メニュー

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り

メニュー

Organic Life to all the people.

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り
本物のオーガニックが見つかるオーガニックショップ IN YOU Market 本物のオーガニックが見つかるオーガニックショップ
IN YOU Market
朝起きたばかりなのに疲れている・・それミネラル不足では?

クリスマスの食卓が華やぐ!肉・乳製品不使用のお惣菜ケーキ「ケーク・サレ」の作り方

img 2079 e1575642077882

早いものでもう12月ですね。
クリスマス、年末に向けて街も華やいで来ています。

この時期はご友人やご家族とワイワイ楽しく食事をする機会も多いのではないでしょうか?

今日はそんな楽しい食卓にぴったりの、ちょっぴり華やかな塩味のケーキをご紹介します。
作り方はとっても簡単なのに手が込んで見えて、きっと皆さんに満足していただけますよ。

そもそもクリスマスとは?


日本ではクリスマスと言えば、美味しい料理やケーキ、プレゼントと華やかなイメージですよね。

でもみなさん、クリスマスがそもそも何の日かご存知ですか?

クリスマスの由来や起原とは?


12月25日はイエス・キリストの誕生を祝う日ですが、
キリストのお誕生日というわけではありません。
実はイエス・キリストがいつ生まれたかの正確な記録は無いそうです。

では何故12月25日にお祝いをするようになったのでしょうか?
それは一説に、ローマ帝国で信仰されていた太陽崇拝の影響だといいます。

太陽崇拝において12月25日は冬至にあたり、太陽誕生の日としてお祝いされていました。
そこからのちにキリスト教会がこの祭日をイエス・キリストの誕生の日として祝うようになったそうです。

クリスマスはいつからいつまで?


宗派や国によってクリスマスの時期やお祝いの仕方はやや違いますが、
一般的にキリスト教圏ではクリスマスの4つ前の日曜日から、その準備が始まります。

この時期は「アドベンド」と呼ばれて日曜日ごとにろうそくに火を灯し、リースを飾ります。

また教会では、12月24日の日没後から25日の日没までに合計4回のミサを行い、
イエス・キリストの降誕を祝います。その後、「東方三博士の日」に当たる1月6日までクリスマスは続きます。

各国でのクリスマスの祝い方


では、欧米各国ではそれぞれ、クリスマスをどのように祝うのでしょうか?

バチカンがあるイタリアではカソリック教徒が多く、クリスマスイブには家族でミサへ行き、
自宅でクリスマスディナーを楽しみます。
クリスマス当日も自宅でクリスマスランチを楽しむのが一般的です。
イタリアのクリスマスのお菓子とえば「パネトーネ」が有名ですね。

フランスのクリスマスは、年に一度、家族が集まるビッグイベントです。
レストランは基本的に閉まっているので、家族でフォアグラのパテや牡蠣等のシーフードを楽しみます。
ケーキは「ブッシュド・ノエル」が定番です。

アメリカでもクリスマスは家族が揃うイベントで、プレゼントやカードを贈り合います。
食事は七面鳥やハムのローストを食べ、お菓子はジンジャーマンクッキーや
アイシングを施したクッキーなどが食べられています。

欧米ではどこの国でも、クリスマスは家族が集まる大切な日とされているようです。

日本のクリスマス


では、日本ではどうでしょうか?

日本ではクリスマス当日よりもイブ(前夜)に当たる24日にお祝いをするのが主流になっています。

友人や家族とともにパーティを開いたり、ちょっと良いレストランで食事をしたりします。
食べ物はローストチキンやホールケーキが一般的。
子供達はサンタさんからのプレゼントを楽しみにします。

日本ではクリスマスは宗教的な意味合いは薄く、みんなが楽しむイベントとして広まっていますね。

みんなでケーク・サレを食べよう!


そんな大切な人達との楽しい時間にオススメなのが今回ご紹介するお惣菜ケーキの「ケーク・サレ」です。

ケーク・サレとはフランス語で塩味のケーキの意味。
小麦粉・バター・卵・牛乳などのベースにお肉や野菜、チーズ等を混ぜて焼いたフランスの家庭の味です。

今回はお肉類・乳製品を使わずにベジタリアン・ヴィーガン仕様にしてみました。

バターの代わりにオリーブオイルを使用しているのでお腹に重たく溜まる事もありません。

また美味しい天然塩を使う事で旨味もアップ。ぜひ、お気に入りの美味しい塩で作ってみてください。

パーティの一皿に、朝食に、おやつにと便利なケーク・サレ。クリスマスにみなさんでお楽しみ下さい。

クリスマスの食卓に。簡単で豪華なお惣菜ケーキ「ケーク・サレ」の作り方


  • 8×20センチの型 1個分
このレシピを印刷

材料

A
・有機薄力粉 100g
無農薬米粉 100g
天然塩 小さじ1/4
・ベーキングパウダー 大さじ1

B
・無糖・有機豆乳 240cc
オリーブオイル 大さじ3

・有機タマネギ 半分
・有機マッシュルーム 4個
・有機ほうれん草 30g
・オーガニック塩漬けブラックオリーブ 種無し 5〜10粒
・オーガニックオイル漬けドライトマト 4〜5枚

下準備

・タマネギはみじん切りに、マッシュルームは薄くスライス、ほうれん草はざっくりと刻む。
・ブラックオリーブ・ドライトマトは粗く刻んでおく。
・トッピング用にドライトマト1枚を刻み、ブラックオリーブ1個をスライスしておく。
・型にベイキングペーパーを敷く。
・オーブンは180度に予熱しておく。

作り方

1 フライパンにオリーブオイル大さじ1を入れ、
下準備しておいたタマネギ・マッシュルーム
ほうれん草を天然塩少々でさっと炒める。
2 Aをボウルに入れて全体を良く混ぜる。
真ん中をくぼませてBを注ぎ入れ、混ぜる。

3 2のボウルに1の炒めた野菜とブラックオリーブドライトマトを
加え、ムラが無くなるまで混ぜる。

4 型に入れ、スライスしておいたドライトマト・ブラックオリーブを
上に乗せる。
180度で25分〜30分焼く。
竹串を刺して何もついて来なければ焼き上がり。
ポイントアドバイス 味付けは天然塩のみですが、ドライトマトとブラックオリーブからとても良い旨味が出ます。
ほうれん草の代わりにブロッコリー等でも美味しく頂けます。

オーガニック食品やコスメをお得に買えるオーガニックストアIN YOU Market


IN YOU Market

クリスマスレシピに使いたい! IN YOU Marketのおすすめアイテム


期間限定、数量限定!超貴重な有機基準レベルのりんごセット(1箱 10~12個) |りんご好きにお勧め!
¥ 4,500 (税込)

IN YOU限定!ホクホク自然栽培・無農薬さつまいも【2㎏】|放射性物質検査済み
¥ 4,039 (税込)

オーガニックダブル認証取得!
アロマが香り立つオリーブオイル【1本】|絶滅危惧の在来品種ルシオ種を使用
¥ 3,200 (税込)

そのほかのおすすめレシピ記事はこちら!

クリスマスにもピッタリ!無添加ビーツシチューの作り方

卵、バター、クリーム不使用!みんなが喜ぶ、ゴージャスなクリスマスケーキの作り方

クリスマスの前菜にもぴったり! 野菜もりもり「サラダブーケ」の盛り付け方・作り方

この記事のタグ
お気に入り登録する
シェアする
img 2079 e1575642077882

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

あなたにお勧めの記事
ページ上部へ