メニュー

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り

メニュー

Organic Life to all the people.

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り

LAで今大人気スイーツを自宅で。卵なし乳製品なし。旬のビーツをフル活用したベルベットケーキの作り方

    lelien
    IN YOUオーガニックアドバイザー。女子大の理学部で助手として活躍後、三人の子育てを通して30年以上、自然療法から始まりマクロビオティック、シュタイナー、エドガー、アロマセラピーなどを勉強または資格取得。LA在住4年目の娘からの情報も含め、様々な相談に対して知識と経験を活かし多方面からアプローチ。IN YOUではナチュラルフードライフを推進できるアイディアを発信していきます。 ナチュラルライフ応援サロンLe lien ルリアン主宰 ブログ http://lelienrumi.blog.fc2.com/  

    日毎に木々の緑が濃くなり、気持ち良い日に外出すると知らぬ前に微笑んでしまいます。
    他人から見たら不審者に思われているかもしれないIN YOU オーガニックエキスパートのLelienルリアンです。

    笑いと免疫力

    ニコニコ笑うことで免疫力が上がるということを知っていますか?
    日本では「笑う門には福来る」と言いますし、経験的に笑うと痛みが軽くなることを旧約聖書に「笑いが病を治す」とまで記されています。

    2707634425-children-602967_1920-zpwy-640x426-MM-100
    1976年に米国のジャーナリストのノーマン・カズンズ氏は「笑うことで自らの難病強直性脊椎炎を克服した」と闘病記の中で発表しました。
    このことがきっかけで医学的研究がなされるようになりました。
    例えば、

    糖尿病: 患者のグループに食後に講義を40分間聞いた場合と翌日同じグループに同じカロリーの食後に漫才を40分間見て笑った場合とを比較すると、漫才の後の方が食後血糖値の上昇が46mg/dL抑えられました。(出典:Diabetes Care.2003;26:1651-1652. Personalized Medicine Universe.2012;1: 2-6)

    リウマチ: 患者の集団に40分間リウマチに関する講義を聞いた後と同じ集団に40分間落語を聞いた後で、免疫を制御するインターロイキン6やコルチゾールなどのストレスホルモンは講義後は増加が見られたが、落語の後はそれらが減少し、減少量は鎮痛剤の1週間分に相当したということが報告されています。

    がん: 笑うことでNK細胞が活性化し、進行の遅延や痛みが軽減することが報告されています。

    また、『笑顔は、口角を上げる大頬骨筋や目の周りの眼輪筋などの表情筋が動きます。
    別に楽しくなくても、この表情を作ると脳は笑っていると錯覚し、気分がほぐれてきます。つまり、作り笑顔をするだけでも、脳のドーパミン系の神経活動が活発になって、快の感情が引き起こされる。』(PLOS ONE (2009) Jun 1;4(6):e5754)という報告もあります。

    意識的に笑顔や声に出して笑うことを心がけてほしいですね。

    私も 毎朝 ニコッと笑って頰の高くなっているところにチークをつけています。
    これだけのことですが、一日の始まりには良い習慣かな〜って思っています。

    さて、ビーツを使ったお菓子の紹介です。

    ロサンゼルスでも人気の高いベルベットケーキが卵、乳製品、白砂糖なしで作れます。
    それに、朝食にすぐできるビーツのフリタータのレシピも紹介しましょう。

    ベルベットケーキ

    材料

     茹でた有機ビーツ     200g
     無農薬ココナッツオイル 40cc
     無農薬ココナッツシュガーまたは、無農薬 甜菜糖      1/2カップ
     有機小麦粉       1/2カップ
     有機ロー・ココアパウダー      大1
     海塩          小1/2
     アルミフリーのベーキングパウダー  小1
     有機アーモンドミルク(有機豆乳)  100cc
     有機バニラエクストラ    少々


    アイシング用材料

     有機アーモンドミルク  100cc
     無農薬ココナッツシュガー または無農薬の甜菜糖      30g
     海塩       一つまみ
     寒天        2g
      


    作り方
    ① オーブンを180℃の予熱を入れる。
    ② 柔らかく茹でたビーツをフードプロセッサーでピューレにする

    ビーツフムス5

    ③ ②にオイルを加えて混ぜる。
    ④ ボウルに小麦粉、ココアパウダー、海塩、ベーキングパウダーを振るってから入れて軽く混ぜる。
    ⑤ ④に③とミルクを加えて さっくりと粘りがでないように混ぜる。
    ⑥ ケーキ型かカップケーキの型に入れて、180℃のオーブンで20〜25分焼く。

    ビーツケーキ

    ⑦ 鍋にアイシングの材料を入れて、沸騰したら弱火にして焦げないよう2分かき混ぜる。
     (寒天をしっかり溶かす)
    ⑧ ⑦の粗熱が取れ常温に戻ったら、焼き上げて冷めたケーキにかける。

    ビーツケーキ/アイシング

    ビーツのフリッタータ

    ビーツ フリッタータ
    材料
     有機ビーツ   100g (生のビーツを使うとシャキシャキした食感になり、加熱済みはふんわりになります)
     有機タマネギ   小1/4個
     有機小麦粉   100g
     アルミフリーのベーキングパウダー 小1
     海塩      小1
     水       70〜80cc
     有機卵       1個
    胡椒 少々

    ソース材料
     豆乳ヨーグルト  
     海塩
      胡椒


    作り方
    ① 卵の代用を使う場合には 粉末にしたチアシード 大さじ1に 水 大さじ2を加えてふやかしておく。
    ② ビーツは太めの3cm長さの千切り、タマネギはみじん切りにする。

    材料 フリッタータ
    ③ 材料を全て混ぜる。
    ④ フライパンに多めの油を入れて揚げるように焼く。

    ビーツ フライパン
    ⑤ 豆乳ヨーグルトを水切りして、塩胡椒で味付けしたソースを添える。

    フリッタータ
    お休みの時にのんびり作ってみてください。

    このレシピに使える安心安全、有機基準レベル以上の冷凍ビーツを買ってみよう♬

    PR: Recommended items by IN YOUMarket
    0308113616_5aa0a1a0c301d 熊本県産。安心安全な冷凍「ビーツ」。手軽に摂取できて栄養価も高いスーパーフード!血液の材料となるミネラル分を豊富に含んでいる。今すぐここをクリック!

    ここ数年、新たなスーパーフードとして情報番組などでも取り上げられるようになってきましたが、
    一般的にはまだ知名度が低いかもしれません。
    スーパーなどで見かけることはほとんどありませんが、ビーツを知ったらきっと食べてみたくなるはず!

    ご紹介するのは熊本県の農園で、矢神さんが有機栽培で育てているビーツです。
    国内を見渡しても、ビーツを作っている農家さんは少ないのですが、九州産のビーツは、なお希少です。
    ビーツはロシアやヨーロッパではメジャーな野菜で、日本人がジャガイモや人参を食べるくらいの頻度でテーブルに乗るそうです。
    生育に適した温度帯が狭いため、寒過ぎれば育ちが悪くなり、暑過ぎれば悪くなりやすく、最初の頃はとても苦労したそうです。
    全国的に見てもビーツの農家さんは少ないため、栽培方法などの教えを乞うこともできず、試行錯誤しながら育てて経験値を積み重ね、ようやくコンスタントに栽培できるようになりました。




    オススメの記事

    市販の虫刺され薬・かゆみ止めには危険な局所麻酔やステロイド成分も。簡単に作れるヤマモモを使った天然の虫刺され薬の作り方。

    チーズなし。ゼラチンなし。豆腐で作る、焼かないレアチーズケーキの作り方。

    「梅干し」をリメイクして使いまわそう!日本の伝統食材を活かした「万能梅ジェノベーゼソースの作り方」とその活用法。

    この記事のタグ
      お気に入り登録する
      シェアする

      この記事が気に入ったら
      いいね!しよう

      lelien
      IN YOUオーガニックアドバイザー。女子大の理学部で助手として活躍後、三人の子育てを通して30年以上、自然療法から始まりマクロビオティック、シュタイナー、エドガー、アロマセラピーなどを勉強または資格取得。LA在住4年目の娘からの情報も含め、様々な相談に対して知識と経験を活かし多方面からアプローチ。IN YOUではナチュラルフードライフを推進できるアイディアを発信していきます。 ナチュラルライフ応援サロンLe lien ルリアン主宰 ブログ http://lelienrumi.blog.fc2.com/  
      ページ上部へ