メニュー

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り

メニュー

Organic Life to all the people.

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り

通常100万円以上かかる不妊治療や体外受精の前にできること。ホルモンの仕組みと働きを知って身体を整えましょう。

工藤 万季
ナチュラルライフアドバイザー 株式会社BHCL代表取締役 一般社団法人ビューティヘルスコンシャスライフ協会代表理事 1987年生まれ、愛媛県出身 アーユルヴェーダのデトックスメニューをベースにした 「キッチャリークレンズ」をプロデュース、指導。 SNSでは食べて痩せると話題に。 夫婦で40kgのダイエットに成功。 本当の健康とはカラダとココロが調和してこそ。 自然に沿って暮らすための知識やコツを都会的で洗練された暮らしに無理なく 取り入れる。内側からの綺麗になりたいナチュラルライフを求める人たちへの 情報を発信している。その他、日本各地で料理教室やイベントを開催する他、 メディアへの出演等、精力的に活動。現在は1児のナチュラルママとしても活動中。 http://bhc-life.com

こんにちは。ナチュラルライフアドバイザーの工藤万季です。

行き過ぎたダイエットで8ヶ月も生理が止まってしまった経験


熱心なダイエッターで一旦はまってしまうと極端な私は、様々なダイエットを試してはやり過ぎて体調を崩すようなことを繰り返してきました。
行き過ぎたダイエットで8ヶ月間生理が止まったこともあります。

生理が再開した後も、体質に合わなかったのでしょうか。
ファスティングを繰り返してまた3ヶ月生理が止まってしまったことも。

このように決して子どもを授かりやすい身体とは言えなかった私ですが、
妊娠を意識し始めてから体質を改善した
ところ、スムーズに2016年の夏に妊娠、翌年の4月に無事長女を出産しました。

妊娠中も産後も特に体調のトラブルに見舞われることなく健康な日々を送ることができています。

不妊治療にかかる費用は100万円以上?

pregnant-775028__480
妊娠について悩みを抱えている方は現代にとても多いと思います。
妊娠をすること自体は、医療の力を借りた不妊治療により可能になってきました。

ただ、体外受精や不妊治療を行っている人の多くは100万円以上の出費を余儀なくされるとも言われています。
最新科学の力を借りる前に、妊娠できない根本の原因を改善しなければ、仮に妊娠できても、出産後に様々な不調が現れることも考えられます。

今日は私の考える、自然に妊娠するために大事なことをお伝えしたいと思います。


生殖ためのホルモンが作られる仕組み

まずは妊娠、出産に欠かせない女性ホルモンについて少しお話します。
初潮に始まり、妊娠、出産、そして閉経に至るまで、女性ならではの身体の仕組みを司っているのがエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)の二つです。

この二つのホルモンが、一般に言う「女性ホルモン」です。

女性ホルモンであるエストロゲンとプロゲステロンは、やはり女性ならではの場所である卵巣で作られます。
これらホルモンは何を材料にして作られるかというと、コレステロールです。

さて、女性ホルモンと同じくコレステロールを材料として作られるホルモンに、ストレスに対応するための「抗ストレスホルモン」があります。
人間の身体では、この抗ストレスホルモンができて初めて、生殖に関わる女性ホルモンが分泌される仕組みになっています。

この二つのホルモンのうち、優先的に作られるのがどちらかというと、それは「抗ストレスホルモン」の方です。
身体に必要な量の抗ストレスホルモンが生成されて初めて、生殖ホルモンが作られます。

ストレスが多いと妊娠しづらい理由

garbage-3259455__480-1
私たちは日常生活の中で様々なストレスにさらされますよね。

狩猟をしていた時代と比べ、命の危険に晒されるようなことは日常の中にほとんどないとは言え、忙し過ぎる仕事や都会での生活、対人関係、満員電車など、現代はストレスが多い社会です。


そんな中で私たちが生きていく上で欠かせないのが「抗ストレスホルモン」なのです。


私たちは抗ストレスホルモンのおかげで、ストレスの中にあっても身体の恒常性が保たれ、生命の維持ができます。
そこまでしてやっと、体は生殖ホルモンを作ることができます。

身体の状態が安定していないと、子どもを産んで育てることはできませんよね。

慢性的なストレスが常にある環境下では、私たちの体は「今は子どもを産める状態ではない」と判断し、妊娠しづらくなるようにできています。



妊娠しづらいのは、体質よりもライフスタイルのせい?

pregnant-775036__480
不妊の原因は様々にあるかもしれませんが、心身にストレスがかかり過ぎていることは大きな理由の一つと考えられます。
「不妊治療をやめたら子どもができた」という話を耳にすることもありますが、これも不妊治療中のストレスが大きく関わっているのでしょう。

あまりにストレスを溜めるような生活をしていると、身体は抗ストレスホルモンを作ることで精一杯で、とても生殖ホルモンまで手が回らなくなってしまいます。

心身にとってのストレスとは、単純に仕事や対人関係でのストレスに限りません。
例えば私たちが日頃の食事から摂取している添加物や化学調味料、また大気中に含まれる環境ホルモンのように、本来身体では上手に消化・排出がしづらいようなものの蓄積も含みます。

不自然なものや身体にとって負担がかかるものが溜まっていると、身体はそれらへの対応にエネルギーを取られます。
人間の身体には本来あまり適さないような、不自然な食生活やライフスタイルが長年にわたるほど、身体は「生殖どころではない」、といった状態になってしまいます。

妊娠しづらいということは、身体からの「今の自分の状態を見直してほしい」というサインではないでしょうか。

face-2936245__480
医療技術が発達した今は、不妊治療で妊娠まで漕ぎ着けることも可能です。

私も子どもを授かりたいと強く思っていたので、人工的な手段を使っても妊娠したい、という気持ちももちろん分かります。
ですがどこかで身体をきれいな状態に戻さないと、妊娠・出産をすることはできても、
産後や更年期に辛くなってしまう
のではないかと思います。

妊娠できない根本の原因(=身体からの「今の自分の状態を見直してほしい」というサイン)を無視し続けることで、
身体にたまった毒素が不調の種となり、産後うつや更年期障害になる可能性が大いにあるのです。

妊娠しやすい体質へ。身体のデトックス法

習慣のデトックス

alcohol-3194824__480
まずは、身体と心に負担をかけるような習慣をやめることから始めましょう。

人によって異なりますが例えば、スマホを見すぎる、テレビを見すぎる、夜遊びをしすぎる、お酒を飲みすぎる、食べすぎる…などといったことです。また、自分を否定する、人の文句を言う、よく怒るといった行動も精神的ストレスとなり、抗ストレスホルモンの分泌で身体を忙しくさせてしまいます。

なるべくストレスフリーな生活を心がけるようにしましょう。


妊娠中よりも産後の方が大変ですから、妊娠前からストレスの少ない生活を送れるように工夫して備えることをお勧めします。
いつも心が安定していて、気持ちにゆとりを持てるようにしておくと、産後も楽しい子育てができます。

仕事、プライベート、食生活において自分が心地よいと感じるバランスを見つけることができればベストですね。
私はつい仕事も遊びもしすぎる傾向にあったので、仕事では人に任せるための仕組みを作ったり、夜遊びを徐々に減らすことから始めました。

エネルギー代謝を上げる

honey-2542952__480
そして食習慣を見直すことで、エネルギー代謝をあげましょう。
この「エネルギー代謝を上げる」ということが(妊娠に限りませんが)本当に大切なことです!
エネルギーを効率よく十分に作れる身体にならないと、身体はとても妊娠・出産という大仕事をできる状態にはなりません。
もちろん生殖ホルモンも作られません。

エネルギーをきちんと作って巡らせることのできる身体になるためには、エネルギーの材料となる糖・脂質・タンパク質の三大栄養素をきちんと摂りましょう。
質の良い三大栄養素をとることでエネルギーの代謝が上がっていきます。


最近ではダイエットのために糖質制限をしている人もいるかもしれませんが、エネルギーの一番の材料は糖ですから糖は抜かないでください。
はちみつ(非加熱のもの)や純粋な黒糖、果物などすぐエネルギーに変換される糖を選べば、太るどころか代謝は上がっていきます。

また脂質は「飽和脂肪酸」といって、バターやギー、ココナッツオイルなどが効率よくエネルギーになる、良質な油と言えます。
家庭や外食でよく使われる植物油脂(サラダ油、菜種油など)や、今流行りのオメガ3(えごま油やあまに油など)は不飽和脂肪酸と呼ばれ、これらの油の組成は体のエネルギー代謝を破壊してしまいます

babe-2972221__480-1
また、体温を上げて冷えを改善することもエネルギー代謝のアップにつながります。
お風呂に入るなど外側から温めることに加え、上記の食生活を心がけて細胞ひとつひとつで活発にエネルギーが生産されることで、熱が生まれ、体温が上がります。

この記事を通じてぜひ習慣と食事の改善を行っていきましょう。


良質な甘味・農薬不使用のフルーツで代謝アップを!

PR: Recommended items by IN YOUMarket
0314152837_5aa8c11509ed4 【IN YOUMarket限定!】活性酸素除去効果 世界トップレベルのチャーガとローズヒップ入り「国産・非加熱チャーガはちみつ」今すぐここをクリック!
1225175036_5a40bbdcd9004 【IN YOU限定】自然農法提唱者・福岡正信氏の血を引き継いだ農園で自然栽培で作られた季節の農薬不使用の果物セットとジャム今すぐここをクリック!
1025161741_59f03a9589f95 抗菌パワーが市販蜂蜜の3倍ほど!非加熱にこだわった農薬不使用の完熟蜂蜜今すぐここをクリック!

オススメの記事

40年後、病気や高齢者は増え続けるが子供は減り続ける日本。なぜ今不妊が増えているのか?高額治療その前に。食事で体を変えることができた元不妊夫婦の話とその理由。

減塩信仰が招いたおもわぬ落とし穴。貧血、便秘、冷え性、不妊‥現代人の不調は「塩分」の不足が一大原因?

諦めないで!季節の変わり目に肌荒れする人必見。東洋医学から見る、春~夏にかけて今からできる症状別4つの養生ポイント!

この記事のタグ
お気に入り登録する
シェアする

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

工藤 万季
ナチュラルライフアドバイザー 株式会社BHCL代表取締役 一般社団法人ビューティヘルスコンシャスライフ協会代表理事 1987年生まれ、愛媛県出身 アーユルヴェーダのデトックスメニューをベースにした 「キッチャリークレンズ」をプロデュース、指導。 SNSでは食べて痩せると話題に。 夫婦で40kgのダイエットに成功。 本当の健康とはカラダとココロが調和してこそ。 自然に沿って暮らすための知識やコツを都会的で洗練された暮らしに無理なく 取り入れる。内側からの綺麗になりたいナチュラルライフを求める人たちへの 情報を発信している。その他、日本各地で料理教室やイベントを開催する他、 メディアへの出演等、精力的に活動。現在は1児のナチュラルママとしても活動中。 http://bhc-life.com
関連記事
ページ上部へ