メニュー

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り

メニュー

Organic Life to all the people.

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り

日本が誇る「有用微生物」で免疫力アップ!アレルギーとさようなら。放ったらかしで完成の常備菜「甘酒で作る漬けもの」レシピ

    佐野亜衣子
    〜身体にやさしく地球にやさしく。子どもたちの為に美しい地球を〜 A&T(株)代表取締役。オーガニックライフコーディネーター。 オーガニックライフの実践により、学生時代より慢性的だった生理不順と不正出血を克服し、自然妊娠・出産。母となってから、子供を育てるだけでなく、地球を未来に繋いでいくことも親の役目ではないかと考えるように。 前職での経験を活かし不動産投資事業を営む傍ら、オーガニックライフの心地良さを伝えながら消費者と、良質なオーガニック製品・生産者を繋いでいる。オーガニック製品の広告をはじめ、オーガニック製品メーカーのオンラインショップ運営代行、小売り代行、また多くの人にオーガニックライフを気軽に体験してもらえるワークショップ開催などを手がけている。 夢は、オーガニックな不動産開発・オーガニックな町おこし! 東京都在住。食生活アドバイザー。 Instgram ブログ

    ポリポリ、ポリポリ、漬けものを食べたくなることはありませんか?

    でも、無性に、ポリポリと食べたくなってスーパーのお漬け物売り場へ行くと、がっかり。

    漬けものアップ
    原材料表示を見ると、品質が確かでない野菜が、着色料・添加物まみれになって漬かっていることが多いです。
    買う気が失せるのは、私だけでないのではないでしょうか。

    中には、原材料に漬け調味料までこだわっている、比較的安心できる製品もありますが、
    それらにもほとんど白砂糖が入っていることがほとんど。


    無添加のものは、なかなか売っていません。

    であれば、作った方が早い!


    2種類の「漬けもの」レシピのご紹介です。

    ご飯の準備の最初に作ればそのまま食卓に出せるし、翌日以降は更に味が馴染むので、作り置きにも最適な1品です。

    時間がないと、野菜を洗って切ることが大きな手間に感じてしまいますよね。
    たっぷりと作っておけば、忙しい平日も楽々と、健康的に乗り切れますよ。

    但し、一切保存料など入っていませんから、
    状態を確認しながら、5日以内を目処に食べ切るようにしてくださいね。

    大根と人参の麹漬け

    大根と人参の漬けもの
    《材料》

    ○無農薬大根(あれば上部分)・・・3cmほど

    ○無農薬にんじん・・・中1/2本

    ○自然栽培玄米甘酒・・・20g

    ○塩・・・小さじ1


    大根と人参の麹漬け材料
    《作り方》
    1、大根と人参を、食べやすい厚みのいちょう切りにしておく。
    2、ジッパー付き袋やポリ袋に全ての材料を入れ、甘酒と塩が全体に馴染むよう振る。
    「おりゃっ」と上下に振ると、爽快です。


    3、完成!

    作り置きの場合は、こんなふうにホーロー容器に入れておけば、
    そのまま食卓に出し下げでき、お皿洗いの手間を省けますよ。

    ダブル麹菌パワー!キャベツの漬け物


    《材料》

    ○無農薬のキャベツ・・・1/6個ほど(200g強ほど)

    ○自然栽培玄米甘酒・・・20g

    農薬不使用の味噌・・・小さじ1



    《作り方》
    1、後で均等に味付けできるよう、甘酒と味噌を混ぜておく。
    2、先ほどの漬けもの同様、ジッパー付き袋やポリ袋に全ての材料を入れ、甘酒・味噌と塩が全体に馴染むよう振る。

    3、完成!
    和風だけでなく、洋風おかずの付け合わせとしても合いますよ。
    そんな時は、オリーブオイルをちょっぴり垂らすと、また違う味わいに。

    お勧めの玄米甘酒使って
    いろんな料理に挑戦してみよう。

    電子甘酒4 炭とイオン化した水(電子水)が自然栽培米と出会って起きた「奇跡」。これ以上はない、こだわりの味噌と甘酒。今すぐここをクリック!
    味噌3
    木村秋則さんの指導のもとで作られたお味噌。
    そして、お米のみで作った玄米甘酒と白米タイプの甘酒の2種類。

    どちらも漉してあり、とてもなめらかです。
    白米タイプは濃厚な甘さが際立ちますが、後味はスッキリしています。
    玄米甘酒も、とても濃厚ですが、甘みよりも旨味を感じます。
    お飲みになる場合には3倍程度に薄めてお飲みくださいね。
    寒い時に飲む温かい甘酒は格別ですが、江戸時代などには、食欲のない暑い夏の滋養強壮としても盛んに飲まれていました。
    ぜひ美味しい甘酒と味噌を試してみませんか??

    お勧めの記事

    美味しく食べて風邪予防に。材料3つの常備菜。しっとり美味しいさつま芋のはちみつレモン煮の作り方。

    冷え性・腎のトラブルにも。体を冷やさない!シンプルな材料で簡単「ぽかぽかチャイプディング」の作り方。

    肉を使わず本格中華!ヴィーガンレシピ。ふわふわほかほか「大豆ミートで作るベジ肉まん」の作り方。

    この記事のタグ
      お気に入り登録する
      シェアする

      この記事が気に入ったら
      いいね!しよう

      佐野亜衣子
      〜身体にやさしく地球にやさしく。子どもたちの為に美しい地球を〜 A&T(株)代表取締役。オーガニックライフコーディネーター。 オーガニックライフの実践により、学生時代より慢性的だった生理不順と不正出血を克服し、自然妊娠・出産。母となってから、子供を育てるだけでなく、地球を未来に繋いでいくことも親の役目ではないかと考えるように。 前職での経験を活かし不動産投資事業を営む傍ら、オーガニックライフの心地良さを伝えながら消費者と、良質なオーガニック製品・生産者を繋いでいる。オーガニック製品の広告をはじめ、オーガニック製品メーカーのオンラインショップ運営代行、小売り代行、また多くの人にオーガニックライフを気軽に体験してもらえるワークショップ開催などを手がけている。 夢は、オーガニックな不動産開発・オーガニックな町おこし! 東京都在住。食生活アドバイザー。 Instgram ブログ
      ページ上部へ