よみもの

もむ・たたく・押すはもう古い。 間違ったケアがストレスを引き起こす原因だった!ゆるめるマッサージで究極のリラックを手に入れる方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
wellness-1021131_960_720

体のケア、していますか?


IN YOUの読者さんの中には仕事や日常に追われて慌ただしい毎日を送っている方も多いのでは。
あわただしい毎日の中、つい自分の体のケアは後回しになりがちですよね。

毎日の積み重ねで、知らず知らずのうちに身体にはわたしたちの想像を超えるほどストレスがかかっています。
緊張したりストレスがかかると無意識のうちに顎関節に力が入り、それが全身の神経に伝わり筋肉の疲れとなります。

運動したりストレッチやマッサージ、アロマや癒しのアイテムを使ったり、ストレスの解消法や体のケアは人によってさまざま。
身体がリラックスできて疲れを自分で癒せる方法を知れば、毎日をもっと快適に送ることができます。

体をほぐしてリラックスすることが一番の近道です。
まずは間違ったケアをやめることから始めてみてくださいね。

もむ・たたく・押すはもう古い!
間違ったケアが体のストレスを引き起こす原因だった

9
身体の痛みや不調を抱えていて整体院やマッサージに通われている、なのになかなか痛みが改善しないという方がとても多いです。
一時的には調子が良くてもすぐに元の状態に戻ってしまう・・・
また整体院に通う、の繰り返し。

わたし自身も左足をケガしたことがキッカケでその状態に陥っていました。
整体を受けた数日は調子がいいのですが、数日後また痛みが復活して休日はすべて整体院に通う、というような生活。
痛みから解放されたい一心でいろんな治療を検索し試す、といった具合。
鍼・電気治療・整形外科のリハビリ・気功・温熱・・・
慢性化していたわたしの身体にはどれも一時的な効果しか得られず、快方に向かうとは実感できずにいました。

痛みをがまんして仕事をしたり、生活を送ることがどんなに苦痛か、心まで沈み込んで先の見えない状態に陥っていました。
わたしのように不調を抱えながらもがまんして生活されている方もきっと多いはず。スポーツをしている子供の怪我も増えているようです。

正しい治療を受けないと後々の生活に関わってきますので、今の治療法で本当にただしいのかぜひ一度見直してもらうことが大切です。

それまでわたしが受けていた治療法は揉んだり指圧しながら硬くなった筋肉をほぐして血流を促す、というものです。
ある整体院との出会いでそれまでの治療は間違いだった、ということに気が付きました。

体のどこかに痛みや炎症を起こしている場合、その箇所だけでなく身体は極度に緊張状態にあります。
患部に強い刺激を与えてしまうと身体は痛む箇所を保護しようとさらに緊張状態を強めます。

筋肉は揉んだり押したりすると一時的にはほぐされ血流が良くなって効いている気がしますが、
受けた刺激によって細胞が壊されさらに筋肉を硬くする性質があります。

こういった治療を続けることで筋肉は柔軟性を奪われどんどん硬化します。
さらに、強くて痛みのある施術を受けるとそれに対して交感神経が働き、本来の自然治癒力が発揮できない環境となります。
すなわち痛みが慢性化する原因となります。

よかれと思って受けている治療が痛みの原因をさらに作っていたとはショックですよね。

筋肉をゆるめると身体はリラックスする。
自分でできるセルフケア方法

足がむくんで疲れた時や肩こりのとき、ついつい叩いたり揉んだりしてしまいますよね。
先述したとおり、強い刺激は筋肉に返ってストレスを与えるので一時的な対処療法でしかありません。
辛い症状を自分でもっと簡単にケアできたら理想ですよね。その方法をお伝えします。

・足のむくみや痛み

3331
  ➀太ももの前面を足の付け根から手の指を使って、なでるように流す。膝まで10回。

このとき力は入れず軽くさするようにしてください。

➁太ももの裏を➀と同じようにさする。

➂膝から足首まで前面・裏面ともに➀と同じようにしてください。

この方法で血液の流れが良くなり、老廃物を運べる環境になりました。

外出先の手当てなら➂の膝から下だけでもむくみや疲れには効果があります。
次に自宅でケアするならこちらも加えていただくとさらに効果的です。

➃上のケアの後、両手で太ももの前面と裏面をサンドします。
サンドするときに深呼吸をする。
このときも力は入れず、軽くふわっと手を乗せる感覚で。
膝に向かって挟む位置を変えていきます。

➄膝から下も➃と同じようにします。

➅最後に➀~➂までを行う。 

>>このマッサージにおすすめな100パーセントオーガニックオイルはこちら



足裏も同様にすると足全体の疲れはさらに取れやすいです。
決して力を入れないこと。

こちらはむくみや疲れだけではなく、成長期の子供にみられるオズグッド、整形外科では手術を薦められる足底筋膜炎、肉離れや捻挫にも効果を示します。自分だけではなく他人にも同じようにケアしてあげられるので、子供や家族に困っている方がみえたら施してみてください。

・肩こり

  ➀特に痛い箇所、こわばっている箇所を探す。
片方の指2本で少し圧を加えながら深呼吸を3回

➁その箇所に片方の手の平を乗せて空いているほうの手首を振る。10~20回。
 

・肩こりに効くストレッチ

3fbb
  ➀両足を肩幅に開いて片方ずつ腕を前方向に垂直に上へ上げていく。
腕はなるだけ伸ばして身体より手の先が遠くを通るように意識しながら上げていく。

➁もう片方も同様。➀の腕はそのままあげたままでよい。

➂最初の腕を下げてもう一度上げていく。片方ずつ10回程度。 

こちらは肩こりだけでなく腰やわき腹も伸ばすので、腰痛の方にもおすすめ。
痛みが激しい場合は避けてください。

3
足のケアでお伝えした➀の方法で、痛みがあるところならどこでも応用が効きます。
なでたり擦ったりするだけで血流は良くなり、自然治癒力が働ける環境を作れ身体はリラックスします。

慢性化や炎症している方は専門家の助けが必要となりますが、日頃のストレスケアならこの方法でも随分身体のコンディションは変わってくるはず。
足のケアをトータルで行うならお風呂から上がって就寝前がおすすめです。
副交感神経が働いて、とてもリラックスした状態で眠りにつけるのでさらに効果も期待できるでしょう。

深い眠りを得て疲れを取る方法

現代人は交感神経優位のなかで生きています。
蛍光灯の明かりを浴びるだけで交感神経は刺激されます。

夜になっても副交感神経のスイッチが入りにくく、さらにTVやPC、スマホのブルーライトを浴びることで神経は休まらず眠りの浅さの原因に繋がります。
深い眠りで身体の深部の疲れをスッキリ取り、快適な目覚めを得るためには工夫が必要となってきます。

・夜入浴の際、湯船につかるときは電気を消す。

34fg
脱衣所のほうの電気を付けて直接明かりを浴びない。

・パジャマ・寝具にこだわる。

寝るために考えられたパジャマは身体のどこも締め付けることなく快適です。
素材も体温調整をスムーズにする天然素材のものにしてください。部屋着とパジャマは分けるというところがポイントです。
分けることで脳が寝るモードに切り替わります。

寝具のシーツもぜひ天然の素材のものを。
まくらやマットにこだわるのも快適な眠りを手に入れるためには重要な項目です。

・できる限り20時までには食事を済ませて、軽めの食事内容にする。

2ddddddfg
ヒトの身体は正午から20時までが消化に当てる時間で、20時から朝4時までは栄養を吸収する時間となります。
可能な方は消化に働く時間までに夕食は済ませましょう。
せめて就寝の3時間前には済ませて軽めにしてみてください。

消化に時間がかかり、老廃物の溜まりやすい動物性食品、乳製品はできるだけ少なくすることもコツ。

・寝室はできるだけシンプルにキレイにしておく。

朝起きたら寝室の空気を入れ替え、体内時計を正確にするためできれば太陽の光を浴びてください。
太陽のエネルギーを体内に取り込めるので元気が出るのでおすすめです。

寝室には観葉植物や備長炭など空気をきれいにするアイテムを置いておき、こまめに掃除をしてください。
埃のたまりやすいものを置かないということもコツです。

寝ている間に組織の成長・病気や疲労回復させる成長ホルモンは働きます。
また空気がキレイだと必然と呼吸が深くなります。
酸素をたくさん体内に取り込めるということも疲労回復につながりますので、関係がなさそうに見えて実はとても重要となってきます。

・寝る前は脳を休ませる

脳の疲労が体の疲労にも繋がるので寝る前に本を読んだり、ブルーライトを浴びない、見ないということも眠りの質を左右させます。

最後に 自分の体をいたわろう

体を健康的に保つにには、マクロビオティックでも言われるように毎日の食事が大事ですが、自分の体と向き合ってセルフケアする時間も同じくらい大切。
体の変化に気がついたり、心の状態を知ることができます。

今回挙げたセルフケアは一部ですが、時間を見つけて行っていただくと身体が変わってきます。
ご自身で身体をリラックスすることができればストレス社会も少しは楽に生きられるのではないでしょうか。

専門家によるメンテナンスももちろん必要ですが、毎日の過ごし方は私たちの身体に良くも悪くも大きく影響してきます。
ささいなことが大きな不調につながる原因を作っている可能性もあります。
ぜひできることから取り入れてみてくださいね。

>>マッサージにおすすめな100パーセントオーガニックオイルはこちら



この記事を読んだ人におすすめの他の記事
アルガン、ココナッツを超える?新たなスーパーオイルと話題の『マルラオイル』って何?

あらゆる慢性病に効くといわれた凄い薬効がつまった「びわの葉」のチカラとは?

一家に一つあれば薬いらず!?「マヌカハニー」選ぶポイント・効果効能・おすすめの食べ方。


IN YOU一押しコンテンツ
究極のアンチエイジング。自然治癒力を高め老化抑制する方法。
本当に安全なオリーブオイルの選び方
ここまでこだわったのは初めて!体をととのえるオーガニックな酵素

オーガニックなオンラインストア IN YOU Market OPEN!

詳しくはこちら

  • この記事が気に入ったら
    いいね!しよう


いいね!して、
IN YOUの最新記事を受け取ろう。

TakiAki
三重県鈴鹿市在住。 アパレル業界にて12年勤務後、マクロビオティックと出会い、本格的に学び薬に頼らず身体の内外に働きかけるナチュラルケアを提案しています。 happyをつむぐ料理教室「amiusa」の出店に向けて活動中。 さとう式リンパケア、薬膳コーディネーター、国際薬膳食育師の資格保有。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. その野菜くず捨てないで!病からあなたを守るファイトケミカルの宝庫…
  2. 一袋200円のサプリに意味はあるのか?国内に出回る市販サプリメン…
  3. ニュージーランド スワップ運用 日本を離れて初めて知った、海外の食事情。日本では当たり前のことが…
  4. コーヒーは陰性でも悪ではない!全てのコーヒーラバーに送る、薬膳的…
  5. sl05 「サロン・デュ・ショコラ」で発見!バレンタインに贈りたい自然派チ…
  6. fotorcreated 30年で3倍に増えた乳がん。乳がんリスクを上げる「6つのリスク要…
  7. fotorcreated アトピーの本当の正体とは。顔面湿疹の酷い症状を自力で完治したから…
  8. 繧サ繝ゥ繝偵z繧ケ繝・therapist03 あなたの未来が変わる瞬間:2017年3月、INYOUオーガニック…

新着記事

デイリーランキング

IN YOU公式レギュラーライター 一覧

  • 松浦愛
  • manami sasao
  • くみんちゅ
  • 小林 くみん
  • IN YOU 編集部
  • 越野美樹
  • ami tominaga
  • まどか
  • tomomi
  • izumi
  • 松永加奈恵
  • 河口あすか
  • 前之園知子
  • はりまや佳子/Yoshiko Harimaya
  • yuko matsuoka
  • 佐野亜衣子
  • 高橋直弓
  • Koyuri
  • 金戸 隆雄
  • 伊賀るり子
  • 廣瀬花
  • 上村 歩
  • 赤嶺 福海
  • 室谷 真由美
  • 湊 綾香
  • 弛津ひなこ
  • kei
  • haru.
  • maejima kanako
  • Mint
  • jyunko
  • akimura

カテゴリー

PAGE TOP