くらし

魚を通じて人体に悪影響を及ぼす。日本人に最も身近な有害物質 マイクロプラスチック汚染の実態

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
fotorcreated

海だけでなく、人間にも影響を及ぼすマイクロプラスチック汚染。

環境汚染=「私には関係ない」と思っていませんか?


%e6%b5%b7%e3%81%ae%e3%82%b4%e3%83%9f
海の深刻な問題となっている「マイクロプラスチック汚染」

少し前にテレビやネットで目にしたニュースで「海のマイクロプラスチック汚染」というトピックがありました。
初めて知った汚染問題で、「へぇ~そうゆうものがあるんだ~。」と思ったものの、どこか他人事なところもありました。

環境問題というと、地球規模の大きな問題だから、“自分なんて何もできない。”という気持ちがあったのだと思います。

それから少しして、マイクロプラスチック汚染について再び耳にする機会があり、その原因に洗顔料歯磨き粉などが関係しているという事を知り、愕然としました。

さらにそれらが人体にも悪影響を及ぼしているということも知りました。

あまりにも身近な物だったので気になって調べてみたところ、「私にも出来ることがある!」と分かったのです。

マイクロプラスチック汚染とは一体何なのか。


%e6%b5%b7%e3%81%ae%e3%82%b4%e3%83%9f2
海にプカプカ浮いている流木などに混じって、あらゆるゴミが流されたり、海岸に打ち上げられています。

その中で近年注目されているのが、「マイクロプラスチック」と呼ばれる微小サイズのプラスチックのゴミです。

これらは、スーパーのゴミ袋ペットボトルなどのプラスチックゴミが漂流している間に割れたり砕けたりして小さくなったもの。

プラスチックのサイズは、「1mm以下」や「5mm以下」など研究者によって定義が様々ですが、微小サイズのものというイメージでしょうか。

マイクロプラスチックは、熱や太陽の光によって砕けることはあっても海洋で分解されることがありません

つまり、海に流れ出たマイクロプラスチックは長い間、海を汚染し続けてしまうのです

海にマイクロプラスチックが存在すると何が起こるのか。

海にマイクロプラスチックが浮いていることで、実際にどんな影響があるのか。

あまり良くないイメージはできると思いますが、具体的な影響を挙げてみましょう。

海洋生物に対する大きな悪影響。

出典:一般社団法人環境金融研究機構

出典:一般社団法人環境金融研究機構


様々な海の生き物がマイクロプラスチックを誤って摂取してしまうことが問題になっています。


その実態は研究によって明らかに。

小さな海洋生物がマイクロプラスチックを食べ、その魚を大きな魚が食べることで、海洋生物のマイクロプラスチック汚染が広がることが懸念されています。

さらに、栄養が全くないマイクロプラスチックを食べることで満腹になってしまい、発育不足を引き起こし、生態系のバランスが崩れるという心配も。

私たちが普段食べている魚の中にも微小のマイクロプラスチックが含まれているという可能性もあるのです。

マイクロプラスチックに付着した有害物質の害。

%e3%83%9a%e3%83%83%e3%83%88%e3%83%9c%e3%83%88%e3%83%ab

マイクロプラスチックの表面には、色々な物質が付着しやすいのも事実。


海洋では海の生物が誤食、ゴミと一緒に打ち上げられた海岸でペットなどが間違えて口にしてしまうと、付着した有害物質も一緒に体内に取り込まれてしまうという危険性もあります。

実際に、水鳥などの体内からプラスチックや、そこから溶け出したと推測される有害物質がみつかっているという例もあります。(東京大学海洋アライアンスHP参照)

マイクロプラスチックによって私たちの体にどう影響するのか?

発がん性物質を吸収しやすいマイクロプラスチック


マイクロプラスチックによって具体的に私たちの体にどう作用するのでしょうか。


具体的には前回ご紹介した記事を見ていただけたらと思いますが、

マイクロプラスチックダイオキシン類やPCBが付着しやすい性質があります。
これらの有害物質は乳がんやそのほかの重篤な疾患の原因になることも考えられ、注意が必要です。

✔生殖異常
✔発がん作用
✔内臓への疾患
✔ホルモン異常


さらに、ホルモン異常や生殖異常を引きおこすことも懸念されており、
不妊や奇形の可能性が高まるともいわれています。

有害物質について詳しくはこちらを参照してください


体に取り込んだ有害物質による病気は、あなただけでなく、子どもや子孫へ受け継がれる!「継世代毒性」の真実。

どうしてマイクロプラスチック汚染が広がってしまったのか。
その原因は?

マイクロプラスチックが海に広がる原因は、海に漂流しているプラスチックゴミ。


2014年国連環境計画で発表された「世界で新たに生じている環境問題」と題する報告書の中に盛り込まれたマイクロプラスチック問題の記述の中で、“マイクロプラスチック自体が、歯磨き粉、洗浄ジェル、顔用クレンザーなどに使われており、漂流プラスチックの劣化とは別に、生活排水からもこの問題に拍車がかかっている”という指摘がありました。

歯磨き粉や洗顔料に含まれるマイクロビーズも原因のひとつ。

出典:www.dclog.jp

出典:www.dclog.jp


歯磨き粉や角質を除去する合成化学物質が含まれたスクラブ洗顔料に含まれるプラスチック粒子「プラスチック・マイクロビーズ(以下マイクロビーズ)」が、汚染のひとつとして問題視されています。

マイクロビーズは、細かく水に浮く性質があるので排水処理プラントを通過し、多くの下水処理施設を通過してしまいます。(濾過する網の目がマイクロビーズより大きいものが多いことから)

海に流れ出たマイクロビーズは、様々な有害物質を吸着しながら海を漂流するゴミなどと一緒に汚染を広めてしまうのです。

世界各国で規制が始まっているマイクロビーズの使用。日本では?

まだ規制には時間がかかりそう・・・・・

%e4%b8%96%e7%95%8c%e3%81%ae%e5%9b%bd%e6%97%97
国連で発表があったことから、世界各国でマイクロビーズの使用について規制する動きがあります。

2014年2月、ニューヨーク州政府によりマイクロビーズを使った製品の販売を禁止する法案が提出されました。

翌年、2015年10月アメリカ・カリフォルニア州では2020年までに生分解性(微生物などによって分解される)のマイクロビーズを含め禁止するという法案が制定されました。

さらに、コロラド州・コネチカット州など8つの州で、マイクロビーズを含むパーソナルケア製品の製造を2017年末から禁止。2018年末には禁止するという法律も制定されました。

この動きは米国だけにおさまらず、2016年9月イギリス政府化粧品やボディケア用品などの「マイクロビーズ」の使用を2017年末までに禁止する政策を発表しました。

法整備以外にも、アメリカ、イギリス、フランスの化粧品メーカーでもマイクロビーズの使用を止め、自然素材に切り替えるという考えを発表しました。

日本でも、マイクロビーズを使った製品は多く販売されていますが、国による規制大手メーカによる具体的な改善案などは今のところ明らかにされていません。

マイクロビーズが入っているか否かの見分け方法。

%e6%b4%97%e9%a1%94%e6%96%99
マイクロビーズが使われている商品で有名なのは洗顔料ボディソープ歯磨き粉

その中でもマイクロビーズが入った洗顔料は、海の汚染だけではなく目に入ると眼表面を傷つけると言われています。

2010年8月18日付けの厚生労働省の通知「スクラブ等の不溶性成分を含有する洗顔料の使用上の注意事項について」の中で「眼表面を傷つけるおそれがある」と記載されています。

(※スクラブ等の不溶性成分には、マイクロビーズも対象として含まれています。)

マイクロビーズの具体的なパッケージの成分表示では

・ポリエチレン

・ポリエチレン末

・ポリプロピレン


と表示されているので、購入の際にはこれらが入っていないかチェックしてください。

直接、「マイクロビーズ」と書いてないので、正直分かりにくいですね。

最後に


%e8%b5%a4%e3%81%a1%e3%82%83%e3%82%93
世界規模の環境問題「マイクロプラスチック汚染」には、とても身近な洗顔料や歯磨き粉、ボディソープが原因の一つになっていたのです。

環境汚染ときくと自分には関係ないように思いがちかもしれませんが、

魚などを通じて間接的に食べた人間たちが恐ろしい病気を引き起こす原因ともなっていることが明らかになった今、決して他人ごとではありません。

人間が引き起こした汚染は、結果的に人間にまわってくるのです。

これ以上、海の汚染を広めないために、わたしたちができることの一つが「マイクロビーズが入っていない商品を選ぶ。」ことです。

これらの商品の中には、マイクロビーズに限らず、人体によくない影響を与える成分も入っているでしょう。

これをきっかけに、生活への密着度が高いアイテムを選ぶ基準を見直してみるのはいかがでしょうか

以前の私は、有名メーカーなら安全と根拠なく信じていたし、価格も安いものがいいという基準でした。

しかし、色々な知識を得るにつれて、基準は自然と変化してきました。

化粧品やボディケア用品は【口に入っても大丈夫なくらい安心・安全なもの】というのが基準の一つになりました。

毎日元気に活き活きと過ごしせていることに、この“物を選ぶ基準”が大きく影響していると思います。

安心・安全で身体に優しい素材を使って製品を作っているメーカーもたくさんあります。

価格は多少高いものもありますが、良い素材を使っているので仕方がありません。

今何を大切にするかで、将来の自分が得るものも変わってきます。それが環境問題の抑制や改善にもつながっていくのです。

今、出来る事からはじめてみませんか?


この記事を読んだ人におすすめの他の記事

30年で3倍に増えた乳がん。乳がんリスクを上げる「6つのリスク要因」と、乳がんになりにくい生活の送り方。

天然?養殖?汚染された魚介類から身を守る方法。魚介類を買う時にチェックすべきポイントとは?

体に取り込んだ有害物質による病気は、あなただけでなく、子どもや子孫へ受け継がれる!「継世代毒性」の真実。


IN YOU一押しコンテンツ
究極のアンチエイジング。自然治癒力を高め老化抑制する方法。
本当に安全なオリーブオイルの選び方
ここまでこだわったのは初めて!体をととのえるオーガニックな酵素

オーガニックなオンラインストア IN YOU Market OPEN!

詳しくはこちら

ざくろジュース

  • この記事が気に入ったら
    いいね!しよう


いいね!して、
IN YOUの最新記事を受け取ろう。

佐次本陽子
3歳の息子を育てるシングルマザー。 インターナショナルスーパーフードアドバイザー資格所持。 スーパーフードと出会い、食の大切さを知る。 以前は売ってるものは安全と思って何でも食べ、体調を崩すこともあったが、スーパーフードを生活に取り入れ、親子揃って健康体になる。 現在もオーガニック、マクロビオティックについて学び、知見を深めている。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. umeuem 簡単な手作り梅干しの作り方。自然の万能薬・梅のパワーを取り入れる…
  2. dsc_5879 全て10分以内でできる!食べられる材料で、お家で安心入浴剤&パッ…
  3. FotorCreated 生理痛が当たり前だと思ってたら大間違い!実はもっと怖い病気が隠れ…
  4. img_6400 おやつやおつまみに最高!食べる手が止まらない!サクサク豆腐フライ…
  5. oganiku1 「大好きなことを仕事にしたい!」をかなえる、食の資格。一日で取得…
  6. staff マクロビ大好き運営チームの裏側|マク大スタッフ日記
  7. 12966061_10208965701085599_1346649514_n 世界の頂点に輝くレストラン「noma」の、自然と対話する料理
  8. 2014.05.27-Epigenome-Illuminated-With-Laser-Pulse-Technology-e1401251102656 遺伝は毎日の食生活や習慣によって更新される!後天的遺伝情報 エピ…

新着記事

デイリーランキング

ライター

  • 松浦愛
  • manami sasao
  • 小林謙太郎
  • くみんちゅ
  • 戸田 耕一郎
  • kumin
  • 宮本知明
  • まどか
  • izumi
  • 佐次本陽子
  • TakiAki
  • はりまや佳子/Yoshiko Harimaya
  • IN YOU 編集部
  • 河口あすか
  • 宮崎麻実/Mami Miyazaki
  • 前之園知子
  • 山口菜摘美
  • Koyuri
  • 村井砂織
  • yuko matsuoka
  • 加藤美希
  • 高橋直弓
  • 金戸 隆雄
  • 越野美樹
  • 増田佳子
  • 小池 桃香
  • Shoko Fujii
  • 青山 ひかり
  • 水川美希
  • kimuratomomi
  • ゆっか
  • 千原 清花
  • 黒澤彩
  • yuko funatsu
  • 宮浦 浩美
  • 伊賀るり子
  • Saori Tanaka
  • Mika K. Alpay
  • iisa
  • isacoco
  • 穴沢悦子
  • kanaho takahashi
  • 茂木紀三巴
  • タカ大丸
  • 奈南有花
  • 西田 かおり
  • TakeuchiMariko
  • あおき ヒカリ
  • 室谷 真由美
  • tori

カテゴリー

PAGE TOP