メニュー

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り

  • LINE

メニュー

Organic Life to all the people.

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り
  • LINE

夏バテの疲れを吹き飛ばすレシピ。グルテンフリーでもちもち、混ぜて焼くだけ!栄養価たっぷりの本格チヂミの作り方

    ayukotaniguchi
    管理栄養士/ナチュラル料理研究家 東京・長崎にて、料理教室Cucina_di_ayukoを主催。 管理栄養士として病院・施設などで給食業務に携わり、毎日の食事で最高の健康を目指したいとナチュラル料理を始める。 2017年 3月に男の子を出産。家事に仕事に育児をこなしながら、化学調味料や白砂糖を使わず、発酵調味料を中心としたナチュラル料理術をお伝えしています。 [BLOG] http://cucina-di-ayuko.weebly.com/blog [HP] cucina-di-ayuko.weebly.com

    毎日のごはん作りに頭を悩ませているお母さんも多いのはないでしょうか?

    question-marks-2215_640
    毎日メニューを考えるって大変ですよね。

    LRG_DSC07807
    そして、家族の健康のことを考えると・・・

    「栄養バランスもよくしたい」
    「野菜もたっぷりとってほしい」
    「お腹いっぱいになってほしい」


    でも手の込んだ料理ではなく、日々のごはんは”簡単に、時間をかけずに、美味しくできること”が重要ですよね!!

    そして、化学調味料を使わず身体を大切にする食事を作りたいと思うお母さんがたくさんいらっしゃると思います。
    そこで、混ぜるだけで野菜がたっぷりとれて、疲れを吹き飛ばしてお腹も満足できるおかずをご紹介します。

    グルテンフリーでもちもち、混ぜて焼くだけのグリーンチヂミの作り方

    LRG_DSC07805
    【材料】
    LRG_DSC07779

    有機米粉・・・140g
    有機モロヘイヤパウダー・・・10g
    有機豆乳・・・250ml
    無農薬味噌・・・小さじ2
    有機ニラ(3~4㎝に切る)・・・50g
    有機にんにく(おろす)・・・一片
    有機ミックスビーンズ(水煮タイプ)・・・50g
    有機大豆ミートミンチタイプ・・・10g(高野豆腐でも代用できます)
    有機ごま油・・・適量


    【作り方】
    1.ボウルに米粉、モロヘイヤパウダーを入れひと混ぜする

    LRG_DSC07780
    2.豆乳と味噌を1に入れよく混ぜ合わせ、にら、にんにくを入れひと混ぜする

    LRG_DSC07784
    3.フライパンを熱しごま油を入れ、2を薄く広げ、ミックスビーンズ、大豆ミートミンチタイプ(湯で戻さずにそのまま)乗せて蓋をし弱火で8分ほど加熱する

    LRG_DSC07794
    4.ひっくり返して、蓋をして裏面も弱火で8分ほど加熱する(加熱時間は目安ですので、時々確認しましょう。)

    LRG_DSC07795
    好きな形に切り、醤油を1:1であわせたタレにつけながらお召し上がりください。

    ピリッとさせたいときは、タレに一味を入れると味に変化が出て更に美味しくなりますよ。
    このグルテンフリーもちもちグリーンチヂミですが、ごはんのおかずにはもちろんこのようなアレンジも可能です。

    生地を一口サイズに薄く広げて焼くとお弁当のおかず
    クレープのように薄く広げてお好みの野菜や具材と一緒に包んでラップサンド

    ぜひ、グルテンフリーもちもちグリーンチヂミを作って、アレンジもお試しくださいね。


    LRG_DSC07799

    蒸し暑いこの季節にとっておきたい野菜NO,1とは?

    summer
    今年の梅雨もジメジメ、そして梅雨明け後は蒸し暑い夏。
    このジメジメや蒸し暑さで、頭痛や体のだるさを感じていませんか?

    実は私も頭痛と体のだるさを感じていた一人

    最近、後頭部が痛くなることが多くなんとなく体の疲れが取れずスッキリした感じがなかったのです。
    普段あまり頭痛を感じることがなく、毎日続く頭痛は苦痛でした。

    そこで、薬を飲んでしまえば痛みは治まるかもしれませんが、根本的な原因を取り除くことはできません。
    そうだ私には食事という強い味方がいるんだった!

    こんなときは、身体の不調を吹き飛ばす栄養満点の野菜を食事に取り入れましょう。


    旬の野菜には、その時期の体調を改善する効果があります。
    今の季節は暑さからいつも以上に疲労を感じやすく、紫外線によって肌や細胞がかなりダメージをうけてしまいます。
    そんな身体のだるさや様々な不調を感じる今の時期におすすめの野菜が”モロヘイヤ”

    モロヘイヤには疲労回復効果のあるビタミンB1をはじめ、ビタミン、ミネラルが青菜の中でもトップクラスの栄養素を含む野菜です。

    睡眠をとっても、翌朝に疲れがとれていないということはありませんか?

    もしかしたらこの疲労回復のビタミンB1が不足しているかもしれませんよ。

    特に、甘いものが大好きという方はビタミンB1が甘いものに多く含まれる糖質の代謝に使われてしまい、疲労回復をするためのビタミンB1が不足しやすくなります。

    そして、ビタミンB1の吸収をよくするために必要な栄養素とともに摂ることで、さらに代謝を活性化します。
    その栄養素は”アリシン”です。
    ビタミンB1はこのアリシンと一緒にとることが、ビタミンB1の働きを高めるポイントです。
    アリシンは、にんにく、にら、たまねぎ、ねぎ、らっきょうなどに含まれます。

    今回のレシピも、にんにくとにらを入れてアリシンを強化していますので、ビタミンB1の代謝を高め、夏の疲れを感じる今の季節にとくに食べたい一品ですね。

    疲れを吹き飛ばす!グルテンフリーもちもちグリーンチヂミの材料はこちらで揃えられます


    このレシピに使った、有機モロヘイヤパウダーを買ってみよう!

    moro 抗酸化対策に!毎日飲みたい無農薬 ・無化学肥料栽培のモロヘイヤ(パウダー OR サプリメント)今すぐここをクリック!

    オススメの記事

    人参嫌いな子どもも人参が好きになる!オレンジジュースで作る、キャロットラペの作り方と、アレンジグルテンフリーのピタパンの作り方。

    卵なし!バターなし!砂糖なし!目指せ市販菓子パン断ち。小腹対策におすすめの紅茶香るマクロビ「甘酒スコーン」の作り方。

    夏こそ酒粕を食べるメリットたくさん!夏に活用したい酒粕の使い方とレシピ3種。酒粕レーズン・パイナップルクランブル・発酵アイスの作り方

    この記事のタグ
      お気に入り登録する
      シェアする

      この記事が気に入ったら
      いいね!しよう

      ayukotaniguchi
      管理栄養士/ナチュラル料理研究家 東京・長崎にて、料理教室Cucina_di_ayukoを主催。 管理栄養士として病院・施設などで給食業務に携わり、毎日の食事で最高の健康を目指したいとナチュラル料理を始める。 2017年 3月に男の子を出産。家事に仕事に育児をこなしながら、化学調味料や白砂糖を使わず、発酵調味料を中心としたナチュラル料理術をお伝えしています。 [BLOG] http://cucina-di-ayuko.weebly.com/blog [HP] cucina-di-ayuko.weebly.com
      あなたにお勧めの記事
      ページ上部へ