お手当法

白髪諦めていませんか?白髪を予防できる若返り法「ごま油うがい」がすごすぎる!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
web-sesame_0

4年前から始めたごま油うがいの習慣で白髪がゼロに

woman-208723_640
白髪にお悩みの方、多いのではないでしょうか。

白髪が生えにくくなったり、予防できる方法があればやってみたいと思いませんか?

女性は妊娠・出産すると女性ホルモンが大きく変化して白髪が増えることがありますが、私自身は2人の子供を出産した今でも白髪はありません。

長女を出産した頃に始めたごま油うがいの習慣が、白髪予防になっているようです。

(ちなみに長女を出産した時は何本か白髪がありました)

ごま油うがいは、世界最古の医療アーユルヴェーダの考え方です。

焙煎されていない白いごま油は若返りのために欠かせない奇跡のオイルと言われています。

ごま油を小さじ1〜大さじ1を口に含んでクチュクチュとしていると唾液が出てきます。

しばらく口に含んでいるとだんだん唾液が増えてきてうがいができるほどになります。

このごま油うがいが、白髪予防を始め、ほうれい線を予防したり、喉のコンディションを整え虫歯や口臭を予防したり、本当に様々な効果が期待できます。

友人や家族にオススメすると「えっ油でうがい?」と引かれてしまうごま油うがい。

やってみると口の中がすっきりして、とてもオススメです。

白髪が生える理由

酸性過多で血液が粘り、細胞に十分な栄養がいきわたらないと色素細胞が老化して白髪を生やしてしまいます。

酸性過多とは、体内で完全燃焼できない食品を多食することで血液が「酸化」することです。

肉や乳製品などの動物性食品を代表とする現代食は大部分が酸性食品です。

高タンパク・高脂肪の食べ物や、大切な微量要素を失った白米、白パン、白砂糖などの精製食品、化学添加物がたくさん入っている加工食をとりすぎるとうまく消化ができずに胃腸の機能を弱め、解毒や排泄をしてくれる肝臓・腎臓にも過剰負担をかけてしまいます。

その結果、毒素や余分なタンパク質や脂肪分が血液の中にたくさん送り込まれ、ダブル・トリプルで血液や体液を酸化させてしまうというわけです。

つまり白髪も血液の汚れや酸化が原因となっているのです。

参考「からだの自然治癒力を引き出す食事と手当て」

【ごま油うがい】

lotus-1205631_640
ごま油うがい、その起源はアーユルヴェーダというインドの伝統医学にあります。

アーユルヴェーダは世界最古の医療。

オイルうがいはアーユルヴェーダでは「ガンドゥーシャ」と呼ばれ、その歴史はとても古くからあるものです。

ごま油うがいで期待できる効果

・喉のコンディションを整え、風邪を予防したり声にハリを出す

・唾液の分泌力が上がり、消化が促進され口臭予防に役立つ

・顔の肌のツヤやハリに効果がある

・白髪予防や抜け毛の予防にも効果があると言われている

・口内の細菌の除去。歯や歯茎の健康を保ち、虫歯や口臭の予防にもなる

この中に白髪予防とあります。

【ごま油うがい】用意するもの

7h0a6734
  • 太白ごま油
  • 保存用の瓶
  • 温度計
  • じょうご

まず用意するごま油ですが、よくスーパーで見かける焙煎された茶色のものではなく、生絞りの透明に近い油です。

7h0a6738
私の家では料理やマッサージ、お手当(ごま油の点眼・点耳)に使用するので1650gのものを購入しています。

生のままでも使用できますが、酸化を防ぐために一度加熱(キュアリング)してから使用することをオススメします。

アロマオイルのお店などで売られている「セサミオイル」は加熱処理された生絞りのごま油のことです。セサミオイルは自宅で作ることができ、安上がりです。

キュアリングのやり方

⑴最初に白ごま油を弱火で100℃~110℃まで熱します。

dscf4536
この作業を「キュアリング」と呼ぶのですがこの「キュアリング」によって抗酸化作用のある「セサモール」という成分が生成されるのだそうです。

⑵熱したら火を止めて粗熱をとります。

dscf4541
100℃まで熱すると自然に110℃程度まで上がるので、温度が上がりすぎないように注意してください。

(3)瓶(できれば遮光瓶)に入れて毎日少しずつ使っていきます。

dscf4547
7h0a6763
遮光瓶でない場合は、陽の当たらない涼しい場所で保管してください。

簡単にできる!ごま油うがいのやり方

7h0a6757
(1)火入れした白ごま油小さじ1〜大さじ1杯を口に含む。

(2)のどに行き渡るようにガラガラとうがいをする

(3)口全体に行き渡るようにクチュクチュとゆすぐ

(4)ティッシュペーパーに吐き出す

(5)お白湯で口をゆすぐ

ごま油うがいのタイミング

寝ている間に毒素が溜まっていくそうで、朝一番にごま油うがいをするのがオススメです。

オイルうがいで白髪が予防できるのはなぜ?

オイルうがいと白髪にどんな関係があるのだろう?と思いますよね。

髪にオイルを直接塗るのなら何となくわかるのですが・・

ごま油に含まれる脂肪分はホルモンの分泌を促して若返りに。

さらにごま油には鉄やビタミンE、B群も多く、抜け毛や白髪を防ぎ、肌をつややかに保ち、脳細胞を生き生きと働かせ、血管の掃除をして老化も防いでくれます。

さらにごまには抗酸化物質であるゴマリグナンという成分が含まれています。

髪の成長に影響する女性ホルモンのエストロゲンが減少すると白髪にも影響してきます。

このエストロゲンに似た性質を持ったものがごまに含まれるゴマリグナンなのです。

舌の裏は吸収率が良いため、ごま油を口に含むことで効率良くゴマリグナンを吸収し白髪を予防するというわけです。

私は4年ほど前からごま油うがいを時々やっていた程度ですが、白髪は予防できているようです。

ごま油うがいを薬のひとつに

f:id:mrrorwndw:20151218112604j:plain
こういった素晴らしい作用があっても、なかなか毎日忙しくて忘れてしまうなどして習慣づかないことも多いと思います。

私の場合、ごま油うがいは薬の1つと考えています。
  • インフルエンザを予防したいとき
  • 季節の変わり目で喉がイガイガするとき
  • 口の中の乾燥を感じるとき
  • 咳が出るとき
こんなときにごま油うがいを思い出してやってみてください。

子供が順番にインフルエンザに感染したときも、ごま油うがいのおかげかうつらずに済みました。

季節の変わり目はいつも喉の痛みや咳から風邪を引いていましたが、ここ数年はそういったこともありません。

アーユルヴェーダの世界観は甘くしっとりしていて、至福

dscf4313
アーユルヴェーダは、最高にいいものに触れるということで、自分の悪いところを最終的によくしていくというもの。

「完全な健康」という考え方があって、その「完全さ」に何度も何度も自分を触れさせることで、悪い部分をよくしていくという考え方です。

白湯のみもアーユルヴェーダのひとつで、最も始めやすいものの1つです。

ガンは低体温が大好き!ただのお湯じゃない、白湯の知られざる健康効果がスゴイ!10分でできる簡単な作り方。

「最高のもの」「至福なもの」「完全なもの」に触れることで、わたし自身という土壌が改良されて、葉や枝の悪いところさえもよくなったというイメージ。

少しずつですが

ジャンクフードへの欲求がなくなったり

美味しい出汁の味がわかるようになったり

美味しい塩を使っている食事がわかるようになったり

自分自身が底上げされていくことで、いつの間にか白髪もなくなっていたという感じです。

毎日最高のもの、黄金のオイルを口に含んで、舌の裏から出る毒素を排泄してくれる。

ぜひ、あなたにもこの気持ちよさ、甘くしっとりした至福な時間を味わって欲しいです。

参考にした本

この記事を読んだ人におすすめ!

免疫力を高める!自然の風邪ぐすり。身近な材料3つでできる「万能ねぎ味噌」の作り方。【マクロビオティック食養レシピ】 

お家にあるもので簡単!あらゆる現代病に効果を発揮する、凄い自然療法「こんにゃく湿布」の作り方。

ガンは味噌が苦手?! 毎日3杯以上の味噌汁で乳がんの発生率が40%も低下。「味噌活」をはじめるメリット 。


IN YOU一押しコンテンツ
究極のアンチエイジング。自然治癒力を高め老化抑制する方法。
本当に安全なオリーブオイルの選び方
ここまでこだわったのは初めて!体をととのえるオーガニックな酵素

オーガニックなオンラインストア IN YOU Market OPEN!

詳しくはこちら

オーガニック料理ソムリエ はりまや佳子先生の1DAYクラス

  • この記事が気に入ったら
    いいね!しよう


いいね!して、
IN YOUの最新記事を受け取ろう。

河口あすか
2012年、2014年生まれの姉妹の母。本業はポートレート専門のカメラマン。 CodomoPortrait 風邪のひき始めを梅しょう番茶で、発熱を第一大根湯で、インフルエンザを梅エキスで治すのが得意です。子供とお母さんのための台所でできるお手当を発信中。むしろ台所診療所
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. okh オーガニックってそもそも何?食品を買う時にチェックしたい、有機認…
  2. FotorCreatedss 農薬使用率世界3位をキープし続ける農薬大国日本。崩れ去る国産野菜…
  3. ニュージーランド スワップ運用 日本を離れて初めて知った、海外の食事情。日本では当たり前のことが…
  4. laugh 大きな声で笑おう。笑いで副交感神経を優位にさせ、免疫力を高める
  5. 新常識!1歳半からの離乳開始で「魔のイヤイヤ期」を経験しなかった…
  6. %e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab-2017-01-11-9-46-39 これがあれば風邪も怖くない。咳・のどの痛みに自然の特効薬!一物全…
  7. 18wwc1bh8n2v7jpg 知らないと怖い経皮毒。防虫剤の使用は特に注意。健康にこだわるなら…
  8. カバー 一汁一菜を楽しもう!書籍「野菜だけでおいしい 酵素玄米どんぶり」…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

新着記事

デイリーランキング

ライター

  • 松浦愛
  • manami sasao
  • 小林謙太郎
  • くみんちゅ
  • 小林 くみん
  • 戸田 耕一郎
  • 宮本知明
  • まどか
  • izumi
  • 佐次本陽子
  • 越野美樹
  • TakiAki
  • IN YOU 編集部
  • 河口あすか
  • kimuratomomi
  • はりまや佳子/Yoshiko Harimaya
  • 宮崎麻実/Mami Miyazaki
  • 前之園知子
  • 山口菜摘美
  • 金戸 隆雄
  • 松永加奈恵
  • ami tominaga
  • Koyuri
  • 高橋直弓
  • yuko matsuoka
  • 村井砂織
  • 加藤美希
  • 伊賀るり子
  • 穴沢悦子
  • Shoko Fujii
  • 増田佳子
  • 小池 桃香
  • 青山 ひかり
  • 千原 清花
  • 水川美希
  • ゆっか
  • 黒澤彩
  • 宮浦 浩美
  • Saori Tanaka
  • yuko funatsu
  • iisa
  • isacoco
  • 室谷 真由美
  • 湊 綾香
  • 茂木紀三巴
  • 松原 よしり
  • Mika K. Alpay
  • TakeuchiMariko
  • あおき ヒカリ
  • 山田朋枝
  • タカ大丸
  • 西田 かおり
  • kanaho takahashi
  • tori
  • 奈南有花

カテゴリー

PAGE TOP