし)…1かけ分
    ・有機酒…大さじ3
    ・有機ごま油…大さじ1
    ・こしょう…適量

    ・くず粉あるいは片栗粉…適量
    ・油…適量

    ・無農薬玄米甘酒…大さじ4
    ・唐辛子…お好みで調節。生なら1~2本、粉末でもOK
    ・無農薬酢または有機レモン汁…大さじ3
    ・無農薬にんにく(すりおろす)…1かけ分
    ・塩…小さじ1/2
    ・無農薬NOGMOなたね油…小さじ1

    ・無農薬玉ねぎ…1/2個
    ・(あれば)生バジルの葉…ざく切りで茶碗1杯分

    【作り方】


    1、(スイートチリ風ソース作り)ボウルに玄米甘酒、唐辛子(細かい輪切りにする)、酢またはレモン汁、にんにく、塩、なたね油を入れて混ぜておきます。玉ねぎは薄切り、生バジルは刻んでおきます。
    P1020353
    2、(高野豆腐の下味用)別ボウルにしょうゆ・にんにく・酒・ごま油を入れて混ぜ、水で戻して一口大にちぎった高野豆腐を入れて手でもみこみます。仕上げにこしょうをふっておきます。
    P1020351
    P1020352
    3、1にくず粉をはたいて揚げ焼きします。

    4、1をフライパンに入れて中火にかけ、ひと煮立ちさせます。
    P1020355
    5、4に3の高野豆腐を入れてサッと絡めてお皿に盛ります。
    P1020356
    6、5の上から薄切りの玉ねぎ、ざく切りバジルを散らして完成です。
    P1020359
    ベジタリアンで高野豆腐を唐揚げにするというのは珍しくないですが、酸味・甘味のあるソースを絡めると新しいおいしさが味わえます。

    しかも、薄切り玉ねぎと生バジルがこの唐揚げにとってもよく合うんです!
    ぜひ一緒に食べて下さい。

    初めてこの料理が我が家で登場したときに、子供たちは「玉ねぎまずそう」「葉っぱよけていい?」なんて言ってたのですが、一緒に食べた時に「おいしい!」「一緒に食べると全然違う味がする!」と大興奮でした。

    真夏の食欲不振を、楽しく元気に乗り切ろう!

    「日本は温帯の国だ」と思っていたら、温暖化によって夏場は命の危険すらある国へと変貌してしまいました。
    暑さをしのぐために身体を冷やす食べ物や飲み物を摂りがちですが、海外の暑い国には食に関する知恵が数多くあり、ベジタリアン向けにアレンジしていくことも可能です。(実際インドはベジタリアン人口も多く料理も豊富で、非常に参考になります)
    和食にこだわらず、ぜひ夏場は海外の料理にもチャレンジしてみてください。

    きっと食欲も出て夏を元気に乗り切れますよ!


    あなたにオススメしたいオーガニック甘酒

    1130210909_583ec1653f1b0 【IN YOU限定セット】岡山県産無農薬自然栽培玄米甘酒2種セット今すぐここをクリック! 0507153243_5aeff30b6fc77 甘味料・調味料・飲む点滴!天然麹菌で発酵した無農薬・自然栽培の玄米甘酒。今すぐここをクリック!

    ご紹介するのは、最近その栄養価が見直されている甘酒です。
    発酵食品の健康効果が見直されるようになり、スーパーやコンビニでも
    瓶入りや缶入りの甘酒を見かけるようになりました。
    でも、その多くは砂糖やオリゴ糖などが加えられており、麹のみで甘さを出しているものは多くありません。
    有機栽培や自然栽培の原材料にこだわっているものは非常に少なく、
    INYOU読者の皆さんが安心して飲むことができるものは、なかなか手に入らないのではないでしょうか。
    こちらの甘酒は、自然栽培の玄米を麹にし、その麹の力だけで糖化させて作っています。
    もちろん、お砂糖などの甘味料や添加物は一切加えていませんので、安心してお飲みいただけますよ。
    市販品の甘酒は、白米から醸造した白米甘酒がほとんどですが、こちらは玄米と麹で醸造した、玄米甘酒です。


    オススメの記事

    【実体験】一回1万円のビタミン点滴より毎日の『甘酒』習慣でアレルギー退治。『甘酒』パワーで壊れた腸細胞を整えて肌への驚きのアプローチを実感してください。

    マクロビオティック仕様!玄米甘酒で作る「ヴィーガン・チーズケーキ」の作り方と、チーズケーキと食べたい酵素たっぷり「即席ブルーベリーソース」の作り方。

    市販クッキーは甘すぎ!というあなたへ。グルテンフリー仕様。きな粉と米粉で作る「甘酒クッキー」の作り方

    この記事のタグ
      お気に入り登録する
      シェアする

      この記事が気に入ったら
      いいね!しよう

      うちゅう
      地方在住、現在5人の子供を子育て中。 学生時代に、食糧自給・食品の安全などがコンセプトのNPO活動に参加したことや、環境政策が専門の教授に師事したこと、自然食品店でのアルバイト、援農ボランティアなどをきっかけに、食について興味を持ち始めました。しかし勤務時代の不摂生により産婦人科医から「不妊症予備軍」と診断されることに。菜食になったのは、なんと結婚後の「経済的困窮」がきっかけ! 動物性食品を買わなくても食いつなぐ方法を求めたところ学生時代に耳にしたマクロビオティックを思い出し、日々図書館通いをしマクロビオティック、精進料理、自然食など本を読み漁って実践。以降食生活の改良を重ねてきた結果、健康も子宝も手に入れ、2015年には第5子を自宅自然出産にて迎えることができ、今も元気に育ってくれています。 格差社会と言われる今日ですが、お金に困った人間ですら食の方向転換をしたことで体も心も健康に向かうことができたのですから、多くの人に希望を持っていただきたいです。
      ページ上部へ