くらし

体が硬くなっていませんか?体がやわらかいことによる健康メリットは計り知れない!今日からすぐにできるストレッチ方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

IN YOU読者のみなさんは、
体を壊してからの対症療法よりも、そもそも病気にならないよう生活習慣に気を付けて予防している方が多いかと思います。

普段、健康のために心がけていることはなんですか?



野菜をたくさん食べる、
腹八分目、
砂糖はひかえめに、
タバコは吸わない、
夜更かししない、
ストレスを溜めない、


そして、多くの人が実践しているであろう「運動」

筋力はあるけど体が固いという方いませんか?


一般的に運動というと、筋力や持久力をつけることに注目しがちですが、柔軟性も大切な運動能力のひとつ。

筋トレやランニングを頑張って筋力や持久力はつけたけれど、柔軟性だけはどうも・・・という方はいませんか?

私が今まで出会った人たちの多くは体が固く、開脚で90°開けないという人やあぐらをかけない人、はたまた長座(足を伸ばして座ること)ができない人も珍しくありません。

老若男女問わず、です。

学年トップレベルで体がやわらかかった私の体験談。

balance-224644_960_720
私は運動神経全般に関しては中の上ぐらいですが、柔軟性に関しては常に学年トップレベルでした。
体育の授業で行う体力測定では、柔軟性だけいつも満点だったのでそれで総合得点を上げていたほど。(立位体前屈の記録は足の下30cm)

周りから「軟体動物」と呼ばれていました。
(上の画像のような動きもできます)

柔軟性のおかげか、怪我が付き物である器械体操部の練習でも左肘の逆関節を1回と足首の捻挫を数回ほどしただけ。
骨折やらヒビやら肉離れが日常茶飯事の世界ではかなり軽傷で済んだクチです。

柔軟性のおかげで大怪我を免れてきた子ども時代。

また、小さい頃は捻挫すらしたことのない子どもでした。

当時は食生活もあまり良くなく、運動神経も最悪、おまけに肥満児だったのでさぞかし体に負担がかかっていただろうと思われるのですが、それでも怪我知らず。
幼稚園の頃はないものねだりなのか骨折に憧れてました(笑)。

年齢を重ねると固くなってくることも!

私の場合は生まれつき体がやわらかく、ストレッチをしなくても固くならない体質だったのでタカをくくっていました。

が、油断しすぎたのでしょうか。
20代後半くらいから、少しずつ固くなってきました。

前後左右の開脚は180°開きますが、昔は何ともなかったのに今ではももが突っ張って少し痛いです。(それでも世間一般よりは何倍もやわらかいのですが・・・)

「みんなよりもかなりやわらかいんだから良いじゃないか!」と思われてしまいそうですが、やはりストレッチをしなくても変わらずキープできた体が固くなってきたという事実には危機感を覚え、今いちど柔軟性について見直すことに。


体がやわらかいことでのメリットは?

223676952_624

怪我をしにくくなる


体が固いと筋肉や腱、靭帯を傷めやすくなります。
体がやわらかくなると可動域が広がり様々な体勢を取れるため、怪我をしそうになった時に回避できる可能性も上がるのです。

ただし、可動域が広い分、体に負担のかかる体勢も無理なくとれてしまうため、知らず知らずのうちに体を傷めてしまうこともあるので要注意。
たとえば腰の柔軟性が高い場合、ブリッジ運動をしすぎて腰を傷めてしまうこともあります。

出産時の負担軽減

体がやわらかい人は出産時に骨盤が開きやすくなります。
また、分娩時楽に足を広げられるというメリットも。

体がやわらかければ絶対に安産、というわけではありませんが、やわらかくしておくに越したことはないでしょう。

腰痛防止

ハムストリングス(太ももの裏の筋肉)が固いと骨盤が下がり腰に負担がかかります。
体がやわらかいと筋肉の緊張がほぐれ、痛みが取れるため腰痛が緩和されます。

スポーツのパフォーマンス向上

体がやわらかいほど可動域が広いということになるので、スポーツで様々な動きができるようになりパフォーマンスが上がります。

もちろんスポーツに限らず、日常生活でもたとえば高い所のものを取るのに腕を伸ばすのが楽になるなどのメリットが。

血流が良くなる

筋肉が固くなっていると血流が悪くなり、体の各器官への酸素や栄養素の供給が滞ります。
筋肉がやわらかいほど血流が良く、またストレッチの動きそのものも筋肉や関節への血流を助け全身の血流改善につながります。

血流が良くなることで冷え症の改善なども期待できるでしょう。

姿勢が良くなる

筋肉が固いと脊椎の歪みにつながり、姿勢が悪くなりがちです。

ストレスの軽減

体がやわらかくなると筋肉の緊張がほぐれ、ストレスが軽減されます。

出典:http://www.livestrong.com/article/332519-what-are-the-benefits-of-good-flexibility/

体をやわらかくするには?

ストレッチ

ストレッチにも様々な種類がありますが、今回は体が固くてストレッチがおっくうな人向けにテレビを見ながらでもできるものをご紹介します。
伸ばす時に少しずつ息を吐きながらやってみてくださいね。

・長座(足を伸ばして座る)

ふくらはぎの筋肉が伸びます。

できる人は、つま先を自分側に引き寄せてみましょう。

・左右開脚

太ももの内側・裏側の筋肉が伸びます。
無理しすぎず、少し痛いかなと感じるところまで開きましょう。

・左右開脚+上体倒し

Stretch-dancer
出典:https://www.sydneydancecompany.com

左右開脚した状態で、各足に沿って体を倒します。
倒した側の太ももの裏側と、倒していない側の腰の筋肉が伸びます。

できる人は、倒した側の手を反対側に伸ばし、もう片方の手を頭の上に持っていき倒した側に伸ばすとより筋肉が伸びます。(両脚伸ばしても片脚を曲げてもOK)

・あぐらをかく

20150210171648283
出典:http://dn.donnor.com

太ももの側面の筋肉が伸びます。
左右の足の裏を合わせ、背筋は伸ばしましょう。

できる人は、ひざ小僧を押して床に着けるようにしたり背筋を伸ばしたまま顔を前に向け、上体を前に倒してみましょう。(ヨガの猫のポーズのようなイメージで手を前に出し、肩の筋肉を伸ばす)
胸を張り、頭ではなくおへそを床に着けるようにするのがポイント。

意外とおすすめなのがラジオ体操。

色々なストレッチを組み合わせてみたいけどなかなか覚えられない!という方におすすめなのがラジオ体操。

多くの人が子どもの頃に経験しているので動きが覚えやすいというのと、様々な運動が組み込まれているので全身まんべんなくストレッチできます。

ある程度体がやわらかい人には物足りないかもしれませんが、あまり柔軟性に自信のない人はラジオ体操から始めてみるのもおすすめです。

体がやわらかくなるツボを押す

体がやわらかくなるツボ、というのは諸説ありますが、私が以前試して効果的だったのはひじの内側(関節の少し下)のツボです。

ピンポイントに見つけるのが難しかったので、その付近を複数の指でまんべんなく押してから立位体前屈をしたら記録が伸びたことがありました。

ツボと柔軟性向上に関しては個人差があるようなので、ご参考程度にとどめていただけると良いと思います。

お酢を飲むと体がやわらかくなるって本当?

昔から言われている「お酢を飲むと体がやわらかくなる」という噂。
果たしてこれは本当なんでしょうか?

大手酢メーカー・ミツカンのウェブサイトによると、
お酢の主成分である酢酸がカルシウム分を溶かし、骨や卵の殻をやわらかくするところからきているのではないかとのこと。

ただし、これは調理上での話であり、お酢を飲んだからといって人体の柔軟性が向上するという科学的データはないそうです。

出典:http://faq.mizkan.dga.jp/faq_detail.html?page=1&category=&id=1021

私も試してみたことがありますが、特に体がやわらかくなることはありませんでした。

柔軟性は大切。
ストレッチは無理なく楽しめる範囲で続けよう。

jeune-femme-sportive-jogging
元々体がやわらかい人は特にストレッチを続けようとは思わないでしょうし、逆にすごく固い人はストレッチが苦痛になりなかなか続けられないと思います。

やわらかい人は、私のようにある時からだんだん固くなってくることがあるということを頭の片隅に置いておいてください。
固くなり始めてからのストレッチは少し辛いので、是非今から実践しやわらかい体をキープしましょう。

固い人は、少しずつ無理のない範囲で良いのでストレッチをしてみましょう。
無理して行うと痛くて嫌になってしまうし、何よりも筋肉や関節を傷めてしまい危険です。
是非今回ご紹介した「ながらストレッチ」を試してみてくださいね!

私もずっとストレッチはサボってきましたが、固くなってきたのをきっかけに考え直すことができました。
今後も大きな怪我をしないように、また将来の出産に備えて少しずつでも続けていこうと思います。

この記事を読んだ人におすすめの記事


アスリートは風邪を引きやすい?!ハードな運動は免疫力を下げ逆効果に。風邪やガンを寄せつけない体作りのための運動法。

【ジョコビッチの生まれ変わる食事】あなたも2週間で生まれ変わる!

白砂糖不使用!簡単手作りスポーツドリンクの作り方5選。ミネラルウオーターと混ぜるだけ!ノンシュガーで電解質たっぷり!


IN YOU一押しコンテンツ
究極のアンチエイジング。自然治癒力を高め老化抑制する方法。
本当に安全なオリーブオイルの選び方
ここまでこだわったのは初めて!体をととのえるオーガニックな酵素

オーガニックなオンラインストア IN YOU Market OPEN!

詳しくはこちら

HANA化粧品

  • この記事が気に入ったら
    いいね!しよう


いいね!して、
IN YOUの最新記事を受け取ろう。

品川まどか
農学系大学で食品の研究をし、卒業後は洗剤メーカーに就職。食品現場の衛生管理指導や微生物検査業務を経験しました。 食品表示診断士(中級)とニュージーランド調理師免許保持。 暮らすのに困らない程度の英語と挨拶程度のトルコ語ができます。 アレルギー体質や不定愁訴をきっかけに食や健康に興味を持ち、SNSやブログでも情報発信中。 ブログ→http://www.kurashikaru.com
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. kamikochi-1757108_640 天然木なのにカビない黒ずまないまな板の力!奇跡の青森ヒバの知って…
  2. Adobe Spark 月経過多・子宮筋腫・子宮内膜症。婦人科系疾患が不安な女性の味方「…
  3. image6 (1) アーユルヴェーダの書物に300もの病気を予防すると記載されるスー…
  4. japan-2836889_960_720 ずっと正しいと言われてきた「日本の三角食べ」は健康的ではなかった…
  5. steak-2568056_960_720 今日からでも簡単にできる!がんのリスクも懸念される、有害な環境ホ…
  6. 0302-1 (1) 心身を巡らせる、菜の花・セロリ・ふきのとうを活用した春の養生弁当…
  7. therapist5 健康志向が高まる今、様々な情報が私たちの身の回りに氾濫。 何が一…
  8. baby-22199_960_720 赤ちゃんはお腹の中にいる時から匂いを感じている!あなどれない子供…

新着記事

デイリーランキング

IN YOU公式レギュラーライター 一覧

  • 松浦愛
  • 小林 くみん
  • IN YOU 編集部
  • くみんちゅ
  • 越野美樹
  • 松永加奈恵
  • 佐野亜衣子
  • 品川まどか
  • izumi
  • hiroro
  • 池田 歩
  • 河口あすか
  • 前之園知子
  • 松橋佳奈子
  • yuriesasaki
  • haruna
  • はりまや佳子/Yoshiko Harimaya
  • 煙山 昭子
  • 工藤 万季
  • lelien
  • 加藤 晴之
  • 桺町 瑠璃
  • 室谷 真由美
  • クレイトンまき
  • yokosato
  • Mint
  • ゆみえこば
  • 横田 浩
  • うちゅう
  • 坂田 まこと
  • Mao
  • 佐藤いづみ
  • yumi
  • 加藤 貴大
  • 足立 由紀子
  • jyuan
  • akemi
  • 霜崎 ひろみ
  • 東條 由美子
  • AKIKO MIYAKAWA
  • AYANO
  • yoshi.fukusawa
  • 結緒織
  • riko tanaka
  • Halu
  • MARIE
  • 永樂茶百合
  • 高根 佳子
  • hata ikue

カテゴリー

PAGE TOP