メニュー

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り

  • LINE

メニュー

Organic Life to all the people.

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り
  • LINE

水と混ぜるだけ!白砂糖不使用。簡単で体にいい「手作りスポーツドリンクの作り方」5選

    yuko matsuoka
    神戸生まれ、関西弁の翻訳業兼ライター。 アメリカ滞在中に現地の肉類過多・工場生産加工食品中心の食生活から、十代に治ったはずのアトピーが再発症。 その後、食生活について深く考えるようになりオーガニック食材に切り替えるも、日本に戻ってそれが困難であることを痛感。努力の甲斐あってアトピーが完治した経験を踏まえ今後は本来あるべき食生活について追求・情報発信していきたい。

    脱水症状に陥れば意識がなくなることもあり大変危険!

    毎年更新されるのが、あたりまえになりつつある夏の最高気温・・。

    fac4f0100828793b66c3e90980070867_s
    地球温暖化に加えて、建物が集まったところでは、各エアコンの室外機からの熱風放射でさらに高温化。
    緑地の減少、大気汚染、人口の過密化。

    2f0522d24ab349481f311622bd70f3de_s
    現代の地球の平均気温は、エアコンがなくても暮らせていた昔に比べ、2~3度は高くなっているとか。
    悪循環は、このままずっと気温を上げ続けていくのでしょうか・・・。

    19e3b45fdd5efd3bdadc5760ef45f10a_s
    “熱中症”という言葉も、もう春先の“花粉症”と同じぐらい、夏が来ればお馴染みに使われるようになりました。

    「脱水症状にならないように、こまめに水分を摂りましょう。」

    合言葉のようなこの言葉も、もう耳ダコです。
    それでも脱水症状や熱中症になる人は、後を絶ちません。
    誰しももちろん、喉が渇けば、いやおうなしに水分補給をします。
    でも、それよりももっと怖いのは、自分で水分補給できなくなるような状態や環境になってしまうこと。

    脱水症状に陥れば意識がなくなることもあり、しかもその時に、周囲に誰もいない状態だったら。
    例えば、人通りの少ない炎天下の道路や、自分しかいない家の中だったとして。
    もうそれは、映画の中であるような、まるで砂漠をさまよいながら行き倒れるのと、全然変わらないことになります。

    70198f1ed858c33938cbc33e82d0d6b9_s
    また、そこまでいかずとも、
    一度脱水症状の自覚症状が現われると、その後で急いで水分を摂っても、
    喉の渇きが癒えるのを実感するまで2~3時間かかるのだそうです。

    だから症状が現われるまえに、水分をきちんと摂っておくべきなのですが
    忙しいときなどに喉の渇きを感じていないうちから、時間間隔を意識して水分補給するのは、正直かなり面倒です。

    美味しい飲み物をおやつや気分転換として飲むなら、まだしやすいのですが・・
    でも、手に入りやすい市販のドリンク類は、ほとんど添加物のかたまりなのは言うまでもないので、それらは避けたい。
    新鮮なオーガニックの果物や野菜手作りでジュースなら完ぺきですが、ただ、一日にそう何度ともなると、現実的に難しくなります。

    ef5c87dcf3e05c7e13ca76de0207f9f2_s
    単純に考えて、ミネラルウオーターをこまめに飲めるなら、それで充分です。
    でも、喉が渇いていないのに、無味の水を意識して飲むのって、けっこうしんどくないですか?
    (少なくとも私はそうです・・・。笑)

    市販のスポーツドリンクの落とし穴

    以前は夏になると、一般的に目にするスポーツドリンク(経口補水液)をよく飲んでいました。
    それらの説明によれば電解質がたくさん含まれているそうで、だから身体に吸い込まれていくような気がして、口あたりもいいし、きっとこれが夏の水分補給にはピッタリなんだろうと思っていました。

    が・・・


    実はこれは要するに、基本的には塩と砂糖と水。
    しかも、市場に流通させるための大量工場生産ものは、その糖分がさらにブドウ糖液糖や果糖などの人工甘味料の単糖類、塩もミネラルの乏しい工業塩、さらに香りや味付けだけのための人工香料や酸味料、アミノ酸等、そして当然合成保存料の添加、着色料まで入っているものもあり、結局、水に添加物をどっさに溶かしてペットボトルに詰めただけ。

    これを身体が水分を吸収したがっているときに摂っていたのかと思うと、今さらながら恐ろしいですね・・・。

    じゃあスポーツドリンクのかわりに、何をのめばいいの?

    7b5d7b6bec26a1f744e7c336b9a84d8f_s
    そんなわけで、市販のスポーツドリンクも今は完全却下。
    じゃあ、もうスポーツドリンクのようなものを飲むのをあきらめるのかと?
    実は、身体に安全な天然素材で、スポーツドリンクの代替品になるものが、けっこうたくさんあるんです!

    今回はそんな中でも、暑い中でもさっさとラクに作れて有難いと思ってしまう(私だけ?笑)、
    《それをミネラルウオーターで薄めるだけ!》、のようなものを5つ、厳選してご紹介します。

    86c44094884a2177f28905e00b891624_s
    健康だけではなく、美肌・美容の観点からもお勧めできます。
    ナトリウム、カリウム、塩素、カルシウム、マグネシウムが多く含まれるので、
    水に溶かしただけでも電解質のバランスがよく、浸透圧も体液に近くなり、やはりこれも天然のスポーツドリンクになります。

    甘酒

    電子甘酒4
    いわずと知れた日本のスーパードリンクであり、飲む点滴とまで言われていますね。
    栄養価が高いので、体力が弱った人にはこのまま飲むのがお勧めですが、水分補給を一番に考えるとするなら、これをミネラルウオーターで薄めて飲むと、風味は落ちるものの、ジャパニーズスポーツドリンクになります。(余談ですが、甘酒自体は英語圏でジャパニーズヨーグルトって言われていますね)

    ただし、米麹でそれ自体を発酵させた、本物の甘酒を使用して下さい。
    甘酒をそのまま飲むのもいいですが、甘すぎる場合はミネラルウォーターで薄めたほうがいいかもしれません。

    中には酒かすを溶かした、コーヒーでいうところのインスタントコーヒーのようなものもありますから、
    それらは明らかに栄養価が違っています。

    本物の甘酒ではないものは避け、出来る限り安全性の高いものをチョイスしてくださいね。

    オススメの甘酒はこちらです


    甘酒についてはIN YOUのこちらを見てください。
    甘酒の隠れた危険とデメリット知ってる?一つ間違えると危険な飲み物になってしまう甘酒。知って安心・甘酒の正しい健康活用法

    ココナッツウオーター

    これは、実はこのまま薄めなくてもいいのですが、
    すでに天然のスポーツドリンクとまで言われており、電解質やカリウム、マグネシウムなどのミネラル類がたっぷり含まれています。

    ココナッツはフィリピンやタイなどの南国で生育するものですがら、現地の人にとっては暑い気候と体質に合った、天の恵みとも言える作物です。
    地元作物としてでない私たちにとっては、身体の熱を冷ます作用がある陰の食物ですので、オーガニックのものを選んだとしても、多量に飲むのは避けたほうがいいと思います。

    でも逆に暑さで熱中症になりそうであったり、とにかく一時的に、熱くなりすぎた身体をすぐに冷ます必要があるときには打ってつけ。

    04a02e57ad96d1403ec80612e40a3442_s

    ココナッツシュガー

    0926171951_59ca0da74af5a
    ココナッツものが続きますがこれは粉状なので、もちろんミネラルウオーターで薄めてください。
    ココナッツウオーターやミルク、オイルなどがココナッツの実を原料としているのに対し、ココナッツシュガーは、その花の蜜から作られたものです。

    またここで特筆すべきなのが、シュガーですが、非常にGI値が低いこと。
    なんと35なのだそうです。だから高インシュリン分泌がなく、他の糖類や小麦粉のような急激な血糖値の上昇がありません。
    シナモンシュガーみたいで美味しいという人もいれば、苦すぎるという人もいて、好みが分かれるようですが、ペーストタイプならとても美味しいです。

    オススメの無農薬ココナッツシュガーペーストはこちらです。


    生はちみつ

    honey-2925033_640
    最もベーシックなスポーツドリンクの材料といえばこちらではないでしょうか。
    生はちみつならミネラルなどの栄養素も含まれていますし、砂糖よりよっぽどいいです。

    下記でもスポーツドリンクの作り方をお伝えしていますのでご確認ください。

    移動時の乾燥対策・熱中症対策にもオススメ!はちみつを使った手作りスポーツドリンクの作り方。持ち運びに便利なヘルシーおやつでワンランク上の旅を!


    黒酢・梅酢

    0928222844_59ccf90cc9993
    同じくまた日本のスーパーフードです。
    黒酢もまた、スポーツドリンクにオススメです。

    爽やかな味を楽しみたい時にいいでしょう。

    レモンとか無糖の炭酸水と合わせても美味しいです。
    lemon-squeezer-609273_640
    また梅酢は、梅干を漬け込むときの副産物で、発酵ではない梅干の酸味による梅の酢です。
    梅のエキスがたっぷり含まれており、クエン酸や漬け込みに使用される塩による塩分もたっぷりです。

    是非とも、オーガニックの梅を天然塩で漬け込んだ梅干から出来る梅酢にして下さい。人口塩で漬けられたものは、塩質がよくありません。
    梅酢は殺菌作用に優れているので、これ自体食品としてだけでなく、昔からまな板などの殺菌用に使われていたのだそうです。飲料にすれば口の中がさっぱりして、特に暑くて口の中が粘つくときなどや、暑さで疲れているときにぴったりです。

    甘くないスポーツドリンクとして。こちらもミネラルウォーターで薄めて飲んでください。
    ただしプラスティックと酢の組み合わせはよくないので、必ず溶けにくい容器に入れてください。

    最強のスーパーフード梅干からとれる梅酢のすごいパワー。あらゆる不調に効果的な梅酢お手当法と活用術。

    果実のビネガー

    apple-3160533_960_720
    果物から作られフルーツビネガーは、フルーツの発酵液です。
    いちばん手に入りやすいのが、りんご酢(アップルサイダービネガー)で、他にもラズベリービネガーなどや、葡萄(いわゆるワインビネガー)も。

    これらにも本物でないものがあるので、原料にアルコールや酸味料などが使われていないものを。
    そして、残留して濃縮された農薬やポストハーベストを避けるために、出来るだけオーガニック原料のものを使って下さい。
    りんご酢は比較的オーガニックのものが見つけられやすく、中には何代も使われている樽で熟成させ、濾し器も通さずにガラス瓶に詰められた、有名なものがお手ごろ価格であります。

    👉オススメのオーガニックアップルビネガー


    b01d1fe7bd25a2848a77d67e195277dd_s
    まったく甘みのない、さっぱり系のドリンクです。
    ミネラルウォーターに一つだけでなく、二つまで混ぜ込む手間もありなら、ハチミツ(特にマヌカハニーがお勧めです)など、
    お好きな天然甘味料を加えると、消耗したエネルギー補給にもなります。

    どれかひとつに絞るのではなく、そのときの体調や気分に合わせてチョイスしてもいいのではないでしょうか。
    ミネラルウオーターといっしょにこれらを周りに並べておけば、ちょっとした自家製ドリンクバーに。
    手軽なリフレッシュさで楽しみながら、健康と美容にもいい天然材料のみのスポーツドリンクで、この暑さを乗りきりましょう!


    オススメのスポーツドリンクの原料を買うには、下記へ!

    lemon-water-1420277_960_720

    ● 無農薬甘酒
    ● 無農薬生はちみつ
    ● 無農薬ココナッツシュガー
    ● 無農薬黒酢
    ● 無農薬アップルビネガー



    この記事を読んだ人にお勧めしたい他の記事

    材料たった3つだけ。究極に簡単なノンシュガー・ジェラートの作り方2種。

    最強のスーパーフード梅干からとれる梅酢のすごいパワー。あらゆる不調に効果的な梅酢お手当法と活用術。

    お菓子にもドリンクにも使いまわせる万能甘味料。ノンシュガーでおいしい【麹糖】の作り方。

    この記事のタグ
      お気に入り登録する
      シェアする

      この記事が気に入ったら
      いいね!しよう

      yuko matsuoka
      神戸生まれ、関西弁の翻訳業兼ライター。 アメリカ滞在中に現地の肉類過多・工場生産加工食品中心の食生活から、十代に治ったはずのアトピーが再発症。 その後、食生活について深く考えるようになりオーガニック食材に切り替えるも、日本に戻ってそれが困難であることを痛感。努力の甲斐あってアトピーが完治した経験を踏まえ今後は本来あるべき食生活について追求・情報発信していきたい。
      あなたにお勧めの記事
      ページ上部へ