メニュー

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り

  • LINE

メニュー

Organic Life to all the people.

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り
  • LINE

常備菜で風邪予防!旬の食材で作るオーガニック常備菜”ざくろマリネ”の作り方とプチアレンジ

    ayukotaniguchi
    管理栄養士/ナチュラル料理研究家 東京・長崎にて、料理教室Cucina_di_ayukoを主催。 管理栄養士として病院・施設などで給食業務に携わり、毎日の食事で最高の健康を目指したいとナチュラル料理を始める。 2017年 3月に男の子を出産。家事に仕事に育児をこなしながら、化学調味料や白砂糖を使わず、発酵調味料を中心としたナチュラル料理術をお伝えしています。 [BLOG] http://cucina-di-ayuko.weebly.com/blog [HP] cucina-di-ayuko.weebly.com

    朝晩の冷え込みで体調崩してませんか?




    朝晩、肌寒さを感じるようになりましたね。

    最近、肌や喉の乾燥を感じやすくなり、こまめに水分をとっています。
    特に、喉が乾燥していると、風邪などの原因となるウイルスが侵入しやすくなるため
    喉を潤すためにこまめな水分補給は欠かせません。

    それと同時に、栄養と睡眠が大切ですが、
    秋の夜長は息子を寝かしつけて読みたかった本を並べ、その日の気分で読みたい本を手に取ると・・・
    ついつい、読み進めてしまい気づいたら寝る時間を過ぎてしまっているというこの頃です。

    睡眠不足は自律神経を乱し、さまざまな影響が出ますが身体の免疫力を下げる原因ともなります。
    朝晩が寒くなってきたこの季節は、ちょっとしたことで風邪をひいたり体調を崩しかねませんから、
    十分な睡眠をとって体調を整えておきたいですね。

    といっても・・・
    私のように秋の夜長を楽しんでいるという方も多いのではないでしょうか?

    睡眠とともに大切な栄養、つまり食事で免疫力をアップしませんか?

    今日は、作っておくと毎日のごはんに”ちょい足し”したり、
    そのまま食べても美味しい免疫力をアップするオーガニック常備菜をご紹介します。

    免疫力アップに欠かせない食材とは?




    免疫力に欠かせない食材を日ごろからこまめにとることで、
    体調を崩したり朝晩の冷え込みでも健康に過ごすことができます。
    この食材は、今の季節に旬を迎え、旨味もある美味しいものです。

    免疫力アップに欠かせない食材、それは「きのこ」

    きのこには、βグルカンという成分が含まれており、
    この物質が正常な免疫機能を高め感染症から身体を守ってくれるのです。
    このβグルカンは、強力ながん抑制効果があることが分かっています。

    毎日の健康づくりに”きのこ”を取り入れたいですね。

      きのこの中でも、えのきだけに含まれる”EA6”という糖タンパクにもがんを抑制する作用があり、長野県では、えのきをよく食べる人ほどがん発症率が低いことが明らかになっています。特に、食道がん、胃がん、すい臓がんなど、消化器系のがんに効果があると発表されています。
      (阿部芳子・著:「これは効く!食品力を120%活用する食べ物効果効能事典」より)


    毎日の食事で少しずつ取り入れるのが、健康づくりのために大切です。

    ただ毎日きのこ料理というわけにもいきませんし、調理も大変です。
    一気に作って数日保存しておける「常備菜」にしておけば、食べたいときにすぐ使えます。

    今回のレシピは、女性に嬉しい成分がたっぷりの濃厚なざくろジュースを入れ、
    ほんのり甘酸っぱい味で、ざくろマリネを使って、+αすることでアレンジもできますのでとっても便利です。

    オーガニック常備菜”きのこたっぷり!ざくろマリネ”の作り方

    材料

    ざくろエキスジュース・・・30g
    米酢・・・15g
    醤油麹・・・5g

    オーガニックきのこ・・・300g
    オーガニックたまねぎ・・・1個
    ・・・ひとつまみハーブソルトもオススメ)
    オーガニックにんにく・・・1片

    作り方

    1.鍋に大さじ2の水を入れ、食べやすい大きさに切ったきのこと薄切りしたたまねぎを平になるように入れ、全体にひとつまみの塩をふり弱火で火が通るまで加熱する。
    2.ボウルにざくろジュース、米酢、醤油麹を入れひと混ぜする。
    3.2のボウルに1と潰したにんにくを入れ、ひと混ぜしたら完成。

    ポイントアドバイス

    仕事から帰ってきてもオーガニック常備菜があれば、スーパーのお惣菜などに頼らず、身体にやさしいナチュラル料理を家で食べることができます。一度にまとめて作っておけば、3~5日ほど日持ちしますのでぜひオーガニック常備菜を作ってくださいね。


    オーガニック常備菜”きのこたっぷり!ざくろマリネ”を使って、プチアレンジ




    ざくろマリネを作ってそのまま食べるのも美味しいのですが、別の料理にアレンジできると、
    さらに美味しく、そして、飽きずに食べきれますよね。
    そこで、ざくろマリネを使ったプチアレンジをご紹介します。

    1、たっぷりのオーガニックサラダに混ぜる

    レタスやきゅうり、スプラウトなどのサラダにひと混ぜするだけの簡単アレンジです。
    ざくろマリネに味もついているので、ドレッシングも不要です。
    サラダにするときは、あとから亜麻仁油やえごま油、オリーブオイルなどのお好みのオイルを
    少し加えるとコクが出て満足感もアップします。

    とくに、亜麻仁油やえごま油は酸化しやすいため、
    食べる直前にかけたり和えたりするほうが身体にもやさしいのです。

    2.豆腐にちょい乗せアレンジ




    これからの季節、お豆腐を温めた温奴の上にざくろマリネをのせるだけの簡単あったかアレンジです。
    シンプルな豆腐の味と甘酸っぱいざくろマリネの愛称が抜群の組み合わせ。

    3.玄米チャーハンの具として

    炊けた玄米にざくろマリネと冷蔵庫に残っている野菜(おすすめはにんじん・レタスなど)を刻んで炒めるだけ。
    これに醤油麹をお好みで加え、出来上がりにごま油をまわし入れたら
    休日のお昼にもおすすめの玄米チャーハンのできあがり。

    ぜひ、普段の食事に+ざくろマリネで楽しんでみてくださいね。
    あなたのオリジナルアレンジレシピもぜひ教えてください。

    さっそくオーガニック常備菜”きのこたっぷり!ざくろマリネ”を作りたいと思ったらINYOUMarketで材料を揃えよう!!


    美容・女性特有の不調にも。タネも丸ごと一物全体。果実を潰して作った最高品質の無農薬ざくろジュース 1〜3本セット

    ¥ 3,650 ~ ¥ 25,920 (税込)

    > 商品の詳細はこちら

    200年の伝統を誇る岐阜県の醤油蔵で作られた天然蔵付き麹使用!自然栽培 醤油麹 2個セット〜

    ¥ 3,323 ~ ¥ 4,653 (税込)

    > 商品の詳細はこちら

    お勧めの過去の記事

    風邪の予防にも。意外と知らないレンコンのフル活用術!「蓮根とことん使い回し7レシピ」
    風邪に抗生物質は効きません。梅干しを使ったお家でできる簡単 風邪予防対策。
    身近な食べ物「きのこ」は自然界と共生していた!博物館で出会った自然界の法則と栄養価が増す調理法とは。

    この記事のタグ
      お気に入り登録する
      シェアする

      この記事が気に入ったら
      いいね!しよう

      ayukotaniguchi
      管理栄養士/ナチュラル料理研究家 東京・長崎にて、料理教室Cucina_di_ayukoを主催。 管理栄養士として病院・施設などで給食業務に携わり、毎日の食事で最高の健康を目指したいとナチュラル料理を始める。 2017年 3月に男の子を出産。家事に仕事に育児をこなしながら、化学調味料や白砂糖を使わず、発酵調味料を中心としたナチュラル料理術をお伝えしています。 [BLOG] http://cucina-di-ayuko.weebly.com/blog [HP] cucina-di-ayuko.weebly.com
      あなたにお勧めの記事
      ページ上部へ