メニュー

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り

  • LINE

メニュー

Organic Life to all the people.

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り
  • LINE

食欲のない時や風邪の引きはじめにおすすめ!材料4つで簡単。体を温めるパンプキンキャロットポタージュの作り方

    松浦 愛
    facebook 株式会社インユー代表取締役CEO/編集長 オーガニックブランドMineryプロデューサー 「すべての人にオーガニックな暮らしを」をコンセプトとして掲げ、オーガニックの普及と拡大を目指し、日夜活動中。 最近の趣味はアート、食べ歩き、乗馬など。 運営サービスはIN YOUや編集長自らが選りすぐったお気に入り商品を扱う、オーガニックオンラインマーケットIN YOU Marketなど。

    身体の寒気がきになる。
    なんとなくだるい。
    あ、風邪かな?

    そんな時にスタミナをつけよう!

    と、かつ丼や、スパゲティなどハイ・カロリーなものを食べるのは、逆効果になるのでおすすめできません。

    体をなおそうとしている体の自然治癒力を高めるには、免疫システムが集中する腸の環境が悪化するものを食べていては治りが遅くなります。

    私たちの体には、本来、自分で治そうとする力が備わっているのです。

    ですから体がよくなろうとしてるときには、その働きを助けてあげなくちゃいけない。

    例えば酸化したトランスファットの含まれるものや、添加物や、消化に良くない肉を大量に食べてしまうと

    腸の環境が悪くなり、余計に症状は悪化してしまいます。

    ですから、なるべく負担のない、シンプルなホットポタージュなどがおすすめなんです。

    もちろん、食欲が全くないときはスープさえも食べなくてもいいかも。

    免疫力の下がりやすい冷える季節は、
    ベータカロチンが豊富な抗酸化野菜「ニンジン」と「かぼちゃ」のパワーを借りましょう。

    人参とかぼちゃの驚くべき作用
    マクロビオティックとの関連性


    ご存知の方も多いかと思いますが、にんじんはがん患者がゲルソン療法で用いるほど、
    抗がん作用があるともいわれる強力なベータカロチンやビタミン類などが豊富に含まれており、積極的に食べたい野菜の一つです。
    マクロビオティックにおいては陽性よりに位置付けられており、これからの寒い季節には特におすすめです。

    おなじくかぼちゃにも豊富な栄養価がたっぷり含まれており、様々な現代病の一因となる活性酸素を除去する作用があります。
    ベータカロチンやアルファカロチン、ビタミンEが含まれるため、ニンジンと同様に、がん抑制作用も期待できます。

    かぼちゃはニンジンにも劣らないパワーフードとしてマクロビオティックでもよく用いられる食べ物のひとつです。

    中庸に近く陽性よりの食品として位置づけられており、体を温める作用もあるので冷える方も安心して食べられます。
    旬の季節である、夏の終わりから秋に食べることで体が整います。

    それでは超簡単なパンプキンキャロットスープの作り方についてご紹介しましょう。

    パンプキンキャロットポタージュの作り方


    材料


    ・にんじん 3分の1弱
    ・かぼちゃ 4分の1
    ・無調整豆乳 2分の1カップ
    ・自然塩   少量

    作り方


    1人参とかぼちゃを圧力鍋に入れ、野菜がつからないくらいの水を加える。
    強火で数分、音がなったら弱火で8分ほど加熱。
    (圧力鍋がない方は、普通の鍋で)

    2柔らかくなった人参とかぼちゃをミキサーか、ヘラなどでつぶし、様子を見ながらカップ2分の1弱の豆乳を加え、鍋に全て入れ、弱火で加熱。

    3自然塩で味付けをする。


    これだけでも十分、野菜の純粋な味が楽しめておいしいですが、
    お好みで無糖の野菜ブイヨンや、オリーブオイルやブラックペッパーやパセリなどを入れてもいいですよ。


    じんわり野菜の甘みが伝わってくる。


    このスープはシンプルだからこそ、食材は無農薬のものを使いましょう。

    塩だけ?

    と思うでしょうが、塩だけでもおいしいのが不思議です。

    いろんなもので複雑な味をつけるのは、素材の味をごまかすためでもありますよね。

    本当においしい野菜はそのままでも食べられます。

    本来は良質なオリーブオイルだけなど、ごくシンプルな食材でも、じゅうぶん満足できるんですよね。

    本物のエネルギーにあふれた食材を選ぶ力を養い、四季の味を楽しむ味覚を鍛えれば、野菜の力強い濃い味が、楽しめるはず。

    お疲れ気味のときや食欲のないときにでも、このスープがあればたっぷりビタミン補給できるので、おすすめです。
    もちろん時間のない時の朝ごはんにも。





    この記事を読んだ人におすすめの記事

    えっお肉じゃないの?!誰もが大満足する驚きのヴィーガンレシピ!高きびで超簡単&おいしいベジバーグの作り方

    10分で簡単。やみつきになるほど美味しい!旬のリンゴを使ったビーガン・アップルバターの作り方

    秋の食養生におすすめ。「肺」を潤す「れんこん甘酒」の作り方。白い食材でカラダを養おう。

    この記事のタグ
      お気に入り登録する
      シェアする

      この記事が気に入ったら
      いいね!しよう

      松浦 愛
      facebook 株式会社インユー代表取締役CEO/編集長 オーガニックブランドMineryプロデューサー 「すべての人にオーガニックな暮らしを」をコンセプトとして掲げ、オーガニックの普及と拡大を目指し、日夜活動中。 最近の趣味はアート、食べ歩き、乗馬など。 運営サービスはIN YOUや編集長自らが選りすぐったお気に入り商品を扱う、オーガニックオンラインマーケットIN YOU Marketなど。
      あなたにお勧めの記事
      ページ上部へ