よみもの

ある症状に対し様々な養生法・治療法を試してもらっても「治る人」と「治らない人」がいるのはどうして?その違いは?その原因について、改めて考察してみました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
licorice-2543337_960_720

世の中には不調に対処するための様々な養生法や治療法がありますが、なかなか”万人に効果のあるもの”というものは見当たりません。

それもそのはずで、似た様な症状をお持ちの方々であったとしても
「症状を引き起こしている原因の違い」「体質による差」「ご本人の心の持ち方」など、種々の要因によって適切な対処法が異なる場合も多いからです。

自主的に何らかの養生法を行われている方からは「良いと聞いていたのに効果を感じない」「他の人は治っているのに私は治らなかった」という感想を聞くことがありますが、このような場合には、一体どこに問題があったの、やはり気になる所だと思います。

私たちは「これは良い・これは悪い」等、二者択一的な考え方で物事を測ってしまうことがよくありますが、
結果で全てを判断するよりも、「このような結果が出た理由は何故か」と追及することがとても大切です。

そこで、今回は「治る人・治らない人」が出てくる理由について、体験談を元に考察をしてみました。

治るはずの療法で治らない、そのような時に確認したいこと

checklist-3222079_640

根本的な原因を見逃している場合も

portrait-1634421_640
様々な不調に対して、ご自身で何かしらの対策をする場合や、あるいは何かの治療法を用いている専門の方に頼る場合であっても、
全くないと言い切れないのが「根本的な原因を見逃しているケース」です。

概ね、これが原因だろうと予測のつく症状も多いと思われますが、様々な専門家であっても根本原因を見逃してしまう事はあります。

特に、電磁波の悪影響など、目に見えない要因が絡んでいる時には見過ごされやすいものですので、もし治るはずだろと思われる症状を治療していて、
改善の兆しが見えない場合には“もしかしたら見立てが違うかもしれない、あるいは適切な治療法ではないのかもしれない”と、少し立ち止まって考えてみることも大切です。

症状と関連する生活習慣を改善していない

fried-chicken-690039_640
各症状に対応するための“対処法”は、古今東西様々なものがあります。

多くの場合は、適切な対処法を使用している場合に症状が緩和するなど、何らかの効果が現れてくるものですが、中には効果が現れにくいケースもあります。
このような場合には「日常生活・生活習慣」に起因する何かが潜んでいるかもしれません。

例えば、極度の運動不足である、日光を浴びず夜更かしが続いている、
食生活が乱れている、対人関係等において極度のストレスを抱えている等の要因が挙げられます。基本的に、不調が発生する原因は必ず“生活の中のどこかに潜んでいる”ものです。

何らかの不調を改善した場合には、治療や養生を行う前に生活の中に何かの要因が潜んでいないかを、あらかじめチェックしておくのがいいでしょう。

異常のある状態を正常だと”脳が誤認している”ケースも

mental-2301393_640
意外に多いのが、本来であれば不調もなく正常な状態であるにも関わらず、“脳が不調を抱えている状態を正常だと誤認識してしまい、
不調な状態が続く”ことがあります。

身体の一部に感情・記憶が宿るという話がされることも増えてきましたが、これはそのような状態とも関係があるのかもしれません。

例えば、骨折が完治した後も何故か痛みだけが続くという話を聞きますが、このような場合には”脳が勘違いしている“可能性を疑ってみるといいでしょう。
このような場合には、誤って記憶された状態をリセットしなければいけない為、自己暗示や催眠、トルクリリーステクニック、特定の波長を使用した療法等が、より高い効果を現す可能性があるでしょう。

選択した対処法、あるいは治療家とご自身の相性が芳しくない可能性も

active-1853657_640
治療を行っているにも関わらず、何らかの不調が改善しない場合には“何かの要因があなたに適していない”のかもしれません。
見立てが違う、原因が解決されない等、不調が改善されない場合には様々な要因が考えられます。

その中には、そもそも選択した方法があなた自身の性質に合致しない、という可能性もあるのです。

治療効果の差には、個人の体質や心理的要因なども少なからず絡んできます。
本来ならもっと効果が現れるはずのものが「治療家との信頼関係が芳しくない」「治療方法に半信半疑であり、信頼できない」場合には、効果が軽減されることもあります。これは、ある特定の治療法等を盲信しなければいけないという事ではありません。

しかし、あまりにも強く疑ってしまう(あるいは心理的に拒絶してしまっている)と、治療の効果が減衰することもあるのです。
治療を受ける際には、少なくともあなた自身が信頼できる方から受けることをお勧めします。

※プラシーボ効果によって救われる方がいる一方で、逆の効果を生み出してしまうケースもあると考えれば、
この内容は分かりやすいかもしれません。


心の問題が病という形で表面化している場合もある

heart-81207_640
もっとも原因を特定し難いものの一つに、症状として表面化している”心の問題”というものがあります。
行き場がなく、昇華することのできない感情が”病・不調”という形になり、症状が現れてしまうケースというのも、実は少なくありません。

この場合、対処療法による効果が現れにくく、根本原因である「心の中に潜んでいる感情、問題」を解消することにより、症状の大きな改善が期待できます。
本人の意識には登らず、体の方に症状が出るというケースが散見されますので、症状を発しているご本人が原因を特定するのは、少々難しいかもしれません。

「心と体の関係について」見識や経験のある専門家を訪ねる事が、最も良い結果を生むものと思われます。

原因不明の症状、中には環境要因が絡んでいる場合も

electricity-2773167_640
食生活を始め、物理的なケアは充分に行っているにも関わらず「何故か一向に症状が改善しない」場合には、環境的な要因が絡んでいることもあります。
この場合の環境要因としては、主に以下のようなものが挙げられるでしょう。

・有害電磁波(配電盤、コンセント等からの電磁波、携帯電話やWIFI等から放出される電磁波等)
・住環境(ジオパシックストレス等、海外においては”病の原因として”広く認識されています)
・他者からの影響(対人ストレスや、他者からの強い想念によって体調を崩す方も多いようです)


実際、コンセントから出ている電磁波を減衰させるだけでアトピーが改善したという例も少なくはありません。
私たちの体には、静電気を始めとする電気的エネルギーが溜まることがあると言われています。

そういった「体に蓄積した電気的なエネルギー」は、そういった電気的エネルギーを中和する特殊な機器や、アーシング等の方法によって取り除くことが可能です。
特にアーシングは手軽に試すことができますので、ご興味のある方にはぜひお試し頂きたいところです。

自力での改善が難しい場合には専門家を頼ってみることもお勧めです

nurse-2019420_640

自力で原因を特定することは基本的に難しい

woman-690036_640
以上、効果があるはずの療法を実践しても治る人や治らない人がいる背景には、実に様々な要因が絡んでおり、
今回挙げたものはその中の一例に過ぎません。ただ、そういった例の中から個人的な体験を元に、多いであろうケースを今回はご紹介させて頂きました。

最近では、ご自身で不調の原因についてしっかりと調べ、自力である程度対策をされる方も増えています。
そういった方々にとって、今回の情報が何らかの参考になればと思っております。

ただ、中には自身で原因を特定することが難しいケースもやはりあります。そういった壁にぶつかった場合には、
メタトロンやPRA検査等、波長を用いた検査を試されてみると、思わぬ原因を発見できるかもしれません。


オススメの記事

「水は答えを知っている」。よく耳にする波動とは一体何なのか?波動の存在を理解すると言葉が変わり、人生が変わります。

元気な人が病気扱いされ不健康な人が健康のハンコを押される異常な日本。最高の健康「オプティマルヘルス」を実現するために私が毎日食べているものと、やっていることをお伝えします。

波動測定器メタトロン ゼロサーチで発覚した8ヶ月の赤ちゃんの体の中で起きていた危険な実態。そこから分かる離乳食で気をつけるべきこと。重金属、炎症、リーキーガット、甲状腺機能異常の原因とは



IN YOU一押しコンテンツ
究極のアンチエイジング。自然治癒力を高め老化抑制する方法。
本当に安全なオリーブオイルの選び方
ここまでこだわったのは初めて!体をととのえるオーガニックな酵素

オーガニックなオンラインストア IN YOU Market OPEN!

詳しくはこちら

  • この記事が気に入ったら
    いいね!しよう


いいね!して、
IN YOUの最新記事を受け取ろう。

ZuYu
2011年の震災をきっかけに、食の大切さ、 健康の大切さを知り、独自に勉強を始める。医療現場にて末期癌が快方に向かう、 化学療法の強い副作用が数日で消えるなど、 奇跡のような出来事を次々と目の当たりにし、 自然治癒力を高める為の適切な指導が素晴らしい結果をもたらすこ とを体感。現在は、より実践的な食養生の探求、 現代人の悩みに合致した健康食品の開発研究にも携わる傍ら、世の中に埋もれている本当に素晴らしい技術や製品を世の中に広めるべく、活動を行っています。 オーガニック料理ソムリエ/代替医療/健康食品の開発研究 BLOG:Zuyu Lab
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. NCI_butter その不調、新型栄養失調では?現代人のタンパク質不足の主な症状の特…
  2. tractor-724787_960_720 「東京オリンピックに向けオーガニックが加速する」はずの流れは一体…
  3. Cononut_milk 食養生におすすめ。乾燥させる「肺」を潤す「れんこん甘酒」の作り方…
  4. main 子どもと一緒に!初めての味噌作り
  5. 728a8c8de18b4089d46515db4eff4924_s 不足すると深刻な脳神経ダメージも?!菜食中心で不足する栄養素とは…
  6. planting-1898946_960_720 今世界が期待を寄せるオーガニック事情。日本の市場は今後どうなって…
  7. 糖質制限ダイエットに健康リスクはあるのか? 〜マクロビオティック…
  8. IMG_4940 連載02 オーガニック・ライターだからこそ分かる、オーガニック最…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着記事

デイリーランキング

IN YOU公式レギュラーライター 一覧

  • 松浦愛
  • IN YOU 編集部
  • くみんちゅ
  • 小林 くみん
  • 越野美樹
  • 佐野亜衣子
  • 松永加奈恵
  • 工藤 万季
  • 品川まどか
  • izumi
  • hiroro
  • うちゅう
  • riko tanaka
  • 河口あすか
  • lelien
  • ZuYu
  • yuriesasaki
  • 福原真一郎
  • 前之園知子
  • amikuwamura
  • 煙山 昭子
  • 松橋佳奈子
  • yokosato
  • 池田 歩
  • 霜崎 ひろみ
  • Kawasaki Mariko
  • 中村 りえ
  • hata ikue
  • Akitsu Kitahara
  • 桺町 瑠璃
  • ayukotaniguchi
  • 永樂茶百合
  • haruna
  • 井村 政子
  • 柳千妃路
  • 滝野 清
  • はりまや佳子/Yoshiko Harimaya
  • みずしま さちの
  • mamiko
  • 加藤 晴之
  • 古村優里
  • MARIE
  • 柳原 里実
  • YoshiAraki
  • 清岡 美音
  • Kayo
  • AYANO
  • 加藤 貴大
  • 小西 尚子
  • ゆみえこば
  • UharaRisa
  • 山﨑 拓
  • 森智世
  • 室谷 真由美
  • 山口 りりこ
  • 薬膳 ともこ
  • 坂の上零
  • Ayako Endo
  • 豊池 晃
  • 大矢 純子
  • 深井ゆきえ
  • arikawatoshiko
  • joko
  • AKIKO MIYAKAWA
  • 鈴木 こなみ
  • yumi
  • 小泉 沙耶
  • 栞
  • jyuan
  • keiko nakagawara
  • 袴田 はるか
  • Mao
  • 神戸 貴子
  • InayoshiKyoko
  • 坂田 まこと
  • 佐藤いづみ
  • LEONA
  • みふすや
  • kana akiyama
  • 野上 きよ
  • akemi
  • kanekoyuka
  • ami iwasaki
  • 関塚 祥子
  • 佐々木 里奈
  • 由香
  • ネヤトネヤ
  • 桜桃
  • 石井ゆかり
  • 三浦 郁惠
  • Nanas
  • nana
  • yoko
  • 平野浩靖
  • 水鳥川崇春
  • 高根 佳子
  • 高波 紗希
  • Ninomiya Koji
  • Nomura Yoshimi
  • 阿南 まどか
  • oyue
  • 藤本まりん
  • NORIKO
  • 池田 純一
  • ayumifukuda
  • 齊藤幸恵
  •  肖瑶
  • Jurio Miki
  • 細川 夏実
  • 日向葵
  • 原田 美穂
  • 瀧島 有
  • yoshimike
  • 山片彩乃
  • ELINA HARMONY
  • suzuki ayuko
  • 岡田ゆみ

カテゴリー

PAGE TOP