くらし

お米の等級がネオニコチノイド農薬の使用を助長していた!お米の等級とミツバチ。身近な殺虫剤との深い関係

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
rice

JAS法によって決められたお米の等級付けが
ネオニコチノイドの使用を助長している


お米を買う時、皆さんは何に気を付けていますか?

一般的には産地や銘柄で選ぶことが多いですよね。

収穫されたお米が「◯◯産コシヒカリ」などの表示をつけるためには
JAS法によって決められた農産物規格検査を受けなければなりません。

市場に出荷するために必要なこの検査は
お米を1~3級、規格外と4段階に等級づけし
その等級に応じて政府の買い入れ価格が決まります。


当然1級米が一番高く買い取られるので生産者は等級の高い米を目指して生産することになります。

rice

虫食いがあればランクが下がり
買い取り額が下がるってほんと?


この等級づけの基準はというと、
米粒の形や大きさが整っているかとか
着色粒が混じっていないかということ。

この着色粒は斑点米ともいわれ虫食いのお米ということなんです。

この斑点米が1,000粒に2粒あるとランクがさがり、
7粒以上あると規格外となります。


収穫前の米粒にこの黒い斑点を残すのは田んぼに飛来したカメムシたちです。

ストローの様な口を米粒のなかに差し込んで中の汁をすったあとが黒い斑点となってしまうのです。

生産者は米を高く売るために
このカメムシを防除する必要があるので農薬がたくさん使われることになります。


green-2106379_640

人や動物に害のない、安全な夢の農薬として広まった
ネオニコチノイド


そこで使われるのがネオニコチノイド系の農薬です。


ネオニコチノイドは夢の農薬として90年代に開発されました。

それまで主流だった有機リン系の農薬は人体への影響が大きかったのですがネオニコチノイドは人を含む動物への毒性が今までより低く
昆虫の神経にだけ作用するということで安全な農薬としてまたたく間に世界中に広まりました。

浸透性農薬だからおそろしい
散布いらずの便利さに潜む闇


ネオニコチノイドにはもうひとつ重要な特性があります。
それは浸透性農薬であること。

つまり薬剤が植物の体内にしみこんで茎、葉、根など植物のあらゆる組織に
殺虫成分を持たせることができる
ということです。

agriculture-1850891_640
タネや育苗の段階でこの農薬に浸す処理をするだけで
植物の中に浸透するから霧状の農薬を散布する手間も危険性も回避できるため生産者にとっては利便性の高い農薬ともいえます。

よって来た害虫が作物のどこを食べても死んでしまうほどに浸透性のある農薬です。

それはつまり農作物の組織の奥にしみこむため
いくら洗っても成分をおとすことのできない農薬でもあります。

そんなネオニコチノイド系の農薬は
お米だけでなく、お茶にもイチゴやリンゴなどの果物にも広く使われています。

いちご
さらには公園ゴルフ場などでも
幅広く使われていますが、ネオニコチノイド系の農薬は水に溶けやすいため環境に広がりやすく
地下水にまで浸透するともいわれています。

無農薬のお米を作っても近隣の田んぼやゴルフ場で使われた
ネオニコチノイド成分が検出されることがあるのです。

golf-course-1631581_640
他の農薬と比べて人体への影響がまだましとはいえ昆虫にとっては大打撃です。
見渡す限りどこを食べても毒だらけの作物

近隣に浸透したネオニコチノイドは水脈によって広がり
雑草までも毒性成分を持つようになります。

そしてミツバチがいなくなった!

agriculture-1867537_640
ミツバチの大量失踪が世界中で確認されています。

蜂群崩壊症候群(CCD : Colony Collapse Disorder)といわれ
一度にたくさんのハチがこつ然と姿を消す現象が各国各地で確認されました。

昆虫の神経を麻痺させることで方向感覚や運動能力や生殖能力を奪う
ネオニコチノイドとの関連性が叫ばれヨーロッパ各国ではこれを規制する動きが高まっています。

ネオニコチノイドとミツバチは共存できない


従来の農薬を使っていた頃は隣接する農家と養蜂家が連携して
ミツバチが活動する時期と農薬の散布の時期をずらすことでミツバチの被害を抑えることもできていました。

herbicide-587589_640
ところがネオニコチノイドは農作物の全体に行き渡りさらに環境にまで浸透することで
殺虫成分が近隣一帯に長くとどまります。

そのため農作物のみならず近隣の雑草の花粉や蜜にまで殺虫成分が行き渡ることで
ミツバチとの共存を不可能にしてしまったようです


ミツバチがいなければ食糧の供給が危うくなる


ミツバチがいなくなるとはちみつがとれなくなる、
そんな単純なことではありません。

ミツバチは農業生産と深い関わりがあります。
イチゴやリンゴ、サクランボなど数多くの農産物の花粉交配をするのは他でもないミツバチなのです。


作物が開花し受粉の季節を迎えると養蜂家から貸し出されたミツバチが
農場やハウスの中で大活躍してくれるから美味しい実りの季節を迎えられるのです。

「世界の食糧の9割を占める100種類の作物種のうち
7割はハチが受粉を媒介している」
といわれるほどです。

cranesbill-1441152_640
自然界でも野山の草花が命をつなげられるのは
ミツバチなどの昆虫によって花粉が運ばれているからです。

ミツバチの失踪は農業にも大打撃ですが
自然界、生態系にとっても危機的な現象なのです。


北半球のミツバチの1/4が姿を消した!?
ヨーロッパではネオニコの使用規制が広まる


ヨーロッパでは多くの国で
ネオニコチノイド系農薬の使用が規制されています。
2000年代はじめにフランスでハチの大量死が確認されてから
同じ現象が世界各国で起こり
その後数年の間に北半球のミツバチの
1/4が姿を消したともいわれています。


でも日本では・・・
まさかのネオニコ規制緩和がつづく・・・


もちろん日本でもミツバチの失踪や大量死は
たびたび確認されてはいますが農薬との因果関係が明確ではないとのことで
ネオニコチノイドを規制する動きはありません。

それどころか、どんどん規制緩和が進んでいるくらいです。
農作物のネオニコチノイドの残留基準値はEUの数十倍から数百倍。

環境に流れ出したネオニコチノイドが水道水中に検出されれば
水道水の残留基準が引き上げられてきました。


water-dripping-1897496_640
こんなことでミツバチを、
生態系を、農業と私たちの食べ物を守ることができるのでしょうか。
   

害虫駆除剤やペットのノミ退治にも!
知らず知らずに使っていた生活の中のネオニコチノイド


ネオニコチノイドの害は規制緩和をすすめる国や
それを使う農家だけの責任ではありません。

ネオニコチノイドは私たちの生活の中にも忍び込んでいるからです。

夏が近づくとゴキブリ駆除剤を使いませんか?

ガーデニングの邪魔をするナメクジやアリを薬剤で除去していませんか?

台所の小バエ対策に小バエとりを置いていませんか?

かわいいペットのノミ退治に薬剤を塗布していませんか?

これらは全てネオニコチノイドである可能性が高いものです。

私たちは知らず知らずのうちに
ミツバチやトンボの住めない土地を拡散しているかもしれません。

snail-168346_640

未来を選択するのは今を生きる私たち

オーガニック大国フランスではネオニコチノイドの全面使用禁止がすでに決議されていて
ネオニコチノイドで薬剤処理されたタネを植えることもできなくなりました。

私たちが米を買う時に
米の等級のあり方に疑問をもったり
住環境の虫退治の薬剤の安全性に疑問をもったりしない限りミツバチさんを救うことはできないでしょう。


ひいては農業も食糧生産も自然の生態系も守ることはできないでしょう。

未来を選択するのは今の私たちなのです。

dragonfly-357135_640

IN YOUMarketでネオ二コチノイドを使用していない安全な自然栽培米を買ってみよう。

681px-Par_cooked_brown_rice_-_stonesoup






IN YOUでは優良な農家さんが丹精込めて作った無農薬のお米を販売しています。
有機農薬や有機肥料すら使わない自然農法のお米をぜひ堪能してみてくださいね!


おすすめ記事

いまだ日本国内で使われ続けるネオニコチノイド系農薬 安全神話の崩壊と、いつ誰に発症するか分からない化学物質過敏症。

日本ではなぜ残留農薬規定が緩和され続けているのか?毒性の強いネオニコチノイドが私達に与える影響とは。

ちょっと待って!ガーデニングで使っている殺虫剤は大丈夫?あの地下鉄サリン事件に使われた「サリン」と同じ有機リン系農薬とは


IN YOU一押しコンテンツ
究極のアンチエイジング。自然治癒力を高め老化抑制する方法。
本当に安全なオリーブオイルの選び方
ここまでこだわったのは初めて!体をととのえるオーガニックな酵素

オーガニックなオンラインストア IN YOU Market OPEN!

詳しくはこちら

  • この記事が気に入ったら
    いいね!しよう


いいね!して、
IN YOUの最新記事を受け取ろう。

EMI
メディカルハーブ、アロマテラピー、フラワーレメディ、薬膳など 困ったことは全て植物が解決してくれると信じるナチュラリスト。 健康はもちろん、心のあり方を含めたナチュラルな癒しを提案していきたいです。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. cosmetics-2235582_960_720 高齢出産で産後の抜け毛から薄毛に発展する可能性があることをご存知…
  2. toothbrush-2767679_960_720 市販歯磨き粉の危険な中身をあなたは知っていますか?市販歯磨き粉を…
  3. moji 食べることは生きること|あなたはどんなストーリーで食べますか?
  4. 1280px-たまり醤油(ヤマミ醸造) 被ばく症状緩和から腫瘍発生抑制まで?やっぱりすごかった!日本が誇…
  5. 体にいい安全な油の選び方と体に悪い油の見分け方。オリーブオイルや…
  6. hairdressing-1516345_960_720 抜け毛と薄毛の原因はコレだった!東洋医学からみる正しい薄毛・抜け…
  7. honey-1970626_960_720 さらさらの透明な精製ハチミツに効能は期待できない!アスリートも取…
  8. chocolate-94784_960_720 今、食べたくなるもので身体に不足している栄養素が分かる!無性に「…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (2)

    • 吉田 明
    • 2017年 5月 20日

    「その等級に応じて政府の買い入れ価格が決まります」
    食管法の時代ではないので、政府に買い取ってもらってる人は一部だと思いますが、JAでも米屋でも、この等級に従って、価格差をつけているのが問題です。

    「植物の中に浸透するから霧状の農薬を散布する手間も危険性も回避できるため生産者にとっては利便性の高い農薬ともいえます。」
    出穂前後には、動噴などによって、霧状に散布します。当然飛散します。掲載されている写真の通りです。
    だから、さらに被害は広がります。

    • EMI
      • emi tanaka
      • 2017年 5月 21日

      吉田 様

      コメントありがとうございます。

      実情を知っておられる方のお声はとても有り難いです。

      ライターとしては、生産者と消費者をつなげることの大切さを常に意識しておりますが
      こうしてご意見いただくことでより正確な情報をお伝えできるようになります。

      またぜひよろしくお願い致します。

新着記事

デイリーランキング

IN YOU公式レギュラーライター 一覧

  • 松浦愛
  • 小林 くみん
  • IN YOU 編集部
  • くみんちゅ
  • 越野美樹
  • 松永加奈恵
  • 佐野亜衣子
  • 品川まどか
  • izumi
  • hiroro
  • 池田 歩
  • 河口あすか
  • 前之園知子
  • 松橋佳奈子
  • yuriesasaki
  • haruna
  • はりまや佳子/Yoshiko Harimaya
  • 煙山 昭子
  • 加藤 晴之
  • lelien
  • 工藤 万季
  • 室谷 真由美
  • 桺町 瑠璃
  • クレイトンまき
  • Mint
  • yokosato
  • ゆみえこば
  • うちゅう
  • 横田 浩
  • yumi
  • 坂田 まこと
  • Mao
  • 佐藤いづみ
  • 足立 由紀子
  • 加藤 貴大
  • jyuan
  • 霜崎 ひろみ
  • akemi
  • 東條 由美子
  • AYANO
  • yoshi.fukusawa
  • AKIKO MIYAKAWA
  • 高根 佳子
  • Halu
  • MARIE
  • 結緒織

カテゴリー

PAGE TOP