おすすめ商品

合成界面活性剤・石けん成分・化学物質を一切使わない、スキンケアとしても使える天然100%の洗濯洗剤『ふわっしゅ』。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
DSC_1918

今回は、私の今一番のお気に入りの洗濯洗剤を紹介します!

合成化学洗剤や、香りの強い柔軟剤が人体や環境に少なからず有害なことは、
INYOUを見ている方ならもうご存知だとは思います。

かといって、石けん洗剤なら大丈夫なの?
石けんは、口の中に入れても大丈夫?
肌にずっと触れていても大丈夫?

putz-bucket-1290951_960_720
今回紹介する衣類洗剤『ふわっしゅ』は、
原材料がたった4つの天然成分だけ。
「ミネラル水・ハーブ・EM発酵液・大豆レシチン(遺伝子組み換え不使用)」のみです!
この4つの成分は「手作り化粧水」と同じような材料なので、
スキンケアとしても使えちゃうくらい安心という素晴らしさ。

わけの分からない化学成分が大量に含まれた洗剤があふれる中で、
これって、すごいと思う。

11210492_891819184194523_5612196704938907147_n

>ふわっしゅを試してみる。


皮膚にやさしい、かゆくならない、ごわごわしない!
アトピーベビーにも安心!

もちろんお肌にやさしいだけじゃなく、
ちゃんと発酵菌の力とミネラル水が汚れを水に溶かし込み、ふんわり洗い上げてくれます。

point5
また、衣類を洗うと同時にEM発酵菌(善玉菌)が排水溝や洗濯槽の汚れを浄化して、
パイプのお掃除までしてくれるんです。
カビ取り剤やパイプクリーナーなどを使いたくない私にとっては、まさに一石二鳥の洗剤。
柔軟剤いらずでウールやシルク製品も洗えるんですよ。

(EM菌というのは、有用微生物を活性化させる善玉菌のことで、
微生物の力で河川の汚染をキレイにしたり、土中の微生物の生態系を保ち、有機農業やEM農法などの土壌改良にも使われています。
オーガニックや発酵マニアの方ならもうおなじみの菌ですね。)

>ふわっしゅを試してみる。


私が合成洗剤・せっけん洗剤をやめた理由。

newborn-1399155_960_720
よくドラッグストアなどで売っている「無添加洗剤」というのは、
無添加といっても添加物が一切入っていないという意味ではありません。

仮に香料が無添加で、パラベンや防腐剤などの様々な化学成分が入っていても、
「無添加」と謳うことができるのです。

口から入った有害物質は肝臓で代謝・分解され、便や尿として排出されます。
でも、経皮から入った有害物質は「汗として出す」こと以外、出口が用意されていません。
体に少しづつ蓄積していきます。

washing-powder-1500058_960_720
かといって石けん由来の洗剤なら、体に良いのでしょうか?

それもちょっと違いますよね。
結局、石けんも強力な界面活性成分を持っていますし、体に溜まる点では同じです。
あと、石けんはどうしても粒子が粗く、石けんカスも残るので、
わが家の子供たちは逆に肌が荒れやすくなります。

alcohol-gel-818252_960_720
石けん洗剤のデメリットは、
・ごわごわ、チクチクする
・肌がかゆくなる、乾燥する
・よく溶かさないと衣類や洗濯槽に石けんカスが残る
・衣類が黄ばむ
・口に入ったら良くない(タオルや布をカミカミする赤ちゃんには特に。)


こういったデメリットが皮膚への刺激となってしまいます。
そこで、この原材料が4つだけの天然100%の『ふわっしゅ』を試してみることにしました。

原料は天然成分4つだけ。
化学物質は一切不使用。地球と家族に優しい『ふわっしゅ』の特徴

DSC_1907

>ふわっしゅを試してみる。


主成分は4つ。
スキンケアとしても使える天然成分です。

・ミネラル水(トルマリン・備長炭)
繊維に入り込んだ汚れを吸着し、還元・浄化します。

・ハーブ(青森ヒバ・オレンジ)
アトピーの原因となる黄色ブドウ球菌を抗菌でき、肌のバリア機能を守ります。
部屋干ししても臭いません。

・大豆レシチン(遺伝子組み換え不使用
大豆に含まれる自然の界面活性成分で優しく洗い上げます。
ウールやシルクなどの衣類も洗えます。

・EM発酵物質(酵母の発酵から得られる有用微生物菌)
有用微生物の力で衣類の汚れを分解するだけでなく、排水が排水溝や川の汚れを浄化し、環境を守ります。

03

>ふわっしゅを購入する。


ふわっしゅ、さっそく使ってみた!

DSC_1918
『ふわっしゅ』を使ってみた率直な感想は・・、

すっごく、すっごく、いい感じ!

・すすぎ1回でOK!
・お風呂の残り湯を使っても臭わない!
・洗濯槽が汚れない!
・衣類が黄ばばずにすっきり落ちる。
・お風呂上がりのタオルの感触や、シャツやパジャマの風合いが、洗濯石けんを使っていた時とは全然違う!
・肌が乾燥しない、ちくちくしない、肌荒れしない。
・キャップに少しだけでもじゅうぶん汚れが落ちるので、結構経済的。


ちょっと写真では分かりづらいですが、
これは、娘が赤ちゃんの頃から愛用しているピーターラビットのバスタオル、
もう風合いもボロボロになってしまったんですが、
『ふわっしゅ』で洗ってお日様で干した後、ごわつかなかった〜!パサパサしてなかった〜!

IMG_5161

>ふわっしゅを購入する。


娘、さっそくタオルにくるまって、「わ〜お!」ってテンション上がってました(笑)
結局、いくら無添加とはいっても、石けん洗剤ってお肌にすごく負担をかけていたんだなぁ。
と改めて実感しました。

【おわりに。】

white-845071_960_720
わが家は『ふわっしゅ』を使ってから、他の洗剤が使えなくなりました。
だって、洗剤のゴワゴワ、ちくちく、洗いカスは、
皮膚や呼吸器に負担をかけるだけでなく、
環境にも負担をかけるんですもの。

合成洗剤、洗濯石けん、アルカリウォッシュ、
それらの排水は河川や海を汚すことに代わりはありません。

duck-173124_960_720
水が汚れれば、それを吸う土や田畑が汚れます。
田畑が汚染されれば、私たちの口に入る農作物や畜産物が汚染されます。

私たちが使ったぶんだけ、私たちは必ず地球からしっぺ返しをもらうんです。
その繰り返しをしていたら、今の子供たちが大人になる頃には
安全なものなんて食べられなくなるかもしれない。

wash-brush-1253989_960_720
消費とは、子供にホンモノを見せること。

健康で安全な生活を送りたい。
ただ思っているだけでは何も変わらないし。

だから私は、
「真っ当だと思えるもの」を、消費していきます。

ふわっしゅを購入する。



IN YOU一押しコンテンツ
究極のアンチエイジング。自然治癒力を高め老化抑制する方法。
本当に安全なオリーブオイルの選び方
ここまでこだわったのは初めて!体をととのえるオーガニックな酵素

オーガニックなオンラインストア IN YOU Market OPEN!

詳しくはこちら

  • この記事が気に入ったら
    いいね!しよう


いいね!して、
IN YOUの最新記事を受け取ろう。

くみんちゅ
家族の体は、おかあさんの作るごはんでできている。 「こだわるけどとらわれない」をモットーに、誰もが作れる安心安全なレシピ作りを展開。 「もう何も食べられるものがない」から視点を変えてみる。 膨大にあふれる加工品や市販菓子より、 台所でにぎる塩おにぎりひとつ。 子供に、若者に、安全な食卓を。 さて、今日もごはんをつくりましょ。 FB ブログ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. food-healthy-man-person 頭の中が陰陽でいっぱいになっていませんか?マクロビオティックは、…
  2. FotorCreatedff なぜ欧米はオーガニック愛好家が多いのか?日本人が肉中心のアメリカ…
  3. technique-1831943_960_720 信じられない!生理用ナプキンの綿に枯葉剤グリホサート使用?!「衣…
  4. spice-93175_960_720 生理は「通信簿」。東洋医学から見る生理周期タイプ別おすすめ食品と…
  5. 子宮内膜症・不正出血・無月経排卵を克服するまでに、私が行って絶大…
  6. Adobe Sparkt 4月21日(金) IN YOU主催 Veggieな友達を作れる「…
  7. broccoli-1974801_960_720 10日間「オーガニックのものだけ」を食べた家族の尿中の農薬数値、…
  8. コーヒーは陰性でも悪ではない!全てのコーヒーラバーに送る、薬膳的…

新着記事

デイリーランキング

IN YOU公式レギュラーライター 一覧

  • 松浦愛
  • manami sasao
  • くみんちゅ
  • 小林 くみん
  • IN YOU 編集部
  • ami tominaga
  • 越野美樹
  • まどか
  • tomomi
  • izumi
  • 松永加奈恵
  • 河口あすか
  • 前之園知子
  • はりまや佳子/Yoshiko Harimaya
  • yuko matsuoka
  • 佐野亜衣子
  • Koyuri
  • 金戸 隆雄
  • 高橋直弓
  • 伊賀るり子
  • 上村 歩
  • 廣瀬花
  • 赤嶺 福海
  • 室谷 真由美
  • 弛津ひなこ
  • kei
  • 湊 綾香
  • Mint
  • haru.
  • maejima kanako
  • jyunko
  • akimura

カテゴリー

PAGE TOP