メニュー

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り

メニュー

Organic Life to all the people.

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り

余りごはんリメイク法!昼食が面倒な時に作りたい簡単おやつ「こねつけ(めしやきもち)」の作り方。

    うちゅう
    地方在住、現在5人の子供を子育て中。 学生時代に、食糧自給・食品の安全などがコンセプトのNPO活動に参加したことや、環境政策が専門の教授に師事したこと、自然食品店でのアルバイト、援農ボランティアなどをきっかけに、食について興味を持ち始めました。しかし勤務時代の不摂生により産婦人科医から「不妊症予備軍」と診断されることに。菜食になったのは、なんと結婚後の「経済的困窮」がきっかけ! 動物性食品を買わなくても食いつなぐ方法を求めたところ学生時代に耳にしたマクロビオティックを思い出し、日々図書館通いをしマクロビオティック、精進料理、自然食など本を読み漁って実践。以降食生活の改良を重ねてきた結果、健康も子宝も手に入れ、2015年には第5子を自宅自然出産にて迎えることができ、今も元気に育ってくれています。 格差社会と言われる今日ですが、お金に困った人間ですら食の方向転換をしたことで体も心も健康に向かうことができたのですから、多くの人に希望を持っていただきたいです。

    お正月も過ぎ、ようやく年末年始の慌ただしさも落ち着きつつありますね。

    年末のクリスマスから始まって、年賀状、大掃除、年越しとお正月の食事の準備、
    そして親戚づきあいなどなど、本当にお疲れ様でした!

    普段の家事でも大変なのに、すっかり疲れてしまって、

    「もうごはん作るのは疲れた…」
    「何にもメニューが思いつかない!」


    という方もたくさんいらっしゃると思います。

    お子さんがいる場合は今も冬休みで、「おなかすいたー!」と言われれば、
    何か用意せざるを得ないんですよね。特にお昼ご飯、もう嫌になってしまうこともあります(笑)

    今回は、そんな時に余ったごはんでパパッと作れるお助けレシピをご紹介します!

    昼食メニューがいつもワンパターン。
    疲れるとついつい外食やお惣菜に頼りたくなる?




    休日や、子どもの夏休み・冬休みなど。

    余ったごはんが冷蔵庫にあっても、チャーハンやドリア、あるいは温め直しておにぎりとか、
    あまりレパートリーが思い浮かばず、家族に「またそれ?」と言われてしまうこともありますよね。

    もうそれ以前に疲れてしまって、お金はかかるけどついつい何か買ってしまうことも少なくありません。

    最近は、地方であってもコンビニやファミレス、ファストフード店などが増え、
    すでに飽和状態になっています。

    「いつも頑張ってるし、たまにはいいじゃない」という意見も非常によくわかります。
    しかし、よくも悪くも、いつでもコンビニや外食チェーン店は「たまにはいいじゃない派」の味方です。
    新しい季節のメニューや、子どもの喜ぶおまけなど、あの手この手で誘惑してきますね(笑)

    ビジネスですから、どんな店が存在するかは自由であり、
    何を食べるのかということも、私たちの自由です。

    しかし、あることをすれば「自分がどうしたらよいか」をとても自然に決めることができます。
    自分が行こうと思った店で扱っている食べ物がどのようなものか、納得するまで調べてみることです。

    とある世界的ハンバーガーチェーンは、主要なメニューについて添加物にいたるまで、
    すべての原材料を表示しています。(これは非常に勇敢なことだと思います)



    かつて私はメニュー1つ1つを確認して、
    「食品ではなく化学薬品を提供しているんだな」と覚醒することができ、
    ごく自然に食べ物としての選択肢からはずれていきました。
    このチェーンの勇敢な行為には今でも感謝しています。
    (ご興味ありましたら、「チェーン名(英語)」「ingredients」で検索してください。PDFが出ます。)


    疲れ切って食事に手間をかけたくない、何を作っていいかわからないと感じるときこそ、
    「家にあるものでパパっと作れて、しかもおいしいレシピ」の引き出しを増やしておきたいですね。

    実は、昔の食生活をひも解くと、日々忙しくしている人への食事のヒントがたくさんあるんです!

    現代人の仕事よりもはるかに肉体的に過酷な農業に従事してきた女性は、農作業のみならず朝昼晩、
    そして農繁期は「朝飯前」の食事や昼過ぎに食べる「おやつ」など、1日に何度も食事を用意し続けて、
    過酷な肉体労働をする家族の健康を支えてきました。

    必然的に手間暇をかける時間はなくなりますので、
    今ここにあるもので、手軽に、そして家族が喜びそうな目先の変わったものを作る知恵を持っていました。

    日本には素晴らしい宝物のような食の知恵がたくさん眠っているにも関わらず、
    その知恵を生かさずに、せっかく働いて得たお金を自分や家族の健康を害するような食品に費やしてしまうのはあまりにももったいないです。


    今回ご紹介する「こねつけ」もそんな昔の知恵の1つです。

    IMG_2770
    日々の栄養のバランスを整えるために農薬や化学肥料を使わずに栽培した大麦と大麦粉、雑穀ミックス

    ¥ 2,500 ~ ¥ 9,800 税込

    > 商品の詳細はこちら
    自然に育まれた生態系豊かな田んぼで育った無農薬・無肥料・自然のエネルギーたっぷりのお米 5kg〜10kg

    ¥ 6,501 ~ ¥ 13,00 (税込)

    > 商品の詳細はこちら


    長野県北部で食べられてきた「こねつけ」とは?



    長野の郷土食といえば「おやき」が有名ですが、
    北部では「こねつけ」(「めしやきもち」と呼ぶ地域もあります)という郷土料理も長い間食べられてきたそうです。
    炊いて余ったお米に小麦粉や米の粉を混ぜて練ったものに味噌などを入れてまるめ、焼いたおまんじゅうのようなものです。

    おやきは皮が薄いのが特徴ですが、こねつけは焼きおにぎりのようでお餅のようでもあり、
    もちもちとした食べごたえで腹持ちもよく、食べ盛りの子どものおやつとしても最適です!

    戦国時代、この地方の武士の日常的な食べ物だったそうで、
    以前「真田丸」でおなじみとなった真田一族も食べていたとの言い伝えがあります。



    大阪夏の陣で、兄の真田信之は徳川方に、弟の幸村は豊臣方について敵味方となり、
    いよいよ豊臣方が敗北という時、幸村が最期の別れを告げるためにひっそり深夜に信之のもとを訪れ、
    その時に兄が弟に餞別として渡したのがこの「こねつけ」だったという言い伝えがあるようです。

    田んぼが少ない、あるいは全くなくて米が貴重だった地方で、
    炊いて少し余ってしまったごはんも無駄にしないようにと考案された食べ物であり、
    とくに夏場は、一度にたくさん炊いて余ってにおいがついてきたり、時には糸がひくようになったごはんまで、きれいに水で洗ってざるにあげてこねつけにして食べていたというんです!

    まずは、オーソドックスな「くるみ味噌入り」のこねつけの作り方をご紹介します。

    余りごはんの簡単で新しいリメイク法!
    こねつけの作り方

    • 茶碗2杯(4~6個)分
      (写真は分量より多めに作っています)
    このレシピを印刷

    材料

    ・無農薬の冷やごはん…茶碗2杯分
    ・お好みの無農薬の粉(地粉、米粉、だんご粉など)…大さじ2~3
    ・自然塩…ふたつまみ程度
    ・水…適量
    ・有機オイル…適量
    (くるみ味噌)
    ・有機くるみ…大さじ2程度
    ・無農薬味噌…大さじ1/2~(お好みで増減)
    ・無農薬甘酒…大さじ2
    ・無農薬しょうゆ…少々

    作り方

    1、くるみ味噌を作ります。味噌と甘酒を混ぜ、細かめのみじん切りにしたくるみと混ぜ合わせます。味見をしながらしょうゆを少々加えていき、味にコクを加えます。
    2、ボウルに冷やごはんを入れ、水で洗います。

    ごはんのかたまりをほぐしてバラバラにしてください。


    3、2のごはんをザルにあげて水をきり、ふたたびボウルに入れて粉と塩を混ぜ、手でこねていきます。

    お米の粒をつぶすように、手でこねていきます。こねにくければ、少しずつ水を足してください。

    粉っぽさがなくなり、手で軽く握ってひとまとまりになればOKです!

    4、3を作りたい大きさ、個数に分けて丸めていきます。

    くるみ味噌はまだ入れません!(写真は多めの分量で作っています)

    5、4でまるめたごはん1個を手に取って2つに分け、片方を薄く伸ばしてくるみ味噌を塗り、もう片方を薄く伸ばしてかぶせ、成形します。

    ここにもう片方の薄く伸ばしたごはんを乗せて、おにぎりのように握っていきます。


    これが成形したところです。

    6、5を沸騰したお湯で茹で、浮き上がってきたら取り出して、油をひいたフライパンで両面を焼いて完成です。

    これは茹で上がったものです。意外と型崩れしません。

    ポイントアドバイス

    もちもちしたごはんと、甘辛いくるみ味噌のハーモニーがたまらなくおいしいです!

    もしも茹でた時に崩れるのが心配であれば、フライパンで両面を焼いてから水を少々入れてフタをし、蒸し焼きにするという手順でもOKです!


    こねつけの具材をいろいろアレンジしてみよう!


    さて、このこねつけは、以前ご紹介したおやき同様に、

    くるみ味噌以外でも、ねぎ味噌やえごま味噌、梅味噌なんかもおいしいですし、
    その他「食べたい!」と思うお惣菜を自由に入れてみてください。
    ごはんとおかずを一度に食べられるすぐれものです。

    お正月の煮しめの残りを刻んで入れたこねつけ




    これは、お正月のおせちで作った煮しめを刻み、
    少ししょうゆを混ぜて味を濃くしたものを具にしたこねつけです。
    ごはんで包みますので、味がぼやけないようにするためです。
    (もとから濃い目の味付けであればしょうゆはいりません)

    小さい子どもだと、おせちの煮しめを食べないなんてことはよくありますよね。
    でも、こうして刻んで中に入れると、何の抵抗もなく1つでも2つでもあっという間に食べてくれます!

    大人にしても、お正月の間に何度も同じ煮しめが出てくるよりは、
    姿を変えておいしくなったものの方が、絶対に喜んでくれます☆

    昨日の残りおかずをいれたこねつけ




    こちらはきんぴらごぼうを入れたこねつけです。
    ちょっとお漬物でも添えてあげると、立派にお昼ご飯として成立します!

    中身は「ごはんと一緒に食べておいしいもの」であれば、なんでもいいんです。
    やっぱりここでもポイントは少し醤油や塩などを足して味を濃い目にすることです。

    切り干し大根でも、ひじきの煮物でも、青菜の塩漬けでも、なんでもありです。
    季節を問わずいつでも作れますので、もし日々のごはん作りに悩むことがあればぜひ作ってみてくださいね!

    この記事を読んだ人にオススメしたい商品
    炭とイオン化した水(電子水)が自然栽培米と出会って起きた「奇跡」。これ以上はない、こだわりの味噌と甘酒。 1〜3個セット

    ¥ 1,561 ~ ¥ 4,903 (税込)

    > 商品の詳細はこちら
    使いまわしOK!有機JAS認定!農薬不使用 玄米パウダー150g【お得な2袋セット!】

    ¥ 5,832 (税込)

    > 商品の詳細はこちら
    オーガニックダブル認証取得!絶滅危惧の在来品種ルシオ種を使った、アロマが香り立つオリーブオイル 1〜6本セット

    ¥ 3,200 ~ ¥ 10,000 (税込)

    > 商品の詳細はこちら


    オススメの記事
    お弁当にも使える!木綿豆腐を使った無添加伊達巻きの作り方。

    余ったおせち料理をアレンジリメイク! ほっこり有機黒豆蒸しパンと黒豆あんみつの作り方

    今が旬のはっさくは、白い部分こそ食べるべき!砂糖不使用・オーガニックフルーツジャムの作り方と、年末年始の食べ過ぎた体に嬉しい、さっぱりあったか使い回し術4選

    この記事のタグ
      お気に入り登録する
      シェアする

      この記事が気に入ったら
      いいね!しよう

      うちゅう
      地方在住、現在5人の子供を子育て中。 学生時代に、食糧自給・食品の安全などがコンセプトのNPO活動に参加したことや、環境政策が専門の教授に師事したこと、自然食品店でのアルバイト、援農ボランティアなどをきっかけに、食について興味を持ち始めました。しかし勤務時代の不摂生により産婦人科医から「不妊症予備軍」と診断されることに。菜食になったのは、なんと結婚後の「経済的困窮」がきっかけ! 動物性食品を買わなくても食いつなぐ方法を求めたところ学生時代に耳にしたマクロビオティックを思い出し、日々図書館通いをしマクロビオティック、精進料理、自然食など本を読み漁って実践。以降食生活の改良を重ねてきた結果、健康も子宝も手に入れ、2015年には第5子を自宅自然出産にて迎えることができ、今も元気に育ってくれています。 格差社会と言われる今日ですが、お金に困った人間ですら食の方向転換をしたことで体も心も健康に向かうことができたのですから、多くの人に希望を持っていただきたいです。
      あなたにお勧めの記事

      LINE@

      IN YOUメルマガ

      minery

      LLE82

      ページ上部へ