メニュー

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り

メニュー

Organic Life to all the people.

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り

材料たったの3つ。アツアツを食べたい!フライパンで手軽に作るバナナ・ホットサンドと、ベジタリアン玉子サンドの作り方

    中村 りえ
    食べ物の栄養素、働きを知ることが好きで管理栄養士を取得。 栄養素だけ満たされれば、カラダは元気になるのかということに疑問を感じ、マクロビオティックを勉強し、食事の本来の姿を見直す。 グルテンフリーの食事により、家族の鼻炎と便秘症を解消した。 二児の母。 <楽しく美味しい食事>をモットーにカラダとココロに優しいごはんを作ります。  ・管理栄養士 ・米粉マイスターインストラクター ・キッズ食育Jr.トレーナー ・マクロビオティックアドバイザー

    朝ごはんはパン派?ごはん派?

    パン
    忙しい朝に、そのままでも食べられるパンは朝食の定番になりましたね。
    お昼もサンドイッチを食べたりと、1日1回以上パンを食べる日もあるのではないでしょうか?

    しかしここで、気をつけたいポイントがあります。


    その百円台のパン、大丈夫?

    毎日食べているパンに実は体に負担になる人工甘味料や、添加物が入っているかもしれない。

    800px-Jam_pan_002
    スーパーで1斤180円で売られているパンの成分表示を見てみると・・・

    小麦粉
    糖類
    マーガリン
    パン酵母
    食塩
    脱脂粉乳
    乳化剤
    酢酸Na
    イーストフード
    V.C(原材料の一部に乳成分、小麦、大豆を含む)



    上の成分表示は、あるメーカのスーパーで売っている食パンの成分表示です。
    食パンはシンプルだから添加物は、入っていないと思っている方もいるかもしれません。

    実は、これってなんだろう?って疑問に思うものはありませんか?
    パンやお菓子を作ったことある方ならお分かりかと思いますが、フワフワとした柔らかいパンは、次の日には硬くなってしまうものなんです。

    そして、ちょっと暖かい場所に置いておくと1,2日でカビが生えます。
    でも、スーパーで売っている食パンって、夏でも2、3日くらいは常温でもちますよね。

    不思議に思いませんか?


    2パン

    一般的な食パンに入っているイーストフードって実は中身がわからない!


    パンを発酵させるときにイースト菌を入れて、膨張させます。そのときに、膨らみを良くさせるために使うのがイーストフード。
    パンを短時間に大量生産させるために入れられます。

    イーストフードと聞くと、安全そうな添加物に聞こえますね。
    イーストフードは、指定されている16種類の添加物のうち、2種類以上を添加させたときに一括表示として、イーストフードと表示ができます。
    1種類しか添加させていない場合は、その添加したもの自体を書く必要があります。2種類以上添加させた場合は、用途が「イーストフード」としてであれば、「イーストフード」と記載するだけでいいのです。

    害のあるイーストフードを使い大量生産されるパンは農薬を大量に使った野菜のようなものです。


    一括表示されていると、添加された目的はわかりますが、何を添加されているかわかりません。一括表示のからくりですね。
    16種類の添加物のうちの代表的によく使われるものこの2つ。

    ・塩化アンモニウム
    ・リン酸カルシウム


    イーストフードの代表として使われる上記の2つは、大量摂取が危険とされているものなのです。

    Crumbs Butter Bread Food Spread Breakfast Knife
    塩化アンモニウムは、大量摂取により、嘔吐・下痢を起こします。
    通常は化学肥料に使われています。

    リン酸カルシウムは、リン酸は骨粗鬆症、カルシウム欠乏を引き起こす危険性があります。
    リン酸はそのままでは体から排出できないため、血中のカルシウムと結合して排出されます。
    これによって、リン酸を大量にとるとカルシウム欠乏を起こします。

    イーストフードを使わずにパンは作れるの?

    パン3
    イーストフードを使わない食パンももちろんあります。短時間で効率よくパンを発酵させるために添加するのがイーストフード。
    短時間で発酵させることが目的ですので、じっくり発酵させれば、イーストフードは不要です。
    でもスーパーで安価に売られている食パンは、コスト削減のためにイーストフードが添加されています。

    イーストと天然酵母の違い

    イーストは、野生にある酵母を人工的に1種類だけにして、工業的に培養したもの。
    天然酵母は、野生にある酵母そのものです。
    天然酵母のパンを召し上がったことある方なら、わかると思いますが、天然酵母は酵母の香りが強くします。

    噛めば噛むほど豊かな香りがします。

    IN YOUMarketでも体に優しいオーガニックの美味しいパンを売っています。

    オーガニックパン 世界最高峰バイオダイナミックファームによる北海道産有機小麦と自家製酵母で作った心も豊かになる本物のカンパーニュ。農薬、添加物一切不使用!今すぐここをクリック!

    美味しい食パンがあるときに作ってほしいもの

    切ったバナナサンド
    小さいころ、ホットバナナサンドをよく母が作ってくれました。小さいころの思い出の味。
    バナナを焼くと甘みが増すので、砂糖を使わなくても甘い特別な気分になれるホットサンド。
    リラックス時間、朝ごはんに甘いものを食べるのも特別な気分になれますよね。


    美味しいオーガニック・パンで作るシンプルなバナナ・ホットサンドの作り方

    バナナホットサンド

    【材料】

    ・オーガニックのパン 適量
    ・有機バナナ 1本
    ・無農薬のココナッツオイル 適量


    作り方
    1.食パンを厚さ4センチにカットして、2センチの幅で切り込みを入れ、ココナッツオイルを塗る。
    2.バナナを斜めにスライスして、1に挟む。
    バナナサンド
    3.フライパンにココナツオイルをしき、2のパンを焼く。お皿などを重みをのせるとしっかりとしたホットサンドに。
    バナナホットサンド

    ベジ卵をサンドしたホットサンド

    ベジ卵

    ベジ卵の作り方

    【材料】

    <ベジ卵>
    ・有機木綿豆腐 1丁
    ・塩 小さじ1/2
    ・有機ターメリック 小さじ 1/4
    ・有機玉ねぎ 1/4個
    ・無農薬白みそ 小さじ1
    ・有機葛粉 小さじ1

    <マヨ風ソース>
    ・有機塩麹 大さじ1
    ・豆乳ヨーグルト 大さじ1
    作り方はこちら> 腸疲労予防に役立つ。無調整豆乳を使って簡単!手作り「豆乳ヨーグルト」の作り方。

    ・有機オリーブオイル 小さじ1


    【作り方】
    1.鍋にお湯を沸かし、沸騰したところで木綿豆腐を入れて、3分茹でる。
    2.1の水を切って、ざるにのせ、お皿などの重しを載せて、10ほど置いて、水気を切る。
    3.玉ねぎをみじん切りして、フライパンにオリーブオイル、玉ねぎ、塩を入れて、炒める。
    4.玉ねぎがしんなりしたら、2の豆腐を崩しながら入れ、ターメリック、白みそを入れて味を整える。
    5.葛粉に同量の水を入れて、4に入れ、3分ほど加熱して、とろみをつけて、ベジ卵サラダは完成。

    ベジ卵
    6.マヨ風ソースは、すべての材料を混ぜる。
    7.ホットバナナサンドと同様に、パンにサンドしてフライパンで焼く。

    ベジ卵サンド焼き
    ベジ卵
    ぜひ、美味しいパンで作ってみてくださいね。

    切ったバナナサンド

    このレシピに使ったオーガニックパンをIN YOU Marketでチェックしよう!!

    オーガニックパン 世界最高峰バイオダイナミックファームによる北海道産有機小麦と自家製酵母で作った心も豊かになる本物のカンパーニュ。農薬、添加物一切不使用!今すぐここをクリック!

    北海道・十勝より届けられる、心と身体の健康を育むパン。
    誰にとってもプラスとなるよう、ミネラル・繊維質もたっぷり含みます。
    世界最高峰のバイオダイナミック農法をご存知ですか?
    バイオダイナミック農法とは
    バイオダイナミック農法(独:Biologisch-dynamische Landwirtschaft。 ビオダイナミック、ビオディナミ、バイオロジカルダイナミック農業、BD農法、生命力動農法、シュタイナー農法とも)とは、人智学のルドルフ・シュタイナーによって提唱された有機農法・自然農法の一種で、循環型農業である。とWikipediaに書かれている通り、世界でも最強の農法だと言われています。
    このパンはそんなバイオダイナミックファームで作られたものだそう。
    自然に寄り添いながら栽培した健全な作物から、自然な製法で使用する原材料は、十勝産有機小麦に自家培養酵母をはじめオーガニックな自然原料のみ。
    農薬や化学添加物の心配は一切ありません。
    職人がひとつひとつ丹精込めて、常温で長時間発酵させ薪火で焼き上げたカンパーニュ形のパンです。
    素材が美味しいからこそ販売可能な、粉・酵母・塩だけで焼き上げられるハード系のパン。
    パンの本質的な姿が追求されています。 十勝の大自然の恵みを感じられる、噛むほどにおいしい粉の旨味がギュッと詰まった生きているパンを
    一度味わってみてください。子どもたちにも、ぜひ!


    オススメの記事

    市販クッキーは甘すぎ!というあなたへ。グルテンフリー仕様。きな粉と米粉で作る「甘酒クッキー」の作り方

    ゼラチンなし・寒天なし!バナナの力だけで固める不思議なチョコバナナプリンの作り方とほろ苦チョコソースの作り方

    発酵の力を最大限に活かした、発酵キャベツと発酵ビーツスープの作り方

    この記事のタグ
      お気に入り登録する
      シェアする

      この記事が気に入ったら
      いいね!しよう

      中村 りえ
      食べ物の栄養素、働きを知ることが好きで管理栄養士を取得。 栄養素だけ満たされれば、カラダは元気になるのかということに疑問を感じ、マクロビオティックを勉強し、食事の本来の姿を見直す。 グルテンフリーの食事により、家族の鼻炎と便秘症を解消した。 二児の母。 <楽しく美味しい食事>をモットーにカラダとココロに優しいごはんを作ります。  ・管理栄養士 ・米粉マイスターインストラクター ・キッズ食育Jr.トレーナー ・マクロビオティックアドバイザー
      ページ上部へ