その他

甘酒で夏を乗り切る!(前編)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
玄米甘酒

玄米甘酒

マクロビアンの皆さんには良く知られているでしょうエナジードリンクの玄米甘酒が、実は夏にこそピッタリな飲み物だったってご存知ですか?

 

江戸時代、夏の風物詩として知られた甘酒

甘酒といえば冬に飲むものと思われていますが、江戸時代では、栄養分に富み滋養回復に良いことから、夏を乗り切るためのビタミン剤的存在だったそうです。現代のイメージとは異なり、当時は「暑い季節の飲み物」でした。夏になると甘酒売りが江戸の市中にやってくる風物詩であることが史実にも残っています。

俳句の世界で「甘酒」が季語なのは、その名残なのでしょう。事実、暑い夏にキンキンに冷やした甘酒を飲むと、その甘さが際立ちながらスッキリとしたのどごしで、乾いたのどをうるおすのにぴったり。温めて飲む甘酒とは、またひと味違った美味しさがあります。

 

甘酒の効果

知ってる方にとっては今さら・・・な情報ですが、念のため甘酒の効果をおさらいしましょう。

 

①美肌効果

麹(酒かす)には、美肌成分のコウジ酸が豊富に含まれています。このコウジ酸は、シミの原因となる過剰なメラニン生成を抑えてシミやくすみを防いでくれる効果があります。また甘酒には、皮膚や粘膜を保護してくれるビタミンB2が多く含まれていますので、飲むだけで、皮膚を活性化してくれる効果が期待できます。

 

②美髪効果

コウジ酸は頭皮を若返らせ、美しい髪を作ると言われています。強い日差しなどで、ダメージを受けた髪や頭皮にも効果があるようです!

 

③ダイエット

甘酒には脂肪の燃焼を促進する、ビタミンB郡が豊富に含まれています。甘酒の中でも米麹でつくった甘酒は砂糖を使用しないので、100gあたり81㎉と、ローカロリーフードです。

お酒のメーカーである月桂冠で、マウスに甘酒を与えて2週間飼育をしたところ、甘酒を摂取しないマウスに比べて、体重増加量と血清中性脂肪の濃度が抑制されました。その効果は甘酒に含まれているビタミンB郡が豊富であるからではないのかとの実験結果の報告もされている注目食品です。

 

④断食のお供に

今ファスティングダイエットが流行っていますが、そのときに酵素ジュースの代わりに甘酒を飲んでいる人も多いようです。甘酒は甘みのある飲み物で、満腹感も得られますし、何よりプチ断食時に栄養不良による肌荒れを防ぐ為にピッタリだとか。

 

⑤疲労回復・夏バテの滋養強壮

甘酒に大量に含まれているブドウ糖は、疲労回復を強力にサポートしてくれます。

消化吸収を助ける消化酵素、エネルギーを効率よく転換するビタミンB郡が豊富に含まれるため食事から効率よく身体に栄養を取り込むことを助けるので、体力が落ちている夏バテ時や、産後・授乳期の栄養補給にもオススメです。

 

⑥便秘解消

甘酒に含まれている麹由来の食物繊維やオリゴ糖は、腸内環境を整えてくれる効果があり、妊婦さんの便秘解消にも役立っているそうです。

 

甘酒の種類

甘酒と聞くと、「酒」と名前につくだけあってアルコールだよね?と思う方も多いはず。しかし、甘酒には“酒粕”から作るものと“米麹”から作るものとの2種類あり、“酒粕”で作ればアルコールとなりますが、“米麹”で作ればノンアルコールのものになります。だから“米麹”で作った甘酒であれば、妊婦さんやアルコールが苦手な方にも安心して飲んでいただけます。

また“酒粕”から作る場合は、あの独特な甘みを出すために砂糖が加えられるのですが、“米麹”から作る場合は砂糖いらずでも十分甘く作れるので、ローカロリーフードとなるわけです。さらにマクロビではおなじみの“玄米”と“米麹”から作る『玄米甘酒』は、白米から作る甘酒よりもさらに栄養満点!だから甘酒は、マクロビの甘味として利用されたりもしていますよね。

 

次回の後編では、玄米甘酒の作り方や夏におすすめの玄米甘酒の食べ方・アレンジ方法をご紹介します☆

 


IN YOU一押しコンテンツ
究極のアンチエイジング。自然治癒力を高め老化抑制する方法。
本当に安全なオリーブオイルの選び方
ここまでこだわったのは初めて!体をととのえるオーガニックな酵素

オーガニックなオンラインストア IN YOU Market OPEN!

詳しくはこちら

  • この記事が気に入ったら
    いいね!しよう


いいね!して、
IN YOUの最新記事を受け取ろう。

山口菜摘美
ベジ初心者。 お酒が好きで、好物はチーズと生ハム。お肉もジャンクフードも好きです。そして働くことも大好きなので、どちらかというと忙しい生活を送りがち…コンビニ弁当に走ってしまうこともしばしば。食べることの楽しさは様々あっても良いと思っています。もちろん体にいいものが望ましいのですが。 生活のすべてを変えることは難しい…でも、無理なく楽しく普通の人の生活にもベジを取り入れたい!という思いで参加させて頂いています。等身大の感性・言葉で、質のいい情報をお伝えしていけるよう精進中です!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. hasegawaomoni 心から楽しい人生を送るための、たった一つの方法とは?今を時めく女…
  2. おぷろ1 夏こそ美肌!気軽に塩素除去ができる入浴剤『おぷろ』とは??
  3. kazenohikikaata 「風邪」=病気ではなく、体の不調の9割を治してくれる貴重な存在!…
  4. オーガニック料理ソムリエが教える!がんになりにくい食べ方とは?
  5. pomegranate-1506174_960_720 体をととのえ、体の冷えを改善しよう。熟成されたザクロと青レモンの…
  6. img_2422b 動物性食材にも旬があるって知ってた?マクロビオティックで敬遠され…
  7. 減塩醤油 減塩醤油は自宅でも作れる!|噂や過大広告に騙されず、正しい食材選…
  8. shoes-1592165_960_720 働く世代の死因ナンバー1はがんではなく、「自殺」。私が過去に体験…

新着記事

デイリーランキング

ライター

  • 松浦愛
  • manami sasao
  • 小林謙太郎
  • くみんちゅ
  • 戸田 耕一郎
  • 小林 くみん
  • 宮本知明
  • izumi
  • まどか
  • 佐次本陽子
  • TakiAki
  • IN YOU 編集部
  • はりまや佳子/Yoshiko Harimaya
  • 河口あすか
  • 宮崎麻実/Mami Miyazaki
  • 山口菜摘美
  • 前之園知子
  • 村井砂織
  • Koyuri
  • 高橋直弓
  • 越野美樹
  • yuko matsuoka
  • 加藤美希
  • 金戸 隆雄
  • 増田佳子
  • Shoko Fujii
  • 小池 桃香
  • kimuratomomi
  • 青山 ひかり
  • 水川美希
  • 伊賀るり子
  • 千原 清花
  • ゆっか
  • 黒澤彩
  • 穴沢悦子
  • Saori Tanaka
  • yuko funatsu
  • 宮浦 浩美
  • iisa
  • isacoco
  • Mika K. Alpay
  • タカ大丸
  • 室谷 真由美
  • 西田 かおり
  • kanaho takahashi
  • 茂木紀三巴
  • 奈南有花
  • ami tominaga
  • TakeuchiMariko
  • あおき ヒカリ
  • 松永加奈恵
  • tori

カテゴリー

PAGE TOP