メニュー

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り

メニュー

Organic Life to all the people.

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り

飲むだけではもったいない!子供のおやつにもおかずにも使えるりんごジュース活用レシピ3選。

    アパレル勤務していた20代の頃に菜食と出会う。植物性だけの味、植物性だけの料理の面白さに心を奪われ実践し、日に日に自分自身が楽になっていく事をも実感する。後に会社を退職し、自然食レストランに従事。それ以降、自然食や自然療法、自然出産、ヨガ、シュタイナーなどを通じて、自身の心と体に向き合い、日々暮らしている。本当の健やかさとは何か、喜びとは何かを未だ探求中。一歳児と五歳児の母親。

    小さなお子さんのいるお母さんにとって、りんごジュースって身近な存在ですか?

    りんごジュースって、果汁100%の品質の物も、今はどこでも割と手軽に手に入りやすいですよね。
    私は息子が1歳で断乳をしてからは、りんごジュースにお世話になりっぱなしです。
    息子は水もお茶も飲まなくて、三才半くらいまでりんごジュースしか飲まなかったんですよ!

    そのりんごジュース、どこでも買えるだけあって、味が本当に色々あります。
    濃縮還元とストレート法でも味は随分と違いますが、
    ストレートのりんごジュースの中でも、味が色々あります。
    私も息子と一緒になってりんごジュースを飲んている内に、
    さまざまなお料理やお菓子に入れるようになりました。

    それで、飲んですごく美味しいりんごジュースは、
    お料理やおやつに使っても、他の素材と調和して美味しくなる!という事が分かりました。


    切り干し大根をりんごジュースでもどしておくだけで、後の調味料は適当でも美味しいし、

    さつまいもなどをりんごジュースで煮詰めたら、砂糖なしでも充分甘くてびっくり。

    今回は、ストレートりんごジュースを使った、
    「切り干し大根サラダ」
    「りんごのぷるるん葛ゼリー」
    「さつまいもとりんごの甘煮」

    のレシピをご紹介します。


    りんごについておさらいしよう!

    りんごの効能



    リンゴ酸などの有機酸をはじめ、カリウム、植物繊維のペクチンが豊富です。
    腸内の善玉菌を活性化して下痢を引き起こす菌をやっつけたりして便通を良くしてくれる働きがあります。
    また、有機酸には脂肪を溶かして分解する陰性のパワーと、
    モノを引き締めるという陽性のパワーの両方をもっていて
    、消化保進や疲労回復に役立ちます。
    参考文献: 『からだの自然治癒力をひきだす食事と手当て』著書 大森一慧

    りんごジュースの濃縮還元とストレート法の違い

    みなさんは濃縮還元とストレート法の違い、ご存知でしょうか?
    私はストレート法のりんごジュースが美味し過ぎると、普段はストレートりんごジュースを飲んでます。
    濃縮還元のジュースは割とどこでもお店で買えるので、外出した際などに購入する事もあります。
    なので、2つともお世話になってます。



    【ストレート】
    果汁を絞ってそのまま容器に詰めたもので、色は白っぽいです。
    旬の時期に収穫したものをすぐに搾ってジュースにしています。
    果実を絞るので、味はその時の素材に大きく影響されます。


    【濃縮還元】
    色は透明に近い色をしています。
    りんごをすり潰して果汁の水分を飛ばし、5~6倍まで濃縮させます。
    ペースト状になったものをその状態で冷凍保存。
    そして、商品として容器に詰めるときに濃縮したペーストに再び水分を加え、還元した製法で作られます。

    輸送コストを大幅に抑えられるというメリットがあります。
    水分を飛ばすことにより、香りも失われてしまう為、香料で香りを補う場合があります。

    炭と水で作られた健康な大地で育つ農薬、肥料、除草剤不使用のキウイ・ポンカン・みかんジュース・ポンカンジュース ・ゆず果汁・ゆず味噌

    ¥ 1,545 ~ ¥ 10,250 (税込)

    > 商品の詳細はこちら

    陽性熱の解熱にもりんごが良い



    我が家では、子どもが熱を出した場合に、ストレートのりんごジュースを飲ませます。
    熱にも陰性の熱と陽性の熱があるので、お手当が違います。
    りんごジュースは、陽性熱が出た時に飲ませます。


    《陽性熱》
    (症状)…真っ赤な顔をして、体全体がカッカしている
    (お手当て)…りんごのすりおろし、
    りんごジュース(りんごジュースが甘すぎる場合は水で薄めてレモン汁を少し入れる)
    すりおろしは、半量をそのまま先に食べさせ、残りの半分はガーゼで包んで絞り出して飲ませます。
    すりおろしジュースやりんごジュースが甘過ぎる場合は、氷水やレモン汁を少し入れます。

    《陰性熱》
    (症状)…熱があるのに顔色が悪く、手足が冷えている。
    (お手当て)…くず湯
    大さじ1の葛に水1カップを鍋に入れてよく溶き、塩小さじ1/10を加えてから強火にかけて菜箸でよく混ぜます。
    くずのとろみがつき、色が透明になってきたらできあがり。
    あつあつを飲みます。
    参考文献: 『自然派ママの食事と出産・育児』著書 大森一慧

    私の子どもは顔がカッカと赤い陽性熱を出すことが多く、
    そんな時の飲み物はりんごジュースに水とレモン汁を入れて飲ませています。

    後は、頭にキャベツを巻いて、熱が下がるのを待っています。
    息子はこれでいいのですが、この息子より元気な下の娘はキャベツなんか巻いてくれないし、
    お熱でもあまり寝てくれないので、りんごジュース頼みです。

    切り干し大根サラダの作り方

    材料

    ・有機切り干し大根 30g
    有機りんごジュース 100g
    ・有機人参(斜めにスライスして細切り) 50g
    有機わかめ(もどしてカットする) 15g
    有機白すりごま 大さじ1
    有機醤油 小さじ1
    ・有機ごま油 小さじ1
    ・有機梅酢 小さじ1/2
    ・有機レモン汁 小さじ1/2

    作り方

    1 切り干し大根をほぐして、ボウルに入れたりんごジュースでもどします。ある程度もどったら切り干し大根をひっくり返して全体に水分を吸わせます。
    (ひたひたでもどすので、水でもどすより時間がかかります)


    もどしはじめ



    完成

    2 1のボウルに醤油、ごま油、梅酢、レモン汁を入れ、人参とわかめも入れます。

    3 白すりごまも加えて完成です。

    ポイントアドバイス

    切り干し大根をりんごジュースでもどしておいたら、調味料は適当でもそれなりに美味しくなります。調味料にしょうが汁やにんにくすりおろし、りんごのすりおろしやりんご酢などを入れても良いです。夏はトマトやコーンなども合います。




    りんごの葛ゼリーの作り方

    • 大人サイズで4人分
      子どもサイズで6人分

    このレシピを印刷

    材料

    ・有機りんご 1/2個
    有機りんごジュース 400ml
    天日塩 ふたつまみ
    ・有機葛と 大さじ3+大さじ3
     50ml
    ・有機レーズン 20g
    ・有機レモン汁 小さじ1/2

    作り方

    1 りんごを5mmくらいの厚さにスライスし、さらに小さく切ります。



    2 鍋に切ったりんごと水を入れ、上から塩をまぶし、蓋をして弱火にかけます。




    3 蓋の間から蒸気が出始めて、りんごが透明になったらりんごジュースとレーズンを入れてひと煮立ちした後、レモン汁を入れます。

    4 小さな容器に葛と水を入れて混ぜ、葛が溶けたら、3の鍋の中に入れて木べらで混ぜます。

    5 葛の白っぽさがなくなり、ドロっとしてきたら火を止めて、容器に入れてさまします。



    ポイントアドバイス

    こどもが大好きです。息子が通う少人数の幼稚園ではお誕生日会がある日はその子のお母さんが、園児みんなのおやつを作るという事があります。息子に何がいいかと尋ねると、「りんごゼリー!」という答えが返ってきます。自分の体に合うものを知ってる!と感心します。


    さつまいもとりんごの甘煮の作り方

    材料

    ・有機さつまいも 150g
    有機りんご 1/2個
    天日塩 ふたつまみ
    ・有機レーズン 30g
     80ml
    有機りんごジュース 80ml
    ・有機シナモン 小さじ1/2

    *さつまいもとりんごの甘煮のソース
    ・完成したさつまいもとりんごの甘煮 150g
    有機りんごジュース 100ml
    ・有機葛+ 小さじ2+小さじ2
    ・有機レモン汁小さじ1

    作り方

    1 さつまいもは1cm」角にカットし、りんごは5mmくらいの厚さにスライスしてさらに小さく切ります。





    2 鍋にりんご、その上にさつまいもを乗せ、水を加えて上から塩をまぶして蓋をし、弱火と中火の間(弱火より)で火にかける。

    3 蓋から蒸気が出てきたらりんごジュースとレーズンを加えて中火で煮る。

    4 水分がほぼなくなったら、火を止めて、シナモンを振り掛けて完成。




    【さつまいもとりんごの甘煮のソース】
    1 さつまいもとリンゴの甘煮を鍋に入れ、りんごジュースも入れ、ひと煮立ちします。
    2 小さい容器にくずと水を入れて混ぜ、くずを溶きます。
    3 2の溶いたくずを1の鍋に入れて、菜箸でぐるぐると混ぜ、白っぽさが消えたら火を止めます。
    4 レモン汁を入れて完成です。

    ポイントアドバイス

    そのまま食べても美味しい甘煮ですが、パン・ケーキに混ぜ込んだり、ソースにしてパン・ケーキに乗せたりしても。


    さつまいもとりんごの甘煮をパン・ケーキに混ぜ込むと…



    さつまいもとりんごの甘煮をソースにしてパン・ケーキに乗せると…


    さいごに。

    りんごジュースだけを飲まして、栄養素が心配なお母さんへ



    私の息子は1才で断乳をしてからは、水もお茶も飲まなくて、
    三才半くらいまでりんごジュースしか飲みませんでした。

    えー?!普通水くらい…って思うでしょう?
    でも、子どもは知識なんてないし、本能のまま欲求してきます。
    そして、りんごは脂肪を分解するといいます。
    私が摂りすぎた物が息子の体の中で蓄積されて、
    体がそれをりんごジュースで溶かしたがっているのだと思いました。

    なので、おそるおそる欲しがる分だけ与えました。

    お世話になっている食養の食事指導をしてくれている先生にも相談にしました。
    望診法(顔や体などを実際に見て、もとの体質やどこが弱っているかなどを診る)などで
    マクロビオティックの観点からアドバイスしてくれる先生です。
    そうしたら、「問題は水分の量。水分の取りすぎはいけない。りんごジュースが心配なら水を混ぜれば良い」
    とおっしゃったので、りんごジュースに水を混ぜて飲ませていました。

    水分を取りすぎると、体の中の臓器が必要以上に働かなきゃいけないですものね。
    そして、水を足してもストレートのりんごジュースって美味しいので、
    息子は疑いなく水割りりんごジュースを数年常飲をしていました。

    その体の中のいらない物が解けたのか、今では水はまだ苦手ですが、普段はお茶を飲むようになりました。
    「美味しい!」って思うものって、その時の自分に合った物なのですよね。

    だからと言って、添加物ばかりの食事はNGですが、
    お子さんが「美味しい」と言った料理がどんなものなのか、耳を傾けながら、
    日々の食事を作ってみてくださいね。

    この記事を読んだ方にオススメのIN YOU Market商品

    IN YOU Marketでしか手に入らない! 完全農薬不使用のりんご果汁100%ストレートジュース 1,000ml

    ¥ 4,500 ~ ¥ 8,180(税込)

    > 商品の詳細はこちら
    期間限定、数量限定!超貴重な農薬化学肥料不使用のりんごセット

    ¥ 4,500 ~ ¥ 12,501(税込)

    > 商品の詳細はこちら
    世にも希少な有機りんごを贅沢に100%使用!毎日飲みたいオーガニックアップルビネガー

    ¥ 1,080 ~ ¥ 2,160 (税込)

    > 商品の詳細はこちら

    この記事を読んだ方にオススメの記事

    お米の味を感じられない子供達。味覚障害の可能性とそこにあるリスクとは

    子供には安全なものを食べさせたい!添加物や農薬を最大限、避けるためのテクニック。

    子供の歯並びはお母さんの胎内で決まる。 歯への影響は口の中だけじゃない!子供の将来のために必要な栄養素・避けたい栄養素









    この記事のタグ
      お気に入り登録する
      シェアする

      この記事が気に入ったら
      いいね!しよう

      アパレル勤務していた20代の頃に菜食と出会う。植物性だけの味、植物性だけの料理の面白さに心を奪われ実践し、日に日に自分自身が楽になっていく事をも実感する。後に会社を退職し、自然食レストランに従事。それ以降、自然食や自然療法、自然出産、ヨガ、シュタイナーなどを通じて、自身の心と体に向き合い、日々暮らしている。本当の健やかさとは何か、喜びとは何かを未だ探求中。一歳児と五歳児の母親。
      あなたにお勧めの記事
      ページ上部へ