くらし

意外な盲点。ボディソープだけじゃなく「どんなもの」で洗うのか。ひそかに復活しつつある 昔ながらの知恵『ヘチマ』。10つの驚くべき秘密とは。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
3bb84bd6f83922678364fd4b916b1440_s

ここ最近は、週末も出かけられるような冬晴れの日も増えました。

うってかわって、日本気象協会が発信する乾燥予報(うるおい指数)は
このところ「(乾燥)注意」の日々が続いていますが、みなさまのお肌乾燥具合はいかがでしょうか?

d68fe57dc9aa711c8d8159d75564cb67_s
IN YOUの読者のみなさまには、
合成界面活性剤やオーガニックなどについて、意識してボディウォッシュを変えたり、石鹸タイプのものを選ばれている方も多くいらっしゃると思います。

合成界面活性剤に関しての記事はこちらをご覧ください:

石油由来の活性剤が使われたボディーソープの裏側。親子で「市販洗浄剤なし入浴」をしてみて見つけ得たものとは。

子どもの皮膚に過度な洗浄は禁物!洗浄剤をやめたとたん皮膚疾患が治癒し始めたわが子の場合

ところで、そんな合成界面活性剤未使用のボディウォッシュやオーガニックの石鹸などにこだわっているとは思いますが、
普段 “なにで、どのように”洗っていますか? 

盲点だった!石鹸だけではなく「何」で洗うか。
ナイロンタオルで乾燥をひどくさせたり、シミを作ってしまう『洗い方』していませんか?

429dbbcd1abec2700f5c4a89e2e54b03_s
お手軽で安いナイロンのタオル。
どの石鹸で洗うのかまでは気をつけていても、何で洗うのかまでは行き届かない方がほとんどではないですか?

私は以前から痛みすら感じさせるナイロンタオルは苦手でした。


そこで、洗い方を調べてみると、なんと意外な盲点がありました・・。

ナイロンのタオルでごしごし洗っている!という方、乾燥肌はどうでしょう。

実はこの刺激が肌に強すぎて、乾燥を促進させる可能性があると言われています。

これを続けてしまうと、乾燥でとどまらず、皮膚の表面が傷つき、
古い角質のみならず新しい皮膚の必要な皮脂分まではぎ取ってしまい、雑菌が入りやすく炎症を起こしてしまう
こともあるそうです。

皮膚がかゆい、皮膚が荒れてきた・・・という悩みがある方は、石鹸の他にタオルも見直すべき時かもしれません。


6年〜10年続けて使うことで体に黒ずんだり、しみが出来、摩擦黒皮症にもつながってしまうことが懸念されています。
さらには、濡れたままのナイロンタオルなどで体を洗うと、そこから雑菌が湧いて、毛穴から入った雑菌が原因で皮膚が炎症したり痒くなったり、不潔であることも問題視されています。

なぜ黒くシミになるのか?

sunburn-2117351_640
メラニンとは日焼けをすると、肌が日焼けで黒くなりますが、摩擦など繰り返し皮膚が刺激され続けると、肌の表皮にある黒い色素細胞「メラニン」が表皮から真皮に入り込み、黒ずんでしまいます

日焼けのときは、紫外線を吸収する能力を高めるためにメラニンが多く作られますが、刺激に対しても、表皮を肥厚させる事で肌を守ろうとしているんですね。

メリットは、水切れが良いので菌が繁殖しにくいことがあげられます。

美容や健康に良いと最近ひそかに復活しつつある昔ながらの『へちま』のたわし。その秘密とは?

6c72f43c6a3f052559536d216d48e1dc_s
お湯につけたり、使いこむとだんだん柔らかくなってくる、へちまたわし
昔は家にあった、という方もいらっしゃるかもしれません。

確か実家にもあり、おばあちゃんと母がいろいろな用途で使っていた覚えが記憶の片隅に・・。
現代ではほとんど見かけなくなりましたね。

昔ながらのおばあちゃんのアイテム、『へちま』とは

d5a680d9488555c88dcdd87988a0bf4c_s
へちまはもともと熱帯アジア原産のウリ科の一年草で、江戸時代初期に日本に伝わったと言われています。
その果実は食べ物として使用され、へちまの実が完熟したときに取れる液体はへちまの化粧水などに使用されてきました。

また、皮をはぎ、種を取り除いたあとのへちま繊維は、ほどよい触り心地で、
吸水性と通気性にすぐれていることから、たわしをはじめ、身の回りの生活用品として幅広く活用されてきました。

そのへちま、実は、その美容と健康に期待できることは意外にもたくさんあったんですね。

1、足のかかとなどの古い余分な角質を取り除いてつやつやにしたり、
2、垢落としなどだけでなく、
3、マッサージしながら全身を洗うことでお肌に適度な刺激を与えてくれるとも。
4、ご自身の肌の調子を見ながら優しく洗うことで、皮膚への活性化も期待。
5、バスソルトのようにピーリング効果にもなり、すべすべのお肌にも期待


できるのだとか。

おばあちゃんの知恵、ともいうべく、へちまたわし。

また、最近では、たわしだけじゃなくいろんなアイテムが登場しているようです。

農薬不使用の愛情たっぷりのヘチマでできた富山県産 ヘチマ枕・タワシ・ヘチマバスター・ヘチマ中敷


しかも、こんなにもマルチに活躍してくれるなんて、昔の人の知恵は本当にすごいですね。
お買い得感すらあります。

8088f0ee63be0338dd45f9a2b3378ffc_s

通気性が良いので防カビにも◎!
体を洗う用として使いきった後は、お掃除にも使えてかなり、エコ。

1013212307_59e0b02b190ec
さらに、ヘチマたわし

6、通気性が良いと言われ、
7、吸収性に優れ
8、防カビや防虫
9、さらに防臭効果も期待できると言われています。
10、食器やシンクなどのキッチンまわりやお風呂などの掃除でも昔から大活躍。


体用に使って、やわらかくなりすぎてしまったら、
掃除用に・・という使い回しもできて経済的かつエコですね。

衛生面的にも普通のタオルと比べると大きな、メリットがあるのですね。

オーガニックへちまで実際体を洗ってみたところ、適度な刺激にはまりました!

1013212323_59e0b03b801ad
抗菌性、吸湿性、防虫効果がある天然素材・へちま。
一昔前では、日本のどの家庭のお風呂にもあったのだとか・・

みずに濡らす前は硬くて皮膚を傷つけないか心配になりましたが、
お湯につけると表面がやわらかくなり、泡をたてるとまた柔らかくなりました。

リネンタオルなどと違って、お風呂においていても、カビが発生することもなかったのです。

手で洗っては取れない、古い角質のピーリングもでき、へちまのしっかりとした繊維とお湯につかったときの柔らかさでちょうど心地よい固さになっていました。
これまでナイロンでガシガシ洗っていた方は、へちまを始めるともう、不自然な化学繊維には戻れないのではないでしょうか。

選ぶならもちろんオーガニックのへちまで洗うことをお勧めします。

オーガニックのへちまだからこそ、固すぎず脆すぎない絶妙な風合いを実感できました。

自宅でマッサージ&ピーリングが、へちまたわしひとつでできていたなんて、
おばあちゃんやお母さんの昔ながらの美容の知恵もなかなかのものだったんですね。

ぜひ年の変わり目にボディウォッシュと、「何で洗うか」の見直しをおすすめいたします。


IN YOUMarketでお肌を鍛える「無農薬のヘチマ」グッズをゲットしてみよう!

1013212307_59e0b02b190ec
富山県で農薬や化学肥料を使わずに育てられた天然へちまのたわし&バスターセット、カラーたわし、靴の中敷き、枕。
へちまは熱帯アジア原産のウリ科の一年草で、江戸時代初期に日本に伝わりました。
皮をはぎ、種を取り除いたあとのへちま繊維は、ほどよい触り心地で、吸水性と通気性にすぐれていることから、身の回りの生活用品として幅広く役立ってきました。

オススメの記事

美容とダイエットだけじゃもったいない!免疫力にも関係!?脳の活性化デトックス!?秘めたるココナッツオイルのパワーとは

ジョンマスターオーガニックの製品自主回収に学ぶ! ほとんどが偽物?!悲しき日本の「オーガニックコスメ」の実態

ぱっと見美味しそうに見える、発ガン性を疑われる添加物「カラメル色素」の危険性って、実際のところどうなの?コーラ系飲料、黒ビール、コーヒー飲料には特にご注意!


IN YOU一押しコンテンツ
究極のアンチエイジング。自然治癒力を高め老化抑制する方法。
本当に安全なオリーブオイルの選び方
ここまでこだわったのは初めて!体をととのえるオーガニックな酵素

オーガニックなオンラインストア IN YOU Market OPEN!

詳しくはこちら

  • この記事が気に入ったら
    いいね!しよう


いいね!して、
IN YOUの最新記事を受け取ろう。

hiroro
本業は、海外のオーガニック・ヴィーガンコスメ・日用品を扱うブランドマネージャー。 25カ国以上を渡り歩き、世界各国のオーガニック、ヴィーガンな食品やコスメ、ライフスタイルに触れる。 ヴィーガンになったきっかけは、家畜の悲惨な現状と、それが人にもたらす健康被害を知ってから。 “動物を尊重した選択肢を作り出すこと”を掲げた任意団体「ソーシャライトジャパン」のスタートアップメンバーでもある。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 032のコピー2 豆乳ヨーグルトの美味しい作り方と毎日飽きずに食べ続けられる豆乳ヨ…
  2. vegetarian-2142962_960_720 日本ではあまり知られていない抗酸化を数値で示す「ORAC値」って…
  3. ワキガの臭いの原因は食生活にあった!ワキガのにおいを対策する食べ…
  4. pumpkin-seeds-1323854_960_720 顕在意識の19倍もある「無意識」を簡単に浄化し、幸運体質になる方…
  5. 日本人の85%は「乳糖不耐症」!27年間治らなかった副鼻腔炎が、…
  6. water-2192624_960_720 水は全てを知っている!?今後人間の健康に大きく関係する「水は情報…
  7. 元organicadviser.001 8/18 夏に輝くおとな女子へ!これで夏のデトックスは完璧。超豪…
  8. linseed-514895_960_720 体に良さそうな油が病気を呼ぶ?妊娠中・母乳育児中のママ必見!母乳…

新着記事

デイリーランキング

IN YOU公式レギュラーライター 一覧

  • 松浦愛
  • IN YOU 編集部
  • くみんちゅ
  • 小林 くみん
  • 越野美樹
  • 佐野亜衣子
  • 松永加奈恵
  • 品川まどか
  • hiroro
  • 工藤 万季
  • izumi
  • riko tanaka
  • 河口あすか
  • lelien
  • 煙山 昭子
  • 池田 歩
  • うちゅう
  • yuriesasaki
  • yokosato
  • 前之園知子
  • 松橋佳奈子
  • haruna
  • 桺町 瑠璃
  • 霜崎 ひろみ
  • ZuYu
  • 永樂茶百合
  • はりまや佳子/Yoshiko Harimaya
  • mamiko
  • 加藤 晴之
  • hata ikue
  • 福原真一郎
  • ayukotaniguchi
  • MARIE
  • AYANO
  • 加藤 貴大
  • 柳千妃路
  • ゆみえこば
  • 滝野 清
  • 山﨑 拓
  • 室谷 真由美
  • 山口 りりこ
  • Akitsu Kitahara
  • Ayako Endo
  • 深井ゆきえ
  • UharaRisa
  • Kayo
  • arikawatoshiko
  • 井村 政子
  • 中村 りえ
  • 鈴木 こなみ
  • YoshiAraki
  • yumi
  • keiko nakagawara
  • 坂田 まこと
  • joko
  • AKIKO MIYAKAWA
  • 小泉 沙耶
  • Mao
  • jyuan
  • 豊池 晃
  • 近藤 栞
  • 佐藤いづみ
  • 古村優里
  • akemi
  • 森智世
  • ami iwasaki
  • 関塚 祥子
  • 桜桃
  • 柳原 里実
  • 三浦 郁惠
  • nana
  • yoko
  • 平野浩靖
  • 高根 佳子
  • 阿南 まどか
  • 佐々木 里奈
  • yoshimike
  • ayumifukuda
  • 袴田 はるか
  • 桑村 亜美
  • 益戸 梢子
  • 岡田 佳子
  • Kawasaki Mariko

カテゴリー

PAGE TOP