メニュー

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り

  • LINE

メニュー

Organic Life to all the people.

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り
  • LINE

海外で話題殺到中の「ブッダボウル」の作り方。今や 「丼(どんぶり)」はヘルシーでお洒落が当たり前!

    1999年11月7日生まれ。新潟県在住。 作ること食べることが大好き、食いしん坊な菜食女子。 現在は菜食料理の勉強をして研究中。 発酵食を愛し、心からと身体に優しいごはんやおやつを楽しく作っています。

    “ どんぶり”と聞くと何を思い浮かべるでしょうか?

    牛丼、カツ丼、天丼…などハイカロリーでこってりのものを想像した方も少なくないと思います。

    そんなどんぶりの概念を覆すのが「ブッダボウル」なのです。

    IMG_20160815_183658 (1)

    【アメリカ西海岸発のヘルシー丼「ブッダボウル」とは?】

    salad-healthy-diet-spinach
    「ブッダ」という名前からして仏教?と宗教的なイメージを感じる方もいらっしゃると思いますが、そうではありません。

    簡単に言うと、好みの雑穀、野菜、豆類、ドレッシングを深めの器に盛りつけるだけのお手軽どんぶり。

    特にこれ、というルールはありませんので、お好みの食材を使いアイディア次第で貴方だけのヘルシーでお洒落な「ブッダボウル」が出来ちゃいます。

    【ブッダボウルの名前の由来は?】

    雑穀の上にたっぷりのせた野菜の盛り上がった様子が仏様のぽてっとしたお腹に似ているということでこの名前がつけられたそうです。

    流石、アメリカの可愛らしいユニークな発想ですね。

    【良いことづくし!ブッダボウルの良い所・ポイント】

    ・ワンボウルでたっぷり色んな野菜が摂取でき、栄養満点。・雑穀は玄米やキヌアなど精製されていない雑穀を使う事で栄養価アップと低GI値なので血糖値の上昇が緩やかで太りにくい。

    ・のせる食材は自由なので半端に残ってしまった野菜や作りすぎた常備菜の消費にも。

    ・家にあるもので作れる。

    ・豆類やナッツ類もプラスすることでボリュームが増し、食べ応えアップ。

    ・見た目も華やかなのでお1人様ごはんはもちろん、皆で食べる時もとてもお洒落な食卓に。

    【マクロビオティックの考えにおける注意点】

    いくらヘルシーで低カロリーとはいえ、生野菜ばかりでは陰性に傾き、身体を冷してしまいます。

    そのため、蒸す・焼くなどの火を通した野菜も取り入れるのがマスト。そうすることで色んな食感、味が味わえてより楽しいですね。

    また、食材は有機、無農薬、自然栽培の安心な食材を選びましょう。

    【身体の内側から綺麗に、発酵食品を取り入れよう!】

    そして、今回紹介するレシピは、日本人の体にも合うように発酵食品も加えてアレンジしてみました。

    その名も「Japanese発酵ブッダボウル」。

    発酵食品を使った、ブッダボウルの盛りつけに使う簡単おかずをふたつご紹介します。
    少し多めの分量のレシピになっていますので常備菜にもなりますよ。

    また、予め味をつけておくことでドレッシング要らずです。
    まずは簡単発酵おかずの作り方を紹介します。

    *塩麹きのこ

    IMG_20160815_181932

    (材料)

    ・お好みのきのこ(しめじ、えのき等) 200g
    ・塩麹 小さじ2

    (作り方)

    1、石突を取り、食べやすい大きさにする。
    2、きのこに火が通るまでさっと蒸して塩麹と和えて完成。

    *味噌きんぴら

    IMG_20160815_180755

    (材料)

    ・ごぼう 100g
    ・人参 100g
    ・味噌(わたしは白味噌を使用しましたが、好みの味噌で良いです) 小さじ2
    ・水 約80cc
    ・ごま油 適量

    (作り方)

    IMG_20160815_180928
    1、ごぼうと人参はよく洗い、千切りにする。
    2、フライパンにごま油をひき、ごぼうを入れ、色が変わって甘い香りになるまでよく炒める。
    3、ごぼうの上に人参を乗せ、水をいれて中火で煮て、沸騰したら弱火にし、蓋をして8~10分柔らかくなるまで煮る。
    4、蓋を開け、味噌を入れて全体に絡めながら水分を飛ばして完成。

    では本題。

    【Japanese発酵ブッダボウル】のつくりかたレシピ


    (1人分)

    (材料)

    ・炊いた雑穀(今回は玄米) 茶碗1杯分
    ・好みの葉野菜(リーフレタスなど)好きなだけ
    ・塩麹きのこ 適量
    ・味噌きんぴら 適量
    ・納豆1パック
    ・醤油麹小さじ1
    ・海苔1/2枚
    ・糠漬け(今回は胡瓜) 好みの量
    ・梅干し 1つ
    ・ごま 適量
    ・その他お好みの野菜(今回はミニトマト、オクラ) 好きなだけ

    (作り方)

    IMG_20160815_182329
    1、深めの器に雑穀を盛る。
    2、葉野菜を雑穀が隠れる程度に全体に広げる。
    3、納豆、醤油麹、海苔を混ぜ合わせる。
    4、3の納豆と塩麹きのこ、味噌きんぴらを盛りつけ、隙間に糠漬け、ミニトマト、オクラを乗せる。
    5、ごまを散らし、中央に梅干しをのせて完成。

    いかがでしょうか?

    野菜やおかずさえ用意できれば、あとは盛りつけるだけなのでとっても簡単。

    そしてアレンジ版でこんなブッダボウルも…。

    IMG_20160813_151820
    こちらは、味噌、酒粕、醤油麹などの発酵食品を加えた手作りベジカレーを合わせたアレンジブッダボウル。

    カレーに常備菜を盛りつけただけですが、こうしてひとつの器にたっぷり盛ることで華やかに鮮やかにお洒落になりますね。

    皆様も是非お好みの食材で思い思いに楽しく作ってみてくださいね。

    日々に感謝して、今日も素敵な1日を。

    この記事を読んだ人におすすめのレシピ

    最近話題の健康飲料・KOMBUCHA(コンブチャ)。その正体は70年代に大流行したあの飲み物だった!

    知ってる?本みりんは超低GI 調味料!砂糖の代わりになる最強の調味料【煮切りみりん】

    材料たった3つだけ。究極に簡単なノンシュガー・ジェラートの作り方2種。

    この記事のタグ
      お気に入り登録する
      シェアする

      この記事が気に入ったら
      いいね!しよう

      1999年11月7日生まれ。新潟県在住。 作ること食べることが大好き、食いしん坊な菜食女子。 現在は菜食料理の勉強をして研究中。 発酵食を愛し、心からと身体に優しいごはんやおやつを楽しく作っています。
      あなたにお勧めの記事
      ページ上部へ