メニュー

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り

  • LINE

メニュー

Organic Life to all the people.

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り
  • LINE

本葛の簡単あんかけ塩焼きそばの作り方|体を温める本葛の効果と選び方

    山崎麻未
    管理栄養士。病院の管理栄養士として7年間勤務しておりました。妊娠を機に退職し、今はフリーの管理栄養士として、オンラインの栄養指導やレシピ作成の業務を行っております。子供ができてから、食の安全性や機能性をより考えるようになり、1食1食を丁寧に考えるように心がけております。

    寒い季節となってきましたね。
    私は寒いのが苦手なので、
    この時期できれば家に引きこもりたいです。

    それでも外に出なければ何もできませんよね・・・


    寒い日といえば、身体が温まるお鍋や、
    冷え性に良いとされる生姜を食べている人は多いと思います。

    実は、本葛も身体を温める効果があることをご存知でしょうか?

    今回は本葛の効果の紹介と、
    本葛を使ったあんかけ塩焼きそばのレシピを紹介します。


    本葛(ほんくず)とは何?



    本葛とは「くず」という豆科のツル植物です。

    30年ほど育ったくずの根の部分を砕き、
    繊維を何度も水に晒してくずのデンプンだけを抽出する大変な作業の後、
    1年程乾燥することで本葛が完成します。

    葛の根からとれる本葛は7~10%ほどで、
    とても貴重なものです。

    葛もち、葛きり、葛湯などは
    食べたり、飲んだりしたことがある人はいらっしゃると思います。

    日本では、風邪をひいたら葛湯を飲む習慣もあります。

    また、風邪のひきはじめによく飲まれている
    葛根湯(かっこんとう)」
    という漢方薬は知っている方も多いのではないでしょうか。

    これも字の通り葛の根を使っている薬です。


    本葛にはどのような効果があるの?



    葛には漢方薬になるほどの効果がありますが、
    基本的な作用としては、
    発刊作用で体温を上げる効果があります。

    また、風邪の初期症状である、
    頭痛・発熱・寒気などを抑えてくれる効果もあります。

    さらに嬉しいのが、
    女性ホルモンと同じ働きをするイソフラボンも含まれているため、
    骨粗鬆症予防や女性の更年期の不調を整えてくれます。

    イソフラボン自体にも血流を良くして、
    身体を温める作用があるといわれています。



    漢方薬では「葛根湯」以外にも、
    葛根(かっこん)を使用したものが多く存在します。

    葛根は、発汗作用以外にも、
    筋肉のこり、下痢、麻疹にも効くとされています。

    寒くて身体が冷えるこれからの季節こそ、
    本葛を取り入れて身体を芯から温めていきましょう。

    葛粉を購入するときの注意点!



    葛粉を購入する場合は「本葛粉」を購入しましょう。

    「本葛粉」は、葛でんぷんが100%が原材料となるため、
    商品表示は「葛でん粉」「くず粉」のみの表記です。

    しかし「葛粉」と表示されているものの多くは、
    商品表示が「葛でん粉」以外に「甘しょでん粉」などの他のでん粉を混ぜています。

    「葛粉」はお手頃な価格で購入できますが、
    葛の効果を実感するには「本葛粉」を選ぶことが大切です。

    ぜひこちらの記事も読んでみてくださいね!
    原材料には表示されない石灰水、硫酸、消泡剤も。本葛本来の力を失った「葛コピー品」の数々。 その実態を葛職人が語る!日本古来の「本葛」とは?【オーガニックベンダーズ達の声 by IN YOU Market】
    100%天然国産原料!一子相伝による伝統的製法で、丹精込めてつくりあげた白い金、「絶滅寸前の究極の本葛」

    ¥ 1,760 (税込)


    本葛を料理に使うコツとは?



    本葛を買っても、
    普段の料理にどのように取り入れれば良いのか分からない。
    という方も多いと思います。

    本葛は片栗粉と同じように水で溶くことで、
    とろみをつける料理に使うことができます。

    料理には、水溶き片栗粉の代わりとして使ってみましょう。


    水溶き本葛の作り方



    ↓本葛の2倍の量の水で溶くだけ!




    それでは
    「本葛のあんかけ塩焼きそば」
    の作り方を紹介していきますね!

    味付けは塩こうじだけのシンプルな味付けです。

    今回は、パリパリ焼きそばにしていますが、
    パリパリにそばを焼くことで、
    本葛あんとの食感の違いを楽しむことができます。

    レシピの通りの野菜をわざわざ買いに行かなくても、
    冷蔵庫にある野菜で美味しくできます。

    本葛のあんかけパリパリ塩焼きそばの作り方

    材料

    ・無添加中華麺 2人前
    有機なたね油(麺を焼くとき用)大さじ1

    ・豚肉 50g
    ・海鮮(エビとイカを使用)50g
    (菜食の方はバラ肉タイプのべジミートや油揚げなどをお使いください)
    ・千切り人参 1/4本
    ・無農薬もやし 1/4袋
    ・無農薬しめじ 1/4袋
    ・無農薬青ねぎ 2~3本
    ・無農薬ニンニク 1/2片分(みじん切り)
    ・無農薬しょうが 少々(すりおろす)

    有機なたね油少々
    ・塩こうじ 大さじ2
    ・水150ml
    水溶き本葛 大さじ2

    作り方

    ① 海鮮は下処理をしておく。

    ② 最初に本葛あんを作る。鍋に油・ニンニク・しょうが・豚肉・海鮮を入れて炒める。

    ③ 豚肉に火が通ったら、人参・もやし・しめじを入れて、塩こうじで味をつける。

    ④ 水150mlをいれ、沸騰したらネギを入れる。さらに、水溶き本葛を混ぜながらとろみをつけて、本葛あんは完成!

    ⑤ パリパリ麺を作る。中華麺をフライパンにほぐしながら入れ、油を回し入れる。

    ⑥ 押し付けて焼きながら、両面焼く。

    ⑦ 盛り付けて完成!

    ポイントアドバイス

    〇味付けが塩こうじのみなので、具材は海鮮、豚肉、きのこ類をいれると旨味が増します。菜食の方は動物性食品を使用しないため、本葛あんに旨味の強い有機しょうゆベジブロスなどをプラスするとおいしくなります。

    〇薬味であるニンニク・しょうが・ねぎを入れることで身体を温めてくれる効果が増します。

    〇本葛あんは、豆腐や卵焼きにかけても美味しく頂けますよ!


    とろっとしたあんで、冷めにくい料理です。
    寒い冬は、あんかけ焼きそばで乗り切りましょう!

    オーガニック食品やコスメをお得に買えるオーガニックストアIN YOU Market


    IN YOU Market

    IN YOU厳選!身体を温めるオーガニック・アイテムはこちら

    100%天然国産原料!一子相伝による伝統的製法で、丹精込めてつくりあげた白い金、「絶滅寸前の究極の本葛」

    ¥ 1,760 (税込)

    薬膳キノコの力に特化したオーガニックサプリ「スーパーマッシュルームチョコラテ」【単品】|豆乳やアーモンドミルクに溶かすだけの美味しい健康習慣!Minery ミネリーラテシリーズ

    ¥ 9,300 (税込)

    Mineryミネリーバスタイム|完全オーガニックのミネラル入浴剤【重炭酸・精油・オート麦配合!】たっぷり大容量1〜3ヶ月分!

    ¥ 12,540 (税込)

    <1日200円の健康習慣!>ミネラルならこれ1つ。あなたの毎日が輝き始める無味無臭「飲むミネラル」 by Minery(ミネリー)カナダ原生林から誕生!重金属・農薬テスト済|たっぷり2.5-3.5ヶ月分でお得!【3個セット】

    ¥ 53,361 (税込)

    生姜せんべいの老舗が作った有機100%ジンジャーパウダー

    ¥ 2,160 (税込)

    こちらの記事もおすすめです!

    冬に食べたい葛粉を使い回し!とろとろあったか葛活用レシピ3選。風邪やインフルエンザ対策にも。

    もはやどこにいても被曝の可能性がある日本|広がり続ける除染土再利用による被曝対策、どう考えていますか?昔からの伝統製法で作られた本当の葛の力で免疫の要である腸を守ろう 〜IN YOU Marketが私に教えてくれたこと vol.16〜

    精進料亭風。葛粉でカンタン!本格・胡麻豆腐の作り方

    この記事のタグ
      お気に入り登録する
      シェアする

      この記事が気に入ったら
      いいね!しよう

      山崎麻未
      管理栄養士。病院の管理栄養士として7年間勤務しておりました。妊娠を機に退職し、今はフリーの管理栄養士として、オンラインの栄養指導やレシピ作成の業務を行っております。子供ができてから、食の安全性や機能性をより考えるようになり、1食1食を丁寧に考えるように心がけております。
      あなたにお勧めの記事
      ページ上部へ