よみもの

年末年始の過ごし方で、来年の健康状態は変わります。内蔵が疲弊する年末年始にこそ実践したい3か条。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
japanese-food-993053_960_720

年末年始の過ごし方で、来年の健康状態は変わる

a0df5cfbd5d54cefc3a425b59c3d8635_s
ローストチキン、
ケーキなどスイーツ、
すき焼き、ローストビーフ、ステーキ、
かに鍋、ぶりしゃぶ、
おせち、冷たいビールにワイン。


忘年会や家族親戚との集いなど、年末年始はごちそうが続きます。

つい、食べ過ぎてしまいます。

人が集まって食事する機会が1年で最も多くなる時期ですから、何を食べるか、自分でコントロールできないことも多いですね。

「ごちそう」は、腸に負担をかけるものが多く、更に過食がちになると、質と量のダブルパンチになってしまいます。

来年の心身の健康は、年末年始の食べ方で決まります

免疫の約7割を司る腸。
口から入ったものを消化・吸収して不要なものは排出、循環を司る腸。


腸の状態が、心身の健康を決めていることは、もう皆さまご存知の通り。

おさらい!
腸内環境が悪くなると、リスクが高まる健康問題

offal-1463369_640
・風邪やインフルエンザなど感染症
・頭痛
・慢性疲労
・うつ病や不安障害を含む気分障害
・便秘または下痢
・ぜん息
・アレルギーのような食べ物への過剰反応
・肥満


毎年必ず周りで何人か、お正月に体調を崩して寝込んでる人っていませんか?
年末の疲れが出ちゃったんだね〜とみんなで声をかけますが、本当にそうなのでしょうか。

年末に食べていたもの・食べ方で、腸を疲弊させてしまったことが大きな要因であるはずです。

また、お正月。
朝からお節(糖質たっぷり)を食べて、糖質スパイラルにハマって食欲旺盛、お雑煮まで食べちゃって。

その後は程良い眠気で、温かい室内でゴロゴロ・・・。
これがお正月ならではの最高の過ごし方!なんて思っている方も多いのではないでしょうか?
これは誰もが経験したことあるはず。

e929a99e7b055bb0dde6dbee42939a3c_s
腸内環境の悪化が慢性疲労に繋がるっていうことは、皆さんしっくりきますよね。
脳が溺れている気持ち良さの反面で、腸が悲鳴をあげている証拠です。

集中力も低下しますので、このままホヤホヤ仕事始めを迎えても、パフォーマンスは上がらず。
せっかく新年なのに、良いスタートダッシュを迎えられません。

糖尿病、高血圧、ADHD、自閉症など。
生活に支障が生じるレベルの疾患も、腸内環境との関連が深くあります。


他人事としてあなどることなかれ
重大な健康問題でなくても、先に挙げた不調は体内で炎症が起きている証。

炎症だということに気付かず、食を改めて火消し作業しないと、いずれ立派な病歴ができていくことでしょう。
食歴は病歴。

不調になったら、抗生物質や薬に頼ればいい・・と考えている方も要注意です。

乳がんと抗生物質の関連性

medicine-2068135_640
抗生物質が体内に入ると、特定の細菌が直ちに絶滅して他の種類が増殖し、
腸内細菌のバランスを大きく変えてしまうことは、既にご存知かと思います。

2004年に「米国医師会雑誌」に掲載された研究結果では、
抗生物質を使用した日数と乳がんのリスクの上昇には、明白な関係があったのだ。

抗生物質をもっとも多く使用した女性たちは、乳がんのリスクが二倍になった。「腸の力」であなたは変わる  デイビッド・パールマター/クリスティン・ロバーグ著
抗生物質が乳がんを発症させるということを示したのではないが、強力な薬物による腸内フローラへの影響と、脳や神経系を含むがんのリスクとの間には、密接な関係があることが示されるだろう、と唱われています。

薬を服用しないようにしていても、この時期に気をつけたいのが、食品を通しての抗生物質の摂取。
皆が集まる場での、お肉に注意です。

IMG_1682 『「腸の力」であなたは変わる』より

食肉生産での抗生物質の使用で先頭を走っているのは、アメリカ。

年間で販売される全ての抗生物質の約80%が、食肉用途となっています。

グラフを見て、日本の数値も意外と高いと感じたのは私だけでしょうか。
アメリカ産を避けていても、国産だからといって安心してはいけないのだなと感じましたが、皆さんいかがですか?

腸内バランスを保てれば、
多少の毒を摂っても無害で済ませられる

27517cf056734bc9b4d5f81e0ee065e0_s
日常心がけている通り、毒を摂らず、お腹を冷やさず、量を節制できるのであればそれに越したことはありません。
でもせっかくの仲間との楽しい食事の場で、自分を厳格に規制しすぎるのも難ですよね。

多少ハメを外してしまったとしても、すぐに腸内バランスが良好に戻って悪い力が優勢にならなければ、大丈夫。

便秘は幼少時から・・・腸内環境の悪さで数々の疾患に悩んだ私が、
腸内環境を良くする為に様々試して効果を感じたことの中で、特に年末年始の今、皆さんに行って頂きたいことを3つお伝えします。


簡単に実践できることばかり。
身体の中で起こることを理解・意識して、できることから早速行ってみてください!


来年も健康に過ごせるように。
年末年始の今、実践してほしい3か条

炭水化物を減らして良質の脂肪を摂る

asparagus-2308358_640
会食時以外、自分で食を選択できる時に意識してほしいことです。

外食や加工品の頻度が増えると糖質過剰傾向になりますが、
糖質が多く繊維質が少ない食事内容になると、腸内の良くない細菌にエサを与え勢力拡大を許してしまいます。


血糖値をバランス良く保つ食事は、腸内細菌のバランスも保ちます。
繊維の多い野菜や果物をたっぷり摂るよう心がけ、タンパク質源をサイドに。
揚げ物、パン、パスタ、ケーキ・・このようなものを食べる機会が増えるので、自分で食べる時はグルテンフリーも心がけたいです。

過度に脂質を避けちゃ、ダメですよ。

①「低脂肪」の食事(摂取カロリーのうち炭水化物60%、脂肪20%、タンパク質20%)
②「低血糖」の食事(炭水化物40%、脂肪40%、タンパク質20%)
③「低炭水化物」の食事(炭水化物10%、脂肪60%、タンパク質30%)
米ハーバード大学の研究者たちによる2012年に「米国医師会雑誌」に掲載された研究結果では、同じ総カロリーの3種類の食事のうち、③の「低炭水化物・高脂肪」食が最もカロリーを燃焼することが明らかになりました(『「腸の力」であなたは変わる』より)。

皆さんこの時期体重が増えがちになって脂肪を避けたくなると思うのですが、逆に脂肪をしっかりと摂ることで体重増加を防げるのです。
そして、体内での炎症の発生を未然に防ぎます。

butter-1449453_640
もちろん、良質の脂肪であることが重要です。
バターは太りそうというイメージをどうしても払拭できない皆さん、植物性のココナッツオイルだと受け入れやすいのではないでしょうか?
先日公開して、「試してみたい!」と声を頂き、大変好評だった【ビーガン発酵バター】をぜひ取り入れて頂きたいです。

混ぜるだけで完成!クリーミーで濃厚「ビーガン発酵バター」の作り方と、美味しすぎて悶絶!「乳酸菌入りチョコレート」の作り方。


DSC_5780
特に、ビーガン発酵バターを使って作る【乳酸菌入りチョコレート】が美味しすぎるのです。
有り難いことにビターに仕上げた方が、美味しさが最大限に引き立ちます。

朝から食べても血糖値爆上げの心配がないので、朝食をスキップする代わりに、午前中お腹が空いたらこのチョコをつまむのもおすすめ。
血糖値をコントロールしながら細胞膜をしっとりと潤わせることができ、結果腸にも優しく過ごせますよ。

プロバイオティクスを摂取する

腸内環境を破壊したいのか?と思う程、細菌たちに良くないものまみれの現代社会。
(詳細はこちらをご覧下さい。→ ガン、アレルギー、鬱病。増えゆく疾患は、日本人の腸内環境が危険な証拠!

PROVIOTIC_12
特に腸内の有用菌たちの機嫌を損ねてしまいがちな時期ですから、応援団を送り込んでやってください。
暴飲暴食してしまった時、お肉を食べた時、外食や出来合いの惣菜・弁当を食べた時、生ものを食べた時・・・
多めに摂取するようにしてみてください。

のむ・のまないでは、身体の具合は全然変わってきます。

今一番人気。オススメのプロバイオティクスはこちら


食中毒の気配を感じた時や、風邪の気配を感じた時にも、おすすめです。
発症後に薬を服用することなく、自然の力で、発症を最小限に食い止められるでしょう。
病院に行く時間とコストも、カットできますよ!

PROVIOTIC_17

スノードロップという植物の花弁から発見された乳酸菌を、
無農薬のオーガニック人参で培養させた、プロバイオティクスサプリメント。


私は個人的にプロバイオティクスマニアですが、菌の出所や培養工程までがこんなに明らかになっているものは他にありません。
松由来とカプセルまでもが自然由来となっており、サプリに抵抗がある方も安心してお試し頂けます。

植物性で身体の自然の摂理にそっと寄り添いながら働きかけてくれる、プロバイオティクスサプリメント。

一度試して、きっと皆さんリピートして下さっているのでしょうね。
IN YOU Marketの人気ランキング、不動のナンバーワン!
IN YOUお墨付きの品質の高さを感じて頂き、心身健康な好転の循環を1人でも多くの方につくって頂きたいです。

b9d6e5cf2fd73006ef840224c0e987b6_s

今一番人気。オススメのプロバイオティクスはこちら


味噌、納豆、ヨーグルト、ザワークラウト、キムチ、テンペなど、プロバイオティクスを多く含む食品も摂取することで、相乗効果を図ることができますよ。

プチ断食する

87c5257a79e291c0bcd425e842059bf9_s
消化しにくい食べ物を次から次へと口に入れがちとなる今の時期、腸を含めた消化器はフル稼働です。
腸が疲弊して消化が追いつかなくなれば、有害物質の排出が滞り、腸内バランスを破壊してしまいますね。

夜遅くまで食べたり呑んだりした時、食べ過ぎちゃった時、翌朝は腸をお休みさせてあげましょう!
寒い冬におすすめなのは、身体を温める作用を持つ葛や、熱々玄米スープを用いながらのプチ断食。

◆ 体の老廃物を排出しよう!日本の万能食「本葛」を使った新しいデトックス方法、「葛デトックス」のやり方。
◆ 命のスープとも呼ばれる、食欲がない病人をも救う奇跡の玄米スープの作り方。

会食前の調整も重要です。
会食の前日や当日は腸への負担をできるだけかけないようにしておき、フル充電の元気モリモリ状態で会食時のご馳走を処理してもらえるようにしておきましょう。
おすすめライトミールは、こんなもの。

玄米クリーム1

私たちは「生命を維持する為に働いてくれる菌」たちのオーナー

smiley-1041796_640
今回、特に年末年始の今にすぐ実践して頂きたい3か条をお伝えしました。
身体の状態や生活スタイルに合わせて応用しながら取り入れてみてください。

私たちの身体の中には数えきれない程の菌が棲みついていて、その菌たちの働きによって生命を維持することができています。菌たちのオーナーとして、その声に耳を澄ませ機嫌を損ねず、彼らが快適に共生できるようにしてやりましょう。

大切なのは、目的と手段を間違わないこと。
ある健康法が流行ると、多くの人がその「健康法を実践すること」を目的にしてしまいがちです。


心身の健康を自分でコントロールできるようになるためには心身が発しているサインに耳を傾けること。
お伝えした3か条を含め、健康法はあくまでその手段です。

自分に合ったやり方で実践し、好転の変化をぜひ作ってください。
残り少ない今年の一日一日を皆さまが心身快適に過ごし、素晴らしい新年を迎えられますように。

【日本初上陸!あの超有名世界的なテニス選手も飲む、こだわり抜かれたオーガニック&ビーガン乳酸菌】プロバイオティクスサプリ

inyoumarket_miniC0908

ブルガリアの1000m級のバルカン山脈で咲く
スノードロップ(マツユキソウ)の花弁から発見された
珍しい植物性乳酸菌のサプリメント。

この乳酸菌をオーガニックの人参で培養させた、
生きたまま腸まで届く乳酸菌です。

原料は、このマツユキソウから生まれた乳酸菌と
オーガニックの人参のみ。

人参は、ブルガリアの農場でNON-GMO、農薬不使用で育てられ、
もちろん塩素洗浄もしていないもの。

市販のサプリメントとは違い、素材の由来が明記された、
オーガニック、ヴィーガン、無添加の
シンプルな原料が使われたサプリメントです。


オススメの記事

混ぜるだけで完成!クリーミーで濃厚「ビーガン発酵バター」の作り方と、美味しすぎて悶絶!「乳酸菌入りチョコレート」の作り方。

もう無意味な健康食品に騙されないために。本当に効果が得られて、良質な「プロバイオティクス(乳酸菌)」を選ぶ為の5つのポイントをお伝えします。

「第2の脳」の腸から健康になる方法。腸内環境を整えてくれる「プロバイオティクス」はこんなにも身近なところにあった!

材料たったの4つ。乳製品・油不使用とは思えない濃厚でリッチな味!玄米粉を使い回したヴィーガンチョコレートフォンデュとチョコレートケーキの作り方。



IN YOU一押しコンテンツ
究極のアンチエイジング。自然治癒力を高め老化抑制する方法。
本当に安全なオリーブオイルの選び方
ここまでこだわったのは初めて!体をととのえるオーガニックな酵素

オーガニックなオンラインストア IN YOU Market OPEN!

詳しくはこちら

ショップ

  • この記事が気に入ったら
    いいね!しよう


いいね!して、
IN YOUの最新記事を受け取ろう。

佐野亜衣子
学生時代より慢性的だった生理不順と不正出血を、独自の食事療法により克服。現在4歳の子供を、自然妊娠しました。 「良いもの」と「消費者」をつなげ、自分自身のサステナビリティ〈健康〉と、社会のサステナビリティ〈環境〉を実現させたい。 全ての子供たちが健やかに成長し、未来が希望溢れたものとなるように。 東京都在住。食生活アドバイザー。 ブログ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. IMG_0304 最高のパワーフード”まこもたけ”。浄化のチカラを持つ菜菌食!『絶…
  2. drink 市販の野菜ジュースの勘違い7つ
  3. 34870498446_8b0241de92_b 自分の最善の健康状態を知っていますか?プロテインを飲み始めて12…
  4. bake-1706181_960_720 「小麦粉は白い」という間違った常識に潜む真実。日本の小麦の自給率…
  5. homeopathy-1063292_960_720 オーガニックの原点。気になっていた話題の【ワイルドフラワーエッセ…
  6. soup-908358_960_720 喉の痛み、鼻水、喘息、乾燥肌は東洋医学から見て肺が原因?秋の不調…
  7. img_3989 白砂糖、乳製品、卵、小麦粉不使用。超簡単!クリスマスにピッタリな…
  8. hygiene-2945807_960_720 消毒・殺菌に頼らず免疫力を自然に高めるための生活習慣と今日からで…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着記事

デイリーランキング

IN YOU公式レギュラーライター 一覧

  • 松浦愛
  • くみんちゅ
  • 小林 くみん
  • IN YOU 編集部
  • 越野美樹
  • 松永加奈恵
  • 佐野亜衣子
  • 品川まどか
  • hiroro
  • izumi
  • 河口あすか
  • 池田 歩
  • 工藤 万季
  • yuriesasaki
  • 松橋佳奈子
  • 煙山 昭子
  • 前之園知子
  • riko tanaka
  • haruna
  • lelien
  • yokosato
  • はりまや佳子/Yoshiko Harimaya
  • 桺町 瑠璃
  • 加藤 晴之
  • うちゅう
  • ゆみえこば
  • 霜崎 ひろみ
  • 室谷 真由美
  • 加藤 貴大
  • MARIE
  • 永樂茶百合
  • AYANO
  • yumi
  • hata ikue
  • 坂田 まこと
  • mamiko
  • 佐藤いづみ
  • 滝野 清
  • Mao
  • 山﨑 拓
  • arikawatoshiko
  • 深井ゆきえ
  • AKIKO MIYAKAWA
  • chie
  • akemi
  • 安室 和代
  • ayukotaniguchi
  • 山口 りりこ
  • 小泉 沙耶
  • jyuan
  • keiko nakagawara
  • joko
  • 福原真一郎
  • 高根 佳子
  • UharaRisa
  • ami iwasaki
  • 結緒織
  • 福島奈央
  • yukiko
  • nana
  • 柳千妃路
  • 遠藤 彩子

カテゴリー

PAGE TOP